静岡県

施設名・ロケ地

下賀茂温泉で癒やしのひとときを

下賀茂温泉の歴史と特徴 下賀茂温泉は、京都府京都市北区にある温泉です。温泉街は、下鴨神社の門前町として栄えた町で、古くから多くの湯治客で賑わってきました。温泉の泉質は、アルカリ性単純泉で、肌に優しく、神経痛や筋肉痛、疲労回復によく効きます。温泉街には、共同浴場や旅館、ホテルなどがあり、気軽に温泉を楽しむことができます。 下賀茂温泉の歴史は古く、平安時代にはすでに湯治場として知られていたとされています。鎌倉時代には、後鳥羽上皇が下賀茂温泉を訪れ、その効能を絶賛したと伝えられています。江戸時代には、公家や武士、庶民など多くの人が下賀茂温泉を訪れ、湯治や保養をしていました。明治時代以降、下賀茂温泉は、京都の観光地として人気が高まり、現在では、国内外から多くの観光客が訪れています。 下賀茂温泉の特徴は、アルカリ性単純泉であるという点です。アルカリ性単純泉は、肌に優しく、神経痛や筋肉痛、疲労回復によく効きます。また、下賀茂温泉は、京都の街中にある温泉であるという点も特徴です。京都の観光地を巡った後に、下賀茂温泉で疲れを癒やすことができます。
施設名・ロケ地

「ねこの博物館」の魅力を徹底解説!

猫をテーマにした美術館とは、猫をテーマにした絵画、彫刻、工芸品などを展示する美術館のことです。猫は古来より世界各地で愛されてきた動物であり、その姿や生態は芸術作品において様々な表現をされてきました。猫をテーマにした美術館は、猫を愛する人々にとって、猫の魅力を堪能できる貴重な空間となっています。 猫をテーマにした美術館は、世界各地に存在します。日本では、東京にある「猫の美術館」が有名です。「猫の美術館」には、猫をテーマにした作品が多数展示されており、猫好きにはたまらないスポットとなっています。また、ヨーロッパには、ロンドンにある「キャット・ギャラリー」や、パリにある「猫の美術館」など、猫をテーマにした美術館が数多くあります。
施設名・ロケ地

熱海新聞の魅力

-熱海新聞の歴史- 熱海新聞は、熱海市で発行されている地方新聞です。1898年(明治31年)に創刊され、熱海市周辺の地域情報を中心に報道しています。熱海新聞は、熱海市議会や熱海市役所などの行政機関、熱海商工会議所などの経済団体、熱海観光協会などの観光団体など、熱海市内の様々な組織や団体と密接に連携しており、熱海市の最新情報を迅速かつ正確に報道しています。 また、熱海新聞は、熱海市に暮らす人々の生活に役立つ情報を積極的に掲載しており、読者から高い支持を得ています。例えば、熱海新聞では、熱海市内のイベント情報や、熱海市内の飲食店や宿泊施設の情報、熱海市内の病院や診療所の情報などを積極的に掲載しています。 熱海新聞は、熱海市に暮らす人々の生活に欠かせない情報源となっています。これからも、熱海新聞は、熱海市周辺の地域情報を中心に報道し、読者に役立つ情報を積極的に掲載していく予定です。
モノの名前

静岡と甲府を結ぶ特急にようこそ!「ワイドビューふじかわ」の魅力

-車窓から広がる雄大な富士山の景色- ワイドビューふじかわは、静岡と甲府を結ぶ特急列車です。この列車の一番の魅力は、車窓から広がる雄大な富士山の景色です。特に、富士山の東側を走る区間では、富士山が真正面にそびえ立ち、その雄大な姿に圧倒されること間違いなしです。 富士山の景色は、季節や時間帯によっても変化します。春には、富士山に雪が積もり、その姿はより一層美しくなります。夏には、富士山の裾野に緑が広がり、そのコントラストが楽しめます。秋には、富士山の紅葉が車窓を彩り、その景色はまさに絶景です。冬には、富士山が雪化粧をし、その姿はより一層神々しくなります。 また、ワイドビューふじかわは、富士山だけでなく、車窓から他の景観も楽しむことができます。例えば、静岡県と山梨県の県境にある富士川では、川の流れと富士山のコラボレーションを楽しむことができます。また、甲府盆地では、山々に囲まれた広大な景色が広がり、その美しさに心が癒されます。 ワイドビューふじかわは、車窓から広がる雄大な富士山の景色を楽しむことができるだけでなく、他の景観も楽しむことができる魅力的な列車です。静岡と甲府を旅行する際には、ぜひワイドビューふじかわを利用してみてください。
モノの名前

東京新聞を知る〜関東の新聞〜

東京新聞の歴史と発行元 東京新聞は、1946年(昭和21年)に創刊された日本の新聞である。発行元は株式会社東京新聞で、本社は東京都千代田区にある。東京新聞は、関東地方を中心に発行されており、朝刊と夕刊の2種類がある。朝刊は、東京23区、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、静岡県で、夕刊は、東京都23区と神奈川県で発行されている。 東京新聞は、戦後の混乱期に、自由で民主的な社会の実現を目指して創刊された。創刊当時の紙名は「東京タイムズ」であったが、1949年(昭和24年)に「東京新聞」と改題された。東京新聞は、創刊以来、一貫してリベラルな論調を貫いており、社会正義や民主主義を重視した報道姿勢が特徴である。 東京新聞は、1952年(昭和27年)に、日本新聞協会に加盟した。日本新聞協会は、日本の新聞社の業界団体であり、新聞の自由と発展に努めている。東京新聞は、日本新聞協会の加盟社として、新聞の自由と発展に貢献している。 東京新聞は、2006年(平成18年)に、株式会社中日新聞社と業務提携を結んだ。株式会社中日新聞社は、中日新聞、東京新聞、北陸中日新聞、日刊スポーツ新聞、中日ドラゴンズを傘下に置くメディアグループである。東京新聞は、株式会社中日新聞社との業務提携により、中日新聞グループのネットワークを活用した報道が可能となり、新聞の質の向上を図っている。
地名・ロケ地

下田温泉の魅力 〜静岡県下田市の癒しの地〜

-下田温泉の歴史と泉質- 下田温泉の歴史は古く、開湯されたのは1000年以上前と言われています。江戸時代には、徳川家康が下田を訪れた際に温泉に入浴し、その効能を絶賛したと伝えられています。 下田温泉の泉質は、ナトリウム-塩化物泉です。ナトリウムイオンは皮膚を柔らかくし、塩化物イオンは殺菌効果があります。そのため、下田温泉は、アトピー性皮膚炎や切り傷、火傷などの皮膚病に効果があるとされています。また、神経痛や筋肉痛、関節痛などの慢性痛にも効果があると言われています。 下田温泉には、共同浴場や旅館、ホテルなど、様々な入浴施設があります。共同浴場は、地元の人々や観光客に親しまれており、リーズナブルな価格で入浴を楽しむことができます。旅館やホテルには、露天風呂や貸切風呂など、様々なタイプの温泉風呂があり、ゆっくりと温泉を満喫することができます。
施設名・ロケ地

「イオンモール富士宮」徹底解説

イオンモール富士宮は、静岡県富士宮市にあるショッピングモールです。2011年11月19日に開業しました。富士宮市内で最大のショッピングモールであり、年間来店者数は約1,000万人です。 イオンモール富士宮の敷地面積は約20万平方メートル、店舗面積は約10万平方メートルです。1階と2階に約150店舗が入居しています。主なテナントは、イオン、イトーヨーカドー、トイザらス、無印良品、ユニクロ、GU、ZARA、H&M、GAP、ジーユー、ABCマート、マツモトキヨシ、ツルハドラッグ、スターバックスコーヒー、ドトールコーヒーショップ、タリーズコーヒーなどです。 イオンモール富士宮には、フードコート、レストラン街、映画館、ボーリング場、ゲームセンター、書店のほかに、子ども向けの遊び場やイベントスペースもあります。 イオンモール富士宮は、富士宮市の中心部に位置しており、富士宮駅から徒歩5分、東名高速道路富士宮インターチェンジから車で5分の場所にあります。駐車場は約5,000台収容可能で、駐車料金は無料です。
地名・ロケ地

浜松藩の歴史と文化

浜松藩の成り立ちと歴代藩主 浜松藩は、江戸時代初期に徳川家康の重臣である酒井忠次が藩祖となって成立した藩である。忠次は、家康の東海道征伐に際して功績を上げ、家康から浜松城を拝領し、浜松藩主となった。その後、忠次は徳川秀忠の時代にも重用され、老中として幕府の政務を担った。忠次の死後、浜松藩は嫡男の酒井忠勝が継承し、以後は酒井氏が代々藩主を務めた。 酒井氏は、江戸時代を通じて浜松藩を治め、藩政を安定させた。特に、忠勝は浜松城の拡張や城下町の整備を行い、浜松藩の発展に尽力した。また、忠勝は学問を奨励し、浜松藩には多くの優れた人材が輩出した。 酒井氏歴代藩主の中でも、特に有名なのが第11代藩主の酒井忠績である。忠績は、幕末の動乱期に 浜松藩を治め、藩の存続に尽力した。忠績は、開国を主張する一橋慶喜(後の徳川慶喜)を支持し、幕府の政権運営を批判した。しかし、忠績は江戸幕府の滅亡を阻止することができず、維新後は隠居した。 浜松藩は、明治維新後廃藩置県により消滅したが、その歴史と文化は今もなお色濃く残っている。浜松城は国の重要文化財に指定されており、城下町には当時の面影を残す建物が数多く残っている。また、浜松藩には多くの優れた人材が輩出し、その功績は今もなお語り継がれている。
モノの名前

「いわた茶」の知られざる魅力

「いわた茶」の歴史は古く、江戸時代までさかのぼります。当時の岩田地区は、北前船の寄港地として栄えており、各地から茶葉が持ち込まれていました。この茶葉と地元の茶葉をブレンドしたものが「いわた茶」の原型と言われています。 明治時代になると、岩田地区は製茶業が盛んになり、「いわた茶」は全国に出荷されるようになりました。しかし、第二次世界大戦後は、茶園の荒廃や後継者不足などにより、生産量は減少しました。 近年では、「いわた茶」の伝統を受け継ごうと、地元の生産者や自治体が様々な取り組みを行っています。その結果、生産量は少しずつ回復し、現在では年間約100トンを生産しています。 「いわた茶」は、渋みと甘みのバランスが良く、まろやかな味わいが特徴です。また、香りも高く、お茶本来の美味しさを楽しむことができます。 「いわた茶」は、地元の特産品としてだけでなく、全国的にも注目されているお茶です。その魅力をもっと多くの人に知ってもらうため、これからも様々な取り組みが行われていく予定です。
施設名・ロケ地

スーパーカドイケのすべてを知る

スーパーカドイケの歴史と特徴 スーパーカドイケは、「カドイケがいっぱい」を意味する言葉です。関西では、カドイケとは「グループ」のことを指し、異なる趣味や興味を持つ人たちが集まるという意味で使われます。スーパーカドイケとは、その名の通り、多種多様な人が集まる場所であり、さまざまなイベントやアクティビティが行われています。 スーパーカドイケの歴史は、1995年に遡ります。当時、大阪の南堀江にある「カドイケビル」のオーナーが、ビルを改装してアートギャラリーやライブハウス、カフェなどが入居する複合施設としてオープンしました。この施設は、すぐに若者の間で人気となり、スーパーカドイケと呼ばれるようになりました。 スーパーカドイケの特徴は、その多様性です。さまざまなジャンルのイベントやアクティビティが行われており、誰もが楽しめる場所となっています。また、スーパーカドイケは、新しい文化やトレンドの発信地としても知られています。ここから、多くのアーティストやクリエイターが輩出されています。 スーパーカドイケは、大阪のカルチャーシーンを代表する場所であり、国内外から多くの人が訪れます。一度足を踏み入れれば、その独特の世界観に魅了されること間違いなしです。
地名・ロケ地

伊豆半島ジオパークの魅力と見どころ

ジオパークとは、貴重な地形や地質、生態系など、大地の歴史と自然の恵みを後世に残し、活用していくための公園です。伊豆半島ジオパークは、日本初のユネスコ世界ジオパークに認定された、伊豆半島全域に広がる広大な公園です。伊豆半島の豊かな自然と長い歴史を物語る、様々な地質や地形、生態系を見ることができます。 伊豆半島ジオパークの魅力の一つは、その地形です。伊豆半島は、火山の活動によって形成された半島で、複雑で変化に富んだ地形をしています。天城山地を筆頭に、標高1,000メートルを超える山々が連なり、その間には深い谷や河川が流れています。また、海岸線は変化に富んでおり、リアス式海岸や砂浜、断崖絶壁など、様々な景観を楽しむことができます。 伊豆半島ジオパークの見どころの一つは、堂ヶ島です。堂ヶ島は、伊豆半島の東端に位置する景勝地で、奇岩や洞窟が連なる美しい海岸線を見ることができます。特に、天窓洞と呼ばれる洞窟は、波によって浸食されてできたもので、その大きさと美しさは圧巻です。 伊豆半島ジオパークの見どころは、他にもたくさんあります。例えば、伊豆半島の西側にある西伊豆町は、日本の渚百選に選ばれた黄金崎や、日本三大温泉郷のひとつである修善寺温泉など、美しい景色と豊かな温泉を楽しめるエリアです。また、伊豆半島の南端にある下田市は、黒船来航の地として知られており、歴史的な史跡や資料が数多く残されています。
モノの名前

富士山のバナジウム天然水

富士山の地下水からの天然水 富士山は、標高3,776mの日本最高峰であり、その雄大な姿は日本人の心の故郷として親しまれています。また、富士山は世界文化遺産にも登録されており、その自然美は世界中の人々を魅了しています。 富士山には、豊富な地下水があり、その地下水は富士山の雪解け水や雨水が長い年月をかけて地層に浸透したものです。富士山地下水は、ミネラル分を豊富に含んでおり、その中でもバナジウムの含有量は世界屈指です。バナジウムは、人間の健康に欠かせないミネラルであり、疲労回復や血圧上昇を抑える効果があると言われています。 富士山の地下水は、ミネラルウォーターとして販売されており、その人気は年々高まっています。富士山の地下水で作ったミネラルウォーターは、まろやかな口当たりとすっきりとした後味が特徴で、多くの人々に愛飲されています。 富士山の地下水は、ミネラルウォーターだけでなく、様々な製品に使用されています。例えば、化粧品や洗剤、食品など、富士山の地下水を使った製品は数多くあります。富士山の地下水は、そのミネラル分が健康や美容に良いとされており、多くの人々に支持されています。 富士山の地下水は、富士山の恵みであり、その価値は計り知れません。富士山の地下水を使った製品は、私たちの健康や美容に貢献しており、これからも多くの人々に愛され続けることでしょう。
モノの名前

「YSC富士金華」とは?

「YSC富士金華」の特徴は、まず大きさが従来の品種である富士金華に比べて小さく、玉太りも良いため、食味や歯ごたえ、見た目が優れている点です。また、糖度や酸味、食味・日持ちの良さなど、味のバランスに優れ、甘みが強く、酸味は控えめです。さらに、果肉は柔らかくてジューシーなため、生食はもちろん、加工用としても適しています。 さらに、「YSC富士金華」は貯蔵性が優れており、収穫後も長期間保存することが可能です。一般的に、リンゴの貯蔵期間は収穫後1~2ヶ月程度ですが、「YSC富士金華」は収穫後3~4ヶ月程度保存することができ、しかも貯蔵中に品質が低下しにくいという特徴があります。これは、果実の表面にワックスを塗るなどの特殊な処理を施しているためで、鮮度を保ちながら長期間保存することができるのです。 「YSC富士金華」の特徴は、そのサイズ、味、貯蔵性の良さなど、さまざまな点にあります。これにより、「YSC富士金華」は、生食はもちろん、加工用としても幅広く利用されており、消費者のニーズに応えています。
施設名・ロケ地

浜松モザイカルチャー2009で楽しもう!

博覧会概要 浜松モザイカルチャー2009は、静岡県浜松市で開催される花と緑の祭典です。2009年4月18日から10月4日まで、浜松市西区にある浜松市フラワーパークにて開催されます。 浜松モザイカルチャーは、国内外から約100万人の来場者が見込まれる一大イベントです。メインイベントは、公園内の芝生広場に作られる巨大な花のモザイク画です。このモザイク画は、約100万株のパンジーやビオラなど、さまざまな花を使って作られます。また、公園内にはさまざまな花を使った展示やイベントが行われます。 浜松モザイカルチャー2009は、花と緑の美しさを楽しめるだけでなく、浜松市の魅力に触れることができるイベントです。ぜひ、この機会に浜松市を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

伊豆月ケ瀬で出会う魅力

伊豆月ケ瀬の魅力に触れる 伊豆月ケ瀬は、静岡県伊豆市にある美しい自然に囲まれた地域です。この地域には、豊かな自然環境と、それを活かした観光スポットが数多くあります。 伊豆月ケ瀬を訪れたら、まずはその美しい景観を堪能しましょう。月ケ瀬梅林は、3月下旬から4月上旬にかけて、約1万本の梅の花が咲き誇る絶景スポットです。また、月ケ瀬温泉は、伊豆を代表する温泉地のひとつで、豊かな湯量と美肌効果のある泉質が特徴です。 伊豆月ケ瀬には、ハイキングやトレッキングなどのアクティビティも充実しています。月ケ瀬渓谷は、清流と奇岩怪石が美しい渓谷で、遊歩道を散策しながら、その美しい景色を眺めることができます。また、月ケ瀬連山は、標高1,000mを超える山々が連なる山脈で、山頂からは伊豆の絶景を眺めることができます。 伊豆月ケ瀬は、美しい自然に囲まれた地域で、一年を通して様々な魅力を堪能できる観光スポットです。春は梅の花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、どの季節に来ても楽しめるのが特徴です。また、伊豆月ケ瀬には、新鮮な海の幸や山の幸を使った郷土料理も数多くあり、グルメも楽しめます。伊豆月ケ瀬を訪れた際には、ぜひその魅力を存分に満喫してください。
地名・ロケ地

伊豆半島を彩る絢爛豪華な花火大会「やんもの里の花火大会」

-由緒ある花火大会の歴史と魅力- 伊豆半島で行われる花火大会は、その歴史と魅力で多くの人を魅了しています。その中でも、特に人気の高いのが「やんもの里の花火大会」です。この花火大会は、毎年10月に静岡県賀茂郡南伊豆町で開催され、約1万発の花火が夜空を彩ります。 「やんもの里の花火大会」の歴史は古く、1955年(昭和30年)に始まりました。当時は、地元の青年団が主催する小さな花火大会でしたが、年々規模が拡大して、今では県内屈指の花火大会となりました。 この花火大会の魅力は、何といってもその花火の美しさにあります。約1万発の花火が夜空に打ち上げられ、その光の饗宴はまさに圧巻です。また、花火大会当日は、会場周辺で様々なイベントが開催され、家族連れやカップルなど、幅広い世代の人々が楽しめるようになっています。 「やんもの里の花火大会」は、伊豆半島の夏の風物詩とも言える花火大会です。その歴史と魅力は多くの人を魅了しており、毎年多くの人がこの花火大会を訪れます。
モノの名前

三島ざくらの魅力を徹底解説

三島ざくらとは 三島ざくらとは、静岡県の三島市原産のソメイヨシノの一種で、一般的なソメイヨシノよりも花が大きく、濃いピンク色をしているのが特徴です。また、開花時期がソメイヨシノよりも1週間ほど早く、3月下旬から4月上旬に見頃を迎えます。三島ざくらは、三島市のシンボルともいえる花で、市内のいたるところに植えられています。三島市の桜というと、三島ざくらを指すことが多いです。三島ざくらの花は、花びらが大きく、濃いピンク色をしているのが特徴です。また、開花時期がソメイヨシノよりも1週間ほど早く、3月下旬から4月上旬に見頃を迎えます。三島ざくらは、三島市のシンボルともいえる花で、市内のいたるところに植えられています。三島市の桜というと、三島ざくらを指すことが多いです。
施設名・ロケ地

掛川花鳥園で鳥の生態を学ぼう!

「国内最大級の温室で鳥とのふれあいを」 掛川花鳥園は、国内最大級の温室を有する鳥園で、約1,500羽の鳥たちが、自由に飛び回っています。温室の中には、熱帯雨林、サバンナ、砂漠など、さまざまな環境が再現されており、鳥たちの生態を間近で見ることができます。 温室の中には、放し飼いにされた鳥たちがたくさんいて、頭の上を飛んでいったり、目の前まで寄って来たりと、鳥たちとの距離がとても近いです。また、鳥たちに餌をあげたり、触れ合ったりすることもできるので、鳥たちとのふれあいを楽しめます。 温室の中には、熱帯雨林やサバンナ、砂漠など、さまざまな環境が再現されており、鳥たちの生態を間近で見ることができます。鳥たちの生態を学びたい方や、鳥たちとふれあいたい方には、掛川花鳥園がおすすめです。
モノの名前

「七王」とは?静岡県の逸品「地域特産品ブランド認定」

秘伝のレシピで作った知る人ぞ知る調味料 「七王」は、静岡県が地域特産品ブランド認定を行っている、知る人ぞ知る調味料です。この調味料の名前である「七王」は、静岡県にある7つの海の幸の王様、つまり海の幸の代表格である、桜エビ、シラス、鰹、マグロ、アワビ、伊勢海老、サザエを総称するものです。この調味料は、桜エビ、シラス、鰹、マグロの4種類を原料にしており、そこに醤油、鰹節、昆布、砂糖、みりん、酒、塩などを加えて作られています。 この調味料は、県内の水産業者が、海の幸の美味しさをより多くの人々に知ってもらうために、静岡県と共同で開発したものです。そのため、県内の水産業者が、それぞれの海の幸を厳選して使用しており、また、その海の幸をじっくりと煮込むことで、海の幸の旨味を最大限に引き出しています。その結果、この調味料は、海の幸の旨味が凝縮された、奥深い味わいのある調味料に仕上がっています。 この調味料の使い方はとても簡単で、醤油の代わりに、料理の味付けに使用することができます。また、刺身や焼き魚、煮物、揚げ物など、様々な料理に使うことができます。その独特の風味は、料理の美味しさを引き立ててくれるので、料理好きの人にはたまらない調味料です。
施設名・ロケ地

「ASAGIRI Field Dogs Garden」で犬と楽しむキャンプ

ドッグランで愛犬と遊ぶ 「ASAGIRI Field Dogs Garden」には、愛犬と自由に走らせて遊ぶことができるドッグランが併設されています。ドッグランは、小型犬用のエリアと大型犬用のエリアに分かれており、愛犬のサイズに合わせて遊ぶことができます。また、ドッグラン内には、愛犬が休憩できる日陰のスペースや、水飲み場も設置されています。愛犬と安全に楽しく遊ぶことができるよう、リードをつけたままにしておくようにしましょう。
施設名・ロケ地

伊豆キャンパーズヴィレッジ – 自然を満喫できる静かなキャンプ場

伊豆キャンパーズヴィレッジは、自然豊かな伊豆半島にあるキャンプ場です。周囲を山に囲まれた静かな環境で、キャンプやバーベキュー、ハイキングなど、さまざまなアウトドアアクティビティを楽しむことができます。 伊豆キャンパーズヴィレッジの特徴は、なんといってもそのロケーションにあります。伊豆半島のほぼ中央に位置しており、伊豆の観光名所や温泉地へのアクセスも良好です。キャンプ場から車で約10分のところには、美しい海岸が広がる伊豆高原があり、海水浴や磯遊びを楽しむことができます。また、車で約30分のところには、熱海温泉や伊東温泉などの有名な温泉地があり、日頃の疲れを癒すことができます。
地名・ロケ地

中郷温水池で逆さ富士を眺める

中郷温水池とは、静岡県沼津市にある西伊豆エリアにある温泉施設です。中郷温泉とも呼ばれます。伊豆半島の突端にあるので、海に囲まれており、伊豆七島や富士山を眺めることができます。 中郷温水池は、江戸時代初期に開湯したと伝えられています。その当時は、地元の人々が湯治場として利用していました。明治時代になると、観光客が訪れるようになり、昭和時代には、ホテルや旅館が建設されました。現在では、多くの観光客が訪れる人気の温泉地となっています。 中郷温水池は、アルカリ性単純温泉で、泉温は36℃~38℃です。無色透明で、無味無臭の温泉です。体の芯まで温まるぬる湯で、湯上りは肌がすべすべになります。神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復などに効果があるとされています。 中郷温水池の最大の特徴は、露天風呂から眺める富士山です。露天風呂は、海に向かって作られており、富士山が目の前に広がっています。早朝には、逆さ富士を見ることができます。富士山を眺めながら入浴するのは、とても贅沢な気分です。
施設名・ロケ地

魅力満載のキャンプ場「はるの川音の郷」

大自然に囲まれたキャンプ場 「はるの川音の郷」は、群馬県北部に位置するキャンプ場です。都心から車で約3時間のところにあり、アクセスも良好です。 キャンプ場は、緑豊かな山々に囲まれた標高約800mの高原に位置しています。春には、桜や新緑が鮮やかに彩るキャンプ場内を、小川のせせらぎが響き渡ります。また、秋には、紅葉が美しく色づき、キャンプ場一体が錦秋の装いに染まります。 キャンプ場は、オートキャンプサイトのほか、キャビンやコテージも完備しています。オートキャンプサイトは、広々とした敷地で、電源や水道も完備しているので、初心者でも安心してキャンプを楽しむことができます。また、キャビンやコテージは、設備が整っているので、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。 キャンプ場には、炊事場やトイレ、シャワー室などの設備も整っています。また、キャンプファイヤーやバーベキューを楽しむこともできます。 「はるの川音の郷」は、大自然を満喫できる魅力満載のキャンプ場です。家族や友人と一緒に、アウトドアレジャーを楽しむには最適な場所です。
その他

「熱海花の博覧会」の魅力と歴史

熱海花の博覧会の概要 熱海花の博覧会は、静岡県熱海市で開催される花と緑の祭典です。1960年に第1回が開催され、以来50年以上続く歴史あるイベントです。熱海花の博覧会の特徴は、熱海市の温暖な気候と豊かな自然を生かした花壇や庭園が楽しめることです。また、熱海花の博覧会では、花卉や園芸用品の展示販売、花のコンテスト、講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントが開催されます。熱海花の博覧会は、熱海市を代表する観光イベントとして、毎年多くの人々が訪れます。