黒いペンの悪魔

作品名

赤川次郎「黒いペンの悪魔」の特徴と魅力

「黒いペンの悪魔」のあらすじと背景 「黒いペンの悪魔」は、1985年に発表された赤川次郎の小説です。本作は、主人公である「小森健一」が、黒いペンに憑依されたことから引き起こされる怪奇現象に巻き込まれていくというストーリーです。 本作の背景として、当時の日本はバブル景気のまっただ中にあり、人々が物質的な豊かさを享受していました。しかしその一方で、人々の心の豊かさは失われてきており、社会には閉塞感が漂っていました。本作は、そんな社会の中で、人々が抱える心の闇を浮き彫りにした作品として評価されています。 物語は、小森健一が、古い洋館で黒いペンを拾うところから始まります。小森健一は、そのペンを家に持ち帰り、日記を書き始めます。すると、日記に書かれたことが現実になってしまうという怪奇現象が起こり始めます。 小森健一は、黒いペンが呪われているのではないかと疑い始めます。そして、黒いペンを燃やそうとしますが、黒いペンは燃えるどころか、逆に小森健一を襲い始めます。小森健一は、黒いペンから逃れるために、様々な手段を講じますが、ことごとく失敗に終わります。 最後に、小森健一は、黒いペンを海に捨てて、ようやく黒いペンから解放されます。しかし、小森健一は、黒いペンが完全に消えたわけではなく、いつかまた戻ってくるのではないかと怯え続けることになります。