1962年12月設立

施設名・ロケ地

青木港の歴史と特徴

青木港の歴史 静岡県伊東市にある青木港は、古くから漁港として栄えてきた歴史を持っています。青木港の沖合は、黒潮の流れが速く、魚種が豊富で、古くから漁業が盛んな土地でした。その中でも、カツオ漁が盛んであり、青木港はカツオの一大拠点として知られていました。 青木港の歴史は古く、江戸時代には、海運の拠点として栄えました。青木港からは、江戸や大阪、名古屋などへ多くの物資が運ばれ、青木港は、経済の中心地として発展しました。明治時代になっても、青木港は、海運の拠点として栄え続け、多くの船が青木港を出入りしていました。 しかし、明治末期に、鉄道が開通すると、青木港の海運は衰退し、青木港は、漁港として発展するようになりました。昭和に入ると、青木港は、漁業の拠点としてさらに発展し、多くの漁船が青木港を拠点として漁を行っていました。 戦後、青木港は、漁港として発展を続け、昭和40年代には、青木港は、全国有数のカツオ基地として、日本一の水揚げ量を誇っていました。しかし、昭和50年代に入ると、カツオの漁獲量が減少したため、青木港の水揚げ量は減少しました。現在も、青木港は、漁港として機能していますが、水揚げ量は、以前よりも減少しています。