電子制御式燃料噴射装置

モノの名前

カワサキが誇る大型自動二輪車ZRX1200DAEG

走りの楽しさを追求したデザイン ZRX1200DAEGのデザインは、「走りの楽しさを追求する」というコンセプトのもとに作られています。まず、車体は「マス集中化」が意識されており、重量物をなるべく車体の中央に配置することで、取り回しの良さと運動性を高めています。また、足回りは「前後17インチホイール」を採用しており、軽快なハンドリングを実現しています。さらに、エンジンの搭載位置を低くすることで、重心が高くなるのを防ぎ、旋回性を向上させています。 これらのデザインにより、ZRX1200DAEGは、大型自動二輪車でありながら、軽快かつ俊敏な走りが楽しめるバイクとなっています。また、その独特のスタイリングは、多くのライダーを魅了しています。
モノの名前

蘇るGSR400の思い出

-GSR400の斬新的なデザイン- GSR400は、2006年にスズキから発売されたネイキッドバイクである。スタイリッシュな外観とスポーティな走行性能を兼ね備えた人気車種で、今もなお多くのライダーに愛されている。 GSR400の最大の特徴は、その斬新的なデザインである。従来のネイキッドバイクとは一線を画したシャープでアグレッシブなフォルムは、発売当時から注目を集めた。特に、ヘッドライトと一体化したフロントカウルのデザインは、非常にインパクトが強く、GSR400を象徴する特徴となっている。 また、GSR400はカラーリングにもこだわっている。ブラック、ホワイト、ブルー、レッドなど、全4色のカラーバリエーションが用意されており、どれもがスタイリッシュで洗練された印象を受ける。特に、ブラックとレッドのツートンカラーは、GSR400のスポーティさを際立たせている。 GSR400のデザインは、発売から10年以上経った現在でも色褪せない。その斬新さとスタイリッシュさは、今もなお多くのライダーを魅了し続けている。
モノの名前

「GTS1000/A」のすべて

-「GTS1000/A」とは?- 「GTS1000/A」とは、スズキから1982年3月に発売された、空冷直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した、通称「刀」と呼ばれた大型スポーツバイクである。最高出力は100馬力、最大トルクは78N·mで、最高速度は240km/h以上を誇った。 「GTS1000/A」は、カウルを装着したスポーツバイクとしては、世界初の市販車であり、その斬新なデザインと優れた性能で、一躍人気車種となった。また、輸出仕様の「GS1000S」も人気があり、世界各国で販売された。 「GTS1000/A」のエンジンは、スズキのGSXシリーズのエンジンをベースに開発されたもので、ボア・ストロークは73.5×61.4mm、総排気量は998ccであった。吸排気バルブはDOHC16バルブで、カムシャフトはチェーン駆動であった。 「GTS1000/A」のフレームは、鋼管ダブルクレードルフレームで、フロントサスペンションはテレスコピックフォーク、リアサスペンションはモノショックであった。ブレーキは、フロントがダブルディスク、リアがシングルディスクであった。 「GTS1000/A」は、その優れた性能と斬新なデザインで、一躍人気車種となった。しかし、1985年に後継車種の「GSX-R1100」が発売されると、その人気は次第に衰退していき、1987年に生産が終了した。