除虫菊

モノの名前

「ダニよけハーブ」製品紹介と効果的な使い方

-ダニよけハーブとは?- ダニよけハーブとは、ダニを寄せ付けない効果があるハーブのことです。ダニは、高温多湿を好むため、夏場に特に発生しやすく、刺されるとかゆみや腫れなどの症状を引き起こします。ダニよけハーブを部屋に置いたり、ハーブエキスを肌に塗ったりすることで、ダニの発生を防ぎ、刺されるのを予防することができます。ダニよけハーブには、ペパーミント、ラベンダー、ユーカリ、レモングラス、ローズマリーなどがあります。これらのハーブは、いずれもダニが嫌う強い香りを持っています。ダニよけハーブは、生鮮食品売り場や園芸売り場、インターネット通販などで販売されています。
モノの名前

アリフマキラーでアリ退治:安全で効果的な方法

アリフマキラーは、アリを退治するための殺虫剤です。市販されているアリフマキラーは、さまざまな種類がありますが、基本的な特徴は共通しています。 アリフマキラーは、アリの習性を利用して作られています。アリは、巣から外に出ると餌を探します。アリフマキラーは、その餌に似せた成分を含んでいます。アリが餌と間違えてアリフマキラーを食べると、薬剤が体内に取り込まれて死に至ります。 アリフマキラーは、比較的安全な殺虫剤です。人間やペット、植物に直接触れても害はありません。ただし、アリフマキラーを希釈せずに使用したり、大量に使用したりすると危険です。使用上の注意をよく守りましょう。 アリフマキラーは、効果的な殺虫剤です。アリの巣に直接スプレーすると、巣の中のすべてのアリを駆除することができます。また、アリの通る場所にアリフマキラーをまくことで、アリの侵入を防ぐことができます。
モノの名前

菊精ピレキラ:天然由来の害虫駆除剤

菊精ピレキラとは? 菊精ピレキラとは、天然由来の害虫駆除剤です。菊科の植物から抽出したピレトリンという成分を主成分としており、害虫に神経麻痺を起こさせることで駆除します。ピレトリンは、哺乳類や鳥類にはほとんど無害であり、環境への負荷も少ないことから、家庭や食品工場などでも安心して使用することができます。 菊精ピレキラは、スプレータイプ、アースマットタイプ、顆粒タイプなど、さまざまなタイプがあるので、用途に合わせて選ぶことができます。スプレータイプは、害虫を直接駆除したい場合に適しており、アースマットタイプは、害虫の侵入を防ぎたい場合に適しています。顆粒タイプは、土壌にまくことで、害虫の発生を抑制することができます。 菊精ピレキラは、即効性があり、効果が持続するため、害虫駆除に最適な天然由来の駆除剤です。また、哺乳類や鳥類にはほとんど無害であり、環境への負荷も少ないため、安心して使用することができます。
モノの名前

金鳥の渦巻に秘められた歴史と工夫

除虫菊の殺虫成分が蚊取り線香のルーツ 蚊取り線香のルーツは、除虫菊の花に含まれる殺虫成分、ピレトリンにあります。ピレトリンは、古くから害虫駆除に使用されてきた天然の殺虫成分で、蚊取り線香にも配合されています。除虫菊は、日本をはじめ、世界各地で栽培されており、蚊取り線香の原料として重要な役割を果たしています。ピレトリンは、蚊だけでなく、ハエやゴキブリなどの害虫にも効果があるため、蚊取り線香以外にも、殺虫剤や防虫剤にも広く使用されています。ピレトリンは、天然の殺虫成分であるため、人体や環境に優しいという特徴もあります。