魚介類

モノの名前

「紀州勝浦産生まぐろ」の魅力とおいしさの秘密

-紀州勝浦産生まぐろの特徴と産地- 紀州勝浦産生まぐろは、和歌山県勝浦市で水揚げされるマグロの総称です。勝浦漁港は、黑潮と親潮が交わる好漁場で、一年を通してマグロが水揚げされます。紀州勝浦産生まぐろは、その品質の高さから、全国各地の市場で取引されており、特に東京の築地市場では、最高級のマグロとして扱われています。 紀州勝浦産生まぐろの特徴は、その身が締まっていて、脂のノリが良いことです。これは、勝浦漁港が黒潮と親潮が交わる好漁場であるため、マグロが豊富な餌を食べて育つことができるからです。また、勝浦漁港は、水深が深いため、マグロが自由に泳ぎ回ることができます。そのため、身が締まっていて、脂のノリが良いマグロが水揚げされるのです。 紀州勝浦産生まぐろの産地は、和歌山県勝浦市です。勝浦市は、黒潮と親潮が交わる好漁場で、一年を通してマグロが水揚げされます。勝浦漁港は、紀州勝浦産生まぐろの水揚げ量日本一を誇る漁港であり、毎年多くのマグロが水揚げされます。 紀州勝浦産生まぐろは、その品質の高さから、全国各地の市場で取引されており、特に東京の築地市場では、最高級のマグロとして扱われています。また、紀州勝浦産生まぐろは、お刺身や寿司、焼き物など、様々な料理に使用されており、そのおいしさを楽しむことができます。
モノの名前

福岡の郷土料理「ぬたえ」とは?

ぬたえの歴史と由来 福岡の郷土料理「ぬたえ」は、古くから地元で親しまれてきた郷土料理です。その歴史は江戸時代まで遡り、農家や漁師の間で食べられていたのが始まりと言われています。当時は、米粉や小麦粉をベースに、野菜や魚介類を入れて蒸したり、焼いたりして作られていました。 ぬたえは、福岡の郷土料理の中では比較的新しい料理ですが、その美味しさから、今では福岡全域で愛される郷土料理となっています。 ぬたえが「ぬたえ」と呼ばれるようになった由来は諸説あります。一説には、「ぬた」は「野菜のぬた和え」の「ぬた」が由来していると言われています。ぬた和えとは、野菜をぬた味噌で和えた料理です。ぬた味噌は、酢味噌に刻んだ野菜や魚介類を入れて作ったもので、ぬたえは、ぬた味噌をかけた料理という意味で「ぬたえ」と呼ばれるようになったと言われています。 また、もう一つの説は、「ぬた」は「ぬたう」が由来していると言われています。ぬたうとは、泥や水の中で野菜や魚介類を洗うことを意味します。ぬたえは、野菜や魚介類をぬたうことから「ぬたえ」と呼ばれるようになったと言われています。 どちらの説が正しいかは定かではありませんが、ぬたえが福岡の郷土料理として愛され続けていることは間違いありません。
モノの名前

「西能登おもてなし丼」の魅力を再発見!

西能登は石川県北部に位置する地域で、美しい海岸線と豊富な海の幸で知られています。そんな西能登で提供されている「西能登おもてなし丼」は、地元の新鮮な海の幸をふんだんに使用した丼ぶりで、地元の人にも観光客にも愛されています。 この丼ぶりは、白米の上に甘エビ、ブリ、イカ、タコなどの新鮮な魚介類を豪快に乗せたもので、魚介類のうまみとプリプリとした食感が楽しめます。また、地元産の卵や野菜を添えることで、彩り豊かで栄養満点の丼ぶりとなっています。 西能登おもてなし丼は、各店舗によって使用される魚介類やトッピングが異なるので、食べ比べてみるのもおすすめです。西能登の海の幸を味わいたい方は、ぜひ「西能登おもてなし丼」を賞味してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

広島の珍味「海鮮しぼり焼」

広島の珍味「海鮮しぼり焼」は、牡蠣、サヨリ、デベラなど地元の海産物をふんだんに使用した一品です。瀬戸内海の豊かな恵みの中で育った新鮮な魚介類は、ぷりぷりとした食感と旨味が特徴。地元産の醤油とみりんをベースにした甘辛いタレで味付けされた海鮮しぼり焼は、ご飯のおかずはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりです。 牡蠣は、広島を代表する海産物の一つです。冬になると広島湾一帯で牡蠣の養殖が行われ、11月から3月にかけて旬を迎えます。牡蠣は、生で食べても美味しいですが、火を通すことで旨味がさらに引き出されます。海鮮しぼり焼の牡蠣は、プリプリとした食感と磯の香りが楽しめます。 サヨリは、細長い魚体の魚です。瀬戸内海沿岸で多く漁獲され、広島でも馴染みのある魚です。サヨリは、焼き魚や天ぷらなど様々な料理に利用されますが、海鮮しぼり焼のサヨリは、ぷりっとした食感とあっさりとした味わいが特徴です。 デベラは、広島県で親しまれている魚介類です。小ぶりの魚で、煮魚や塩焼きなどにして食べられます。海鮮しぼり焼のデベラは、しっかりとした歯ごたえと旨味が特徴です。
モノの名前

紅エビの魅力をたっぷり紹介!

紅エビとは、日本近海に生息するクルマエビの一種で、その名の通り赤い体色をしています。また、北海道から九州までの日本各地の沿岸で生息していますが、特に瀬戸内海産の紅エビが有名です。紅エビは、体長10〜15cm程度の小型のエビで、エビの中でも特に甘みが強く、プリプリとした歯ごたえが特徴です。また、紅エビは、ミソが濃厚で、頭から尻尾までまるごと食べることができます。 紅エビは、新鮮なうちに刺身や寿司で食べると、その甘みと歯ごたえを存分に味わうことができます。また、天ぷらや焼きエビ、唐揚げなどにしてもおいしく食べることができます。また、紅エビのミソは、味噌汁や鍋のダシに使われることもあります。 紅エビは、そのおいしさから非常に人気が高く、近年では、価格が高騰しています。しかし、それでも、紅エビを目当てに、多くの人が漁場を訪れています。もし、機会があれば、ぜひ一度、紅エビを味わってみてください。
施設名・ロケ地

八景島シーパラダイス|海の生き物とふれあう!

八景島シーパラダイスには、多種多様な海の生き物が勢揃いしています。イルカやアシカなどの定番の海の生き物から、タチウオやニシキアナゴなどの珍しい海の生き物まで、さまざまな種類を見ることができます。 八景島シーパラダイスでは、海の生き物たちを間近で見ることができるだけでなく、ふれあうこともできます。イルカやアシカと触れ合ったり、ペンギンに餌をあげたり、ウミガメを甲羅の上に乗せたりすることができます。 また、八景島シーパラダイスでは、海の生き物たちの生態を学ぶことができる展示もあります。海の生き物たちの生態を学びながら、海の環境について考えることができます。 八景島シーパラダイスは、海の生き物たちとふれあうことができるだけでなく、海の環境について学ぶことができる場所です。家族連れやカップルで訪れるのに最適なスポットです。
施設名・ロケ地

海の生き物とのふれ合いが楽しめる!男鹿水族館GAOの魅力

男鹿水族館GAOの概要と歴史 男鹿水族館GAOは、秋田県男鹿市にある水族館です。1992年(平成4年)7月11日に開館し、2019年(令和元年)にはリニューアルオープンしました。敷地面積は約14ヘクタールで、日本で最も規模の大きい水族館のひとつです。 男鹿水族館GAOは、男鹿半島の豊かな自然をテーマとした水族館で、日本海に生息する生き物や、熱帯魚、深海魚など、さまざまな生き物を展示しています。また、イルカやアシカなどの海獣類のアクティビティも人気です。 男鹿水族館GAOは、単なる水族館ではなく、生き物とのふれ合いを楽しむことができる施設です。タッチプールでは、ヒトデやナマコなどに触れることができますし、イルカやアシカなどの海獣類と触れ合えるプログラムもあります。また、水族館のスタッフによる解説や飼育員体験などのプログラムも充実しています。 男鹿水族館GAOは、男鹿半島の観光名所として人気で、年間約50万人が訪れます。海や生き物に興味がある方、家族連れの方におすすめの水族館です。
モノの名前

活媛アナゴの魅力に迫る

活媛アナゴとは、瀬戸内海や九州、四国沿岸で捕れる高級魚です。その最大の特徴は、活きたまま鮮度を保った状態で出荷されることです。活媛アナゴは、6月から10月にかけての旬の時期に漁獲され、その間の期間は全国の料理店や市場に流通しています。 活媛アナゴは、その鮮度の高さから、身が引き締まっていて歯ごたえがあり、旨味が強いという特徴があります。また、活媛アナゴは栄養価が高く、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄分などを豊富に含んでいます。 活媛アナゴは、刺身、天ぷら、煮付け、焼き物など、様々な料理に使用することができ、その美味しさから多くの人に愛されています。また、活媛アナゴは、滋養強壮に効果があるとされ、古くから珍重されてきました。 活媛アナゴは、その美味しさや栄養価の高さから、多くの人に愛されている魚です。また、活媛アナゴは、様々な料理に使用することができ、その美味しさから多くの人に愛されています。また、活媛アナゴは、滋養強壮に効果があるとされ、古くから珍重されてきました。
モノの名前

法楽焼を味わおう!愛媛今治郷土料理

法楽焼の歴史 法楽焼は、江戸時代初期に、今治藩主・藤堂高虎が、茶会に出席した僧侶に振る舞ったのが始まりとされています。僧侶たちは、法楽焼のおいしさに感激し、その作り方を弟子たちに伝えました。その後、法楽焼は、今治の郷土料理として親しまれるようになりました。法楽焼は、小麦粉と砂糖を混ぜた生地を、油で揚げたものです。生地には、砂糖の他に、塩やゴマ、海苔などの具材を加えることもあります。また、法楽焼にあんこやクリームなどのトッピングをすると、さらに美味しくなります。法楽焼は、子供から大人まで幅広く愛される郷土料理で、今治を訪れた際には、ぜひ一度味わっていただきたい一品です。
モノの名前

久留米かとぎ

久留米かとぎとは、九州は福岡県久留米市で古くから親しまれている郷土料理です。さまざまな具材を竹串に刺して炭火で焼くシンプルな料理ですが、その素朴な味わいが地元の人々に愛され続けています。 久留米かとぎの具材は、かしわ(鶏肉)、玉ねぎ、ピーマン、エリンギなど、季節の野菜や肉類、魚介類が中心です。これらを一口大に切って竹串に刺し、炭火でじっくりと焼きます。焼き加減はお好みですが、外はカリッと中はジューシーに仕上げるのがコツです。 久留米かとぎは、そのまま食べても美味しいですが、ポン酢や塩、七味唐辛子などの薬味を添えて食べるとさらに美味しくなります。お酒のおつまみとしても最適で、地元の居酒屋などでは必ずと言っていいほどメニューに並んでいます。 久留米かとぎは、家庭でも簡単に作ることができるので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。旬の野菜や肉類を使えば、より一層美味しく仕上がります。
モノの名前

海の逸品「門川金鱧」

門川金鱧の特徴 門川金鱧は、高級魚として知られるハモの一種であり、その特徴は、なんといってもその美しい見た目である。全身が黄金色に輝いており、その姿はまさに「海の宝石」と呼ぶにふさわしい。また、その身はプリプリとしていて弾力があり、淡白な味わいで、さまざまな料理に利用できる。 門川金鱧は、その独特の風味と食感から、全国各地の料理人に愛されている。特に、関西地方では、門川金鱧を活かした料理が数多く存在する。例えば、姿造りや天ぷら、湯引きなど、その調理方法はさまざまである。また、門川金鱧の骨は柔らかく、頭から尻尾までまるごと食べることができる。 門川金鱧は、その希少性と美味しさから、高級魚として扱われている。そのため、市場での価格も高騰している。しかし、その価値は十分にあり、一度食べればその虜になる人も多い。門川金鱧は、日本の海の逸品であり、ぜひ一度は味わってみたい魚である。
モノの名前

淡路島3年とらふぐの魅力と食べ方

-淡路島3年とらふぐの特徴と魅力- 淡路島3年とらふぐは、淡路島の海で3年以上飼育されたとらふぐのことです。通常のとらふぐよりも身が引き締まっていて、弾力があり、旨味が強いのが特徴です。また、淡路島の海は潮の流れが速く、水質が良いため、とらふぐの身が臭みがなく、上品な味わいです。 淡路島3年とらふぐは、全国各地で高級食材として扱われており、料亭や割烹料理店を中心に提供されています。また、家庭でも淡路島3年とらふぐを取り寄せて、刺身や鍋料理にして楽しむことができます。 淡路島3年とらふぐの魅力は、なんといってもその味です。身が引き締まっていて、弾力があり、旨味が強いのが特徴です。また、淡路島の海は潮の流れが速く、水質が良いため、とらふぐの身が臭みがなく、上品な味わいです。 淡路島3年とらふぐは、刺身や鍋料理にして楽しむのが一般的です。刺身で食べる時は、薄く切って、ポン酢やもみじおろし、薬味を添えて食べるのがおすすめです。鍋料理で食べる時は、淡路島3年とらふぐの身と野菜を一緒に煮込んで、ポン酢やもみじおろし、薬味を添えて食べるのがおすすめです。 淡路島3年とらふぐは、その味と希少性から、全国各地で高級食材として扱われています。機会があれば、ぜひ一度淡路島3年とらふぐを味わってみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

のとじま水族館で海の世界を旅しよう!

のとじま水族館の見どころ のとじま水族館では、多様な海の生き物たちの生態を間近で観察することができます。イルカやアシカなどの海の哺乳類、色鮮やかな熱帯魚、サンゴ礁に住む生き物たち、そして深海魚など、その種類は多岐にわたります。 中でも、イルカのパフォーマンスは必見です。イルカたちのジャンプや芸は、観客を魅了すること間違いなしです。また、アシカのショーも人気があります。アシカの愛嬌のある姿や飼育員との息の合ったパフォーマンスは、大人から子供まで楽しめます。 熱帯魚やサンゴ礁の生き物たちを観察できる水槽も充実しています。色鮮やかな熱帯魚や、サンゴ礁の中で暮らす様々な生き物たちは、まるで絵画のような美しさです。深海魚のコーナーでは、普段は見ることができない深海魚を展示しています。そのユニークな姿は、神秘的な海の深さを垣間見ることができます。 のとじま水族館では、海の生き物たちに関する様々なイベントや展示も行っています。夏休み期間中は、子ども向けのイベントが多く開催されており、家族連れに人気があります。また、季節ごとに企画展が行われており、その時期ならではの海の生き物を展示しています。
モノの名前

石焼鍋とは?秋田県男鹿地方の名物料理をご紹介します

石焼鍋の歴史と由来 石焼鍋は、秋田県男鹿地方の名物料理です。その歴史は古く、江戸時代にはすでに食べられていたといわれています。石焼鍋は、石でできた鍋に魚介類や野菜、きのこなどを入れ、味噌や醤油で味付けをして煮込んだ料理です。石鍋の熱で食材が一気に熱せられるため、短時間で調理することができます。また、石鍋の遠赤外線効果により、食材が柔らかくジューシーに仕上がります。 石焼鍋の由来には諸説ありますが、その一つは、男鹿地方の漁師たちが、海で獲れた魚介類を石でできた鍋で調理したことに始まると言われています。また、もう一つの説は、男鹿地方の山間部に住む人々が、山で採れた野菜やきのこを石でできた鍋で調理したことに始まると言われています。いずれにしても、石焼鍋は、男鹿地方の食文化の象徴であり、男鹿地方の人々に愛されている郷土料理です。
モノの名前

海賊料理 – 旬の魚介類を味わう徳島県の郷土料理

海賊料理の歴史と由来 海賊料理は、徳島県に伝わる郷土料理です。大鳴門橋の架橋をきっかけに、約20年前から「海賊料理」としてブランド化され、徳島県の郷土料理として広く知られるようになりました。徳島県は、鳴門海峡を挟んで淡路島と向き合う位置にあり、古くから海賊が横行していました。特に、戦国時代には、海賊衆を率いた村上水軍が、この地で活躍していました。村上水軍は、海賊としてだけでなく、戦国大名としても知られており、その勢力範囲は、四国から中国地方、九州地方にまで及んでいました。海賊料理は、そんな村上水軍が、海で獲れた魚介類を調理して食べていたことに由来しています。 村上水軍は、海賊としてだけでなく、漁師としても生計を立てており、その漁法は、独自の工夫を凝らしたものでした。例えば、海賊料理の代表的な料理のひとつである「鯛の浜焼き」は、魚の旨みを最大限に引き出すために、浜辺で直火で焼くという調理法です。また、「ハモしゃぶ」は、ハモを薄切りにして、昆布だしでしゃぶしゃぶして食べるという料理ですが、この昆布だしは、村上水軍が海藻を独自の製法で加工して作っていたものです。
モノの名前

「男鹿しょっつる焼きそば」の作り方とおすすめ店

「男鹿しょっつる焼きそば」とは、石川県金沢市のソウルフードとして知られるご当地グルメです。焼きそば麺に、金沢産の「能登味噌」と「加賀醤油」を合わせた特製ソースをかけて食べるのが特徴です。ソースには、隠し味として七味唐辛子や紅生姜なども入っています。焼きそば麺は、太めでモチモチとした食感で、特製ソースとの相性が抜群です。トッピングには、豚肉、キャベツ、もやし、人参、ネギなどがよく使われます。 「男鹿しょっつる焼きそば」は、金沢市内の多くの飲食店で提供されています。特に、金沢駅周辺に多くのお店があり、ランチタイムには行列ができるお店もあります。また、金沢市の観光スポットとしても知られる「ひがし茶屋街」には、「男鹿しょっつる焼きそば」を専門とした飲食店が何軒かあり、観光客に人気となっています。 「男鹿しょっつる焼きそば」は、金沢市を代表するご当地グルメとして、地元の人からも観光客からも愛されています。金沢市を訪れた際には、ぜひ一度「男鹿しょっつる焼きそば」を味わってみてください。
モノの名前

佐賀の郷土料理「かけ和え」の魅力

かけ和えの歴史と由来 かけ和えは、佐賀県に古くから伝わる郷土料理で、県内の農村部を中心に親しまれてきました。その歴史は古く、江戸時代にはすでに存在していたとされており、農民たちが日常の食事として食べていたとされています。 かけ和えは、野菜や豆腐、魚のすり身などを小麦粉や片栗粉で作った衣をつけて揚げたもので、揚げたものに甘辛いタレをかけて食べます。タレは、醤油やみりん、砂糖などを混ぜて作られることが多く、家庭によってそれぞれ異なるレシピがあります。 かけ和えは、佐賀県内の各地で食べられており、地域によって具材や作り方に違いがあります。たとえば、伊万里市では、魚介類を具材として使うことが多いですが、佐賀市では、野菜を具材として使うことが多いです。 また、かけ和えは、佐賀県内の郷土料理として親しまれているだけではなく、県の特産品としても知られています。県内には、かけ和えを製造販売している業者が数多くあり、県外にも出荷されています。
その他

日本魚病学会とは?

日本魚病学会の役割と使命 日本魚病学会は、魚病学の進歩と普及を図り、魚類の保健衛生の向上に寄与することを目的として設立されました。学会の主な役割と使命は以下の通りです。 ・魚病学に関する研究の促進と支援 ・魚病に関する学術大会や講演会などの開催 ・魚病に関する研究成果の発表と普及 ・魚病に関する調査・研究の支援 ・魚病に関する国際交流の推進 日本魚病学会は、魚病学の発展に重要な役割を果たしており、魚類の保健衛生の向上に大きく貢献しています。
モノの名前

北海道網走のご当地グルメ「網走モヨロ鍋」

網走モヨロ鍋の歴史と由来 網走モヨロ鍋は、網走市のご当地グルメとして知られる郷土料理です。網走地方は、かつてアイヌの人たちが暮らしており、モヨロ鍋もアイヌの伝統的な料理のひとつといわれています。アイヌの人たちは、鮭や鹿肉、山菜を鍋に入れて煮て食べる料理を食べていました。この料理が、網走モヨロ鍋のルーツだといわれています。 網走モヨロ鍋は、鮭やタラ、野菜などを味噌で煮込んだ鍋料理です。鮭やタラの代わりに、鶏肉や豚肉を使うこともあります。野菜は、白菜、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなど、さまざまな種類のものが入ります。味噌は、北海道産のものが使われることが多いです。網走モヨロ鍋は、寒い冬にぴったりの料理です。温かく、栄養満点で、食べ応え抜群です。
モノの名前

水軍鍋で八方の敵を喰え!

水軍鍋の歴史と由来 水軍鍋は、室町時代から戦国時代にかけて瀬戸内海で活躍した水軍の料理として誕生したとされています。水軍は、海上で長期にわたって活動するため、保存食や携帯食が重要でした。水軍鍋は、保存食や携帯食としてだけでなく、戦の合間や宴席での料理としても親しまれていました。 水軍鍋は、鍋に味噌や醤油で味付けした出汁を入れ、そこに魚や野菜、豆腐などを煮込んだ料理です。鍋の出汁は、味噌や醤油だけでなく、瀬戸内海の塩やや昆布で味付けすることもあり、地域によってさまざまなバリエーションがあります。 水軍鍋は、瀬戸内海だけでなく、日本各地に広がり、現在では全国各地で親しまれています。水軍鍋は、保存食や携帯食としてだけでなく、家庭での食事や宴席での料理としても楽しまれています。
モノの名前

ミンタマーアカイユとは?

ミンタマーアカイユの特徴 ミンタマーアカイユは中国原産の多年生草本植物です。草丈は10~30cmで、茎は細くて直立します。葉は互生で、楕円形または卵形をしています。葉の縁には鋸歯があり、表面は緑色で、裏面は灰緑色をしています。花は5~6月に咲きます。花色は白色で、直径約1cmの5弁花です。果実は球形の蒴果で、中に多数の種子が入っています。 ミンタマーアカイユは、乾燥した場所や水はけの良い場所を好みます。日当たりの良い場所であれば、どこでも育てることができます。育て方は簡単で、水やりは乾燥気味にし、肥料はあまり与えなくても大丈夫です。 ミンタマーアカイユは、食用として利用することができます。葉や茎は炒め物やスープの具材として使われます。また、果実は乾燥させてお茶として飲むことができます。ミンタマーアカイユには、ビタミンCやカルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。