「ヌ」で始まる

モノの名前

ヌエラとは?レトロな魅力の光岡自動車

ヌエラの特徴と魅力 光岡自動車のヌエラは、1960年代のアメリカ車風のレトロなデザインが特徴のスポーツカーです。ボディはFRP製で、フロントグリルやヘッドライト、テールライトなどは、当時のアメ車のパーツが流用されています。エンジンは、2リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力は150馬力、最大トルクは196Nmを発生します。トランスミッションは、5速マニュアルトランスミッションと、4速オートマチックトランスミッションの2種類が用意されています。 ヌエラの魅力は、何と言ってもそのレトロなデザインです。1960年代のアメリカ車を彷彿とさせるデザインは、多くの人を魅了しています。また、ヌエラは、スポーツカーでありながら、比較的安価に購入できることも魅力です。新車時の価格は、200万円台から300万円台前半でした。現在では、中古車市場で100万円台から200万円台前半で購入することができます。 ヌエラは、レトロなデザインと安価な価格が魅力のスポーツカーです。購入を検討している方は、一度ショールームで実車を見てみることをおすすめします。
施設名・ロケ地

ヌメア国際空港の魅力とは?

-ヌメア国際空港の歴史- ヌメア国際空港は、ニューカレドニアの首都ヌメアにある国際空港です。1942年に、第二次世界大戦中にアメリカ軍によって建設されました。当初は軍事基地として使用されていましたが、1946年に民間航空機の発着も許可されるようになりました。1960年代にターミナルビルが拡張され、1970年代には滑走路が延長されました。1980年代に国際線ターミナルビルが建設され、1990年代には貨物ターミナルビルが建設されました。2000年代には、ターミナルビルが改装され、新しい管制塔が建設されました。 現在、ヌメア国際空港は、ニューカレドニアの玄関口として、国内線、国際線の定期便が多数発着しています。年間の旅客数は約100万人です。空港には、免税店、レストラン、カフェ、レンタカー会社など、さまざまな施設があります。また、空港からヌメア市内までは、タクシー、バス、レンタカーなどでアクセスできます。 ヌメア国際空港は、ニューカレドニアを代表する空港です。空港の拡張や施設の整備が行われており、今後もニューカレドニアの発展に貢献していくことが期待されています。
モノの名前

ヌカチューってどんなキャラクター?和歌山県のマスコット

ヌカチューとは、和歌山県のマスコットキャラクターである。和歌山県の特産品である梅の妖精をモチーフにしており、頭には梅の実を模した帽子をかぶり、首には梅の花をつけたリボンを巻いている。 ヌカチューは、2010年に開催された「わかやま紀の国わかやま国体・わかやま大会」の公式キャラクターとして誕生した。大会終了後も、和歌山県のPRキャラクターとして活躍している。ヌカチューは、和歌山県内のイベントに積極的に参加しており、県外でもその人気は広まっている。 ヌカチューは、和歌山県の特産品である梅をPRするために生まれたキャラクターである。梅の妖精をモチーフにした愛らしい姿で、県民から親しまれている。ヌカチューは、和歌山県のPRキャラクターとして、県内外のイベントに積極的に参加し、和歌山の魅力をアピールしている。
モノの名前

ヌメラの生態と特徴

ヌメラは、愛知県、岐阜県、三重県などの東海地方の河川やため池に生息するコイ科の淡水魚です。細長い体型と、体の表面を覆う粘液が特徴です。ヌメラの粘液は、外敵から身を守る役割を果たしています。ヌメラは雑食性で、水生昆虫や小魚、水草などを食べます。水底に生息し、岩や水草の間に隠れて生活しています。ヌメラは、年に1回、春から夏にかけて産卵します。産卵期になると、ヌメラは川の上流に移動して、石や水草に卵を産み付けます。ヌメラの卵は、約2週間で孵化します。孵化したヌメラは、しばらくの間、親魚と一緒に生活し、その後、単独で生活するようになります。ヌメラは、成長すると体長30cmほどになります。ヌメラは、食用魚として利用されていますが、食用にされることはほとんどありません。
その他

ヌカママとは?和歌山生まれの米ぬか食育キャラクター

ヌカママの由来と誕生までのストーリー ヌカママは、和歌山県が2019年に制作した、米ぬか食育キャラクターです。その誕生には、次のようなストーリーがあります。 和歌山県は、米の生産量が日本一を誇る県です。しかし、米ぬかは、これまであまり活用されていませんでした。そのため、和歌山県では、米ぬかを活用した食育に取り組むことになりました。 その一環として、和歌山県は、米ぬか食育キャラクターの制作を企画しました。キャラクターのコンセプトは、「米ぬかを食べると元気になる、元気なキャラクター」です。 キャラクターのデザインは、和歌山県在住のイラストレーターが担当しました。イラストレーターは、試行錯誤を重ね、最終的に、元気で愛らしいヌカママのデザインを完成させました。 ヌカママは、2019年3月に誕生しました。誕生後は、和歌山県内のイベントや学校などに登場し、米ぬか食育をPRしています。ヌカママは、和歌山県民に親しまれるキャラクターとなり、米ぬか食育を普及させるのに一役買っています。
モノの名前

ヌメルゴン:ドラゴンポケモンの生態と進化

ヌメルゴンの生態と生息地 ヌメルゴンは沼地や湿地帯が生息地で、グループを作って生活しています。粘り気のある体を持ち、水中で素早く泳ぐことができます。また、強力な顎で獲物を噛み砕きます。ヌメルゴンは毒を持ち、危険を感じると毒を吐きます。そのため、他のポケモンからは恐れられています。一方で、他のポケモンが捕まえた獲物を横取りすることもあります。 ヌメルゴンは雑食性で、主に水中にある植物や小魚を食べます。また、陸上で果物や昆虫を食べることもあります。ヌメルゴンは寿命が長く、100年以上生きる個体もいると言われています。
モノの名前

ぬんくーとは?沖縄県の郷土料理

沖縄県の郷土料理であるぬんくーの歴史と由来は、古くから伝わる生活の知恵が凝縮されたものと言えるでしょう。ぬんくーは、沖縄県内のほぼ全ての地域で食べられており、地域によって独自の作り方や味付けがあります。ぬんくーのルーツは、沖縄県の伝統的な食文化である「イチャリバチョーデー(互いに助け合い、敬い合う)」に由来します。沖縄の人々は、古くから助け合い、協力して生活を営んできました。ぬんくーも、そんな沖縄の人々の助け合いから生まれた料理です。 ぬんくーは、地域によって様々な作り方がありますが、基本的には、小麦粉を水で溶いて、熱した鉄板で焼いたものです。ぬんくーの生地には、小麦粉の他に、砂糖や塩、卵、牛乳などを加えて作られます。ぬんくーの生地を鉄板に流して焼くと、薄くパリパリとした食感が特徴のぬんくーができあがります。ぬんくーには、様々な具材をトッピングして食べることができます。一般的な具材としては、豚肉や野菜、チーズ、卵などがあります。ぬんくーは、そのまま食べてもおいしいですが、ソースやマヨネーズをかけて食べてもおいしくいただけます。
その他

ヌスラ戦線とは?アルカイダの忠実な過激派たち

ヌスラ戦線とは、シリア内戦に端を発し、シリアおよびイラクを拠点とするイスラム過激派組織である。2012年1月に結成され、アルカイダと密接な関係を有する。その目的は、イスラム教に基づく国家をシリアに樹立することである。 ヌスラ戦線の創設者であるアブ・モハメド・アル・ジュラーニは、シリア国内においてアルカイダを支持する組織を結成するため、アルカイダ指導部の許可を得た。この組織は「シリア・イラク・イスラム国(ISIS)」として知られていたが、2014年に「イスラム国(IS)」に改名された。ISは、シリアとイラクの大部分を占拠し、イスラム教に基づくカリフ制国家を樹立した。 その後、ISの拡大はヌスラ戦線と対立するようになり、ヌスラ戦線はISと戦うことを決意した。ヌスラ戦線はアメリカ合衆国や他の国々からの支援を受けて、ISと戦い、シリアとイラクからISを駆逐することに成功した。しかし、ヌスラ戦線はその後もシリア政府と戦い続けており、シリア内戦は現在も続いている。
作品名

ヌケニンの生態と特徴

ヌケニンの生態 ヌケニンは、脱皮後の昆虫の抜け殻のことです。昆虫は、成長するにつれて体が大きくなるため、定期的に脱皮します。脱皮後、昆虫はすぐに新しい外皮を作り始めます。しかし、その間、昆虫は非常に柔らかく、外敵から身を守る力が弱くなります。そのため、脱皮後の昆虫は、敵から身を守るために隠れたり、地面に潜ったりします。 ヌケニンは、昆虫の脱皮後、しばらくの間残ります。ヌケニンは、昆虫の体の形をしており、昆虫の体についていた毛や模様が残っていることもあります。ヌケニンは、昆虫の死骸に似ていますが、実際は昆虫の生きている部分です。ヌケニンは、昆虫が新しい外皮を作り終えるまで、昆虫の体を保護します。 ヌケニンは、昆虫の生態系において重要な役割を果たしています。ヌケニンは、昆虫の死骸を食べたり、分解したりする動物にとって重要な食料源です。また、ヌケニンは、植物の種を運んだり、土壌を豊かにしたりする役割も果たしています。
作品名

ヌルロン星人を救え!の魅力

「ヌルロン星人を救え!」は、宇宙を舞台にした壮大な物語です。主人公は、宇宙探検隊員であるハルです。ハルは、ある日宇宙で遭難したヌルロン星人に出会います。ヌルロン星人は、平和的な種族ですが、今はその存在が脅かされてしまっています。ハルの宇宙船は、ヌルロン星人の故郷であるヌルロン星に向け出発します。 ヌルロン星に到着したハルは、ヌルロン星人がガーロ星人に侵略されていることを知ります。ガーロ星人は、残忍な種族で、ヌルロン星人を奴隷化しようとしています。ハルは、ヌルロン星人を救うため、ガーロ星人と戦います。戦いは激しく、ハルは何度も危機に陥ります。しかし、ハルの勇気と仲間たちの助けにより、ついにガーロ星人を撃退することに成功します。 ヌルロン星人はハルに感謝し、ハルは英雄として称えられました。ハルは、ヌルロン星人と平和に暮らすことを決意し、ヌルロン星に定住します。ハルとヌルロン星人たちは、力を合わせてヌルロン星を再建し、平和な世界を作り上げていきました。
モノの名前

ヌオーとは何者?その魅力に迫る!

ヌオーの歴史と種類 ヌオーは、1999年に発売されたゲームボーイカラー用ソフト「ポケットモンスター金・銀」で初登場したポケモンです。ヌオーは、水と地面のタイプのポケモンで、そのユニークな姿と性格で人気を集めています。 ヌオーには、オスとメスの2つの性別があり、オスは青色、メスはピンク色の体色をしています。ヌオーの頭には2つの大きな目があり、目は常に閉じています。ヌオーの口は大きく、口の中に鋭い歯が並んでいます。ヌオーの体は、柔らかい粘土のようなものでできており、ヌオーは、この粘土状の体を自在に操ることができます。 ヌオーの種類は、基本的にオスとメスだけですが、色違いのヌオーも存在します。色違いのヌオーは、オスが黄緑色、メスがピンク色の体色をしています。
モノの名前

和歌山の「ヌカパパ」とは?

ヌカパパのプロフィールと役割 ヌカパパは、和歌山県紀南地方に伝わる妖怪です。主に田畑を荒らす悪戯好きの妖怪として知られており、その姿は、大きな頭と赤い顔、長い舌を持つ小さな老人のような姿をしています。 ヌカパパの住処は、田んぼや畑の土の中と言われており、夜になると田畑を荒らすため、農家の人々からは恐れられています。ヌカパパが田畑を荒らす理由は、単に悪戯が好きだからだと言われていますが、中には、田畑を荒らすことで、農作物の成長を促しているという説もあります。 ヌカパパは、農作物を荒らすだけでなく、人間を襲うこともあります。ヌカパパが人間を襲う理由は、人間が田畑を荒らすからだとされており、人間が田畑を荒らすのをやめれば、ヌカパパは人間を襲わなくなるそうです。 ヌカパパは、和歌山県紀南地方に伝わる妖怪であり、田畑を荒らす悪戯好きの妖怪として知られています。ヌカパパがなぜ田畑を荒らすのかは定かではありませんが、中には、田畑を荒らすことで、農作物の成長を促しているという説もあります。
その他

ヌカばぁを知ろう!和歌山県の魅力を発信する地域キャラクター

-# ヌカばぁの誕生と目的 ヌカばぁは、和歌山県の魅力を発信するために、2006年に誕生した地域キャラクターです。 和歌山県出身の漫画家のみうらじゅんさんがデザインを手がけたヌカばぁは、和歌山県の伝統的な食品である「なれ寿司」をモチーフにしたキャラクターです。 なれ寿司とは、魚の切り身や野菜を米飯で包んで発酵させたもので、和歌山県の郷土料理として親しまれています。 ヌカばぁは、なれ寿司の材料である「ぬか」をかぶったおばあさんのキャラクターで、和歌山県のPR活動に積極的に取り組んでいます。 ヌカばぁの目的は、和歌山県の魅力を発信し、和歌山県を盛り上げることです。 ヌカばぁは、和歌山県の観光スポットやイベントに参加し、和歌山県の特産品や名産品をアピールしています。 また、ヌカばぁは、和歌山県を舞台にしたアニメやドラマにも出演しており、和歌山県のPRに貢献しています。
作品名

ヌイコグマの生態と魅力

ヌイコグマの生態と魅力 もふもふの毛並みとくりっとした瞳が特徴 ヌイコグマは、東南アジアに生息する小型のネコ科動物です。その特徴は、もふもふの毛並みとくりっとした瞳で、多くの人を魅了しています。ヌイコグマは、主に森林に生息しており、木登りが得意です。その毛並みは、木々の中に隠れるのに役立っています。また、ヌイコグマは、非常に好奇心旺盛な動物で、新しいものには何でも興味を示します。そのため、人間に懐きやすく、ペットとして飼われることもあります。 ヌイコグマは、肉食性で、主に小動物や昆虫を食べます。また、果物や木の実も好んで食べます。ヌイコグマは、1年に1~2回出産します。1回の出産で、1~2頭の子供を産みます。子供たちは、生後約6ヶ月で独り立ちし、1~2年で性成熟を迎えます。ヌイコグマの平均寿命は、約10~15年です。 ヌイコグマは、そのかわいらしい見た目から、多くの人々に愛されています。しかし、森林破壊や密猟などによって、ヌイコグマの生息数は減少しています。現在、ヌイコグマは、国際自然保護連合(IUCN)によって、絶滅危惧種に指定されています。
モノの名前

「ヌメイル」の特徴と進化系

「ヌメイル」の進化系 「ヌメイル」の進化系は、ヌメラとヌメルゴンです。ヌメラはヌメイルがレベルアップして進化し、ヌメルゴンはヌメラが水辺で進化します。ヌメラは水色の小さなナメクジのようなポケモンで、ヌメルゴンは大きなナメクジのようなポケモンです。ヌメルゴンはヌメラよりもはるかに強力で、ヌメイルよりも多くの攻撃を覚えることができます。ヌメイルは水と岩のタイプのポケモンですが、ヌメラとヌメルゴンは水とドラゴンのタイプのポケモンです。ヌメルゴンは水とドラゴンのタイプであるため、多くの攻撃に耐性があり、多くの攻撃に対して効果的です。ヌメルゴンは水とドラゴンのタイプの技を覚えることができ、強力な攻撃を繰り出すことができます。ヌメルゴンはヌメイルよりも多くの攻撃を覚えることができるため、より幅広い戦略で戦うことができます。ヌメルゴンはヌメイルよりもはるかに強力で、多くの攻撃に耐性があるので、強力な対戦相手です。
モノの名前

ヌカじぃで学ぶ米ぬか食育

ヌカじぃとは、沖縄県で古くから伝わる伝統的な食育方法であり、その歴史は数百年にわたります。ヌカじぃは、ヌカ(米ぬか)を用いて、子どもたちに米ぬかの栄養価や健康上の利点を教えることを目的としています。ヌカじぃは、子どもたちの健康と成長を促進するため、また、子どもたちに伝統的な食文化を継承してもらうために、行われてきました。 ヌカじぃは、ヌカを水に溶かして、それを子どもたちに飲ませるというシンプルな方法で行われます。ヌカには、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養素が含まれており、子どもの健康維持に役立ちます。また、ヌカには、整腸作用や免疫力を高める効果があると言われています。ヌカじぃは、子どもたちの健康を促進し、伝統的な食文化を継承してもらうために、沖縄県で古くから行われてきた食育方法です。
モノの名前

「ヌービル」とは?沖縄名「ニービル」の秘密

沖縄産「ヌービル」の特徴 沖縄産「ヌービル」は、沖縄県内でのみ生産されている、とても希少な果物です。また、一般に流通していないため、市場で見かけることはほとんどありません。果実は大きめで、果肉は緻密で、とても甘く、独特の風味があります。また、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれており、栄養価の高い果物です。 沖縄産「ヌービル」は、沖縄県内の農家が大事に育てています。収穫期は夏から秋にかけてですが、収穫量は少なく、ほとんどが沖縄県内での消費に留まります。そのため、沖縄県外ではなかなか手に入らない果物です。 沖縄産「ヌービル」は、そのまま食べるほか、ジャムやゼリーなどの加工食品にも利用されます。また、沖縄県では、ヌービルを使った伝統的な菓子「ヌービル菓子」が作られており、沖縄県民に親しまれています。 沖縄産「ヌービル」は、沖縄県の特産品であり、とても貴重な果物です。沖縄県を訪れた際には、ぜひヌービルを味わってみてください。
モノの名前

「ヌンチャク飛行機」のコツと練習方法

「ヌンチャク飛行機」とは、飛行機が地上を走る際に、方向を変えるために片方の翼を上げて旋回する技のことです。飛行機の操縦桿を左右に動かして方向を制御し、片方の翼を上げて旋回する技です。この技は、飛行機が地上を走る際に、障害物を避けるためや、方向を変えるために使用されます。 「ヌンチャク飛行機」は、パイロットにとっては基本的な技術の一つであり、飛行機の操縦を学ぶ際には必ず習得する必要があります。この技を習得するには、まず飛行機の操縦桿を左右に動かして方向を制御する方法を学ぶ必要があります。次に、片方の翼を上げて旋回する方法を練習します。この練習は、最初は地上で行い、慣れてきたら空中で行うようにします。 「ヌンチャク飛行機」を習得するには、練習が必要です。しかし、この技を習得できれば、パイロットとしてのスキルが大きく向上します。パイロットとして、この技を習得しておけば、飛行機の操縦をより安全に行うことができます。
モノの名前

東北地方の絶対的なアイドル!ヌクインダーの魅力

秋田の温泉の妖精として親しまれるご当地キャラクター「ヌクインダー」は、2003年に開催された「秋田デスティネーションキャンペーン」のイメージキャラクターとして誕生しました。ぬくもりのある温泉と秋田の妖精「キノピー」をモチーフに、地元のイラストレーターである川原由美子がデザインしたキャラクターです。 ヌクインダーは、温泉から生まれた妖精で、温泉の効能を広めるために人間界に派遣されました。温泉の効能を伝えるためにタライに乗って温泉を運んだり、温泉郷のイベントに参加したりと大忙しです。また、ヌクインダーには、温泉と人間の架け橋となる「温泉の妖精」としての使命があり、温泉の効能を伝えるとともに、温泉郷の活性化にも努めています。 ヌクインダーは、地域の活性化に貢献したとして、2004年に「秋田県観光大使」に任命され、それ以来、秋田県の観光PRに尽力しています。また、ヌクインダーは、秋田県の観光PRだけでなく、様々なイベントに参加したり、コラボレーション商品を販売したりするなど、幅広く活躍しています。
モノの名前

「ヌーリ」の名称と特徴

「ヌーリ」の名称と特徴ヌーリとは。ヌーリとは、2000年に台風委員会によって作られた台風の名前です。台風番号は第64号です。マレーシアが「オウム」という意味で名付けました。
モノの名前

ヌカチューファミリーの米ぬか食育

ヌカチューファミリーとは、健康的な食生活を心がけるために、米ぬかを使った料理を積極的に取り入れている家族のことです。父親は会社員、母親は主婦、息子は高校生、娘は小学6年生という4人家族です。彼らは、米ぬかは栄養価が高く、身体に良いことを知って、毎日、米ぬかを活用した料理を食べることにしています。 米ぬかは、玄米の外側を覆っている薄皮の部分です。玄米を精米する際に取り除かれる部分ですが、実は、栄養価はとても高いです。米ぬかには、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれています。また、食物繊維も豊富で、整腸作用もあります。 ヌカチューファミリーは、米ぬかを毎日の食事に取り入れるために、様々な工夫をしています。例えば、朝食には、米ぬか入りのヨーグルトや米ぬか入りのお粥を食べます。昼食には、米ぬか入りのチャーハンや米ぬか入りの味噌汁を食べます。夕食には、米ぬか入りのハンバーグや米ぬか入りのカレーを食べます。また、おやつには、米ぬか入りのクッキーや米ぬか入りの蒸しパンを食べます。 ヌカチューファミリーは、米ぬか食を始めてから、健康状態が良くなりました。風邪をひきにくくなり、疲れにくくなりました。また、肌がきれいになり、髪も艶やかになりました。ヌカチューファミリーは、米ぬか食をこれからも続けていく予定です。
作品名

ヌマクローの生態と特徴

ヌマクローの基本情報 ヌマクローは、カエルポケモンの一種で、その名の通りヌマに生息しています。初心者向けポケモンはヌマクローから始める人が多いようです。その理由は、ヌマクローが比較的入手しやすいこと、また、進化後であるヌマクローもまた強いからです。 ヌマクローの見た目は、緑色のカエルのような姿をしています。頭には大きな目があり、口には鋭い歯が生えています。手足は短く、指が3本ずつあります。ヌマクローのサイズは、約0.4メートルで、体重は約5.0キログラムです。 ヌマクローの生態は、夜行性で、水辺に住んでいます。ヌマクローは、主に昆虫類やミミズを食べています。ヌマクローは、水泳が得意で、水中で素早く泳ぎ回ることができます。ヌマクローは、また、ジャンプ力も高く、水上から岸に飛び上がることができます。 ヌマクローの性格は、臆病で、警戒心が強いです。ヌマクローは、人間が近づくと、すぐに水中に逃げ込んでしまいます。ヌマクローは、また、縄張り意識が強く、他のヌマクローが縄張りに入ってきた場合、攻撃を仕掛けます。 ヌマクローは、進化するとヌマクローになり、さらに進化するとガマゲロゲになります。ガマゲロゲは、ヌマクローよりも体が大きく、さらに強力なポケモンです。ヌマクローは、最終的にはガマゲロゲに進化することを目指して、日々修行しています。
施設名・ロケ地

ヌメア国際空港の魅力と就航航空会社の詳細

ヌメア国際空港は、フランス領ニューカレドニアのヌメアにある国際空港です。空港コードはNOUです。市内中心部から約5キロメートルの場所に位置しており、公共交通機関で簡単にアクセスすることができます。空港には多数の航空会社が就航しており、国内線、国際線ともに多くのフライトが運航されています。 ヌメア国際空港に就航している航空会社には、エールカラン、エールフランス、ニュージーランド航空、ヴァージンオーストラリア航空などがあります。エールカランはヌメア国際空港を拠点とする航空会社で、ニューカレドニア国内線と国際線を運航しています。エールフランスはフランスのフラッグキャリアで、ヌメア国際空港からパリ、東京、大阪などに就航しています。ニュージーランド航空はニュージーランドのフラッグキャリアで、ヌメア国際空港からオークランド、シドニー、メルボルンなどに就航しています。ヴァージンオーストラリア航空はオーストラリアの格安航空会社で、ヌメア国際空港からシドニー、メルボルン、ブリスベンなどに就航しています。 ヌメア国際空港は、ニューカレドニアへの玄関口として重要な役割を果たしています。空港には免税店、レストラン、カフェ、ラウンジなどの施設が充実しています。また、空港周辺にはホテル、レンタカー会社、旅行代理店などが多数あります。ヌメア国際空港を利用してニューカレドニアへの旅行を計画してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

ヌカピー – 和歌山県の食育啓蒙キャラクター

ヌカピーとは? ヌカピーは、和歌山県の食育啓発キャラクターとして2005年に誕生しました。その名の通り、ヌカをモチーフにしたキャラクターで、頭はヌカ漬けの漬け物樽、体はヌカの袋、顔はヌカの種をイメージしています。ヌカは、米ぬかを原料とした発酵食品で、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、健康に良いとされています。また、漬物にすると保存食にもなり、日本食には欠かせない食材です。ヌカピーは、そのヌカの美味しさと健康効果をアピールするために誕生しました。