鶴岡雅義

作品名

小樽のひとよの知られざる名曲たち

小樽のひとよは、1968年に発売された小樽の観光をPRする目的で制作されたご当地ソングです。北海道を代表する作曲家のひとりである故・米山正夫氏と、国民的歌手のひとりである故・五月みどり氏が楽曲制作に参加したことでも知られています。 小樽のひとよの誕生の背景には、小樽市が1968年に開催された「北海道観光博」への誘客を図るために、観光PRソングの制作を企画したことがありました。 当時、小樽市は観光客の減少に悩み、観光振興策を講じる必要性を感じていました。そこで、市内の観光業者を中心に組織された実行委員会が、観光PRソングの制作を決定したのです。 実行委員会は、作曲家を米山正夫氏に、歌手を五月みどり氏に依頼しました。米山氏は、北海道を代表する作曲家として知られており、五月みどり氏は、国民的な歌手のひとりとして活躍していました。両氏は、快諾して楽曲制作を引き受けました。
作品名

逢えるじゃないかまたあした

楽曲誕生の背景  作詞・作曲を務めたビリー・バンは、アメリカで成功を収め、郷里の京都へ戻った際、日本でのデビュー曲として「逢えるじゃないかまたあした」を作ったと言われています。この曲は、バンが日本での成功を夢見ていたこと、そして、いつか再びアメリカに戻りたいという思いを込めたものだったそうです。  また、バンは、この曲を作る際に、日本の民謡「里の秋」を参考ににしたとも言われています。「里の秋」は、故郷を離れて暮らす人が、故郷を懐かしむ気持ちを歌った曲です。バンは、この曲のメロディーや歌詞にインスピレーションを受け、「逢えるじゃないかまたあした」を作ったのではないかと考えられています。  このように、「逢えるじゃないかまたあした」は、ビリー・バンのアメリカでの成功と郷愁の思い、そして、日本の民謡「里の秋」のメロディーや歌詞を参考にして生まれた曲です。この曲は、バンにとって特別な思い入れのある曲であり、多くの人々に愛され続ける名曲として知られています。
作品名

「最後と決めた女だから」と氷川きよし

「最後と決めた女だから」の歌詞は、氷川きよしの強い決意と愛する女性への情熱を表現した、力強い歌詞です。歌詞は、女性への愛と別れを告げる決意、そしてその決意を貫く強さを歌い上げています。サビの部分では、「最後と決めた女だから」というフレーズが繰り返され、氷川きよしの決意の強さが強調されています。また、歌詞の中では、女性への愛と別れを告げる決意、そしてその決意を貫く強さが表現されています。氷川きよしの力強い歌声が、歌詞のメッセージをより一層引き立て、聴き手の心に響きます。
作品名

日本のポピュラー音楽名曲「旅路のひとよ」

鶴岡雅義と東京ロマンチカによる名曲 日本のポピュラー音楽の代表的な名曲のひとつである「旅路のひとよ」は、鶴岡雅義と東京ロマンチカによって作られた。鶴岡雅義は1931年生まれの作曲家であり、東京ロマンチカは1950年代に結成された日本のムード歌謡グループである。 「旅路のひとよ」は1961年にリリースされ、瞬く間に大ヒットとなった。この曲は、遠距離恋愛をしている男女の悲哀を描いた切ないバラードである。鶴岡雅義の美しいメロディーと、東京ロマンチカの情感豊かなボーカルが、多くの人々の心を打った。 「旅路のひとよ」は、その後も多くのアーティストによってカバーされ、日本のポピュラー音楽史に残る名曲となった。鶴岡雅義と東京ロマンチカは、この曲によって日本中の多くのファンを獲得し、日本のポピュラー音楽に大きな足跡を残した。
作品名

「青い滑走路」の魅力とは?

「楽曲概要」 「青い滑走路」は日本のロックバンドスピッツの17枚目のシングルとして、2000年4月19日にユニバーサルJより発売された。表題曲は、フジテレビ系の木曜劇場『天気予報の恋人』の主題歌として使用された。オリコンチャートでは、最高位5位を獲得し、20万枚を超える売り上げを記録した。 「青い滑走路」は、 スピッツのシングル曲の中では珍しく、歌詞に英語のフレーズが含まれている。イントロ部分は、ギターのアルペジオで始まり、そこからテンポが次第に速くなっていく。サビの部分では、ボーカルの草野マサムネの伸びやかな歌声が印象的で、サビの終わりには「青い滑走路」というフレーズが繰り返される。アウトロは、ギターのアルペジオで始まり、そこからテンポが次第に速くなっていく。サビの部分では、ボーカルの草野マサムネの伸びやかな歌声が印象的で、サビの終わりには「青い滑走路」というフレーズが繰り返される。アウトロは、ギターのアルペジオで締めくくられる。