FIFA

モノの名前

「チップ」の歴史と誕生の秘話

チップのコンセプトとデザイン チップのコンセプトは、ユーザーが画面上で指をスライドさせて操作するシンプルなジェスチャーです。このジェスチャーは、クリックやタップよりも直感的で自然であり、ユーザーは指を動かすことで画面上のオブジェクトを直接操作しているように感じることができます。チップのデザインは、ユーザーがジェスチャーを認識しやすく、操作しやすいように工夫されています。チップは通常、小さくて目立つ色で表示され、ユーザーが指を置くと拡大されます。また、チップはユーザーの操作に応じてアニメーションが表示され、操作結果をフィードバックします。これらの工夫により、ユーザーはチップを直感的に操作することができ、チップを介した操作が快適なものとなっています。
モノの名前

「ライーブ」知っていますか?

「ライーブ」とはどんなマスコット? 「ライーブ」は、神奈川県横須賀市のマスコットキャラクターです。2010年に開催された「よこすか開国祭」のPRキャラクターとして誕生しました。「ライーブ」という名前は、「Live(ライブ)」と「Yokosuka(ヨコスカ)」を掛け合わせた造語で、「横須賀を盛り上げよう」という意味が込められています。 「ライーブ」は、横須賀市の花であるツツジをモチーフにしたキャラクターで、頭にはツツジの花を模した帽子をかぶっています。また、「ライーブ」は、横須賀市の特産品である「くり」が大好きで、よく食べている様子が描かれています。 「ライーブ」は、横須賀市をPRするイベントや事業に積極的に参加しており、子どもたちにも大人気です。また、「ライーブ」は、横須賀市の特産品をPRするオリジナルグッズも販売しています。 「ライーブ」は、横須賀市のマスコットキャラクターとして、横須賀市を盛り上げてくれる存在です。