GX750

モノの名前

GX750:ヤマハ初の750ccクラスのモデル

-GX750の特徴- GX750は、空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力67馬力、最大トルク6.5kgmを発生する。エンジンは、当時のヤマハの最高傑作であるXS650をベースに開発されたもので、ボアを2mm拡大し、ストロークを10mm延長した747ccに排気量を拡大している。また、XS650ではキャブレターが2個だったのに対し、GX750では4個に増やされ、吸気効率が向上している。 トランスミッションは、5速リターン式で、一次減速比は2.214、二次減速比は2.917となっている。車体は、ダブルクレードルフレームを採用し、フロントフォークはテレスコピックタイプ、リアサスペンションはスイングアーム式となっている。ホイールは、前後とも19インチで、タイヤサイズは front 3.25-19,rear 3.50-19となっている。 GX750は、当時の日本の大型自動二輪車としては、最高峰の性能を誇るモデルであった。しかし、発売当時はすでに、カワサキのZ1やスズキのGT750などの強力なライバルが存在しており、販売台数は伸び悩んだ。また、1973年のオイルショックにより、大型自動二輪車の需要が低迷したことも、GX750の販売に悪影響を及ぼした。そのため、GX750は1977年に生産終了となった。 しかし、GX750は、その美しいデザインと、当時の最高峰の性能を誇るエンジンによって、現在でも多くのファンに愛されているモデルである。