2007年

モノの名前

「ファイブハンドレッド」とは?特徴・歴史・後継車

-ファイブハンドレッドの特徴- ファイブハンドレッドは、フィアットが2007年から2010年まで生産した小型車です。フィアット500の派生車種として開発され、500よりわずかに大きなボディサイズと、より快適な乗り心地を備えています。 ファイブハンドレッドの特徴の一つは、そのスタイリッシュなデザインです。500をベースにしていますが、より洗練されたエクステリアとインテリアを採用しています。また、1.4リッター直列4気筒エンジンを搭載しており、最高出力100ps、最大トルク131Nmを発生します。このエンジンは、5速マニュアルトランスミッションまたは6速オートマチックトランスミッションと組み合わされています。 ファイブハンドレッドのもう一つの特徴は、その安全性能です。ユーロNCAPの衝突安全テストで5つ星を獲得しており、高い安全性を誇っています。また、電子制御スタビリティプログラム(ESP)やABS(アンチロックブレーキシステム)などの安全装備も充実しています。 ファイブハンドレッドは、スタイリッシュなデザイン、快適な乗り心地、高い安全性能を備えたコンパクトカーです。日本でも2008年から2010年まで販売され、人気を集めました。
モノの名前

まねきベコ モースケについて

まねきベコ モースケとは? まねきベコ モースケは、福島県会津地方の伝統工芸品である「まねきベコ」をモチーフにしたキャラクターです。まねきベコとは、首振り人形のような姿をした牛の張り子人形で、厄除けや招福のご利益があるとされています。モースケという名前は、会津弁で「牛」を意味する「モー」と、福島県の県歌である「みちのく福島」の歌詞に登場する「モス」を組み合わせたものです。モースケは、その愛らしい姿とユーモラスな性格で、多くの人々に愛されています。
作品名

ファミスタDS完全攻略

ファミスタDSのルールや操作方法 ファミスタDSの基本的なルールは、他の野球ゲームと同様です。2チームに分かれて、9回まで対戦し、より多くの得点を取ったチームが勝ちます。ただし、ファミスタDSには、他の野球ゲームにはないユニークなルールがいくつかあります。 まず、ファミスタDSでは、選手交代の制限がありません。そのため、好きなタイミングで選手を交代させることができます。また、ファミスタDSでは、バッターがヒットを打った場合、ランナーは自動的に塁を進みます。そのため、バッターは、塁に進めるために走塁する必要がありません。 ファミスタDSの操作方法は、他の野球ゲームとほぼ同じです。十字キーで選手を操作し、ボタンで投球や打撃を行います。ただし、ファミスタDSでは、タッチペンを使って操作することもできます。タッチペンを使って、選手を操作したり、投球や打撃を行うことができます。 ファミスタDSのルールや操作方法を理解したら、いよいよゲームをプレイしてみましょう。ファミスタDSは、野球ゲームの初心者でも簡単にプレイできるゲームです。また、野球ゲームの経験者でも、ファミスタDSのユニークなルールや操作方法を楽しむことができます。
モノの名前

日本海えびタコ餃子:北海道留萌中部三町村のご当地グルメ

日本海えびタコ餃子の歴史は、2012年に北海道留萌郡の中部3町村(留萌市、増毛町、小平町)が共同開発したことに始まります。留萌郡の中部3町村は、日本海の恵みを受けて栄えてきた地域であり、地元産の新鮮なエビとタコを使ったご当地グルメを開発することで、地域の魅力を発信しようと考えたのです。 開発にあたっては、地元の漁師や料理人、行政などが協力して取り組みました。地元産のエビとタコをふんだんに使用し、地元産の小麦粉で作った皮で包んだ餃子を開発。また、餃子に合う特製のタレも開発し、ご当地グルメとして完成させました。 日本海えびタコ餃子は、2012年の発売以来、留萌郡の中部3町村で人気のご当地グルメとなっています。地元の飲食店では、日本海えびタコ餃子を提供する店が増え、観光客にも人気の一品です。また、イベントや物産展などでも販売されており、北海道内外で広く知られるようになりました。 日本海えびタコ餃子は、留萌郡の中部3町村の地域の魅力を伝えるご当地グルメとして、今後も愛され続けるでしょう。
作品名

「夫婦道」の魅力を味わう

「脚本、音楽、キャストなど制作陣が豪華」 「夫婦道」の魅力のひとつは、豪華な制作陣だ。脚本は、数々の名作ドラマを手掛けたベテラン脚本家が担当。音楽は、国内外で活躍する人気作曲家が担当している。そして、キャストには、日本を代表する名優たちがずらりと揃っている。 脚本は、夫婦の在り方を考えさせられる内容で、人間ドラマとしての深みがある。また、音楽は、物語の雰囲気を盛り上げる効果的なものとなっている。そして、キャスト陣は、それぞれが持ち味を活かして熱演しており、キャラクターに命を吹き込んでいる。 「夫婦道」は、豪華な制作陣によって、高品質なドラマに仕上がっている。脚本、音楽、キャスト、どれをとっても申し分なく、最後まで楽しむことができるだろう。
作品名

十津川警部 時効なき殺人

十津川警部 時効なき殺人 小見出し十津川警部の活躍を振り返る 十津川警部は、西村京太郎が生み出した架空の警察官です。警視庁捜査一課の警部で、階級は警部補。十津川警部は、1976年に発表された小説『寝台特急「紀伊」殺人事件』で初めて登場しました。その後、40年以上にわたって数多くの作品に登場し、日本のミステリー小説界を代表する人気キャラクターとなりました。 十津川警部は、鋭い洞察力と推理力を持った優秀な刑事です。また、正義感が強く、どんな困難にも屈しない強い精神力の持ち主でもあります。十津川警部は、数多くの難事件を解決し、多くの人々の命を救ってきました。 十津川警部の活躍は、多くの読者から称賛されています。十津川警部は、日本のミステリー小説界を代表する人気キャラクターであり、今後も多くの読者から愛され続けるでしょう。
作品名

「青色讃歌」魅力と読みどころ

「青色讃歌」は、2001年に出版された恩田陸の小説です。2002年には山本美月主演で映画化され、2017年には広瀬すず主演でドラマ化されました。 同作は、青色の世界に憧れる主人公の少女・藍沢なぎさが、青色の鳥を探して旅に出る物語です。旅先でなぎさは、さまざまな人と出会い、青色の意味について考えていきます。 「青色讃歌」の魅力は、なんといってもその美しい言葉にあります。恩田陸は、青色のさまざまな оттенを巧みに表現しており、読者は青色の世界に引き込まれます。また、なぎさが旅先で出会う人々は、みな個性豊かで魅力的です。なぎさと彼らの交流を通して、読者は人生のさまざまなことを学んでいきます。 「青色讃歌」は、青色を愛するすべての人におすすめの一冊です。また、人生に迷っている人、新しいことにチャレンジしたいと思っている人にもおすすめです。同作は、勇気と希望を与えてくれる物語です。
作品名

医龍-Team Medical Dragon 2-

テレビドラマ「医龍-Team Medical Dragon 2-」は、2006年に放送された「医龍-Team Medical Dragon-」の続編です。このドラマは、天才外科医朝田龍太郎を中心とした、チーム医療の重要性を描いた医療ドラマです。 あらすじは、朝田がアメリカから帰国し、日本の大学病院に勤務するところから始まります。朝田は、そこで救命救急センター長として、救命救急の現場で活躍します。また、朝田は、病院の経営を立て直すために、様々な改革を行います。 朝田の改革は、病院のスタッフから反発を受けますが、朝田は、自分の信念を貫き通します。その結果、病院の経営は改善され、救命救急センターも活気づきます。しかし、朝田は、自分の改革を推進する過程で、様々な困難に直面します。 困難を乗り越えながら、朝田は、救命救急の現場で活躍し、病院の経営を立て直していきます。そして、朝田は、チーム医療の重要性を訴えかけ、日本の医療界に大きな影響を与えます。
作品名

「Love is…」について

「Love is...」とは、どんな曲? 「Love is...」は、シンガーソングライターの秦 基博さんが作詞・作曲を手掛け、2011年にリリースされた曲です。同年に放送されたTBS系テレビドラマ『ビューティフルレイン』の主題歌として起用され、秦さんにとって初のドラマ主題歌となりました。 「Love is...」は、秦さんが20代後半の時に経験した恋愛を基に作られた曲です。秦さんは、この曲について「この曲が生まれたのは、ある日突然、自分の中にメロディが降りてきたことからでした。曲を完成させるまでは、メロディに沿って歌詞を書いていったのですが、書き終える頃には、まるでその時の恋愛を振り返っているような気持ちになっていました」と語っています。 「Love is...」は、秦さんらしい繊細なメロディと、恋愛の機微を丁寧に描いた歌詞が特徴的な曲です。秦さんのボーカルも、曲の世界観に溶け込むように優しく歌い上げられており、聴く人の心を癒してくれるような、そんな曲となっています。
作品名

「ブレイクスルー・トライアル」の魅力

巧みに練られたストーリー ブレイクスルー・トライアルの魅力の一つは、巧みに練られたストーリーです。これらの裁判は、しばしば劇的な展開や予期せぬ結果で知られており、小説や映画のような感覚で楽しむことができます。また、ブレイクスルー・トライアルは、しばしば社会的な問題や不正行為を明らかにする役割を果たしており、社会正義や公正を求める人々にとって大きな訴求力を持っています。 例えば、1995年のO・J・シンプソン裁判は、全米を二分するような大事件となりました。黒人男性のシンプソン氏が元妻と彼女の友人殺害の容疑で逮捕され、全米中がその裁判の行方を見守りました。この裁判は、人種差別や警察の不正行為など、多くの社会問題を浮き彫りにしたことで知られています。 また、2000年のエリアン・ゴンザレス事件も、多くの議論を呼んだブレイクスルー・トライアルの一つです。キューバからアメリカに亡命してきた少年エリアン・ゴンザレス氏が、キューバ政府によって強制送還されるか、アメリカに残留することができるかという裁判は、アメリカとキューバの関係や移民の問題など、多くの政治的な問題を引き起こしました。 このように、ブレイクスルー・トライアルは、しばしば劇的なストーリーと社会的な問題が絡むため、多くの人々の関心を集めています。また、これらの裁判は、社会正義や公正を求める人々にとって大きな訴求力を持っており、社会に変化をもたらすきっかけとなることもあります。
作品名

「見えない星」中島美嘉の名曲

2007年に中島美嘉さんがリリースしたシングル「見えない星」は、ドラマ「ハケンの品格」の主題歌として起用され、大きな話題となりました。この曲は、ドラマの内容に寄り添った歌詞と、中島美嘉さんの力強くも繊細な歌声が印象的です。 「ハケンの品格」は、派遣社員である大前春子(篠原涼子)が、派遣先企業での活躍を通じて、人間として成長していく姿を描いたドラマです。このドラマは、派遣社員の置かれた立場や社会問題をリアルに描き、大きな反響を呼びました。 「見えない星」の歌詞は、大前春子が派遣社員として働きながら、社会や人間関係に悩みながらも、決して諦めずに前を向いて生きていくというドラマの内容に寄り添っています。中島美嘉さんの力強くも繊細な歌声は、大前春子の思いを代弁するかのようで、ドラマの世界観に深みを与えています。 「見えない星」は、ドラマ「ハケンの品格」を象徴する曲であり、多くの人々に愛されています。この曲は、日本を代表する名曲の一つとして、今もなお歌い継がれています。
作品名

エヴァ序:人類の希望と絶望の物語

「エヴァ序の物語とテーマ」 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の第1作目である『エヴァ序』は、人类の希望と绝望を描いた重厚な物語となっています。主人公の碇シンジは、人類の最後の砦であるエヴァンゲリオンに乗ることになり、使徒と呼ばれる巨大な敵と戦います。シンジは、エヴァに乗ることで、多くの苦難に直面し、自分自身と向き合うことになります。 『エヴァ序』のテーマは、希望と绝望です。人類は、使徒という圧倒的な敵に絶望している状況にありますが、エヴァンゲリオンという希望を手にしています。シンジは、エヴァに乗ることで、人類の希望を背負うことになります。しかし、シンジは、エヴァに乗ることで、多くの苦難に直面し、絶望の淵に立たされることもあります。 『エヴァ序』は、希望と绝望が交錯する重厚な物語です。シンジの成長や葛藤、人間関係など、さまざまな要素が絡み合って、奥深い物語を作り上げています。また、『エヴァ序』は、映像美や音楽も素晴らしく、没入感のある鑑賞体験を味わうことができます。
作品名

「今週、妻が浮気します」の考察

原作との比較 原作である同名小説は、2016年に出版され、ベストセラーとなりました。原作は、不倫というテーマを扱っていますが、映画では不倫というテーマをより深く掘り下げ、よりリアルに描いています。原作では、主人公である夫は、妻の浮気を知った後、妻を許すという選択をします。しかし、映画では、主人公は、妻を許すことができないという選択をします。この違いは、映画と原作の大きな違いの一つです。 また、原作では、妻の浮気相手である男性は、主人公の友人であるという設定になっています。しかし、映画では、妻の浮気相手である男性は、主人公の友人ではなく、主人公の上司という設定になっています。この違いも、映画と原作の大きな違いの一つです。 原作と映画、どちらにもそれぞれの特徴があり、どちらかが良いということはありません。原作を読んだ人も、読んでいない人も、映画を楽しむことができると思います。
作品名

ドンキーコング たるジェットレースとは

- ゲームの概要と特徴 ドンキーコング たるジェットレースは、2007年7月19日に任天堂から発売されたWii用アクションゲームです。ドンキーコングシリーズのスピンオフ作品で、プレイヤーはドンキーコングやその仲間たちを操作して、タルを積んだジェットボートを操縦し、コースを駆け抜けます。 ゲームは、世界各地のコースを舞台に、最大4人までのプレイヤーが対戦したり、協力したりしてプレイすることができます。コースには、様々な障害物やギミックが用意されており、プレイヤーはそれらをうまく避けながら、ライバルよりも早くゴールを目指します。 ドンキーコング たるジェットレースの特徴は、何といってもその爽快感です。ジェットボートを操縦して水上を疾走する感覚は、まさに圧巻の一言です。また、コースには様々な仕掛けが用意されており、プレイヤーはそれらを上手く利用することで、ライバルに差をつけることができます。 ドンキーコング たるジェットレースは、老若男女問わず楽しめるアクションゲームです。爽快なゲームプレイと、可愛らしいキャラクターたちが織りなすストーリーは、きっとあなたを魅了するでしょう。
作品名

「逃亡者おりん」:時代劇の傑作

青山倫子演じるおりんの活躍に注目 青山倫子が演じるおりんは、力強く自立した女性であり、自らの正義のために戦うことをいとわない。彼女は、夫を殺した犯人を追跡し、復讐を果たすために旅に出る。おりんは旅の途中でさまざまな困難に直面するが、決して諦めず、常に前向きに進んでいく。彼女の強さと勇気は、視聴者を魅了し、応援したくなる。 おりんはまた、とても頭の良い女性である。彼女は、犯人を追跡するために、さまざまな推理を駆使する。また、おりんは武術にも長けており、敵と戦うときには、その腕前をいかんなく発揮する。おりんの知力と武術の才能は、彼女をより魅力的なキャラクターにしている。 青山倫子は、おりんを非常にリアルに演じている。彼女の演技は、おりんの強さ、勇気、知性をすべて見事に表現している。青山倫子は、おりんを演じるために、武術のトレーニングも積んだそうだ。彼女の努力が実り、おりんは非常に魅力的なキャラクターとなっている。 おりんの活躍は、視聴者を魅了し、時代劇の傑作とまで言われる所以となっている。おりんの強さと勇気は、視聴者に勇気を与え、前向きに生きることの大切さを教えてくれる。青山倫子の演技も素晴らしく、おりんのキャラクターを非常にリアルに演じている。おりんの活躍は、時代劇の傑作として、これからも語り継がれていくことだろう。
作品名

「花の名」の魅力を徹底解剖

「花の名」は、1973年に放送された日本のテレビドラマです。このドラマは、1960年代の東京を舞台に、花屋を営む一家の物語を描いています。主演は、大原麗子、竹脇無我、松坂慶子、森田健作、栗原小巻、夏木勲など豪華キャストが出演しました。 「花の名」が生まれた背景には、当時の日本の社会情勢が大きく影響しています。1960年代の日本は、高度経済成長期真っただ中でした。人々の生活は豊かになり、物質的な欲望が強まっていました。しかし、その一方で、人々は精神的な豊かさを見失いつつありました。「花の名」は、そんな時代に、人々の心に花や自然の美しさを伝えることを目指したドラマでした。 「花の名」の脚本は、山田太一が手がけました。山田太一は、日本の代表的な脚本家で、数多くの名作ドラマを生み出しています。「花の名」は、山田太一の代表作のひとつであり、現在でも多くの人々に愛され続けています。
作品名

「ベスト・フレンズ・ストーリー」の魅力

「丘の上のホテル」は、キュートなキャラクターたちの物語です。主人公は、丘の上のホテルに住む猫の家族です。猫の父親は、ホテルのオーナーであり、母親は、ホテルのマネージャーです。二人の間には、二人の子供がいます。 ある日、丘の上のホテルに、旅の途中で迷子に牛猫がやって来ます。猫の家族は、牛猫をホテルに泊めてあげます。牛猫は、ホテルで、猫の家族や他のホテルの客と交流します。 牛猫は、猫の家族や他のホテルの客と交流することで、人生の教訓を学んでいきます。牛猫は、友情の大切さや、家族の大切さを学んでいきます。そして、牛猫は、ホテルを後にし、旅を続けていきます。
作品名

℃-uteの超キュートな曲!「都会っ子純情」を徹底分析

「都会っ子純情」とは? 「℃-uteの超キュートな曲!「都会っ子純情」を徹底分析」という記事の小見出しである「「都会っ子純情」とは?」について、解説する。 「都会っ子純情」とは、ハロプロ所属のアイドルグループである℃-uteの16枚目のシングルである。2010年5月12日にゼティマから発売された。 この曲は、℃-uteのメンバーが都会っ子として、純粋な恋を歌うという内容である。歌詞は、都会の街並みや流行のファッションなどを盛り込み、都会の雰囲気を表現している。また、サビの部分では、「都会っ子純情」というフレーズが繰り返され、曲のタイトルを印象づけている。 この曲は、℃-uteのメンバーの可愛らしさと、都会的な雰囲気を上手く表現した曲として人気を集めた。また、歌詞の内容に共感したファンも多く、℃-uteの代表曲のひとつとして知られている。
モノの名前

タマにゃん音楽物語

タマにゃんの誕生秘話 タマにゃん音楽物語の始まりは、その名もタマにゃんという一匹の猫でした。タマにゃんは、2007年4月29日に和歌山県和歌山市にある和歌山城で生まれました。 タマにゃんの母親は、和歌山城に住み着いていた野良猫のミケで、父親は不明です。タマにゃんは、ミケの三匹の子猫のうちの一匹として生まれました。 タマにゃんは、生まれてすぐに和歌山城の駅前で保護され、和歌山県庁の職員によって育てられました。タマにゃんは、人懐っこい性格で、和歌山県庁の職員や来庁者からの人気者となりました。 2008年4月1日、和歌山県庁はタマにゃんを「和歌山県庁猫駅長」に任命しました。タマにゃんは、和歌山県庁の公式キャラクターとなり、和歌山県の観光振興に貢献しました。 タマにゃんは、2015年6月22日に和歌山城で亡くなりましたが、その死後も和歌山県庁猫駅長として人々から愛され続けています。
作品名

「走れサバ!~花より男子~」の魅力を徹底解説!

「笑える!泣かせる!韓国ドラマの王道コメディ」 「走れサバ!~花より男子~」の魅力を徹底解説する上で、外せないのがその王道コメディとしての要素です。本作は、ドタバタコメディからシチュエーションコメディまで、あらゆる笑いの要素が盛り込まれており、視聴者を飽きさせません。また、主人公のサバと花沢類を中心に、個性豊かなキャラクターたちが織りなす人間ドラマも大きな見どころです。彼らの恋模様や友情に笑ったり泣いたりしながら、最後まで夢中になること間違いなしです。 例えば、第1話では、サバが学園の理事長の息子である道明寺司に一目惚れし、彼を追いかけて入学試験を受けるところから物語がスタートします。しかし、サバは入学早々、道明寺司とその仲間たちであるF4からイジメを受け、トラブルに巻き込まれていきます。しかし、サバはめげずに立ち向かい、F4を相手に一歩も引かない姿勢を見せます。そんなサバの強さと純粋さに、視聴者は思わず応援したくなるでしょう。 また、サバと花沢類の恋愛模様も大きな見どころです。花沢類は、サバを優しく見守り、常に彼女を支えてくれる存在です。しかし、花沢類には秘密があり、それがサバとの関係に影を落としていきます。二人が困難を乗り越えて結ばれるのか、その行方に視聴者はハラハラドキドキさせられます。 「走れサバ!~花より男子~」は、笑いと感動が詰まった王道コメディです。爽やかなストーリーと個性豊かなキャラクターたちが織りなす人間ドラマに、視聴者はきっと夢中になることでしょう。
作品名

キッドギャング:ヤクザと赤ん坊のドタバタ物語

キッドギャングとは、1961年に東映で制作されたヤクザ映画である。赤ん坊とヤクザのドタバタ劇を描いたコメディタッチの任侠映画である。監督は、当時東映京都撮影所の所長を務めていたマキノ雅弘、脚本は、マキノ雅弘と村尾昭、主演は、東映京都撮影所の看板スターである高倉健と、当時まだ無名だった若手女優の星由里子である。 映画は、ヤクザの組長である高倉健が、赤ん坊を拾ったことから始まる。赤ん坊は、ヤクザの世界には似つかわしくない存在であり、高倉健は赤ん坊の面倒を見ることに戸惑う。しかし、次第に赤ん坊に情がわき、ヤクザの組長でありながら、赤ん坊の父親として奮闘するようになる。 映画は、高倉健のコミカルな演技と、星由里子の清純な魅力で人気を博し、東映の正月映画として大ヒットを記録した。また、ヤクザ映画でありながら、人情味あふれるストーリーで、多くの観客を感動させた。
作品名

ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲の魅力

-壮大なストーリーと圧倒的なグラフィック- ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲の魅力は、壮大なストーリーと圧倒的なグラフィックに集約されます。ストーリーは、前作でゼウスを倒したクレイトスが、新たな敵である運命の女神アトロポスに立ち向かうというものです。クレイトスは、アトロポスを倒すために、北欧神話を舞台にした様々な世界を旅し、その中で様々な敵や謎に遭遇します。 グラフィックは、前作よりもさらに進化し、圧倒的な美しさを見せてくれます。特に、クレイトスが戦うボスキャラクターは、細部まで作り込まれており、その迫力には圧倒されます。また、北欧神話の世界も、リアリティを持って再現されており、プレイヤーをゲームの世界に引き込んでくれます。 壮大なストーリーと圧倒的なグラフィックは、ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲の魅力を大いに高めています。このゲームは、アクションゲームファンはもちろん、北欧神話に興味がある人にもおすすめです。
作品名

「HONEY BEAT」の歴史と魅力

「HONEY BEAT」の誕生 「HONEY BEAT」は、1979年に結成された日本のロックバンドである。結成当初のメンバーは、ボーカルの大橋純子、ギターの土岐英二、ベースの原田裕、ドラムスの中村裕二の4人であった。バンド名は、大橋の好きな言葉である「HONEY」と、バンドの音楽性を表す「BEAT」を組み合わせたものである。 「HONEY BEAT」は、1980年にシングル「恋の予感」でデビューした。この曲は、オリコンシングルチャートで最高位10位を記録し、バンドのデビューを飾った。その後、「ハロー・グッバイ」「愛が止まらない」などのヒット曲を連発し、日本を代表するロックバンドのひとつとなった。
作品名

「十五峯」:鷹羽狩行の句集

「十五峯」の概要と鷹羽狩行の経歴 「十五峯」は、鷹羽狩行が1954年に刊行した第1句集である。この句集は、鷹羽が30歳の時にまとめたもので、1946年から1953年までの句154句が収められている。句集のタイトルは、鷹羽が幼少期に過ごした京都の地名「十五峯」に由来している。 鷹羽狩行は、1924年に京都府京都市に生まれた。1943年に京都市立第三商業学校を卒業し、翌年に応召。1946年に復員後、毎日新聞社に入社した。1950年に現代俳句協会に入会し、1954年に第1句集「十五峯」を刊行した。 鷹羽の句風は、叙情的で情感豊かな作風で、叙情派の俳人として知られている。また、鷹羽は俳句の批評家としても知られており、1964年に『俳句の鑑賞と批評』を出版した。鷹羽は、1984年に第10回小野十三郎賞を受賞し、1993年に第26回現代俳句大賞を受賞した。2007年に京都市左京区の自宅で死去した。