飯塚市

施設名・ロケ地

大将陣公園:福岡県の桜の名所と天文台

園内の見どころ 大将陣公園は、福岡県筑紫野市にある桜の名所として知られる公園です。園内には約1000本の桜が植えられており、春には一面がピンク色に染まります。また、公園内には天文台や遊具、広場などもあり、桜だけでなく様々な楽しみ方ができます。 園内の桜は、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラなど様々な品種があります。ソメイヨシノは、最も一般的な桜で、花びらが白色で、淡いピンク色の縁取りがあります。ヤマザクラは、花びらが紅色で、葉っぱよりも先に花が咲くのが特徴です。オオシマザクラは、花びらが白色で、大きくて豪華な花が特徴です。 園内には、天文台もあります。天文台では、天体観測会やプラネタリウムの上映などが行われています。また、遊具や広場などもあり、子供連れの家族にも人気です。 大将陣公園は、桜の名所としてだけでなく、天文台や遊具、広場などもあり、様々な楽しみ方ができる公園です。春には桜を眺めながら花見を楽しんだり、天文台で天体観測をしたり、遊具や広場で遊んだりすることができます。
モノの名前

「なんばん往来」について知ろう

「なんばん往来」とは、安土桃山時代に書かれた日本と東南アジア諸国の貿易や外交に関する記録である。ヨーロッパ人(主にポルトガル人やスペイン人)を「南蛮人」と呼んだことに由来し、「南蛮往来」は、日本と南蛮人との往来を記録したものを意味する。 「なんばん往来」は、当時日本に滞在していた宣教師ルイス・フロイスが、日本と東南アジア諸国の貿易や外交に関する情報を収集し、まとめたものである。フロイスは、日本の港に停泊する南蛮人の船を訪ねたり、南蛮人宣教師から話を聞いたりして、情報を収集した。 「なんばん往来」には、当時の日本の港に寄港した南蛮人の船の名前や、船長や乗組員の氏名、積荷の種類や数量、日本との貿易に関する協定の内容などが記録されている。また、東南アジア諸国の風土や習慣、政治や経済に関する情報も含まれている。
施設名・ロケ地

勝盛公園の魅力を再発見|飯塚市の自然豊かな憩いの場

勝盛公園の歴史と特徴 勝盛公園は、福岡県飯塚市にある、飯塚市の自然豊かな憩いの場として多くの人に親しまれている公園です。勝盛公園の歴史は古く、1934年(昭和9年)に飯塚市の初代市長であった勝盛勇氏の寄付によって整備されました。勝盛勇氏は、飯塚市に公園を整備することで市民の憩いの場を作りたいと考え、自らの土地を寄付したのです。 勝盛公園は、約2万坪の敷地に、池や芝生広場、遊具などがあり、自然豊かな環境の中でのびのびと遊ぶことができます。また、園内には、勝盛勇氏の銅像や、飯塚市出身の作家である中島敦の文学碑などがあり、歴史や文化に触れることができます。 勝盛公園は、飯塚市民に愛されている公園であり、年間を通して多くの人々が訪れます。春には桜が咲き誇り、夏には緑が茂り、秋には紅葉が美しく、冬には雪化粧をして、四季折々の景色を楽しむことができます。また、勝盛公園では、毎年様々なイベントが開催されており、多くの人々が参加しています。
施設名・ロケ地

筑豊緑地公園の魅力

筑豊緑地公園の広大な敷地と様々な施設 筑豊緑地公園の魅力は、その広大な敷地面積と、充実した施設にあります。総面積約700ヘクタールという広大な敷地には、芝生広場や花壇、池、遊具など、様々な施設が設置されています。芝生広場では、ピクニックやスポーツを楽しむことができ、花壇では、季節の花々を鑑賞することができます。また、池では、ボート遊びや釣りを楽しむことができます。遊具は、小さな子供から大きな子供まで、楽しめるものばかりです。 筑豊緑地公園には、スポーツ施設も充実しています。体育館や武道館、テニスコート、野球場など、様々なスポーツ施設が設置されているので、スポーツ愛好家には、たまらない公園です。また、公園内には、レストランやカフェ、売店など、飲食店も充実しているので、一日中、公園で過ごすことができます。 筑豊緑地公園は、自然とスポーツを満喫できる、魅力的な公園です。緑豊かな敷地内を散歩したり、スポーツをしたり、ピクニックをしたりと、様々な楽しみ方ができます。ぜひ、筑豊緑地公園に遊びに来てみてください。
モノの名前

「翠峰」のすべて – 福岡の銘柄ブドウ

-翠峰の特徴と歴史- 翠峰は、果粒が大きく、皮が薄く、甘みが強いのが特徴です。糖度が高く、酸味は控えめで、果肉はシャキシャキとしていて食感が良いのも特徴です。翠峰は、1961年に福岡県農業試験場で開発された品種です。ブドウの品種改良の第一人者である横山忠芳博士が、巨峰とブラックオリンピアという2つの品種を交配させて誕生しました。翠峰は、福岡県の気候風土に適しており、栽培しやすい品種として、福岡県を中心に全国各地で栽培されています。 翠峰は、生食用としてはもちろん、ワインやジュースなどの加工用としても利用されています。特に、翠峰を使ったワインは、フルーティーで華やかな香りと、上品で複雑な味わいが特徴です。また、翠峰を使ったジュースは、甘みが強く、濃厚な味わいが特徴です。 翠峰は、福岡県を代表する銘柄ブドウとして、県内外で広く親しまれています。毎年、福岡県内各地で翠峰を使用したワインやジュースなどの特産品が販売されており、多くの人々に愛されています。
地名・ロケ地

「飯塚納涼花火大会」の魅力を徹底解説!

飯塚納涼花火大会の歴史と特徴 飯塚納涼花火大会は、福岡県飯塚市で毎年8月に開催される花火大会です。1946年に第1回が開催され、2023年で78回目を迎えます。会場は、飯塚市内の筑豊緑地公園で、毎年約10万人の観客を集めています。 飯塚納涼花火大会の特徴は、何といってもその規模の大きさです。毎年1万発以上の花火が打ち上げられ、その迫力は大迫力です。また、飯塚納涼花火大会では、毎年テーマを決めて花火を打ち上げており、そのテーマに沿った花火が打ち上げられます。 飯塚納涼花火大会は、市民の夏の一大イベントとして定着しており、毎年多くの人でにぎわっています。花火大会当日は、会場周辺で屋台が立ち並び、お祭り気分を味わうことができます。また、飯塚納涼花火大会は、飯塚市の観光振興にも貢献しており、毎年多くの観光客が訪れています。
施設名・ロケ地

筑豊の炭鉱主の邸宅「旧伊藤伝右衛門邸」の魅力

筑豊の炭鉱産業と伊藤伝右衛門 筑豊の炭鉱産業は、古くは江戸時代後期に始まりましたが、本格的に発達したのは明治時代以降です。明治維新後、日本の近代化が進み、石炭の需要が高まったことから、筑豊の炭鉱産業は急速に発展しました。 筑豊の炭鉱産業を代表する人物の一人が、伊藤伝右衛門です。伊藤伝右衛門は、1841年に筑豊の田川郡に生まれました。幼い頃から炭鉱労働者として働き、1873年に独立して炭鉱を経営するようになりました。伊藤伝右衛門は、炭鉱経営に近代的な経営手法を導入し、筑豊の炭鉱産業の発展に大きく貢献しました。 伊藤伝右衛門は、炭鉱経営者としてだけではなく、政治家としても活躍しました。1890年に衆議院議員に当選し、その後は貴族院議員も務めました。伊藤伝右衛門は、筑豊の炭鉱産業の発展のために、政府に働きかけるなど、積極的に活動しました。 伊藤伝右衛門は、1919年に死去しましたが、筑豊の炭鉱産業はその後も発展を続けました。しかし、1960年代以降、石炭の需要が減少し始め、筑豊の炭鉱産業は衰退しました。現在では、筑豊の炭鉱はほとんど閉山し、かつての炭鉱産業の面影はなくなっています。
地名・ロケ地

JR九州 後藤寺線

JR九州 後藤寺線 路線概要 JR九州の後藤寺線は、福岡県の西鉄甘木線甘木駅から甘木鉄道甘木線甘木駅までの1.5kmを結ぶ鉄道路線です。 1939年(昭和14年)に甘木鉄道が開業し、1942年(昭和17年)に西日本鉄道に譲渡されました。 1985年(昭和60年)に廃止され、1987年(昭和62年)にJR九州に継承されました。 後藤寺線は、甘木市街地と後藤寺地区を結ぶ路線として、主に通勤・通学客の輸送に使用されています。 沿線には、甘木公園や後藤寺城跡などの観光スポットがあり、観光客の利用もあります。 後藤寺線の列車は、1両編成の気動車で運転されており、1日あたり14往復が運行されています。 所要時間は約3分です。 後藤寺線は、甘木市と後藤寺地区の住民の生活に欠かせない路線として、重要な役割を果たしています。
モノの名前

「すくのかめ」って知ってる?福岡の銘菓を解説!

「すくのかめ」の歴史と由来 「すくのかめ」は福岡県の銘菓で、室町時代に博多で生まれたとされています。その起源は、戦国時代に博多を治めていた大内氏の家紋である亀を模した焼き菓子を、博多の商人が京都の皇室に献上したことにあります。皇室に献上されたこの焼き菓子は、亀の甲羅を象った愛らしい姿と、上品な甘さが特徴でした。そのおいしさは皇室に大いに喜ばれ、「すくのかめ」という名前を賜りました。 「すくのかめ」という名前は、「すくうと亀」という意味で、亀が甲羅から頭をすっと出す様子を表現しています。このお菓子は、当初は博多の街でしか販売されていませんでしたが、そのおいしさが口コミで広がり、次第に福岡県全域に広まっていきました。そして、現在では福岡県を代表する銘菓として愛されています。
施設名・ロケ地

福岡県立嘉穂高等学校の歴史と特徴

- 嘉穂高等学校の歴史 福岡県立嘉穂高等学校は、福岡県嘉穂郡嘉穂町に所在する県立高等学校。1901年(明治34年)に嘉穂郡立嘉穂中学校として開校し、1948年(昭和23年)に福岡県立嘉穂高等学校と改称された。 嘉穂中学校は、嘉穂郡内の有志によって設立された私立学校である。当初は嘉穂郡嘉穂町大字土師に校舎を構えていたが、1903年(明治36年)に嘉穂郡嘉穂町大字稲築に移転した。 嘉穂高等学校は、1948年(昭和23年)に福岡県立嘉穂高等学校と改称された。1950年(昭和25年)に嘉穂郡嘉穂町大字稲築に新校舎が完成し、移転した。 嘉穂高等学校は、1956年(昭和31年)に普通科、商業科、工業科の3学科を設置した。1963年(昭和38年)に工業科が廃止され、普通科と商業科の2学科となった。1969年(昭和44年)には、普通科に文系と理系の2コースが設置された。 嘉穂高等学校は、1972年(昭和47年)に福岡県立嘉穂高等学校と改称された。1974年(昭和49年)に、普通科の文系と理系の2コースが廃止され、普通科の1コースとなった。1980年(昭和55年)に、商業科が廃止され、普通科のみの学科となった。 嘉穂高等学校は、2001年(平成13年)に嘉穂郡嘉穂町大字稲築に新校舎が完成し、移転した。2011年(平成23年)に、普通科に人文コースと理数コースの2コースが設置された。2017年(平成29年)には、人文コースと理数コースが廃止され、普通科の1コースとなった。 嘉穂高等学校は、2021年(令和3年)に開校120周年を迎えた。現在では、普通科のみの学科で、生徒数は約600名である。