1876年創刊

その他

山形新聞の概要と歴史

山形新聞の歴史は古く、明治元年(1868年)に「山形新聞」として創刊されました。その後、1919年に「山形新聞社」を設立し、1925年に「山形新聞株式会社」に改組されました。1927年には、これまでの新聞に加えて、新聞の別刷である「山形新聞別刷」も発行されました。1931年には、山形新聞社は「東北新聞社」と合併し、1951年に「東北新聞山形支社」となりました。1956年、山形新聞社は東北新聞社から独立し、再び「山形新聞社」となりました。その後、1972年に現在の「山形新聞株式会社」に改称され、現在に至っています。 山形新聞は、山形県を拠点とする新聞社であり、山形県内のニュースや情報、県民の生活に役立つ情報を提供しています。また、山形新聞は、県内の文化や伝統を積極的に取材し、県民の郷土愛を育む役割も果たしています。山形新聞は、山形県民にとって欠かせない情報源であり、県民の生活に密着した新聞社です。
モノの名前

愛媛新聞の歴史と現在

愛媛新聞の誕生 愛媛新聞の歴史は、1876年(明治9年)11月6日に発行された「伊予新報」にさかのぼる。この新聞は、地元の名士である河野敏鎌によって創刊され、愛媛県下初の新聞であった。伊予新報は、その後「愛媛新報」と改称し、1886年(明治19年)には「愛媛新聞」と改題された。 愛媛新聞は、創刊以来、愛媛県民の生活に密着した報道を行ってきた。県政や経済、社会問題など、幅広い分野を報道し、県民の知る権利に貢献してきた。また、愛媛県内の文化や風土を伝える記事にも力を入れており、県民の郷土愛を育む役割を果たしてきた。 愛媛新聞は、現在でも愛媛県内最大の新聞社であり、県民の生活に欠かせない情報源となっている。新聞だけでなく、テレビやラジオ、インターネットなど、様々なメディアを通じて情報を発信しており、県民の生活を支えている。