1969年創刊

モノの名前

「日本下水道新聞」とは?

「日本下水道新聞」とは、下水道事業に関する専門紙です。1965年に創刊され、以来50年以上、下水道事業の最新情報を発信し続けています。読者は、下水道事業体の職員や、下水道関連企業の技術者、研究者など、下水道事業に関わる人たちです。 「日本下水道新聞」は、毎週1回、木曜日に発行されます。1部あたり200円、年間購読料は9,600円です。記事の内容は、下水道事業に関するニュース、下水道関連企業の新製品情報、下水道技術に関する解説記事などです。また、下水道事業体の職員や、下水道関連企業の技術者、研究者など、下水道事業に関わる人たちのインタビュー記事も掲載されています。 「日本下水道新聞」は、下水道事業に関する専門紙として、高い評価を受けています。下水道事業に関わる人たちは、最新の情報を収集するために、「日本下水道新聞」を欠かさず購読しています。また、「日本下水道新聞」は、下水道事業に関する専門家の育成にも貢献しています。
作品名

「ちくま」の魅力とは?文芸誌の老舗が歩んできた軌跡

-# 「ちくま」の歴史と歩み 「ちくま」は、1946年に創刊された老舗の文芸誌です。創刊当初は「ちくま」という誌名ではなく、「新文学」という誌名で発行されていました。この「新文学」は、戦後間もない時期に、新しい文学を創造し、新しい日本の文化を築くことを目指して創刊された雑誌でした。その後、「ちくま」に誌名を変更し、今日に至っています。 「ちくま」は、創刊以来、日本の文壇を代表する作家たちの作品を数多く掲載してきました。芥川龍之介、太宰治、檀一雄、安部公房、三島由紀夫、大江健三郎、村上春樹など、錚々たる作家の作品が掲載されています。また、「ちくま」は、文芸評論やエッセイ、翻訳なども掲載しており、文学の総合誌としての地位を確立しています。 「ちくま」は、日本の文学界に大きな影響を与えてきました。特に、戦後間もない時期の「ちくま」は、新しい文学の創造に大きな役割を果たし、日本の文学の復興に貢献しました。また、「ちくま」は、文芸評論やエッセイ、翻訳なども掲載しており、文学の総合誌としての地位を確立し、日本の文学文化の発展に貢献してきました。
その他

「盛岡タイムス」とは?その歴史と特徴

-「盛岡タイムス」の歴史- 「盛岡タイムス」は、岩手県盛岡市で発行されている地方新聞である。1892年(明治25年)に「岩手日日新聞」として創刊され、1942年(昭和17年)に「盛岡タイムス」と改題された。 「盛岡タイムス」は、岩手県内唯一の地方紙として、県政、経済、文化など、幅広い分野のニュースを報道している。また、岩手県の特産品や観光スポットなどの情報を発信し、県民の生活に密着した新聞として親しまれている。 「盛岡タイムス」は、1995年(平成7年)に岩手日報社と合併し、岩手日報社盛岡タイムス支社となった。しかし、2001年(平成13年)に岩手日報社から独立し、再び「盛岡タイムス」として発行されるようになった。 「盛岡タイムス」は、2022年(令和4年)現在、発行部数約8万部であり、岩手県内では岩手日報に次ぐ2位の発行部数となっている。