青山剛昌

作品名

「名探偵コナン 沈黙の15分」の魅力

「名探偵コナン 沈黙の15分」は、2011年4月15日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの15作目。青山剛昌の漫画『名探偵コナン』を原作とするアニメーション映画である。監督は静野孔文、脚本は古内一成、音楽は大野克夫が担当した。 本作品は、日本の首都・東京を舞台に、連続爆破事件が発生し、コナンと毛利蘭、そして警視庁の刑事・高木渉らが事件の捜査に当たるというストーリー。コナンと蘭が事件の捜査を進めていくうちに、爆破事件の背後に隠された謎や、コナン自身の過去にまつわる秘密が明らかになっていく。 本作の見どころは、何と言ってもコナンと蘭の活躍である。コナンは、推理力と洞察力を駆使して事件の真相を解き明かしていく。そして、蘭は、コナンの推理をサポートしながら、事件に巻き込まれた人々を救出する。コナンと蘭の息の合ったコンビネーションは、本作の大きな魅力である。 また、本作では、コナン自身の過去にまつわる秘密が明らかになる。コナンは、ある事件をきっかけに、体が小さくなってしまったのだ。その事件の真相は、本作で明らかになる。コナンが、なぜ体が小さくなってしまったのかを知りたい人は、本作をぜひ鑑賞してほしい。
作品名

名探偵コナン 天空の難破船 完全ガイド

-ストーリー解説- 名探偵コナン 天空の難破船は、2010年に公開された劇場版アニメである。原作である青山剛昌の漫画「名探偵コナン」をベースにしており、コナンと彼の仲間たちが、空中で起こる事件を解決する物語である。 物語は、コナンが蘭、小五郎、灰原哀と一緒に、新設された大型飛行船「ベルツリー号」に乗ることから始まる。この飛行船は、コナンの親友である歩美と元太、光彦、そして少年探偵団の顧問である阿笠博士も乗船していた。飛行船が上空に達すると、突如として謎の爆発が発生し、飛行船に穴が開いてしまう。コナンたちは、飛行船が墜落するのを防ぐため、協力して事件を解決しなければならない。 事件の捜査を進めるうちに、コナンたちは、飛行船に爆弾が仕掛けられていることを知る。爆弾は、飛行船が上空に達した瞬間に爆発するように設定されていた。コナンたちは、爆弾の解除を急ぐが、犯人はそれを阻止するために、コナンたちの前に立ちはだかる。コナンたちは、犯人の正体を探りながら、爆弾の解除に成功し、飛行船を墜落から救う。 犯人は、飛行船を爆破することで、政界の有力者を暗殺することを企んでいた。コナンたちは、犯人の計画を阻止し、政界の有力者の命を救うことに成功する。事件が解決した後、コナンたちは、無事に地上に戻り、平穏な日常を取り戻す。
作品名

名探偵コナン工藤新一の復活:黒の組織との対決

黒の組織との対決 名探偵コナン工藤新一の復活 「名探偵コナン工藤新一の復活」は、黒の組織との対決を中心としたドラマです。主人公の工藤新一は、黒の組織に体を小さくされてしまい、江戸川コナンとして生活しています。しかし、ある日、コナンは黒の組織のアジトに忍び込み、組織のボスである烏丸蓮耶の正体を突き止めてしまいます。そして、コナンは黒の組織と対決するために、仲間たちと協力して組織の計画を阻止していきます。 ドラマの舞台は、黒の組織が暗躍する東京です。コナンは、黒の組織の妨害を乗り越えながら、組織の目的を暴いていきます。また、ドラマでは、コナンの仲間たちである毛利蘭、毛利小五郎、阿笠博士、灰原哀などの活躍も描かれます。 「名探偵コナン工藤新一の復活」は、黒の組織との対決を描いた、スリリングなドラマです。コナンの活躍と、黒の組織の策略が繰り広げられる展開は、視聴者を釘付けにします。また、ドラマでは、コナンと仲間たちの絆も描かれ、感動的なシーンもたくさんあります。
作品名

名探偵コナン工藤新一への挑戦状~さよならまでの序章~

名探偵コナン工藤新一への挑戦状~さよならまでの序章~とは 名探偵コナン工藤新一への挑戦状~さよならまでの序章~とは、青山剛昌の漫画『名探偵コナン』を原作としたOVA。2014年12月4日に発売された。 本作は、TVアニメ『名探偵コナン』の第780話から第783話を再編集したもので、原作の単行本第73巻から第74巻の内容を映像化している。 ストーリーは、工藤新一が毛利蘭と別れてアメリカに留学することになり、その前に蘭と一緒に最後の事件を解決しようと決意するところから始まる。 新一と蘭は、蘭の父親である毛利小五郎が依頼を受けた事件を捜査するが、その事件は新一と蘭の人生を大きく変えることになる。 新一と蘭は、事件の真相を追ううちに、蘭の母親である工藤有希子の過去と、新一と蘭の出生の秘密を知ることになる。 そして、新一と蘭は、事件の犯人と対決し、事件を解決する。しかし、事件解決後、新一はアメリカに留学することになり、蘭と別れることになる。 本作は、新一と蘭の最後の事件であり、新一と蘭の出生の秘密が明らかになる重要なエピソードである。
作品名

「名探偵コナン 緋色の不在証明」の秘密に迫る

「推理とアクションが融合した名作アニメ」 「名探偵コナン 緋色の不在証明」は、2021年に公開された劇場版アニメーションです。原作は青山の剛昌の大人気漫画「名探偵コナン」で、劇場版としては第24作目となります。 本作は、江戸川コナンとFBI捜査官の赤井秀一がタッグを組んで、難事件に挑むというストーリーです。推理とアクションが融合した名作アニメとして、多くの人々に愛されています。 本作の最大の見どころは、なんといってもコナンと赤井の推理合戦です。二人の天才的な頭脳がぶつかり合うシーンは、まさに圧巻の一言です。また、本作には迫力満点のアクションシーンも数多く登場します。コナンと赤井が犯人と戦うシーンは、手に汗握る展開となっており、観客を最後まで釘付けにします。 さらに、本作には魅力的なキャラクターたちが登場します。コナン、赤井はもちろんのこと、毛利蘭、安室透、灰原哀など、おなじみのキャラクターたちが活躍します。それぞれのキャラクターが個性を発揮し、物語を盛り上げてくれます。 「名探偵コナン 緋色の不在証明」は、推理とアクションが融合した名作アニメです。原作ファンはもちろん、アニメファンも楽しめる作品となっています。ぜひ、劇場でご覧ください。
作品名

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』の魅力

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』のストーリーの魅力は、何といっても複雑かつ緻密に練られたミステリーにあります。本作では、コナンの前に立ちはだかるのは、私立探偵の毛利小五郎、探偵団のメンバーである円谷光彦、吉田歩美、小嶋元太、そしてコナンのライバルである怪盗キッドなど、おなじみのキャラクターたちです。 彼らは、それぞれに事件を解決するために奔走する中で、様々な謎に直面していきます。そして、やがて彼らは、ある共通の敵の存在に気づきます。その敵こそ、コナンの宿敵である黒の組織です。黒の組織は、コナンの正体を暴こうと、次々と刺客を送り込んできます。 コナンたちは、黒の組織の刺客たちと死闘を繰り広げながら、事件の真相に迫っていきます。そして、ついに彼らは、黒の組織の目的を知ることになります。黒の組織は、ある新薬を開発するために、コナンの正体を暴こうとしていたのです。 コナンたちは、黒の組織の野望を阻止するために、最後の決戦に挑みます。果たして、コナンたちは黒の組織を倒し、新薬の開発を防ぐことができるのでしょうか?複雑かつ緻密に練られたミステリーは、最後まで目が離せません。
作品名

名探偵コナン 絶海の探偵

「名探偵コナン 絶海の探偵」は、2016年4月15日に公開されたアニメ映画です。劇場版コナンの19作目で、前作「業火の向日葵」から約1年ぶりの公開となりました。 この映画の舞台は、東京湾に浮かぶ豪華客船「ベルツリー号」。コナンたちは、この船で開催される推理小説のイベントに参加することになります。しかし、その船上で連続殺人事件が発生。コナンは、事件の謎を解くために奔走することになります。 この映画の見どころは、なんといっても緊迫感あふれる推理シーンです。コナンは、犯人の残した手がかりを元に、事件の真相を推理していきます。その過程で、コナンは、犯人の巧妙なトリックに翻弄されながらも、一歩一歩真相に近づいていきます。 また、この映画は、アクションシーンも満載です。コナンたちは、犯人から逃走したり、犯人に立ち向かったりと、さまざまなアクションを繰り広げます。そのシーンは、迫力満点で、観客を興奮させること間違いなしです。 さらに、この映画には、感動的なシーンも用意されています。コナンと蘭の関係性や、コナンと灰原哀の関係性が深まるシーンは、涙を誘うことでしょう。 「名探偵コナン 絶海の探偵」は、推理、アクション、感動のすべてが詰まった、見どころ満載の映画です。コナンファンはもちろん、アニメファンならぜひ一度は見てほしい作品です。
作品名

「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」ってどんな作品?

物語のあらすじ 「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」の物語は、ある日、イギリスの名探偵シャーロック・ホームズの調査ノートが入手されたことから始まります。そのノートには、ホームズが未解決のままになっていた事件が記されており、コナンたちはその事件を解決するためにロンドンに向かいます。 ロンドンに到着したコナンたちは、ホームズの調査ノートに記されていた事件の現場であるベイカー街を訪れます。そこで、コナンたちはホームズに協力していた少年探偵団のメンバーたちと出会い、事件の捜査を開始します。 捜査を進めるうちに、コナンたちは事件の背後にホームズの宿敵であるモリアーティ教授がいることを突き止めます。モリアーティ教授は、ホームズを抹殺するために、ベイカー街に亡霊を出現させて人々を恐怖に陥れているのです。 コナンたちは、モリアーティ教授の計画を阻止するために、ベイカー街の亡霊の正体を暴くことにします。そして、亡霊の正体がモリアーティ教授によって操られていた人工知能であることを突き止めます。 コナンたちは、人工知能を破壊し、モリアーティ教授を逮捕することに成功します。事件は解決し、ロンドンに平和が戻りました。
作品名

名探偵コナン 緋色の弾丸の必見ポイント

名探偵コナン 緋色の弾丸の魅力的なストーリー展開 名探偵コナン 緋色の弾丸は、名探偵コナンシリーズの24作目にあたる劇場版アニメ映画です。2021年4月16日に公開され、興行収入は76.5億円を突破しました。この映画の魅力の一つは、ストーリー展開です。 映画の舞台は、世界最大規模のスポーツの祭典「WSG」が開催される東京です。コナン、蘭、新一は、大会期間中に開催される開会式に出席するため、東京を訪れます。しかし、その最中に、大会組織委員長の赤井秀一が何者かに狙撃され、重傷を負ってしまいます。 コナンは、赤井の狙撃事件をきっかけに、WSGを巡る陰謀に巻き込まれていきます。コナンの前に現れたのは、世界的な大富豪である黒羽快斗と、その秘書である中森青子でした。黒羽快斗は、WSGの開催を阻止するために、コナンと対立します。 コナンは、黒羽快斗の陰謀を阻止するために、赤井秀一、安室透、服部平次、毛利蘭らと協力して捜査を開始します。そして、WSGの開催直前に、黒羽快斗の正体と、その目的を突き止めることができました。 コナンの活躍により、黒羽快斗の陰謀は阻止され、WSGは無事に開催されました。しかし、コナンの前に新たな敵が現れます。それは、黒の組織のボスであるラムでした。ラムは、コナンを殺害するために、組織のメンバーを東京に派遣します。 コナンは、ラムの刺客を倒し、組織の野望を阻止するために、再び立ち上がります。そして、ついに、ラムの正体を突き止めることができました。ラムの正体は、コナンの身近にいる人物でした。コナンは、ラムを倒すために、最後の戦いに挑みます。 名探偵コナン 緋色の弾丸は、手に汗握るストーリー展開と、コナンの活躍が見どころの映画です。劇場版アニメ映画の中でも、特に人気が高い作品となっています。
作品名

名探偵コナンの劇場版第12作の魅力

名探偵コナンの劇場版第12作のストーリーは、少年探偵団がキャンプに出かけたことから始まります。キャンプ場に到着した少年探偵団は、偶然にも誘拐事件に遭遇します。誘拐されたのは、大富豪の娘・若松麗奈でした。 コナンは麗奈が誘拐された現場を目撃しており、犯人の車の特徴を覚えていました。コナンは犯人を追跡し、麗奈が監禁されている場所を突き止めます。 コナンは麗奈を救出するため、犯人のアジトに潜入します。コナンは犯人と対決し、麗奈を無事に救出します。 犯人は、麗奈の父親の会社を乗っ取るために麗奈を誘拐したことが判明しました。コナンは犯人を逮捕し、麗奈の父親の会社を守りました。 コナンは今回もまた、難事件を解決し、人々を救いました。
作品名

名探偵コナンから紅の恋歌の徹底解説

-ストーリー紹介- 「名探偵コナンから紅の恋歌」は、2017年に公開された日本のアニメーション映画である。青山剛昌の漫画「名探偵コナン」を原作としている。この映画は、京都にある本能寺が舞台となっており、コナンと彼の友人たちは、本能寺の宝物を狙う犯罪組織と対決する。 この映画のストーリーは、京都にある本能寺に伝わる秘宝「紅の恋歌」をめぐる争いから始まる。紅の恋歌は、平安時代に活躍した歌人・在原業平が愛する女性のために書いた歌集とされており、その歌には、業平の恋愛が歌われている。 ある日、コナンと彼の友人たちは、京都を訪れる。彼らは、本能寺で紅の恋歌の展示会が開かれていることを知り、展示会を訪れることにした。しかし、展示会が開かれている最中に、犯罪組織が本能寺に侵入してきて、紅の恋歌を盗み出してしまった。 コナンと彼の友人たちは、犯罪組織を追跡し、紅の恋歌を取り戻すために奔走する。彼らは、犯罪組織のアジトに潜入したり、警察と協力して捜査を進めたりする。そして、ついに犯罪組織を逮捕し、紅の恋歌を取り戻すことに成功した。 「名探偵コナンから紅の恋歌」は、コナンの活躍を描いた人気アニメーション映画である。この映画では、コナンと彼の友人たちが、犯罪組織と対決する姿が描かれており、ハラハラドキドキの展開が楽しめる。また、この映画では、京都の美しい風景が描かれており、京都の観光名所を巡っている気分が味わえる。
作品名

「名探偵コナン工藤新一への挑戦状~怪鳥伝説の謎~」ドラマの魅力

-原作との違いとドラマならではの工夫- ドラマ「名探偵コナン工藤新一への挑戦状~怪鳥伝説の謎~」は、青山剛昌の人気漫画「名探偵コナン」を原作とした作品ですが、原作とは異なる部分やドラマならではの工夫が数多く見られます。 まず、原作では、コナンは灰原哀と出会い、組織の秘密を知ることになりますが、ドラマでは、灰原哀は登場せず、コナンは組織の秘密を全く知りません。また、原作では、怪鳥伝説の謎は、コナンと服部平次の協力によって解決されますが、ドラマでは、コナンが一人で解決します。 さらに、ドラマでは、原作にはないオリジナルのキャラクターが登場します。その中でも特に注目すべきなのは、謎の組織のボスである「黒の男」です。黒の男は、原作では一切登場せず、その存在は示唆されるのみですが、ドラマでは、コナンの前に姿を現し、コナンと直接対決します。 このように、ドラマ「名探偵コナン工藤新一への挑戦状~怪鳥伝説の謎~」は、原作とは異なる部分やドラマならではの工夫が数多く見られる作品となっています。原作ファンも、ドラマだけの要素を楽しめる作品となっているため、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
作品名

コナン映画18作目!「異次元の狙撃手」のあらすじと見どころ

-あらすじ次元の狙撃手に狙われた新一とおっちゃん!- コナン映画18作目「異次元の狙撃手」のあらすじは、高校生探偵・江戸川コナンが、次元の狙撃手と呼ばれる謎の狙撃手に狙われることになるというストーリー。狙撃手の目的は、コナンの正体である工藤新一と、彼の親友である毛利小五郎を殺害することだった。 狙撃手は、コナンと小五郎が参加したサッカーの試合中に、2人を狙撃しようとする。コナンは狙撃手の銃弾をかわすことに成功するが、小五郎は肩を撃たれてしまう。コナンは、狙撃手の正体を突き止めるために捜査を開始する。 捜査を進めるうちに、コナンは狙撃手が、工藤新一の父親である工藤優作と、毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である工藤新一の父親である工藤優作と、毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である工藤新一の父親である工藤優作と、毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である工藤新一の父親である工藤優作と、毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である工藤新一の父親である工藤優作と、毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小五郎の父親である毛利小
作品名

コナン 世紀末の魔術師:新たな謎に挑む

世紀末に起こった謎について 1999年、世紀末の年、世界各地で不可解な現象が起こっていた。日本では、東京の街を巨大な竜巻が襲い、多くの建物が倒壊した。アメリカでは、ニューヨークの自由の女神像が突然消え、代わりに巨大なロボットが現れた。そして、イギリスでは、ロンドン塔が謎の光に包まれ、塔の中から恐竜が現れた。 これらの事件は、すべて同じ組織によって引き起こされたものだった。その組織の名は「ブラック・オーガニゼーション」。ブラック・オーガニゼーションは、世界を支配するために、暗躍する犯罪組織だった。 ブラック・オーガニゼーションは、世紀末の混乱に乗じて、世界を支配しようとした。しかし、彼らの計画は、コナン・エドガワによって阻止された。コナンは、ブラック・オーガニゼーションの陰謀を暴き、組織を壊滅させた。 世紀末の謎は、コナンによって解決された。しかし、ブラック・オーガニゼーションの残党は、今もなお暗躍している。コナンは、残党を追い詰め、世界を平和にするために、今日も戦っている。
作品名

「名探偵コナン ゼロの執行人」の魅力

「ストーリーと演出の秀逸さ」 「名探偵コナン ゼロの執行人」は、ストーリーと演出の秀逸さが特徴です。ストーリーは、東京サミット開催を阻止するために、公安警察のゼロ(安室透)が警察庁長官を狙うテロリストを追跡するというものです。ゼロとテロリストの攻防は手に汗握る展開で、最後まで目が離せません。 演出も非常に見事で、特にクライマックスのシーンは圧巻です。ゼロとテロリストの最後の対決は、東京タワーを舞台に繰り広げられます。高層ビルの上での格闘シーンは、手に汗握る展開で、映画館で観ている観客は思わず息を呑んでしまうことでしょう。 また、本作は伏線回収も見事です。シリーズを通して張られてきた伏線が、本作で一気に回収されます。特に、赤井秀一と安室透の因縁は、本作でついに決着を迎えます。コナンファンなら絶対に観逃せないシーンです。
作品名

名探偵コナン 銀翼の奇術師

「名探偵コナン 銀翼の奇術師」のストーリーは、怪盗キッドが所有する宝石の「銀翼の魔術師」の争奪戦を中心に展開される。主人公・江戸川コナンは、キッドによって誘拐された蘭を救出するため、その行動を追う。キッドは、宝石を盗むために、空中からコナンの住むビルに降り立ち、コナンとの対決が繰り広げられる。コナンは、キッドのトリックを解き明かし、蘭を救出することに成功する。しかし、キッドはコナンによって逮捕されてしまう。 その後、コナンはキッドから、宝石が本物ではなく、偽物であることを知らされる。本物の宝石は、コナンの隣に住む少年・工藤新一が所有していた。新一は、宝石を盗むためにキッドがコナンを誘拐したのだと推理する。コナンは、キッドを捕まえるために、新一と協力して、キッドの隠れ家を探し出す。コナンと新一の活躍によって、キッドは逮捕され、宝石は無事に取り戻された。
作品名

水平線上の陰謀のすべて

「作品概要」  水平線上の陰謀は、2023年に公開された日本のSFアクション映画である。監督は庵野秀明、脚本は虚淵玄が担当した。本作は、地球外生命体と人類との戦いを描いた作品で、壮大なスケールと迫力ある映像が話題となった。  物語は、地球外生命体「エイリアン」が地球に侵攻し、人類が絶滅の危機に瀕するところから始まる。主人公は、エイリアンと戦うために結成された特殊部隊「アースフォース」の隊員である。アースフォースは、エイリアンに立ち向かうために、さまざまな兵器やテクノロジーを駆使し、壮絶な戦いを繰り広げる。  本作は、庵野監督の代表作の一つであり、SF映画史に残る名作として評価されている。また、本作は、日本の映画界に大きな影響を与え、後のSF映画の制作に大きな影響を与えた。
作品名

名探偵コナン ハロウィンの花嫁

「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」は、2022年4月15日に公開された日本のアニメ映画である。青山剛昌の漫画『名探偵コナン』を原作とし、劇場版『名探偵コナン』シリーズの第25作目である。 本作品は、高木刑事と佐藤刑事の結婚式を舞台に、連続爆破事件と警察学校組の過去が描かれる。監督は満仲勧、脚本は櫻井武晴、キャラクターデザインは須藤昌朋、音楽は大野克夫が担当した。 本作のオープニングテーマは「クロノスタシス」であり、BUMP OF CHICKENが歌唱を担当している。エンディングテーマは「夢物語」であり、倉木麻衣が歌唱を担当している。 本作は、興行収入95.2億円を記録し、2022年の日本映画興行収入ランキング第1位となった。また、第46回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した。
作品名

名探偵コナン 迷宮の十字路:劇場版第7作の魅力

映画のストーリーと魅力を解き明かす 名探偵コナン 迷宮の十字路は、2003年に公開された劇場版コナンの第7作目です。この映画は、京都を舞台に、新選組が残した宝物を巡る謎と陰謀が繰り広げられます。 コナンと蘭、小五郎は、京都旅行中に、新選組の宝物の地図が隠されたという古文書を発見します。地図を解読していくうちに、彼らはこの宝物が、京都の街に隠された迷宮の中に隠されていることを突き止めます。 コナンと小五郎は、迷宮の中を探検しながら、宝物を狙う組織のメンバーと対決します。組織のメンバーは、コナンと小五郎を倒すために、さまざまな罠や仕掛けを仕掛けますが、コナンと小五郎は、知恵と勇気を駆使して、組織のメンバーを撃退していきます。 クライマックスでは、コナンは、知恵と推理力を駆使して、宝物の隠し場所を見破ります。宝物は、新選組の隊士たちの遺品であり、その中には、新選組のリーダーである近藤勇の愛刀「虎徹」も含まれていました。 コナンと小五郎は、宝物を無事に回収し、組織のメンバーを逮捕することができました。そして、京都の街に平和が戻りました。 この映画の魅力は、何と言っても、京都の街を舞台にした壮大なスケールの物語です。京都の街並みや名所が美しく描かれており、まるで自分が京都旅行をしているかのような気分を味わうことができます。 また、コナンと小五郎の活躍も魅力的です。コナンは、知恵と推理力を駆使して、難事件を解決していきます。小五郎は、コミカルなキャラクターながら、コナンを助けて事件を解決していきます。 さらに、組織のメンバーとの対決シーンも見どころです。組織のメンバーは、強くて恐ろしい敵ですが、コナンと小五郎は、知恵と勇気を駆使して、組織のメンバーを撃退していきます。 名探偵コナン 迷宮の十字路は、京都の街を舞台にした壯大なスケールの物語であり、コナンと小五郎の活躍も見どころの映画です。この映画は、コナンファンはもちろん、京都旅行を検討している人にもおすすめです。
作品名

「名探偵コナン 14番目の標的」徹底解説&名シーン集

「名探偵コナン 14番目の標的」とは? 「名探偵コナン 14番目の標的」は、青山剛昌の人気漫画「名探偵コナン」を原作とした劇場版アニメ第14作目です。2011年4月15日に公開されました。本作は、コナンの宿敵である黒の組織のメンバーであるバーボンが初登場し、その正体が明らかになる重要な作品となっています。 物語は、コナンが事件の捜査中にバーボンと出会い、バーボンがコナンの正体に気づくところから始まります。コナンはバーボンに追われながら、事件の謎を解き明かしていきます。そして、事件の黒幕がバーボンであることが判明し、コナンはバーボンと壮絶なバトルを繰り広げます。 「名探偵コナン 14番目の標的」は、コナンとバーボンの対決が描かれた迫力満点の作品です。また、バーボンの正体が明らかになることで、黒の組織の謎がさらに深まる展開となっています。コナンファンなら必見の作品です。
作品名

名探偵コナン 紺碧の棺:映画解説と感想

「名探偵コナン 紺碧の棺」は、2019年に公開された劇場版アニメ「名探偵コナン」シリーズの第23作目です。原作は青山剛昌の人気漫画「名探偵コナン」です。この映画は、シンガポールを舞台に、コナンと仲間たちが難事件に挑むというストーリーです。 舞台はシンガポール。マリーナ・ベイ・サンズにそびえ立つ世界最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」の落成式典に出席するため、コナンと蘭、小五郎、少年探偵団はシンガポールへと向かう。しかし、式典当日、突如観覧車が暴走し、コナンたちが乗ったゴンドラが地上へと落下してしまう。絶体絶命のピンチに陥ったコナンたちだったが、辛くも脱出に成功する。 その後、コナンは観覧車暴走事件の捜査を開始する。すると、その事件の背後には、シンガポールの独立運動に端を発する過去の因縁が隠されていることが判明する。コナンは、蘭や小五郎、そしてシンガポール警察の協力のもと、事件の真相に迫っていく。
作品名

名探偵コナンの魅力

-名探偵コナンの魅力キャラクター- 名探偵コナンは、青山剛昌によって書かれた日本のミステリー漫画であり、アニメも制作されている。この作品は、高校生探偵の工藤新一が、謎の組織によって小さくなってしまい、江戸川コナンと名乗って事件を解決していくというストーリーである。 名探偵コナンの魅力の一つは、そのキャラクターにある。工藤新一は、頭脳明晰で推理力に優れた高校生探偵であり、江戸川コナンになってからもその推理力を駆使して事件を解決していく。また、コナンの親友である毛利蘭は、空手の達人で、コナンを支える頼もしい存在である。 さらに、名探偵コナンには、コナンを助ける多くのキャラクターが登場する。コナンの幼馴染である吉田歩美、元太、光彦の3人組や、コナンのライバルである怪盗キッド、コナンの事件捜査を邪魔する組織のメンバーなど、個性豊かなキャラクターが多数登場し、物語を盛り上げている。 これらの魅力的なキャラクターが、名探偵コナンを人気作品にしている大きな理由である。
作品名

名探偵コナン 紺青の拳:海を越えたミステリー

名探偵コナン 紺青の拳海を越えたミステリーは、2019年に公開された劇場版第23作です。コナンの活躍はもちろん、その舞台となるシンガポールや、ゲストキャラクターである怪盗キッドの活躍も見どころです。 今回の舞台は、コナンたちが初めて海外に飛び出すシンガポールです。マーライオンやマリーナベイサンズなど、シンガポールの象徴的な場所が次々と登場します。また、怪盗キッドの活躍も見逃せません。キッドは、シンガポールで開かれる国際宝石展から、幻の宝石「ブルーサファイヤ」を盗み出そうとします。コナンはキッドの野望を阻止するため、知恵と推理力を駆使して立ち向かいます。 そして、今回の映画の見どころのひとつは、コナンとキッドの共闘です。コナンとキッドは、これまで敵対関係にありましたが、今回の映画では一時的に手を組みます。二人が協力して事件を解決する姿は、今までにない新鮮さを感じさせてくれます。 「名探偵コナン 紺青の拳海を越えたミステリー」は、コナンファンの期待を裏切らない、手に汗握るミステリー映画です。コナンの活躍、シンガポールの美しい景色、怪盗キッドの活躍など、見どころがたくさんあります。劇場でぜひご覧ください。
作品名

名探偵コナン工藤新一京都新撰組殺人事件ドラマ特集

2012年7月14日、日本テレビ系列で放送された『名探偵コナン 工藤新一 京都新撰組殺人事件』は、青山剛昌の人気漫画『名探偵コナン』を原作としたテレビドラマスペシャルです。時を超えて蘇った新選組の亡霊に立ち向かうコナンの活躍を描いたミステリードラマです。 このドラマは、京都を舞台に、新選組の亡霊に襲われる人々が続出するという怪事件が発生するところから始まります。コナンは、蘭、園子、小五郎と一緒に京都に旅行に来ており、この怪事件に巻き込まれます。コナンは、新選組の亡霊の正体を突き止め、事件を解決するために奔走します。 このドラマは、新選組の亡霊という設定が斬新で、ミステリーとしてもよく練られており、視聴者を最後まで飽きさせません。また、コナンと蘭、園子、小五郎のやり取りもコミカルで、ドラマを盛り上げます。 『名探偵コナン 工藤新一 京都新撰組殺人事件』は、名探偵コナンファンはもちろん、ミステリードラマファンにもおすすめのドラマです。