「べ」で始まる

作品名

べるぜバブの魅力とは?

「べるぜバブの魅力とは?」の下に作られた小見出しの「ヤンキー高校生と魔王の赤ん坊の奇妙な関係」では、主人公の高校生である男鹿辰巳が、生まれて間もない魔王の赤ん坊であるベルゼバブと出会い、育てていくという、奇想天外なストーリー展開が魅力です。 不良に囲まれる現代の学校を舞台に、主人公は、ギャングのリーダーとしての地位を巡ってライバルと争ったり、学校生活の困難に直面したりします。さらに、赤ん坊のベルゼバブの世話をしたり、悪魔界の勢力と対決したりと、さまざまな困難や冒険に満ちたストーリーが展開します。 男鹿辰巳とベルゼバブの奇妙な関係は、作中の大きな見どころです。男鹿辰巳は、当初はベルゼバブを面倒くさそうに思っていましたが、次第にその愛らしさに惹かれていきます。二人の関係は、単なる世話をする人とされる人の関係を超えた、強い絆で結ばれていきます。 また、男鹿辰巳が自分の居場所を見つけていく過程も魅力です。不良に囲まれている学校で、当初は孤独を感じていましたが、次第に仲間や家族を見つけていきます。ベルゼバブとの出会いも、孤独から救われるきっかけの一つとなります。 このように、「ヤンキー高校生と魔王の赤ん坊の奇妙な関係」は、個性的なキャラクターや奇想天外なストーリー展開、主人公の成長など、さまざまな魅力が詰まった作品です。
作品名

「べにすずめたちの週末」の魅力

ストーリーの魅力 「べにすずめたちの週末」は、登場人物の成長と絆を描く心温まるストーリーです。主人公のすずめは、田舎町に住む10歳の少女。引っ込み思案で人見知りなすずめは、友達ができず悩んでいます。そんなある日、すずめは都会から引っ越してきた転校生、ちひろと出会います。ちひろは人懐っこく明るい性格で、すずめとは正反対の女の子。最初はちひろのことが苦手だったすずめですが、次第にちひろに惹かれていきます。 ちひろと過ごす中で、すずめは少しずつ変わっていきます。引っ込み思案だった性格が明るくなり、友達もできるようになります。そして、ちひろの家族とも仲良くなり、本当の家族のように過ごします。しかし、ちひろの家族は、ある事情で田舎町を離れることになります。すずめは、ちひろと離れるのが辛く、泣いてしまいます。しかし、ちひろはすずめに、「私たちはいつまでも友達だよ」と約束します。 ちひろとの別れを乗り越えたすずめは、さらに成長します。友達を大切にすること、家族を大切にすることを学びます。そして、自分らしく生きることの大切さを知ります。「べにすずめたちの週末」は、登場人物の成長と絆を描く心温まるストーリーです。
モノの名前

別府竹細工の伝統と魅力

-別府竹細工の歴史と背景- 大分県別府市で生産される竹細工は、その歴史と背景が深く、別府の文化や伝統に密接に結びついています。別府竹細工の起源は古く、江戸時代初期まで遡ると言われています。当時の別府は温泉街として栄えていましたが、旅人や湯治客のための土産物として竹細工が作られるようになりました。 別府竹細工の材料となる竹は、別府市の周辺地域で栽培されています。竹細工に使用する竹は、しなやかで丈夫な孟宗竹が主に使用されます。孟宗竹は、別府市の気候風土に適しており、良質な竹を生産することができます。 別府竹細工の製作方法は、代々受け継がれてきた伝統的な技法が用いられています。竹を細く割いて、それを編み上げていくことで様々な形状の竹細工製品が作られます。別府竹細工の製品は、花籠や茶托、ざるなどの日用品から、工芸品まで幅広く作られています。 別府竹細工は、その美しさや実用性から高く評価されており、国内外に多くのファンを持っています。別府竹細工は、別府の伝統文化を代表する工芸品であり、別府を訪れた際にはぜひ手に取ってその魅力を堪能していただきたい逸品です。
モノの名前

べこ餅の魅力と作り方

べこ餅の歴史と由来 べこ餅は青森県、秋田県の郷土料理であり、歴史は古く、平安時代にはすでに作られていたと考えられています。べこ餅の名前の由来は、農耕に欠かせない「べこ」=牛の力を借りて、農作業を行う田植えの時期に作られたことから、べこ餅と呼ばれるようになったと言われています。また、べこ餅は神様への供物として作られることも多く、その形も牛の背中に似ていることから、縁起物として親しまれてきました。 べこ餅は、もち米を蒸して作る餅の一種です。もち米を蒸した後、すりこぎでよく搗き、砂糖や塩を加えて味付けをします。べこ餅の特徴は、そのもちもちとした食感と、ほんのりとした甘みです。べこ餅はそのまま食べてもおいしいですが、きなこや黒蜜をかけて食べてもおいしく、あんこやクルミを入れて食べるのもおすすめです。 べこ餅は青森県、秋田県の郷土料理ですが、東北地方全体で作られている郷土料理です。青森県では、べこ餅を「べこもち」と呼び、秋田県では「べこ餅」と呼びます。べこ餅は、東北地方のスーパーやコンビニエンスストアで販売されているほか、べこ餅専門店でも販売されています。
モノの名前

べんりで酢とは?使い方や料理のレシピを紹介

べんりで酢の特徴と使い方 べんりで酢は、穀物酢を主原料にし、そこに複数の調味料をブレンドした合わせ酢の一種です。酢独特のツンとした刺激が抑えられ、まろやかな味わいが特徴です。また、酸っぱいだけではなく、ほんのりとした甘みも感じられます。酢の刺激を抑えるために、砂糖やみりんが加えられていることが多く、調理に使いやすいように工夫されています。 べんりで酢は、その名の通り、さまざまな料理に活用できます。和食では、酢の物やマリネ、ドレッシング作りに重宝します。洋食では、サラダのドレッシングやマリネ液として使えます。また、中華料理では、酢豚や酢鶏、酢溜めの味付けに欠かせない調味料です。べんりで酢は、酢の刺激が苦手な方でも食べやすく、料理の幅を広げてくれる万能調味料です。 べんりで酢の使い方は、料理によってさまざまです。酢の物を作る場合は、べんりで酢を水で薄めて酢水にし、野菜や魚介類を漬け込みます。マリネを作る場合は、べんりで酢にオリーブオイルやハーブを加えて、肉や魚を漬け込みます。ドレッシングを作る場合は、べんりで酢に砂糖、塩、こしょうを加えて混ぜ合わせます。また、中華料理で酢豚や酢鶏を作る場合は、べんりで酢を砂糖、醤油、紹興酒などと合わせて、あんかけを作ります。 べんりで酢は、酢の刺激が苦手な方でも食べやすく、料理の幅を広げてくれる万能調味料です。さまざまな料理に活用して、そのおいしさを楽しんでください。
芸能人の名前

米ティちゃんの魅力に迫る!

米ティちゃんの誕生とプロフィール 米ティちゃんは、2018年にアメリカ合衆国で誕生したラブラドゥードルです。ラブラドゥードルは、ラブラドールレトリバーとプードルを掛け合わせた犬種で、賢く、優しく、抜け毛が少ないという特徴があります。米ティちゃんは、その愛らしい外見と人懐っこい性格で、たちまち人気者となりました。 米ティちゃんは、体重約10キロ、体高約50センチの中型の犬です。毛色はクリーム色で、ふわふわとした巻き毛をしています。目は大きくてくりくりしており、鼻は黒く、口元にはいつも微笑みが浮かんでいます。米ティちゃんは、とても人懐っこく、誰にでもフレンドリーに接します。また、賢くて従順な性格なので、しつけも簡単です。 米ティちゃんは、とても活発な犬で、遊ぶことが大好きです。散歩やドッグランに連れて行くと、思い切り走り回って楽しんでくれます。また、水遊びも大好きで、プールや海で泳ぐのも得意です。米ティちゃんは、とても愛情深い犬で、飼い主さんや家族をとても大切にしています。いつも飼い主さんのそばに寄り添い、甘えてきます。 米ティちゃんは、2020年にアメリカで最も人気のある犬種に選ばれました。その愛らしい外見と人懐っこい性格が、多くの人々を魅了しています。また、賢くて従順な性格なので、しつけも簡単です。米ティちゃんは、まさに理想的な犬と言えるでしょう。
モノの名前

別冊宝島とは?特徴や人気記事を紹介

別冊宝島の歴史と概要 「別冊宝島」は、宝島社が発行する日本の雑誌で、1983年8月が創刊号になります。創刊当初は季刊誌でしたが、1987年10月に隔月誌化され、1993年8月に月刊誌化されました。 別冊宝島の特徴は、その幅広いテーマと専門的な内容です。政治・経済、社会問題、科学、歴史、カルチャーなど、さまざまなテーマを扱っています。また、各号には専門家が執筆したコラムやインタビューが掲載され、その内容の深さからも多くの人に親しまれています。 別冊宝島の編集方針は、「情報誌ではなく、情報誌の読み方」を追求することです。つまり、単に情報を提供するのではなく、情報を深く理解するために必要な知識や視点を提供することを目指しています。この編集方針は、読者からの高い支持を集めており、別冊宝島は日本の雑誌業界を代表する人気雑誌のひとつとなっています。 別冊宝島は、創刊以来30年以上の歴史を持ち、その間に数多くの特集記事を掲載してきました。その中でも特に人気が高かった記事をいくつかご紹介します。 * 「日本の国境」(1989年10月号) * 「日本の軍事力」(1991年8月号) * 「日本の食糧問題」(1993年12月号) * 「日本のエネルギー問題」(1995年4月号) * 「日本の少子化問題」(1997年10月号) これらの記事は、いずれも日本の社会問題を深く掘り下げた内容で、読者から大きな反響を呼びました。別冊宝島の特集記事は、日本の社会を理解するために欠かせない貴重な情報源となっています。
地名・ロケ地

弁天小島の観光スポットと歴史

弁天小島の歴史と伝説 弁天小島は、琵琶湖に浮かぶ小島で、その美しい景色から観光スポットとして人気があります。弁天小島には、弁財天を祀る神社があり、その歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたと言われています。伝説によると、弁天小島には、弁財天が住んでいて、その姿を見た者は幸運に恵まれると言われています。また、弁天小島は、縁結びの島としても知られており、多くのカップルが訪れます。弁天小島の歴史と伝説は、その魅力をさらに高めています。
施設名・ロケ地

別府温泉観光産業博覧会とは

別府温泉観光産業博覧会とは 別府温泉観光産業博覧会は、別府温泉の観光産業をアピールすることを目的としたイベントです。毎年10月に開催され、別府温泉の観光スポットや特産品などを紹介するブースが並びます。また、イベント期間中には、別府温泉の観光スポットを巡るツアーや、別府温泉の特産品を使った料理を楽しむことができるグルメイベントなども開催されます。別府温泉観光産業博覧会は、別府温泉の観光産業を盛り上げるために開催されるイベントであり、別府温泉を代表する観光イベントの一つとなっています。
作品名

少女漫画の聖地「別冊フレンド」の魅力とは?

-少女漫画の王道を行く別冊フレンドの歴史- 1965年に発行された『別冊マーガレット』を母体とした増刊号を経て、『マーガレット』とともに少女漫画雑誌の2本柱として1966年に創刊された『別冊フレンド』。少女漫画の王道を行く作品を多数発表し、長年にわたって多くの読者を獲得してきました。 『別冊フレンド』の創刊当時は、少女漫画のジャンルは主に恋愛ものが中心でした。しかし、『別冊フレンド』は、恋愛ものだけでなく、友情や家族愛をテーマにした作品も積極的に掲載し、少女漫画のジャンルを拡大しました。また、それまでの少女漫画ではあまり見られなかった、リアリティのあるストーリーや社会問題を扱った作品も掲載し、少女漫画の新しい可能性を切り開きました。 『別冊フレンド』で連載され、特に人気を集めた作品としては、高屋奈月による『フルーツバスケット』、矢沢あいによる『NANA』、安野モヨコによる『ハッピー・マニア』などが挙げられます。これらの作品は、少女漫画の枠を超えて、幅広い読者層から支持を集めました。 『別冊フレンド』は、少女漫画の王道を行く作品を多数発表し、長年にわたって多くの読者を獲得してきました。その魅力は、リアリティのあるストーリーや社会問題を扱った作品など、少女漫画の新しい可能性を切り開いてきたことにあると言えるでしょう。
作品名

「弁護士ペリー・メイスン」をもっと楽しむための基本知識

「弁護士ペリー・メイスン」とは、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」と並び称される、史上最も有名な私立探偵である。1933年に Erle Stanley Gardner が「The Case of the Velvet Claws」という作品で初めて彼を登場させて以来、80年以上にわたって人々を魅了し続けている。 メイスンは、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点として活動する刑事弁護士である。彼は、鋭い洞察力と優れた推理力で難事件を解決していく。メイスンには、秘書 Della Street と調査員 Paul Drake という二人の優秀な協力者がいる。三人で協力して、メイスンは次々と事件を解決していく。 メイスンは、法廷でも無敵の存在である。彼は、巧みな弁論術で陪審員を説得し、多くの被告人を無罪に導いている。メイスンの法廷での活躍は、多くの人々を魅了している。 メイスンは、アメリカン・ポップカルチャーを代表する人物である。彼は、小説、映画、テレビドラマ、漫画など、さまざまなメディアに登場している。また、彼の名前は、多くの作品のパロディやオマージュに使用されている。
作品名

別府国東殺人旅行

「別府国東殺人旅行」という大見出しの下に「西村京太郎の傑作トラベルミステリー」という小見出しが作られたのは、「西村京太郎トラベルミステリー傑作選」というアンソロジーの特集記事においてのことだった。 このアンソロジーには、西村京太郎の人気トラベルミステリーシリーズ、「十津川警部シリーズ」、「トラベルミステリー62」、「寝台特急北斗星殺人事件」など、多くの傑作が収録されている。その中でも、「別府国東殺人旅行」は、とりわけ人気の高い作品として知られている。 「別府国東殺人旅行」は、主人公の十津川警部が、別府と国東を舞台に、次々と起こる殺人事件の謎を追うというストーリー。西村京太郎らしい、緻密なトリックと、どんでん返しの連続が楽しめる作品だ。また、別府と国東の美しい景色も描かれており、旅情を誘う要素も満載の作品となっている。 今回、「西村京太郎トラベルミステリー傑作選」というアンソロジーの特集記事において、「西村京太郎の傑作トラベルミステリー」という小見出しが作られたのは、「別府国東殺人旅行」という作品が、西村京太郎のトラベルミステリーの傑作中の傑作であることを物語っている。
モノの名前

「べにまる」って誰?長崎県の障害者福祉施設キャラクター

「べにまる」は、長崎県の障害者福祉施設キャラクターです。名前の由来は、長崎県の県花である「つつじ」とその花の色である「紅」です。べにまるは、障がいがあっても、明るく前向きに生きていく人々を応援するために生まれました。 べにまるは、赤い体に大きな目と口が特徴的なキャラクターです。いつもニコニコと笑顔で、誰にでも優しく接します。べにまると出会った人は、思わず笑顔になってしまうほど、その姿は愛らしく癒されます。 べにまるは、長崎県の障害者福祉施設で活躍しています。施設を訪れた人々を笑顔で迎えたり、イベントに参加したりして、障害者福祉の普及に努めています。また、べにまるは、県内の小中学校を訪問し、障害者について理解を深めるための授業を行っています。 べにまるは、障害者福祉施設の利用者や職員、そして地域の人々から愛されるキャラクターです。べにまると出会うことで、障害者福祉について理解を深め、障害者と共生する社会の実現に向けて、一歩踏み出すことができるようになります。
モノの名前

別海ジャンボホッキカツ丼の魅力とは

ホッキカツ丼の作り方 ホッキカツ丼は、北海道別海町のご当地グルメとして知られる人気の丼ものです。ホッキ貝のフライを卵でとじた特製ソースが、ご飯にベストマッチの一品です。ここでは、ホッキカツ丼の作り方をご紹介します。 材料(4人分) ・ホッキ貝 4個 ・卵 4個 ・小麦粉 適量 ・パン粉 適量 ・揚げ油 適量 ・特製ソース  醤油 大さじ3  みりん 大さじ3  酒 大さじ3  砂糖 大さじ2  酢 小さじ1  水 大さじ3  片栗粉 小さじ1 作り方 1. ホッキ貝は殻から外して洗い、水気を拭き取ります。 2. ホッキ貝に小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせてパン粉をまぶします。 3. 170℃の油でホッキ貝を揚げます。 4. フライしたホッキ貝を特製ソースに絡めます。 5. 丼にご飯を盛り、ホッキ貝カツをのせます。 6. お好みで薬味をのせて完成です。 特製ソースの作り方 1. 小鍋に醤油、みりん、酒、砂糖、酢、水を入れ、火にかけます。 2.沸騰したら弱火にして3分ほど煮詰め、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけて完成です。 ホッキカツ丼は、ホッキ貝のプリプリとした食感と、特製ソースの甘酸っぱい味わいが特徴の一品です。ぜひ、ご家庭でも作ってみてはいかがでしょうか。
その他

「別府アルゲリッチ音楽祭」:クラシック音楽の祭典

「別府アルゲリッチ音楽祭」は、世界的に有名なピアニスト、マルタ・アルゲリッチが総監督を務めるクラシック音楽の祭典です。この音楽祭は、毎年夏に大分県の別府市で開催され、世界中から第一線の演奏家が集結します。 アルゲリッチは、アルゼンチン生まれのピアニストで、その卓越した演奏技術と豊かな音楽性で世界中から絶賛されています。彼女は、1960年代にデビューして以来、世界各地の主要なコンサートホールで演奏し、数多くの録音も残しています。 アルゲリッチは、1995年に別府アルゲリッチ音楽祭を創設しました。この音楽祭は、彼女が世界中を旅して出会った若い音楽家たちのために、演奏の機会を提供することを目的としています。音楽祭には、ピアノ、バイオリン、チェロ、声楽など、さまざまなジャンルの演奏家が参加し、ソロリサイタルや室内楽コンサートなどが開催されます。 別府アルゲリッチ音楽祭は、世界でも有数のクラシック音楽の祭典のひとつとして知られています。毎年、多くの音楽ファンが全国各地から別府市を訪れ、世界一流の演奏家の演奏を堪能しています。
モノの名前

おいしい紅茶の品種「べにふじ」の魅力

べにふじとは? べにふじは、静岡県産のお茶のブランドです。静岡県は全国でも有数の茶産地であり、その中でもべにふじは特に人気のある銘柄です。べにふじの特徴は、その甘さと飲みやすさです。また、べにふじは、香りも良く、渋みが少なく、まろやかな味わいが楽しめます。べにふじは、煎茶や玉露、ほうじ茶など、さまざまな種類のお茶として販売されています。べにふじは、その品質の高さから、全国のお茶好きに愛されています。
作品名

「紅の魂」徹底解説!

小見出し「犯罪プロファイリングってなに?」 犯罪プロファイリングとは、犯罪者の心理や行動パターンを分析し、犯罪者の特定や捜査を支援する手法のことです。犯罪現場の状況や被害者の特徴などから、犯罪者の性格や動機を推測し、捜査のヒントを得るために使用されます。犯罪プロファイリングは、FBI(アメリカ連邦捜査局)や警察などの捜査機関で広く活用されています。 犯罪プロファイリングの歴史は古く、19世紀後半のイギリスで初めて使用されたと言われています。当時は、犯罪者の外見や行動パターンを分析することで、犯罪者の特定を試みていました。しかし、犯罪プロファイリングが本格的に発展したのは、1970年代後半から1980年代にかけてのことです。FBIの行動科学課が、犯罪者の心理を研究し、犯罪プロファイリングの手法を確立しました。 犯罪プロファイリングは、捜査を支援する手法として非常に有効であると言われています。犯罪プロファイリングによって、捜査機関は犯罪者の特定や捜査の重点を絞ることができます。また、犯罪プロファイリングは、犯罪者の心理を理解することで、犯罪の再発を防ぐための対策を立てることもできます。
モノの名前

別海ジャンボホタテバーガーの魅力

ホタテの旨味がギュッと詰まったバーガー 別海ジャンボホタテバーガーは、北海道別海町の名物グルメです。別海町は、ホタテの養殖が盛んな地域で、別海ジャンボホタテバーガーには、新鮮なホタテがふんだんに使用されています。ホタテは、ぷりぷりとした食感と、甘みのある濃厚な旨味が特徴です。別海ジャンボホタテバーガーでは、そんなホタテを、特製のバンズでサンドしています。バンズは、外はカリッとしていて、中はふんわりとしていて、ホタテの旨味をしっかりと受け止めてくれます。別海ジャンボホタテバーガーは、ホタテの旨味がギュッと詰まった、ボリューム満点のバーガーです。一度食べたらやみつきになること間違いなしです。
モノの名前

「紅東」ってどんなサツマイモ?

「紅東」は、果肉が紅色で甘さと旨味が強いサツマイモです。主に全国有数のサツマイモの産地である茨城県で栽培されており、茨城県を代表する特産品のひとつです。 「紅東」は、1939年(昭和14年)に茨城県の農家が、千葉県から導入したサツマイモを交配させて育成した品種です。その後、茨城県の農業試験場で品種登録され、1955年(昭和30年)に茨城県で初めて奨励品種に指定されました。 「紅東」は、果肉が紅色で甘さと旨味が強く、焼き芋や天ぷら、煮物などさまざまな料理に使われます。また、「紅東」を使ったスイーツも人気があります。 「紅東」は、茨城県を代表する特産品であり、茨城県民に親しまれているサツマイモです。茨城県に行ったら、ぜひ「紅東」を味わってみてください。
モノの名前

紅九紋竜の魅力と飼育方法

紅九紋竜は、鮮やかな紅色の花を咲かせる、熱帯性多年草です。東南アジア原産の植物で、日本では観賞用として栽培されています。 紅九紋竜の歴史は古く、17世紀には中国で観賞用として栽培されていた記録があります。その後、ヨーロッパに伝わり、世界各国で愛好されるようになりました。日本では、江戸時代に渡来し、現在では全国各地で栽培されています。 紅九紋竜は、高さ1~2mほどになる常緑低木です。葉は濃緑色で、細長い楕円形をしています。花は、5~6月頃にかけて咲きます。花色は鮮やかな紅色で、花弁には9つの斑点があります。斑点は、花弁の縁に沿って並んでおり、これが「九紋竜」という名前の由来です。紅九紋竜の花は、とても華やかで美しいことから、観賞用として人気があります。
その他

「米川の水かぶり」の歴史を知る

宮城県登米市東和町米川には、「米川の水かぶり」と呼ばれる民俗行事が古くから伝承されています。地元の人から「御神水(ごしんすい)」と呼ばれ、親しまれている濁酒で全身を清めるというこの行事は、毎年8月16日の夜に行われています。 「米川の水かぶり」の起源は定かではありませんが、戦国時代に地元を襲った疫病を鎮めるために行われたのが始まりと言われています。疫病が収まったことから、人々が喜び水をかぶり合ったことが由来だと伝えられています。
施設名・ロケ地

「別府港」の歴史と特徴

「別府港」の歴史 別府港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として利用されていたと考えられています。鎌倉時代には、別府港は豊後水軍の拠点のひとつとして栄え、戦国時代には、大友宗麟が別府港を整備して、南蛮貿易の拠点としました。江戸時代には、別府港は、参勤交代の拠点として利用され、また、別府温泉の湯治客を運ぶ港としても賑わいました。明治時代には、別府港は、近代的な港へと整備され、別府温泉の観光客を運ぶ港として重要な役割を果たしました。大正時代には、別府港は、国際貿易港として指定され、海外からの船舶が多数入港するようになりました。昭和時代には、別府港は、観光港として整備され、現在では、別府温泉の観光客を運ぶ港として重要な役割を果たしています。
作品名

「勉強新聞」について

-# 「勉強新聞」の歴史 「勉強新聞」は、1923年に大阪で創刊された新聞で、日本の教育界に大きな影響を与えた新聞である。創刊者は、教育者の平野左右馬である。平野は、教育の重要性を説き、国民の教育水準を高めることを目指して「勉強新聞」を創刊した。 「勉強新聞」は、創刊当初から教育に関する記事を多く掲載し、教育界の動向や新しい教育方法などを紹介した。また、教育に関する論文や評論も掲載し、教育界で大きな反響を呼んだ。 「勉強新聞」は、創刊からしばらくの間は順調に発行されていたが、1930年代後半に軍部が台頭すると、新聞統制が強化され、「勉強新聞」も影響を受けた。1941年に太平洋戦争が始まると、「勉強新聞」は休刊を余儀なくされた。 太平洋戦争後、「勉強新聞」は1946年に復刊した。復刊後の「勉強新聞」は、戦前の教育政策を批判し、新しい教育のあり方を模索した。また、教育に関する記事だけではなく、政治や経済、社会問題などについても記事を掲載し、総合新聞としての性格を強めた。 「勉強新聞」は、1990年代まで発行されていたが、その後は廃刊となった。しかし、「勉強新聞」が日本の教育界に与えた影響は大きく、現在でも教育関係者や研究者から高く評価されている。
地名・ロケ地

弁天島の魅力をあますことなくご紹介!

弁天島の成り立ちと歴史 弁天島は、東京都中央区佃に位置する人工島です。1657年(明暦3年)の大火後、江戸城の拡張に伴って隅田川を埋め立てた際に生まれた島です。弁天島という名前は、島内に弁財天を祀る弁天社があったことに由来しています。弁天社は、弁財天を祀る神社で、弁財天は、音楽、芸能、財福などの神様です。弁天島は、江戸時代から庶民の行楽地として親しまれてきましたが、明治時代以降は工場や倉庫が立ち並ぶ工業地帯となりました。しかし、近年では、工場や倉庫が移転し、跡地にマンションや商業施設が建設されて、弁天島は再び注目を集めています。