阿南市

地名・ロケ地

秘境の無人島「野々島」を巡る

阿南水軍の歴史と野々島 野々島の歴史は古く、阿南水軍の拠点として栄えた過去があります。阿南水軍は、瀬戸内海を支配した水軍で、15世紀から16世紀にかけて活躍しました。阿南水軍は、野々島に城を築き、ここから瀬戸内海を航行する船舶を襲撃していました。阿南水軍は、その勇猛さで知られ、瀬戸内海を制覇するほどまでに勢力を拡大しました。しかし、16世紀後半に、阿南水軍は織田信長の軍勢に敗れ、滅亡しました。 野々島には、阿南水軍の城跡が残されており、現在では国の史跡に指定されています。城跡は、野々島の北西部に位置しており、山頂には石垣や土塁などの遺構が残されています。城跡からは、瀬戸内海を一望することができ、阿南水軍が瀬戸内海を支配していた時代の様子を垣間見ることができます。 野々島は、阿南水軍の歴史を色濃く残す島であり、瀬戸内海の貴重な史跡となっています。野々島を訪れると、阿南水軍の勇猛さを肌で感じることができます。
施設名・ロケ地

中島港とは?徳島県の港の魅力

中島港は、徳島県の南部に位置する港湾です。徳島市から南西に約10km、阿南市の中心部から西に約5kmに位置しています。港湾面積は、約100haで、徳島県の主要港湾の一つです。 中島港は、1973年に開港しました。当初は、徳島県の石油備蓄基地として建設されましたが、その後、経済の発展に伴い、コンテナターミナルや貨物ターミナルが整備されました。現在は、徳島県内外の貨物の輸出入や、徳島県と淡路島を結ぶフェリー航路の拠点として利用されています。 中島港は、徳島県の経済にとって重要な役割を果たしています。港湾を通じて、徳島県内外の貨物の輸出入が行われており、徳島県の経済の発展に貢献しています。また、中島港は、徳島県と淡路島を結ぶフェリー航路の拠点となっており、徳島県と淡路島の間の物流や人の移動を支えています。 中島港は、徳島県の観光スポットとしても人気です。港周辺には、公園や遊歩道が整備されており、散歩やジョギングを楽しむことができます。また、中島港は、徳島県の特産品であるうず潮を見るスポットとしても知られています。徳島県のうず潮は、世界三大潮流の一つとして知られており、中島港からうず潮を眺めることができます。
有名人の名前

阿南市のご当地キャラクター「ナカちゃん」

阿南市のイメージアップと活性化を目的として、「阿南市イメージキャラクター」の公募が2017年6月1日から8月31日まで行われて、全国各地から合計122点の応募があり、その中から入賞者として3名が選ばれました。そして、同年11月3日に開かれた最終審査会において、優勝作として下内智香さんの作品「ナカちゃん」が選ばれました。 「ナカちゃん」は、阿南市の中心部に位置する「中林地区」の「中」と「キャラクター」の「チャ」を頭文字として誕生しました。また、「阿南市の中心」を意味する「中」にもかけられており、阿南市を象徴するキャラクターとしてふさわしいと評価されました。 「ナカちゃん」は、阿南市の特産品である「阿南発祥の里芋」をモチーフにしており、頭の部分は里芋をイメージさせるデザインになっています。そして、体の色は阿南市のイメージカラーである「えんじ色」で、その上に市の花である「椿」があしらわれています。さらに、背中には阿南市の特産品である「うずらの卵」をモチーフにした模様が入っていて、阿南市の魅力を詰め込んだキャラクターとなっています。
モノの名前

阿南市産出の大理石「新淡雪」の美しさと魅力

-新淡雪の採石場と産地の特徴- 新淡雪は阿南市の西部にある新野町で採掘されている大理石です。新野町は、阿南市の北西部に位置する人口約1万人の町です。町の中央部を流れる新野川が町を南北に二分しており、新淡雪は新野川の支流である淡雪川の上流で採掘されています。 新淡雪の採石場は、淡雪川の最上流部に位置しています。採石場は、標高約400mの山の斜面にあり、急勾配の地形になっています。採石場には、新淡雪を採掘するための採掘機械が設置されており、採掘された新淡雪は、トラックで運搬されていきます。 新淡雪の産地の特徴は、その美しさにあります。新淡雪は、淡い白色をしており、その表面には繊細な模様が施されています。また、新淡雪は非常に硬質で、摩耗や傷に強いという特徴を持っています。 新淡雪は、その美しさと硬質さから、建築材や彫刻材として古くから利用されてきました。現在でも、新淡雪は、阿南市内の公共施設や民間の建物に使用されています。また、新淡雪で作られた彫刻作品は、阿南市内の美術館や公園などに展示されています。
施設名・ロケ地

津峯神社

津峯神社の歴史 津峯神社は、奈良県吉野郡天川村にある神社です。日本書紀に天孫降臨神話が書かれており、その中に天村雲命(あめのむらくものみこと)が最初に奈良県吉野郡天川村の津峯に降臨したという記述があります。天村雲命は、天照大神の孫であり、神武天皇の父である瓊瓊杵尊(ににぎの尊)の兄です。天村雲命は、津峯に降臨した後、この地に宮殿を建て、この地を統治しました。後に、天村雲命は天照大神に仕えるために天に昇り、津峯神社は天村雲命を祀る神社として創建されました。津峯神社は、天孫降臨神話に由来する神社として、古くから崇敬を集めてきました。
地名・ロケ地

野々島の隠された歴史と魅力

無人島の歴史 野々島は、1945年に無人島となりました。それ以前は、漁師や海藻採取者、木炭焼き職人など、多くの人々が暮らしていました。しかし、太平洋戦争の末期に、米軍の攻撃を受けて、島民たちは全員が強制疎開させられました。 疎開後、野々島には誰も住まなくなり、無人島となりました。しかし、その後も、島には人が訪れ続けました。漁師や海藻採取者は、相変わらず島にやって来ます。また、観光客や釣り客も、島を訪れるようになりました。 野々島は、美しい自然が残る無人島です。島には、亜熱帯性の森林が広がり、サンゴ礁が発達しています。また、島には、野生のヤギやイノシシが生息しています。無人島でありながら、豊かな自然が残る野々島は、多くの人々を魅了しています。
施設名・ロケ地

徳島県南部の健康的な運動公園野球場

-夜間照明を備えた野球場- 徳島県南部の健康的な運動公園野球場は、充実した施設が自慢の人気スポットです。夜間照明設備を完備した野球場もあり、夜間でも試合や練習を行うことができます。 野球場は、天然芝のグラウンドで、観客席も完備されています。また、スコアボードやブルペンも備えており、本格的な野球の試合を行うことができます。さらに、ナイター設備も整っているので、夜間でも試合や練習を行うことができます。 夜間照明を備えた野球場は、徳島県南部の野球ファンの憩いの場となっています。また、野球の試合や練習を行う場所を探しているチームや団体にもおすすめです。
施設名・ロケ地

中島港のすべて

徳島県にある中島港の歴史は古く、かつては阿波水軍の拠点として栄えていました。 阿波水軍とは、徳島県を中心に活躍した水軍であり、戦国時代には織田信長や豊臣秀吉に仕えて活躍しました。 中島港は、阿波水軍の拠点として、軍船の停泊地や兵士の訓練場として利用されていました。 また、阿波水軍が交易を行っていたため、中島港には多くの商人が集まり、港町として栄えていました。 江戸時代になると、中島港は徳島藩の港として整備され、徳島藩と大阪や京都などの都市を結ぶ重要な交易拠点となりました。 また、中島港は、徳島藩の藩主が参勤交代で江戸に行く際にも利用され、江戸と徳島を結ぶ重要なルートとなっていました。 明治時代になると、中島港は近代化され、汽船が就航するようになりました。 また、中島港には、徳島県庁や徳島県議会などの官公庁が移転し、徳島県の政治経済の中心地となりました。 昭和時代になると、中島港は徳島空港の開港によって、その役割を縮小していきましたが、現在でも徳島県の重要な港として機能しています。 中島港からは、大阪や京都、神戸などの都市へのフェリーが就航しており、徳島県と関西地方を結ぶ重要な交通拠点となっています。
モノの名前

徳島県阿南市の「鱧皮ちくわ」の魅力

徳島県阿南市の「鱧皮ちくわ」の歴史と由来 鱧皮ちくわは、徳島県阿南市で生産されている練り製品の一種です。鱧の皮を原料としており、その独特の歯ごたえが特徴です。鱧皮ちくわは、阿南市の特産品として全国的に知られており、多くの人々に愛されています。 鱧皮ちくわの歴史は古く、江戸時代にはすでに生産されていたと言われています。阿南市は、鱧の漁獲量が日本一を誇る地域であり、鱧皮ちくわは、鱧を余すことなく活用するために生まれた食べ物です。鱧皮ちくわは、当初は地元で消費されることが多かったのですが、次第にその名が全国的に知られるようになり、現在では、阿南市の代表的な特産品の一つとなっています。 鱧皮ちくわは、鱧の皮を原料としていますが、その製法は非常に手間がかかります。まず、鱧の皮を丁寧に剥いでいきます。その後、皮を塩漬けにして、余分な塩分を水で洗い流します。そして、皮を細かく刻んで、すり身にします。すり身に小麦粉や調味料を加えて混ぜ合わせたら、それをちくわの形に成形して焼きます。鱧皮ちくわは、焼き上がった後、冷ましてから出荷されます。 鱧皮ちくわは、その独特の歯ごたえが特徴です。また、鱧の皮の旨味と、小麦粉や調味料の風味が絶妙にマッチしており、非常に美味しい練り製品です。鱧皮ちくわは、そのまま食べても美味しいですが、煮物や揚げ物など、さまざまな料理に使用することができます。阿南市を訪れた際には、ぜひ鱧皮ちくわを味わってみてください。
施設名・ロケ地

秘境の中の道の駅「公方の郷なかがわ」

道の駅「公方の郷なかがわ」の魅力 長野県木曽郡南木曽町に位置する道の駅「公方の郷なかがわ」は、恵那山や中央アルプスなど、山々に囲まれた秘境に佇む、魅力的な道の駅です。この道の駅は、郷土色豊かな農産物や特産品を販売する物産館、地元の食材を使った郷土料理が楽しめるレストラン、そして温泉施設など、様々な施設を備えています。 物産館では、地元で採れた新鮮な野菜や果物、木工品や陶器などの工芸品など、様々な商品が販売されています。また、レストランでは、信州そばや五平餅、野沢菜漬けなど、長野県の郷土料理を味わうことができます。さらに、道の駅には温泉施設があり、旅の疲れを癒すことができます。 道の駅「公方の郷なかがわ」は、自然豊かな秘境に位置する、魅力的な道の駅です。地元の特産品を販売する物産館、郷土料理が楽しめるレストラン、そして温泉施設など、様々な施設を備えており、旅の途中で立ち寄るのにおすすめのスポットです。
地名・ロケ地

伊島:四国最東端の島の魅力

伊島の自然環境と美しい景観 伊島は、四国最東端の島で、愛媛県新居浜市の沖合約10kmに位置する。面積は約1.4平方キロメートルで、人口は約100人である。伊島は、温暖な気候と美しい自然環境が特徴で、観光地としても人気がある。 伊島の自然環境は、亜熱帯気候に属しており、年間を通して温暖である。夏は平均気温が25℃前後、冬は平均気温が10℃前後である。伊島には、森林や草原、海岸など、さまざまな自然環境があり、動植物も豊富である。島の東側には、阿波島、睦月島の無人島を望むことができる。 伊島の景観は、変化に富んでおり、美しい。島の西部には、切り立った崖が連なり、その上には緑豊かな森林が広がっている。島の東部には、なだらかな丘陵地が広がり、その上には草原や畑が広がっている。島の南部には、小さな入江があり、その周辺には白い砂浜が広がっている。伊島は、自然の美しさを感じることができる島である。
施設名・ロケ地

富岡港について知ろう!

-# 富岡港の歴史 -# 富岡港は、6世紀頃に開港したとされる歴史のある港です。富岡港は、古くから日本海側の主要な港のひとつであり、江戸時代には、北前船の寄港地として栄えました。明治時代になると、富岡港は、近代化が進み、港湾施設が整備されました。その後、富岡港は、太平洋戦争中に、軍港として利用されましたが、戦後、再び、商港として利用されるようになりました。近年、富岡港では、コンテナターミナルが整備され、国際貿易の拠点として、重要な役割を果たしています。
モノの名前

ちくわまんじゅう〜阿南市で愛される徳島銘菓〜

徳島の名物 徳島は、豊かな自然と歴史に恵まれた魅力的な県です。そんな徳島には、ご当地グルメや名産品が数多くあります。その中でも、今回は徳島銘菓である「ちくわまんじゅう」をご紹介しましょう。 ちくわまんじゅうとは、鶏ささみミンチ、椎茸、たこ、れんこんなどが入った具を、ちくわで巻いて蒸したものです。甘辛いタレがかかっていて、具材の旨味がぎゅっと詰まっています。 徳島県内では、スーパーやコンビニなどで気軽に購入することができます。また、徳島市内の老舗和菓子店「清見屋」では、伝統的な製法で作られたちくわまんじゅうを販売しています。 ちくわまんじゅうは、徳島県民に愛されている郷土料理です。お土産としても人気が高く、徳島を訪れたらぜひ味わっていただきたい一品です。
地名・ロケ地

「北の脇海岸」の魅力

日本の渚・百選に選定された絶景 北の脇海岸は、「日本の渚・百選」に選定された絶景の地です。日本の渚・百選とは、環境省が海岸の優れた景観や自然環境を保護するため、1987年に選定したものです。北の脇海岸は、その中でも特に美しい景観を誇る海岸として知られています。 北の脇海岸の特徴は、その白砂青松の海岸線です。約3キロメートルにわたって続く海岸線には、白い砂浜と青い松林が広がり、まるで絵画のような光景を眺めることができます。また、北の脇海岸は、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむことができる場所としても知られています。 北の脇海岸は、美しい自然を満喫できる絶景の地です。四季折々の美しい風景を楽しむことができます。春には桜が咲き誇り、夏は海水浴場として賑わい、秋には紅葉が色づき、冬は雪化粧をした海岸線を眺めることができます。 北の脇海岸は、アクセスも良好です。JR「東北本線」の「石巻駅」から車で約30分、仙台東部道路「河北IC」から車で約40分の場所にあります。また、海岸沿いには無料の駐車場が整備されているので、車でのアクセスも便利です。 北の脇海岸は、美しい自然を満喫できる絶景の地です。ぜひ一度、訪れてみてください。
モノの名前

美しき「時鳥」大理石の魅力

徳島県阿南市の特産品として知られる「大見出し」は、その美しい姿と歌声で人々を魅了する鳥です。大見出しは、漢字で「時鳥」と書かれ、その鳴き声が「ホトトギス」と聞こえることから、別名「ホトトギス」とも呼ばれています。大見出しの体長は、25~30センチくらいで、翼を広げれば50~60センチほどになります。体の上部は、灰色がかったオリーブ色で、下部は白っぽい色をしています。目とくちばしの間の部分には、黒いラインが通っています。大見出しは、山や林に生息し、5~7月の間に繁殖期を迎えます。5~7月の繁殖期には、オスが「ホトトギス」と鳴いて、メスを呼び寄せます。繁殖期以外は、単独で生活しています。大見出しは、主に昆虫や果実を食べて生きています。大見出しは、徳島県阿南市の特産品として知られており、阿南市では、毎年5月に「大見出しまつり」が開催されています。大見出しまつりでは、大見出しの生態や鳴き声を学ぶことができるイベントや、大見出しを使った料理を味わうことができるイベントなどが開催されています。
施設名・ロケ地

徳島インディゴソックスとは?四国の野球を盛り上げる独立球団

徳島インディゴソックスの歴史と設立経緯 徳島インディゴソックスは、2005年に設立された日本のプロ野球独立リーグ、四国アイランドリーグplusに所属する野球チームです。本拠地は徳島県鳴門市のオロナミンC球場です。チーム名の「インディゴ」は、徳島県の特産品である藍染に由来しています。 徳島インディゴソックスは、徳島県にプロ野球チームを設立することを目指して、2003年に設立された「徳島県プロ野球チーム設立準備委員会」によって設立されました。準備委員会には、徳島県や鳴門市、地元企業などが参加しており、設立資金の調達や運営体制の構築など、チーム設立に向けた準備が進められました。 2005年2月、徳島インディゴソックスは四国アイランドリーグplusに加盟することが発表されました。チームの初代監督には、元プロ野球選手の松田一宏氏が就任しました。チームは同年4月に開幕戦を迎え、初年度はリーグ戦4位でシーズンを終えました。 徳島インディゴソックスは、設立以来、四国アイランドリーグplusで活躍しており、2011年にはリーグチャンピオンシップで優勝しています。チームはまた、社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、2014年には「徳島県スポーツ大賞」を受賞しています。 徳島インディゴソックスは、四国の野球を盛り上げるために欠かせない存在となっています。チームはこれからも、徳島県を拠点として、ファンに喜ばれる野球を目指して戦っていきます。
施設名・ロケ地

富岡港について解説

富岡港の歴史は古く、江戸時代まで遡ります。豊臣秀吉の命により1592年に築港され、江戸幕府の時代には、江戸と北海道を結ぶ重要な交易港として繁栄しました。しかし、明治維新後は港の機能が低下し、次第に衰退していきました。 1872年に、富岡港は近代化され、港の機能が復活しました。1889年には、富岡港を拠点とする商船会社が設立され、富岡港は北海道と本州を結ぶ重要な港として再び繁栄しました。 1930年代には、富岡港は海軍の基地として利用されました。第二次世界大戦中は、富岡港は日本海軍の重要な拠点となり、多くの艦船が停泊していました。しかし、1945年に富岡港は米軍によって空襲され、大きな被害を受けました。 第二次世界大戦後、富岡港は復興され、再び北海道と本州を結ぶ重要な港として繁栄しました。1960年代には、富岡港にコンテナターミナルが建設され、富岡港は国際貿易の拠点となりました。 現在、富岡港は北海道と本州を結ぶ重要な港として繁栄しており、多くの旅客や貨物が行き交っています。また、富岡港は観光地としても人気があり、毎年多くの観光客が訪れています。