1885年

施設名・ロケ地

作新学院高等学校について

作新学院高等学校の歴史 作新学院高等学校は、栃木県宇都宮市にある私立高等学校です。1924年に創設され、今年で創立99周年を迎えます。建学の精神は「勤労愛好」「質実剛健」「独立自尊」です。校訓は「創造」「奉仕」「敬愛」です。 作新学院高等学校は、野球部が全国高等学校野球選手権大会で優勝3回、準優勝2回を誇る強豪校として知られています。また、サッカー部も全国高等学校サッカー選手権大会で優勝1回、準優勝1回の実績があります。 作新学院高等学校は、野球とサッカー以外にも、ラグビー部、陸上競技部、水泳部、剣道部、柔道部、バスケットボール部、バレーボール部など、様々な部活動が盛んです。生徒たちは、部活動を通して、体を鍛え、精神を養い、仲間との絆を深めています。 作新学院高等学校は、進学実績も優秀です。毎年、多くの生徒が国公立大学や私立大学に進学しています。また、海外大学への進学を目指す生徒も少なくありません。 作新学院高等学校は、生徒一人ひとりの個性を尊重し、伸ばすことを大切にしています。生徒たちは、自分の夢の実現に向けて、日々努力しています。作新学院高等学校は、生徒たちが未来を切り拓いていくための、かけがえのない学び舎です。
作品名

アドリア海の復讐:ジュール・ヴェルヌの不滅の冒険小説

-物語の舞台美しくも危険なアドリア海- アドリア海は、イタリア半島とバルカン半島の間にある地中海の一部です。それはその美しい海岸線、透き通った海、そして豊かな歴史で知られています。しかし、アドリア海はまた、嵐と危険な海流で知られている危険な海でもあります。 ジュール・ヴェルヌの冒険小説「アドリア海の復讐」は、この美しいが危険な海を舞台にしています。この小説は、イタリアの船長であるニコロ・パラディーニが、彼の妻と娘が海賊によって殺害されたことを知った後、復讐を誓うことから始まります。パラディーニは、海賊の船を見つけ出し、彼らを倒すために、アドリア海の危険な海域を航海します。 「アドリア海の復讐」は、ヴェルヌの最も人気のある小説のひとつであり、世界中で何百万部も売れています。この小説は、そのスリリングなストーリー、生き生きとしたキャラクター、そして美しい景色描写で賞賛されています。 アドリア海は、ヴェルヌの小説の中で重要な役割を果たしています。アドリア海は、ヴェルヌの小説の中で重要な役割を果たしています。アドリア海は、単なる小説の舞台ではありません。それは、キャラクターの運命を形作る活気に満ちた、そして危険な場所です。アドリア海は、美しさと危険が混在する場所であり、それはヴェルヌの小説を忘れられないものにするのに役立っています。