「む」で始まる

モノの名前

魅惑的な香り「むらさき」の魅力

-香水のパイオニア資生堂の挑戦- 1914年、資生堂は日本初の香水「むらさき」を発売。 「むらさき」は、フランスの調香師フランシス・ドゥラフォンテン氏が日本の花や果物を原料として調合した、フローラル系の香り。 発売当時、「むらさき」は大変な話題を呼び、瞬く間に日本中に広まった。 「むらさき」の発売は、日本における香水のパイオニアとして、資生堂が大きな挑戦であった。 当時、香水はヨーロッパの高級品であり、日本人は香水になじみがなかった。 資生堂は、「むらさき」を日本人の好みに合わせて調合し、日本人に香水の魅力を伝えるための努力を重ねた。 「むらさき」は、日本人の美意識にマッチした香りとして、瞬く間に人気を集めた。 発売から100年以上たった現在も、資生堂を代表するロングセラー商品として愛され続けている。 「むらさき」の成功は、資生堂が日本における香水のパイオニアとして、大きな役割を果たしたことを示している。 資生堂は、「むらさき」の発売以来、香水事業を拡大し、現在では、国内最大手の香水メーカーとなっている。 資生堂は、今後も「むらさき」を筆頭に、日本人の美意識に合った香水を提供し続け、日本における香水のパイオニアとしての地位を守り続けていくことだろう。
作品名

村芝居の魅力と見どころ

登場人物たちのコミカルな演技 村芝居の魅力の一つであるのが、登場人物たちのコミカルな演技です。村芝居では、プロの俳優ではなく、地域住民たちが演じることが多く、その素人ならではの演技が観客の笑いを誘います。 例えば、劇中で重要な役割を果たす登場人物が、セリフを噛んでしまったり、舞台の上で転んでしまったり、といったハプニングが起きることがよくあります。また、登場人物たちがコミカルな顔芸をしたり、大げさな身振り手振りをしたりすることも、観客の笑いを誘います。 村芝居のコミカルな演技は、観客に笑いと元気を与えてくれます。また、日常の生活とは異なる世界を垣間見ることで、観客はリフレッシュすることができます。
モノの名前

「陸奥」のすべて

-# 「陸奥」の歴史 「陸奥」の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたことがわかっています。平安時代には前九年の役と後三年の役の舞台となり、源頼朝が鎌倉幕府を樹立した後は、藤原秀衡やその子息である藤原泰衡が支配していました。鎌倉幕府滅亡後は、南北朝時代には北畠親房が「陸奥」を拠点に南朝方として戦い、戦国時代には伊達政宗が「陸奥」を統一しました。江戸時代には仙台藩の支配下に置かれ、明治維新後は宮城県となりました。 「陸奥」は、東北地方の北部を占める地域であり、宮城県、岩手県、福島県の一部が含まれています。面積は約36,800平方キロメートルで、人口は約850万人です。仙台市が県庁所在地であり、最大の都市です。 「陸奥」には、奥羽山脈や北上山地などの山脈が連なっており、気候は太平洋側が温暖で、日本海側は寒冷です。また、「陸奥」は、農業や漁業が盛んな地域です。
その他

「無生野の大念仏」の歴史と魅力

-無生野の大念仏とは- 無生野の大念仏は、毎年1月15日から17日の3日間にわたり、京都府亀岡市無生野一帯で行われる念仏踊りです。国指定重要無形民俗文化財に指定されており、国の重要無形民俗文化財に指定されている念仏踊りの一つとして知られています。 無生野の大念仏は、平安時代末期に源頼政が平家打倒を祈願して始めたのが起源とされています。頼政は、無生野の地に念仏堂を建立し、僧侶に念仏を唱えさせました。その後、念仏踊りが加わり、現在のような形になりました。 無生野の大念仏は、無生野の町並みの中を踊り手が練り歩くという独特の形をとっています。踊り手は、白装束に身を包み、頭には笠をかぶり、顔には面をつけます。手に鉦を打ち鳴らしながら、念仏を唱えながら踊ります。 無生野の大念仏は、無生野の町並みと相まって、幻想的な雰囲気を作り出しています。また、念仏を唱えながら踊る踊り手の姿は、見る者を圧倒します。無生野の大念仏は、日本の伝統文化の美しさを再発見できるイベントです。
モノの名前

虫明焼の魅力と歴史

虫明焼とは、江戸時代から続く東京都墨田区の伝統工芸品です。江戸初期、風悪く荒れた海を渡ってきた船が、虫明浦(現・墨田区東向島)にたどり着き、その船に積まれていた瀬戸物が波にさらわれ、浜辺に打ち上げられたのが始まりとされています。この瀬戸物を見た地元の陶工たちが、その技術を参考に、独自の焼き物を作るようになりました。それが「虫明焼」です。 虫明焼は、赤土に釉薬をかけた素朴な風合いが特徴です。素朴で温かみのある風合いで、日常使いに適しています。江戸時代には、庶民の間で広く親しまれていました。
作品名

「むらさき心中」ドラマの魅力と制作秘話

「むらさき心中」とは、近松門左衛門が1703年に発表した人形浄瑠璃の演目、およびそれを原作とした歌舞伎、映画、ドラマなどの作品のことである。元禄時代を舞台に、主人公の才蔵と遊女のお初の許されぬ恋を描いた悲恋物語で、日本の古典文学の名作の一つとされている。 才蔵とお初は、身分の違いゆえに結ばれることのない運命にあったが、それでも強く愛し合い、心中を決意する。しかし、心中の直前に才蔵は捕らえられ、お初は一人残されてしまう。お初は才蔵の死を嘆き、ついに自害する。 「むらさき心中」は、その美しい言葉遣いと、悲劇的なストーリーで多くの人を魅了している。また、男女の純愛を描いた物語としても人気が高く、何度も映像化されている。
モノの名前

幻の焼酎「紫 薩摩富士」の魅力

鹿児島県産の紫芋を使用 幻の焼酎「紫 薩摩富士」の最大の特徴は、その原料である鹿児島県産の紫芋にあります。紫芋は、その名の通り、皮と果肉が紫色のサツマイモの一種です。鹿児島県は、紫芋の生産量が日本一であり、その中でも「紫 薩摩富士」に使用されている紫芋は、特に品質の高いものが厳選されています。紫芋は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含むことで知られており、このアントシアニンが「紫 薩摩富士」に独特の甘みとコクを与えています。また、紫芋には抗酸化作用があるため、健康にも良いとされています。
作品名

「麦ふみクーツェ」のすべて

「麦ふみクーツェ」は、2011年に発表された、西加奈子の長編小説です。第142回直木三十五賞を受賞し、映画化もされました。 舞台は1945年の大阪。主人公は、16歳の少女・麦ふみです。満州で戦死した父の残した借金を返済するために、女手一つで麦ふみと弟を育ててきた母・絹子は、麦ふみを大阪の料亭に奉公に出すことを決意します。 麦ふみは、料亭で厳しい修行に耐えながら、女将の娘・千代子と親友になります。千代子は、麦ふみに料理を教えてくれたり、麦ふみの恋を応援してくれたりと、麦ふみの支えになってくれます。 しかし、麦ふみは、料亭で働くうちに、戦後の日本の闇の部分も見てしまいます。闇市で横行する不正や、暴力団の抗争など、麦ふみは、料亭の外の世界の厳しさを知ることになります。 麦ふみは、料亭で働きながら、少しずつ成長していきます。そして、やがて、料亭を出て、自分の店を持つという夢を叶えるのです。 「麦ふみクーツェ」は、戦後の大阪を舞台にした、成長物語です。麦ふみが、料亭で働きながら、女として、人間として成長していく姿が描かれています。また、戦後の日本の闇の部分も描かれており、社会派小説としての側面もあります。
モノの名前

「虫よけてるてる坊主」って何?特徴や種類を紹介

「虫よけてるてる坊主」とは、虫除け効果のある成分を染み込ませたてるてる坊主のことで、主に夏場に虫除けとして使用されます。形状は、一般的なてるてる坊主とほぼ同じですが、虫除け成分によって香りがついているのが特徴です。 「虫よけてるてる坊主」は、天然の虫除け成分を使用していることが多く、人体に優しいのが特徴です。また、香りが持続するので、長時間虫除け効果が期待できます。さらに、見た目も可愛らしく、インテリアとしても楽しめます。 「虫よけてるてる坊主」は、リビングや寝室、子ども部屋など、様々な場所で活躍します。また、アウトドア活動の際にも便利です。使い方は簡単で、気になる場所に吊るすだけです。 「虫よけてるてる坊主」は、害虫対策に最適なアイテムです。天然の虫除け成分を使用しているので、人体に優しいのが特徴です。また、香りが持続するので、長時間虫除け効果が期待できます。さらに、見た目も可愛らしく、インテリアとしても楽しめます。
作品名

「無鉄砲時代」の魅力と見どころ

「無鉄砲時代」とはどんな映画か? 「無鉄砲時代」は、1962年に公開された日本のアクション映画です。監督は黒澤明、主演は三船敏郎、仲代達矢、津島恵子です。この映画は、戦国時代を舞台に、織田信長と明智光秀の対立を描いています。 映画は、信長が光秀に命じて明智城を攻撃する場面から始まります。光秀は信長の命に従い、明智城を攻撃しますが、信長は光秀の動きを察知して、自ら明智城に向かいます。信長と光秀は明智城で激突し、光秀は信長に敗れます。しかし、光秀は信長に許され、信長の家臣となります。 その後、信長は天下統一を目指して各地を転戦します。光秀も信長の配下として各地を転戦しますが、信長の独裁的なやり方に不満を持ち始めます。そしてついに、光秀は信長を本能寺で襲撃し、信長を自害に追い込みます。 光秀は信長の死後、天下統一を目指しますが、豊臣秀吉に敗れ、自害します。映画は、光秀が自害する場面で終わります。
作品名

むこう岸の魅力を探る

作品の背景と魅力 今回の企画展の作品は、すべてむこう岸に関連するものです。このむこう岸とは、現実世界の向こうにある、もう一つの世界のことです。それは、私たちの想像力の産物である場合もあれば、実際に存在する場所である場合もあります。 むこう岸の世界は、古来より人々を魅了してきました。それは、私たちが現実世界では得られないものを提供してくれるからです。たとえば、むこう岸の世界には、魔法や冒険、そして永遠の命があるかもしれません。また、むこう岸の世界は、私たちが現実世界で抱えている問題から逃れることができる場所でもあります。 むこう岸の世界を描いた作品は、文学、映画、絵画など、さまざまな分野で数多く制作されています。その中には、人々に愛され続けている名作も少なくありません。たとえば、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』や、J・R・R・トールキンの『指輪物語』などは、むこう岸の世界を描いた作品として世界中で親しまれています。 むこう岸の魅力は、その多様性にあります。それは、私たちが現実世界では出会うことのない、さまざまなものや人々で構成されています。また、むこう岸の世界は、常に変化しており、それが私たちに新しい驚きを与えてくれます。 むこう岸の世界は、私たちに夢と希望を与えてくれる場所です。それは、私たちが現実世界をよりよく生き抜くための糧となります。むこう岸の世界を描いた作品は、私たちの人生を豊かにしてくれるでしょう。
モノの名前

消臭剤「無香消臭」の徹底分析

「無香消臭」とは、消臭成分が配合された消臭剤で、香りがついていないものです。芳香剤と異なり、嫌な臭いを隠すのではなく、臭いの元を分解したり、中和したりして、臭いを消す効果があります。そのため、匂いの強い食べ物を調理した後のキッチンや、ペットを飼っている家、タバコの匂いが気になる部屋など、さまざまなシーンで活躍します。また、無香消臭剤は、香りがついていないため、他のニオイと混じり合わず、どんな場所でも使いやすいのが特徴です。さらに、無香消臭剤の中には、消臭効果に加えて抗菌作用や防カビ効果のあるものもあり、より快適な空間づくりに役立ちます。
作品名

アガサ・クリスティの「娘は娘」 – メアリ・ウェストマコット名義で書かれた隠されたロマンス

「娘は娘」とは? - アガサ・クリスティのもう一つの顔 アガサ・クリスティといえば、誰もが「アルフレッド・ヒッチコック監督のサイコ」の原案となった「三杯のコーヒー」をはじめ、多くの傑作ミステリー小説を産み出したミステリーの女王である。しかし、その一方で、メアリ・ウェストマコット名義で、まったく異なる作風の小説を執筆していたことはあまり知られていない。その代表作の一つが「娘は娘」である。 「娘は娘」は、1952年に発表されたメアリ・ウェストマコット名義の作品である。物語の舞台はロンドン。主人公は、恋愛感情に憧れつつも、歳の差のある男性との結婚にためらいを感じている若い女性、ジェーンである。彼女は、年上の男性と若い女性との恋愛を題材にした小説を執筆している作家、ロジャーと出会い、やがて彼に惹かれていく。 「娘は娘」は、アガサ・クリスティのミステリーとは一味違う、大人の女性向けロマンス小説である。しかし、アガサ・クリスティの作風の特徴である、鋭い洞察力と人間の心理描写は健在である。また、ロンドンを舞台にした美しい情景描写も魅力的である。 「娘は娘」は、アガサ・クリスティの隠された傑作の一つである。ミステリー小説が好きな人はもちろん、大人の女性向けロマンス小説が好きな人も、ぜひ一度読んでみてほしい。
作品名

「武蔵野水滸伝」解説と名場面紹介

「武蔵野水滸伝」の概要 「武蔵野水滸伝」は、1970年に日本テレビ系列で放送された、全26話の連続テレビドラマです。本作は、同じく日本テレビ系列で放送されていた「水戸黄門」シリーズのスタッフが制作し、水戸黄門の助さん役を演じていた横内正が主演を務めました。 本作の舞台は、江戸時代中期の武蔵野です。主人公の山田太郎左衛門は、武蔵野の豪農で、義侠心に厚く、困っている人を助けることに生きがいを感じています。太郎左衛門は、仲間である弥太郎と熊吉と共に、武蔵野を悪の手から守るため、日々奮闘します。 本作は、水戸黄門シリーズと同じく、勧善懲悪をテーマにした痛快な時代劇です。また、武蔵野の豊かな自然や人情味あふれるエピソードも描かれ、幅広い年代から人気を集めました。
施設名・ロケ地

室戸岬灯台の魅力と歴史

室戸岬灯台の概要 高知県室戸市にある室戸岬灯台は、日本三大灯台の一つに数えられる美しい灯台です。室戸岬は、太平洋に突き出した四国最東端の地であり、古くから航海の難所として知られていました。室戸岬灯台は、この難所を乗り越えるために1898年(明治31年)に建設されました。高さは41.6メートルで、白色の八角形をしています。灯台は、16海里(約30キロメートル)の距離まで届く光を放ち、航海の安全を守っています。 室戸岬灯台は、室戸岬国民休暇村に隣接しており、灯台までの遊歩道が整備されています。遊歩道を歩いていると、室戸岬の美しい景色を楽しむことができます。また、室戸岬灯台には展望台があり、灯台の上から太平洋を一望することができます。 室戸岬灯台は、その美しさから観光スポットとしても人気があります。毎年、多くの観光客が室戸岬灯台を訪れ、その雄大な姿を眺めています。また、室戸岬灯台は、映画やドラマのロケ地としてもよく使われています。
作品名

「息子の青春」の魅力

「小林正樹監督の傑作」 「息子の青春」は、1962年公開の日本映画。小林正樹監督、篠田正浩脚本。日本映画監督協会が企画し、数社の映画会社が集まって製作した作品である。 映画の舞台は、1950年代初頭の九州。朝鮮戦争終結後の混乱の中、基地の町に暮らす高校生たちの青春を描いている。 主人公は、17歳の高校生・宮本茂樹(加山雄三)。茂樹は、同級生の少女・木崎千恵子(芦川いづみ)に恋心を抱いているが、千恵子はアメリカ兵と交際している。 茂樹は、千恵子をアメリカ兵から奪い返すために、彼女に告白する。しかし、千恵子は茂樹の告白を受け入れず、アメリカ兵との交際を続ける。 茂樹は、千恵子に失恋したショックから、自暴自棄になり、不良グループに入って喧嘩に明け暮れる。しかし、ある日、茂樹は不良グループの仲間と喧嘩になり、大怪我を負う。 茂樹は、怪我をきっかけに、自分の生き方を見つめ直す。そして、千恵子への想いを断ち切って、新しい人生を歩み始める。 「息子の青春」は、青春の甘酸っぱさと苦さを描いた名作映画である。小林正樹監督の演出は、きめ細やかで写実的。加山雄三の熱演も光っている。 この映画は、1963年のキネマ旬報ベストテンで1位を獲得するなど、高い評価を得た。また、1987年には日本映画監督協会によって、「日本映画100選」に選出されている。
作品名

無用庵隠居修行の魅力

「海老沢泰久の時代小説「無用庵隠居修行」」 海老沢泰久の時代小説「無用庵隠居修行」は、隠居した浪人・松平杢之進が、無用庵という寺で隠居修行をする物語です。杢之進は、かつては徳川家康に仕えていましたが、ある事件をきっかけに隠居することになりました。しかし、隠居してもなお、杢之進は世の中の出来事に心を痛め、無用庵で隠居修行をしながら、世の中の不条理と戦うことを決意します。 「無用庵隠居修行」は、海老沢泰久の代表作のひとつであり、時代小説ファンからも高い評価を受けています。その魅力のひとつは、杢之進という主人公のキャラクターです。杢之進は、一見すると無愛想で頑固な老人ですが、実は正義感あふれる人物であり、弱者を助けるために身を賭して戦うこともあります。また、杢之進には、隠居修行をする中で、様々な人々と出会い、成長していくという側面もあります。 「無用庵隠居修行」の魅力のもうひとつは、海老沢泰久の巧みなストーリーテリングです。海老沢泰久は、杢之進の隠居修行を軸に、様々な事件や人物を絡ませながら、物語を展開していきます。そのストーリーは、読者を飽きさせることなく、最後まで一気に読み進めることができます。
モノの名前

「無月」を知る! 宮崎の芋、麦、米焼酎

「無月」の誕生の裏にあるストーリー 「無月」は、宮崎県産の芋、麦、米を原料とした本格焼酎です。この焼酎は、1980年代後半に宮崎県内の酒造メーカーが共同で開発したもので、その背景には、当時宮崎県産の焼酎が全国的にあまり知られていなかったという事情があります。 宮崎県では、江戸時代から焼酎造りが盛んに行われていましたが、そのほとんどは県内消費にとどまり、県外にはあまり出回っていませんでした。そのため、宮崎県産の焼酎は、全国的に知名度が低く、全国的な焼酎ブームが起こった1980年代後半になっても、その恩恵を受けることができませんでした。 そこで、宮崎県内の酒造メーカーは、共同で宮崎県産の焼酎を全国にアピールするため、新しい焼酎の開発に乗り出しました。そして、誕生したのが「無月」です。「無月」は、宮崎県産の芋、麦、米を原料とした本格焼酎で、その名の通り、クセのないすっきりとした飲み口が特徴です。 「無月」は、1989年に発売されて以来、その品質の高さから全国的に人気を集め、現在では宮崎県を代表する銘柄の一つとなっています。また、「無月」の開発は、宮崎県産の焼酎の知名度を向上させることに成功し、全国的な焼酎ブームの波に乗ることができました。
施設名・ロケ地

武利ダムの概要と魅力

武利ダムの歴史と役割 武利ダムは、1963年(昭和38年)に完成した、岐阜県瑞浪市にあるダムです。木曽川の支流である阿木川に建設され、高さ96.8m、長さ306mの重力式コンクリートダムです。武利ダムは、木曽川の洪水を調節し、名古屋市などの下流域を守る役割を担っています。また、武利ダムには、水力発電所が併設されており、年間約1億2,000万kWhの電気を発生しています。武利ダムは、治水と利水という二つの大きな役割を果たしている重要なダムです。 武利ダムの歴史は、1959年(昭和34年)に遡ります。この年、木曽川で大規模な洪水が発生し、名古屋市を中心に大きな被害が出ました。この洪水を教訓に、木曽川の上流にダムを建設することが計画され、武利ダムが建設されることになりました。武利ダムの建設工事は、1961年(昭和36年)に着工し、1963年(昭和38年)に完成しました。 武利ダムは、完成以来、木曽川の洪水を調節し、名古屋市などの下流域を守ってきました。また、武利ダムには、水力発電所が併設されており、年間約1億2,000万kWhの電気を発生しています。武利ダムは、治水と利水という二つの大きな役割を果たしている重要なダムです。
作品名

虫たちのゴールデンウィーク

「作品の概要」 虫たちのゴールデンウィークは、作家・イラストレーターの「あさのあつこ」が2018年に発表した絵本です。この絵本は、5月5日の子どもの日に向けて、様々な虫たちがゴールデンウィークを過ごす様子を描いたものです。 この絵本には、ダンゴムシ・テントウムシ・アリ・カマキリ・クモ・トンボなど、様々な虫が登場します。これらの虫たちは、花畑で遊んだり、川で泳いだり、森を散策したりと、それぞれのゴールデンウィークを満喫しています。 この絵本は、温かみのある優しいイラストと、虫たちの生き生きとした表情が特徴です。また、ゴールデンウィークの過ごし方や、虫たちの生態など、様々なことを学べる絵本でもあります。 この絵本は、2018年に「日本絵本賞」を受賞しました。また、2019年には「アニメ化」され、「NHK Eテレ」で放送されました。 この絵本は、子どもから大人まで楽しめる絵本です。ぜひ、ゴールデンウィークの過ごし方を考えながら、この絵本を読んでみてください。
作品名

貪り、瞋り、愚かさと:鐘下辰男の戯曲

鐘下辰男の戯曲「貪り、瞋り、愚かさと」は、人間の弱さと欲望の物語である。この戯曲は、若い娘・おつぎと、彼女を妻にしようとする裕福な商人・渋沢との物語である。渋沢は、おつぎの美しさに惹かれ、彼女を手に入れるためにあらゆる手段を講じる。しかし、おつぎは渋沢の申し出を断り、貧しいが正直な男・与市と結婚することを選ぶ。 渋沢は、おつぎを手に入れることができないことに激怒し、与市を殺そうとする。しかし、与市は渋沢の策略を看破し、逆に渋沢を殺害する。おつぎは、与市の死を悲しむが、与市の死をきっかけに、自分の欲望に振り回されることの愚かさに気づく。 この戯曲は、人間の欲望がいかに人を盲目にするかをテーマとしている。渋沢は、おつぎの美しさに目がくらみ、彼女を手に入れるために手段を選ばなかった。しかし、その結果、彼は全てを失うことになった。おつぎは、与市の死をきっかけに、自分の欲望に振り回されることの愚かさに気づき、自分の人生を生き直す決意をする。 この戯曲は、人間の弱さと欲望の物語ではあるが、同時に、希望の物語でもある。おつぎは、与市の死を乗り越え、自分の人生を生き直す決意をする。このことは、人間には、どんな困難があっても、それを乗り越えて、自分の人生を生き抜く力があることを示している。
モノの名前

昔ながらの天然除虫菊蚊取りせんこうの魅力

-天然素材の安心感- 天然除虫菊蚊取りせんこうは、天然素材である除虫菊の花から採れた有効成分、ピレトリンを主成分としているため、安全性に優れている。除虫菊は、古くから日本に自生しており、その花は白やピンク、黄色など、様々な色がある。ピレトリンは、除虫菊の花の種子から抽出される成分で、蚊やハエなどの害虫を駆除する効果がある。また、ピレトリンは、人体や環境に影響を与えることなく分解されるため、安心して使用することができる。天然素材である除虫菊蚊取りせんこうは、化学物質に敏感な人や、小さなお子様のいるご家庭でも安心して使用することができる。
モノの名前

無添加アクネケアとは?ニキビに悩む人にオススメ

無添加アクネケアとは、ニキビケア製品に含まれる化学物質を排除し、天然由来の成分のみで作られたニキビケアのことです。無添加アクネケアは、ニキビに悩む人にとって、以下の特徴があります。 * 肌に優しい無添加アクネケアは、化学物質を一切含んでいないため、肌に優しく、刺激が少ないのが特徴です。そのため、敏感肌の人や、ニキビケア製品で肌荒れを起こしやすい人にも安心して使用することができます。 * ニキビの原因にアプローチ無添加アクネケアは、ニキビの原因となる細菌や過剰な皮脂を洗い流し、ニキビの炎症を抑えることで、ニキビの改善を促します。また、ニキビ跡の改善にも効果があります。 * ニキビを予防する無添加アクネケアは、ニキビの原因となる細菌の繁殖を防ぎ、過剰な皮脂の分泌を抑えることで、ニキビを予防する効果があります。また、角質層を保湿し、肌のバリア機能を高めることで、ニキビができにくい肌環境を整えます。
モノの名前

福岡の銘酒「無法松」の魅力

福岡を代表する銘酒、「無法松」の歴史は古く、室町時代まで遡ります。初代である松本久助が、京都から福岡に移り住み、酒造りを始めたのがその始まりとされています。以来、松本家は代々酒造業を営み、「無法松」の伝統を守り続けてきました。 「無法松」の特徴は、なんといってもその力強い味わいです。酒米には地元福岡産の「山田錦」を使用し、仕込み水には筑豊の清らかな地下水を使用しています。また、酒造りの工程で、独自の「木槽仕込み」という手法を用いています。これは、木製の槽で酒を仕込むことで、酒に木の香りが移り、より深みのある味わいになるのだそうです。 「無法松」には、純米大吟醸、純米吟醸、純米酒、本醸造、普通酒など、さまざまな種類があります。いずれも、力強い味わいと豊かな香りのバランスが絶妙で、多くの人々に愛されています。