1964年発売

作品名

「だまって俺について来い」の隠れた名曲ストーリー

ヒット曲の影に隠れた楽曲 音楽の世界は広く、多種多様な音楽が日々生まれています。その中には、チャートを賑わせるヒット曲もあれば、人知れず埋もれてしまう楽曲も少なくありません。ヒット曲の影に隠れた楽曲には、実は名曲と呼ばれるべき作品が数多くあります。 これらの楽曲は、ヒット曲に比べて知名度は低いものの、音楽的なクオリティは決して劣りません。むしろ、ヒット曲よりも音楽性の高い楽曲も少なくありません。しかし、ヒット曲の圧倒的な知名度に押されてしまい、日の目を見る機会が失われてしまうのです。 このような楽曲は、音楽ファンにとっては宝の山とも言えます。ヒット曲ばかりを聴いていると、どうしても音楽の視野が狭くなってしまいますが、ヒット曲の影に隠れた楽曲を聴くことで、新しい音楽の可能性を発見することができます。 ヒット曲の影に隠れた楽曲の中には、後に再評価されてヒット曲になったものもあります。例えば、ビートルズの「ヘイ・ジュード」は、最初はシングルカットされませんでしたが、後に再発されて世界的なヒット曲となりました。 また、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」も、最初はヒット曲とはなりませんでした。しかし、後にライブで演奏されることが多くなり、徐々に知名度が高まっていき、最終的にはバンドの代表曲となりました。 ヒット曲の影に隠れた楽曲は、音楽の世界の隠れた宝石です。これらの楽曲を聴くことで、新しい音楽の可能性を発見し、音楽の世界をより深く楽しむことができます。
作品名

君だけを – 西郷輝彦のデビュー曲

-君だけを 誕生秘話- 1966年、西郷輝彦は東芝レコードからデビュー曲である「君だけを」をリリースしました。この曲は、瞬く間にヒットし、オリコンチャートで1位を獲得しました。西郷輝彦にとって、この曲はデビュー曲であり、また代表曲のひとつとなりました。 この曲の誕生には、いくつかの秘話があります。まず、この曲は当初、西郷輝彦ではなく、別の歌手のために作られた曲でした。しかし、その歌手が別の曲に決めたため、西郷輝彦が歌うことになりました。 また、この曲の歌詞は、西郷輝彦本人が作詞したものです。西郷輝彦は、当時まだ17歳でしたが、作詞の才能を発揮しました。 さらに、この曲の作曲は、当時まだ無名だった筒美京平が行いました。筒美京平は、この曲で一躍有名になり、その後も多くのヒット曲を世に送り出しました。 このように、西郷輝彦のデビュー曲「君だけを」は、いくつかの秘話を持ち、西郷輝彦にとって非常に重要な曲となりました。
作品名

「CHE CHE CHE(涙にさよならを)」について

「CHE CHE CHE(涙にさよならを)」の作詞は佐伯孝夫、作曲は吉田正によって行われた。佐伯は、日本の作詞家であり、多くのヒット曲を手掛けたことで知られている。代表作に「東京ブギウギ」「青い山脈」「上を向いて歩こう」などがある。吉田は、日本の作曲家であり、戦後歌謡界をリードした人物の一人である。代表作に「リンゴの唄」「青い山脈」「上を向いて歩こう」などがある。 佐伯と吉田は、共に戦後歌謡界を代表する作詞家、作曲家であり、数々のヒット曲を生み出した。その中でも「CHE CHE CHE(涙にさよならを)」は、1960年にリリースされ、大ヒットした曲である。この曲は、明るいメロディーと前向きな歌詞が特徴で、多くの人の共感を呼んだ。また、この曲は、美空ひばりの代表曲としても知られており、彼女の歌唱力もこの曲の魅力の一つである。 「CHE CHE CHE(涙にさよならを)」は、日本の歌謡界を代表する名曲の一つであり、今でも多くの人に愛されている曲である。この曲は、作詞、作曲、歌唱のすべてにおいて、最高レベルのクオリティを誇っており、まさに日本の歌謡界の宝と言えるだろう。
モノの名前

「うどんスープ」誕生物語

-うどんスープ開発までの道のり- 袋麺の開発は、1950年代に日清食品の創業者である安藤百福氏が、第二次世界大戦後の食糧難を乗り越えるために、小麦粉を揚げて麺を作り、それを熱湯に浸すことで調理する「インスタントラーメン」を発明したことから始まります。 その後、1960年代になると、日清食品は袋麺の改良を続け、麺の食感や風味を向上させるために、独自の製法を開発しました。また、麺を調理するスープの味も改良し、より日本人好みの味にするために、様々な工夫を凝らしました。 1970年代になると、日清食品は袋麺のスープをさらに改良し、より美味しく、より手軽に調理できるようにするために、様々な研究開発を行いました。その結果、1971年に「カップヌードル」が発売され、そのスープは、従来の袋麺のスープとは異なり、より濃厚でコクのある味に仕上がりました。 1980年代になると、日清食品はカップヌードルのスープをさらに改良し、より複雑で奥深い味にするために、様々な工夫を凝らしました。その結果、1985年に「どん兵衛」が発売され、そのスープは、従来のカップヌードルのスープとは異なり、よりあっさりとした味に仕上がりました。 1990年代になると、日清食品は袋麺とカップヌードルのスープをさらに改良し、より健康的な味にするために、様々な工夫を凝らしました。その結果、1995年に「ラ王」が発売され、そのスープは、従来の袋麺とカップヌードルのスープとは異なり、より塩分控えめで、野菜の旨味を活かした味に仕上がりました。 2000年代になると、日清食品は袋麺とカップヌードルのスープをさらに改良し、より個性的な味にするために、様々な工夫を凝らしました。その結果、2007年に「どん兵衛」の「きつねうどん」が発売され、そのスープは、従来の「どん兵衛」のスープとは異なり、より甘みが強く、きつね揚げの旨味を活かした味に仕上がりました。 2010年代になると、日清食品は袋麺とカップヌードルのスープをさらに改良し、より現代人の好みに合った味にするために、様々な工夫を凝らしました。その結果、2015年に「ラ王」の「担々麺」が発売され、そのスープは、従来の「ラ王」のスープとは異なり、より辛みが強く、ゴマの旨味を活かした味に仕上がりました。 そして、2020年現在、日清食品は袋麺とカップヌードルのスープをさらに改良し、より未来を見据えた味にするために、様々な工夫を凝らしています。その結果、2021年に「カップヌードル」の「謎肉ビッグ」が発売され、そのスープは、従来の「カップヌードル」のスープとは異なり、より肉感があり、食べ応えのある味に仕上がりました。
モノの名前

甘さと苦さのハーモニー、チャオの魅力

甘さと苦さのハーモニー、チャオの魅力チャオとは。チャオとは、サクマ製菓株式会社が昭和39年(1964年)から販売している、ビターチョコレートをキャンディで包んだチョコレート菓子です。
モノの名前

ライオネスコーヒーキャンディーのすべて

ライオネスコーヒーキャンディーの歴史 ライオネスコーヒーキャンディーは、1921年に森永製菓によって発売されたロングセラー商品です。その名の通り、コーヒーの風味が特徴的なキャンディーで、当時の日本では珍しく、大ヒットを記録しました。発売当初は「コーヒーキャンデー」という名前でしたが、1935年に「ライオネスコーヒーキャンディー」と改名されました。 ライオネスコーヒーキャンディーは、当初は手作業で作られていましたが、1950年代に機械化され、大量生産が可能になりました。これにより、より多くの人々に親しまれるようになりました。1960年代には、テレビCMでも大きく取り上げられ、知名度はさらに上昇しました。 1970年代には、ライオネスコーヒーキャンディーの姉妹品として、「ライオネスミルクキャンディー」が発売されました。ライオネスミルクキャンディーもまた、大ヒット商品となり、ライオネスシリーズは不動の人気を獲得しました。 近年では、ライオネスコーヒーキャンディーは、そのレトロなパッケージと素朴な味わいが、若い世代の間で再評価され、再び人気が高まっています。また、海外でも、その уникаな味わいが受け入れられ、輸出も好調です。 ライオネスコーヒーキャンディーは、100年近く愛され続けているロングセラー商品です。その歴史は、日本のキャンディーの歴史そのものです。
作品名

恋をするなら:名曲のストーリーと魅力

「恋をするなら」は、1973年に発売された都はるみの名曲です。発売当時から多くの人に愛され、現在でもカラオケの定番ソングとして歌い継がれています。この曲は、ある男性が女性に恋をする心情を歌ったもので、その歌詞とメロディーの美しさから、多くの人の共感を呼んでいます。 「恋をするなら」の誕生秘話には、いくつかの説があります。一説によると、この曲は都はるみのマネージャーだった吉田格氏が、ある女性に恋をしたことから生まれたと言われています。吉田氏は、その女性に恋心を抱きながらも、なかなか告白できずにいました。そこで、彼は自分の気持ちを歌にして、女性に伝えようとしたのです。 もう一説によると、この曲は都はるみ自身が、ある男性に恋をしたことから生まれたと言われています。都はるみは、その男性に一目惚れし、すぐに恋に落ちました。しかし、その男性はすでに結婚しており、都はるみは自分の気持ちを抑えていました。そんなとき、彼女は「恋をするなら」という曲を歌い、自分の気持ちを表現したのです。 どちらの説が本当なのかは定かではありませんが、「恋をするなら」が都はるみの実体験から生まれたことは確かです。だからこそ、この曲は多くの人の共感を呼び、現在でも愛され続けているのです。
モノの名前

森永製菓のチョコレート「ハイクラウン」の歴史と魅力

「誕生から半世紀以上愛される老舗ブランド」 森永製菓のチョコレート「ハイクラウン」は、1964年に誕生したロングセラー商品です。その歴史は、ハイクラウンが誕生する10年以上前の、1950年代にさかのぼります。当時、森永製菓はアメリカ人のチョコレートに対する嗜好調査を実施しました。その調査によると、アメリカ人はチョコレートに濃厚な味と滑らかな口当たりを求めていることがわかりました。森永製菓はこの調査結果を基に、日本人にも好まれるチョコレートの開発に着手しました。 1964年にハイクラウンが誕生したとき、チョコレートの濃厚な味と滑らかな口当たりは、それまでの日本のチョコレートとは一線を画すものでした。ハイクラウンは、発売以来、多くの人々に愛され、ロングセラー商品となりました。ハイクラウンの人気は、その濃厚な味と滑らかな口当たりに加えて、上品なパッケージも一役買っています。ハイクラウンのパッケージは、赤と金の配色で、高級感があります。また、ハイクラウンのロゴマークは、王冠をかぶったライオンが描かれており、威厳を感じさせます。 ハイクラウンは、誕生から半世紀以上経った今も、多くの人々に愛され続けています。その理由は、濃厚な味と滑らかな口当たり、上品なパッケージなど、ハイクラウンが持つ魅力が、時代を超えて愛され続けているからです。