高橋研

作品名

「翼の折れたエンジェル」30年以上たった今も歌い継がれる名曲

1980年代の日本のポピュラー音楽を象徴する名曲と言えば「翼の折れたエンジェル」である。1981年にリリースされたこの曲は、瞬く間に大ヒットし、30年以上たった今でも歌い継がれている。 この曲は、破局を迎えた恋人同士の心情を歌ったバラードである。切ないメロディーと歌詞が、多くの人々の共感を呼び、ロングヒットとなった。また、この曲のミュージックビデオは、当時としては斬新な映像が使用されており、話題を呼んだ。 「翼の折れたエンジェル」は、発売当時から現在に至るまで、多くのアーティストによってカバーされている。また、ドラマや映画の主題歌としても使用されており、その知名度はさらに高まっている。 この曲は、1980年代の日本のポピュラー音楽の黄金期を代表する名曲である。そのメロディーと歌詞は、今もなお多くの人々の心に響き続けている。
作品名

メリーアン:懐かしのヒット曲

「メリーアン」は、ドイツのポップグループ、ボニーMが1976年にリリースした曲です。この曲は、ポップチャートで世界各地で1位を獲得し、ボニーM最大のヒット曲となりました。 「メリーアン」は、フランツ・シューベルトが1815年に作曲した歌曲「アヴェ・マリア」を基に作られています。ボニーMは、「アヴェ・マリア」のメロディーを引用し、新しい歌詞をつけて「メリーアン」を作曲しました。 「メリーアン」の歌詞は、恋に落ちた女性についての物語を描いています。女性は、男性に「メリーアン、メリーアン、あなたは私のすべて」と歌いかけます。この歌詞は、多くの人の共感を呼び、「メリーアン」は世界中で大ヒットしました。 「メリーアン」は、ボニーMの代表曲であり、今日でも世界中で愛され続けている曲です。この曲は、ポップミュージックの歴史に残る名曲の一つであり、これからも多くの人々に親しまれ続けるでしょう。
作品名

シンデレラは眠れない

「シンデレラは眠れない」の曲の誕生秘話は、まるでシンデレラの物語のようなものです。ある日、シンデレラ役の女優である高畑充希さんが、監督に「この曲に何か新しい要素を加えてほしい」と提案しました。監督は、高畑さんの提案を快く受け入れ、作編曲家の瀬尾一三さんに新しいアレンジを加えるよう依頼しました。 瀬尾さんは、シンデレラの物語を思い浮かべながら、曲のアレンジに取りかかりました。シンデレラが舞踏会で王子様に恋をするシーンをイメージして、ロマンチックなメロディーを作りました。また、シンデレラがガラスの靴を履いて舞踏会に行くシーンをイメージして、軽やかなリズムを作りました。 こうして、新しいアレンジが完成しました。高畑さんは、新しいアレンジを聴いて、とても気に入ってくれました。そして、撮影現場でこの曲を歌ったとき、その歌声はまるで魔法のように人々の心を魅了しました。 「シンデレラは眠れない」の曲は、こうして生まれました。この曲は、シンデレラの物語を彷彿とさせるロマンチックなメロディーと、軽やかなリズムで、多くの人々に愛されるようになりました。そして、この曲は、シンデレラ役の高畑充希さんの代表曲の一つにもなりました。
作品名

名曲「STARSHIP -光を求めて-」の魅力

-ALFEEの代表曲「STARSHIP -光を求めて-」- ALFEEの代表曲「STARSHIP -光を求めて-」は、1987年にリリースされた32枚目のシングルで、バンドの最大のヒット曲の一つである。この曲は、テレビドラマ「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」の主題歌として使用され、その後、ALFEEのライブの定番曲となった。 「STARSHIP -光を求めて-」は、疾走感のあるロックナンバーで、ALFEEの持ち味である美しいハーモニーと、ギターソロが印象的な楽曲である。また、歌詞は、夢や希望、そして前向きに生きることへのメッセージが込められており、多くの人々に共感されている。 この曲は、ALFEEの代表曲として、現在でも多くのファンに愛されている。ライブでは、ALFEEのファンが全員で合唱するシーンが見られるなど、盛り上がりの一曲となっている。また、この曲は、カラオケでも人気が高い曲で、多くの人が歌っている。
作品名

「青春」とは?歌詞の意味や背景を解説

「青春」の歌詞を徹底解説 「青春」の歌詞は、青春の甘酸っぱい思い出や、過ぎ去っていく時間の切なさを描いています。サビの「青春は何度でも蘇る、あの日の歌が流れただけで」というフレーズは、青春の思い出が、ふとした瞬間に蘇ってくることを表現しています。そして「二度とは戻らない、あの日と今はかけ離れてく」というフレーズは、青春の儚さを伝えています。 また、歌詞の中には「ああ、青春は一度きり、二度とは来ないから」というフレーズもあります。これは、青春は二度と戻ってこない貴重な時間であることを意味しています。そして「だから今を大切に生きよう」というメッセージが込められています。 「青春」の歌詞は、青春の甘酸っぱさと儚さを描きつつ、今を大切に生きようというメッセージを伝えています。この歌詞は、多くの人々の共感を呼び、世代を超えて愛される名曲となっています。
作品名

『青春』の歴史と魅力

『青春』とはどんな歌? 『青春』は、1971年にリリースされた、泉谷しげるのデビューシングルです。この曲は、泉谷しげるが19歳の時に書いたもので、青春の葛藤や悩みを率直に歌い上げた歌詞と、力強いロックサウンドが特徴です。 『青春』は、発売当時から多くの若者に支持され、大ヒットを記録しました。この曲は、泉谷しげるの代表曲であり、現在でも多くの人に愛されています。 『青春』の歌詞は、青春特有の葛藤や悩みをリアルに表現しています。たとえば、「ありったけの夢を詰め込んだギターを抱きしめて」「季節はずれの雪が僕を笑う」など、青春の苦悩や挫折を歌った歌詞が印象的です。 また、『青春』は、力強いロックサウンドも特徴です。泉谷しげるのボーカルと、バンドの演奏が見事に調和した、迫力のあるサウンドが魅力です。 『青春』は、青春の葛藤や悩みを率直に歌い上げた、名曲です。この曲は、多くの若者に支持され、大ヒットを記録しました。現在でも多くの人に愛され続けています。
作品名

近藤真彦の青春、魅力に迫る

近藤真彦の楽曲制作の裏側には、彼の情熱とこだわりが詰まっています。彼は、常に新しいことに挑戦し、自分らしい音楽を作り出そうとしてきました。 近藤真彦の楽曲制作は、まずメロディー作りから始まります。彼は、ギターを弾きながら、口ずさんでメロディーを考えます。メロディーができあがったら、次に歌詞を考えます。近藤真彦の歌詞は、ストレートでわかりやすく、彼の思いが込められています。 歌詞ができあがったら、最後にアレンジをしていきます。近藤真彦は、アレンジにもこだわりを持っており、自分のイメージに合ったアレンジになるまで、何度も調整を重ねます。 近藤真彦の楽曲制作は、決して簡単ではありません。しかし、彼は常に情熱を持って取り組んでおり、自分らしい音楽を作り出しています。だからこそ、彼の楽曲は多くの人々に愛され続けているのです。 近藤真彦の楽曲制作の裏側を知ることで、彼の音楽に対する思いやこだわりを知ることができます。そして、彼の音楽をより深く楽しむことができるようになるでしょう。
作品名

おニャン子クラブの「じゃあね」とは?

「じゃあね」の歌詞とメロディ 「じゃあね」の歌詞は、秋元康氏が作詞し、見岳章氏が作曲した。歌詞は、別れを惜しむ二人の気持ちを歌ったもので、別れ際に「じゃあね」と言うことで、二人の絆を確かめ合う内容となっている。メロディは、しっとりとしたバラード調で、二人の気持ちを優しく包み込むような雰囲気を作り出している。 歌詞の冒頭は「今日で最後って決めたの」という言葉で始まる。これは、二人が別れを決意したことを意味している。しかし、その後の歌詞は、「でもやっぱり会いたいな」と「離れたくない」という二人の気持ちを歌っている。二人は、別れを決意したものの、お互いにまだ未練が残っていることがわかる。 サビの部分は「じゃあね じゃあね またね」というフレーズが繰り返される。これは、二人の別れを惜しむ気持ちを歌っている。また、このフレーズは、二人の絆を確かめ合う意味もある。別れ際に「じゃあね」と言うことで、二人はお互いの存在を認め合い、これからもずっとつながり続けることを約束しているのである。 「じゃあね」は、おニャン子クラブの代表曲の一つであり、多くのファンに愛されている。その歌詞とメロディは、二人の別れを惜しむ気持ちを切々と歌い上げ、多くの人々の共感を呼んでいる。
作品名

恋人達のペイヴメントとは?歌詞の意味を考察!

「恋人たちのペイヴメントってどんな曲?」 「恋人たちのペイヴメント」は、1981年にリリースされたビートルズの楽曲です。ジョン・レノンが作詞・作曲し、ビートルズの最後のアルバム『アビー・ロード』に収録されています。この曲は、恋人同士がペイヴメント(歩道)で過ごす様子を描いた軽快なナンバーです。歌詞には、ペイヴメントに座って話したり、手をつないで歩いたり、キスをしたりする様子が描かれています。また、曲中には「私たちは世界を手に入れた」という歌詞もあり、恋人同士の幸せな様子が表現されています。 この曲は、ビートルズの解散間近にレコーディングされたため、解散を惜しむファンから多くの人気を集めました。また、この曲は、恋人同士の間で愛を表現する曲としても人気があります。軽快なメロディーとシンプルな歌詞が、恋人同士の幸せな様子を表現しており、多くの人に共感されています。