「り」で始まる

地名・ロケ地

龍姫湖の魅力と楽しみ方

ダム湖百選に選ばれた景観 龍姫湖は、その美しい景観により、ダム湖百選に選ばれています。湖畔は緑豊かな森林に囲まれ、湖面には大小の島々が点在しています。また、湖にはいくつかの橋が架かっており、湖畔の景色を眺めることができます。 湖畔には、遊歩道やサイクリングロードが整備されており、森林浴や散策を楽しむことができます。また、湖では釣りやボート遊びを楽しむことができます。特に、龍姫湖はブラックバス fishing の名所として知られており、多くの釣り人が訪れます。 龍姫湖の景観は、四季折々で変化します。春には、湖畔の桜が咲き誇り、湖面をピンク色に染めます。夏には、湖畔の緑が鮮やかになり、湖面にはカモが泳ぎます。秋には、湖畔の紅葉が美しく、湖面を赤や黄色に染めます。冬には、湖畔の雪化粧した木々が湖面に映り、幻想的な景色が広がります。 龍姫湖は、その美しい景観と豊かな自然を満喫できるスポットです。ぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
地名・ロケ地

竜門の滝の魅力とアクセス情報

-竜門の滝の歴史と伝説- 竜門の滝は、古くから様々な伝説が語り継がれてきた場所です。 最も有名な伝説は、中国の故事「竜門の滝を登ると龍になれる」という故事です。 この故事によると、鯉が竜門の滝を登りきると龍に変身し、天に昇る事ができるとされています。 この伝説から、竜門の滝は縁起の良い場所とされ、多くの人が訪れるようになりました。 また、竜門の滝は、平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した武将、源義経が修行した場所としても知られています。 源義経は、竜門の滝で修行することで、武芸を身につけ、天下無双の武将となったと伝えられています。 竜門の滝は、歴史と伝説に彩られた、神秘的な場所です。 その荘厳な美しさは、見る人を魅了し、多くの人の心を癒してきました。 竜門の滝を訪れる際には、その歴史と伝説に思いを馳せて、自然の美しさを堪能してみてください。
モノの名前

両手もしかめの魅力とは?

-両手もしかめの基本- 両手もしかめとは、両手を使って作る「しかめっ面」のことです。基本的な作り方は、両手を顔の前に上げ、人差し指と中指を伸ばして額に当てるようにします。その後、親指を鼻の横に、小指と薬指を口の両脇に当てます。最後に、目と口をぎゅっと細めてしかめっ面を作れば完成です。 両手もしかめは、怒りや不機嫌などの感情を表現するために使われることが多いですが、コミカルな表情を作るためにも使われます。また、両手もしかめは、顔を小さく見せる効果もあるため、写真撮影の際に使われることもあります。 両手もしかめを作る際には、顔の筋肉を意識して動かすことが大切です。特に、目と口の筋肉を意識して動かすことで、よりリアルなしかめっ面を作ることができます。また、両手もしかめを作る際には、両手を顔に近づけすぎないように注意しましょう。両手を顔に近づけすぎると、不自然な表情になってしまうので注意が必要です。
作品名

旅愁の深い意味と歴史

旅愁の作曲者と作詞者 旅愁の作曲者は、ドイツのロマン派音楽の作曲家であるグスタフ・マーラーです。彼は1860年にボヘミアのカリストヴィツェで生まれ、1811年にウィーンで亡くなりました。マーラーは、交響曲や歌曲、オペラなど、数多くの作品を残しました。彼の音楽は、激しく感情的な表現と、豊かなオーケストレーションが特徴的です。 旅愁の作詞者は、ドイツの詩人であるフリードリヒ・リュッケルトです。彼は1788年にバイエルンのヴュルツブルクで生まれ、1865年にフランクフルト・アム・マインで亡くなりました。リュッケルトは、叙情詩や抒情詩、叙事詩など、数多くの詩を残しました。彼の詩は、自然や愛、人生など、様々なテーマを扱っています。 旅愁は、マーラーがリュッケルトの詩に曲をつけて作曲した歌曲です。この曲は、19世紀後半にヨーロッパで流行し、今日でも世界中で演奏されています。旅愁は、美しいメロディーと歌詞が印象的な曲で、多くの人に愛されています。
モノの名前

理・工・農・医 自然科学系英和大辞典について

-理・工・農・医 自然科学系英和大辞典の特徴- 理・工・農・医 自然科学系英和大辞典は、理学、工学、農学、医学の4分野を網羅した英和大辞典であり、科学技術分野の専門用語を幅広く収録しています。収録語数は約13万語であり、特に理学と工学分野の語彙が充実しています。また、各分野の専門家が執筆しており、専門用語の解説も丁寧に行われています。 理・工・農・医 自然科学系英和大辞典のもう一つの特徴は、語彙の選択にあります。収録されているのは、科学技術分野の専門用語だけではありません。科学技術分野の一般用語や、日常会話で使用される科学技術用語も収録されています。そのため、理系分野の研究者や技術者だけでなく、科学技術分野に興味がある一般の方にもおすすめです。 理・工・農・医 自然科学系英和大辞典は、理系分野の専門家や技術者、そして科学技術分野に興味がある一般の方にとって、必携の辞典です。 この辞典の他の特徴として、以下の点が挙げられます。 * 豊富な例文で、語句の用法をわかりやすく解説しています。 * 専門家による解説で、語句の背景や歴史を理解することができます。 * 見出し語には品詞が明記されており、語句の活用がわかりやすいです。 * 付録として、元素記号表や単位換算表などの情報が掲載されています。 理・工・農・医 自然科学系英和大辞典は、専門家や研究者だけでなく、一般の人にもおすすめです。科学技術分野の知識を広げるために、ぜひ活用してみてください。
作品名

懐かしの名作!「流星のロックマン レオ」の魅力とは?

ストーリー電波の彼方に広がる未知の世界 「流星のロックマン レオ」の舞台は、電波の彼方に広がる未知の世界、電波星エリアだ。電波星エリアには、電波生命体である電波人間が住んでおり、彼らは電波エネルギーを使って生活している。電波人間の中には、特殊な能力を持った電波戦士が存在し、彼らは電波エネルギーを武器にして戦うことができる。 主人公のレオもまた、電波戦士の一人だ。レオは、電波星エリアを支配しようとする悪の組織、電波海賊団と戦うために、仲間たちと共に立ち上がる。レオたちは、電波海賊団の野望を阻止するために、電波星エリアの各地を巡りながら、電波エネルギーを集めていく。 旅の途中、レオたちは様々な電波戦士と出会い、彼らの助けを借りながら電波海賊団に立ち向かっていく。電波戦士たちは、それぞれに異なる能力を持っており、レオたちと共に電波海賊団の野望を阻止するために戦っていく。 電波星エリアは、広大な世界であり、様々な電波生命体が住んでいる。レオたちは、電波星エリアを旅しながら、電波戦士たちと出会い、電波海賊団の野望を阻止するために戦っていく。電波星エリアには、様々な電波生命体が住んでおり、レオたちは彼らの助けを借りながら電波海賊団に立ち向かっていく。
その他

柳剛流とは?

柳剛流の特徴とその魅力 柳剛流は、大胆かつ剛柔一体の流派であり、相手の様子を見て柔軟に対応できる戦術が特徴です。また、体捌きを重視した技法を用いるため、相手を圧倒することができます。攻撃技だけでなく、受け流し、投げ技なども豊富にあり、攻守のバランスが取れた流派です。 柳剛流の魅力は、その豪快な技にあります。剛柔一体の技法で相手を圧倒し、一気に攻め立てる姿は、見る者を圧倒します。また、受け流しや投げ技などの柔軟な技法も豊富にあり、相手の攻撃を巧みにかわしながら、反撃する姿も魅力的です。 柳剛流は、初心者でも始めやすい流派です。基本技は比較的少なく、覚えやすいのが特徴です。また、体捌きを重視した技法が多いため、体力に自信がない人でも無理なく始めることができます。 柳剛流は、その豪快な技と柔軟な対応力が魅力の流派です。初心者でも始めやすく、生涯楽しめる武道としておすすめです。
作品名

離婚弁護士:家族の絆と葛藤を描く感動作

天海祐希扮する弁護士の活躍に注目! 離婚弁護士である主人公は、天海祐希が演じます。天海祐希は、日本を代表する女優の一人で、その演技力は折り紙つきです。本作では、離婚に直面した夫婦の葛藤や苦悩をリアルに演じ、視聴者の共感を呼んでいます。彼女の演技は、本作の大きな見どころの一つです。 主人公は、離婚に直面した夫婦の間に立ち、法律家としてだけでなく、人間としても彼らをサポートしていきます。彼女が、夫婦の心の絆を修復し、家族の再生を模索する姿は、感動を誘います。また、彼女の活躍は、離婚というテーマを深く考えさせられるきっかけを与えてくれることでしょう。 天海祐希は、本作について「離婚というテーマはとても重いですが、この作品は夫婦の愛や家族の絆を温かく描いています。私は、この作品に関われて本当に光栄です」とコメントしています。
その他

「林火忌」とは?秋の季語として知られる俳人・大野林火の忌日

大野林火は、1855(安政2)年10月4日、江戸で生まれた俳人・歌人・国文学者です。本名は田中宜明。号は林火のほか、林和・白山人・野水などがあります。 林火は、幼少期から漢詩や和歌を学び、15歳で高浜虚子の父である高浜清に師事して俳句を始めました。1880年(明治13)年には虚子らとともに俳誌「ほとゝぎす」を創刊し、正岡子規や河東碧梧桐らとともに近代俳句の革新に尽力しました。 林火は、自由律俳句を提唱し、従来の俳句の形式にとらわれない新しい俳句の可能性を示しました。また、俳句の鑑賞や研究にも力を注ぎ、俳句の普及に貢献しました。林火の作品は、自然の美しさを繊細に表現したものや、人生の機微を詠んだものが多く、日本の近代俳句を代表する俳人として知られています。 林火は、1926年(大正15)年10月2日、71歳で死去しました。命日である10月2日は「林火忌」と呼ばれ、俳句の世界では秋の季語となっています。
作品名

ラブ・ストーリーと離婚:スティーヴン・グリーンリーフの傑作

「離婚をめぐるラブ・ストーリー」の世界観は、愛と喪失、そして人生において起こりうる困難な決断を探求しています。この物語は、30年近く連れ添ったクレイトンとグラディスのグリーンリーフ夫婦を中心に展開します。クレイトンは著名な牧師で、グラディスは夫を支える敬虔な妻です。しかし、ある日、グラディスは離婚を申請します。 離婚の原因は、夫婦間の愛情が失われたわけではなく、グラディスの過去のトラウマにありました。グラディスは若かりし頃、性的虐待を受けており、そのトラウマが原因でクレイトンとの関係に亀裂が生じていたのです。クレイトンはグラディスのトラウマを理解しようとしていましたが、なかなか彼女の心の傷を癒すことができませんでした。 グラディスが離婚を申請したことで、夫婦の関係はさらに悪化します。クレイトンは離婚を阻止しようとしますが、グラディスの決意は固く、結局二人は離婚することになります。離婚後、クレイトンとグラディスは別々に暮らすことになりますが、二人の間にはまだ愛情が残っていました。二人はお互いに憎しみ合うのではなく、お互いの幸せを願っていました。 「離婚をめぐるラブ・ストーリー」は、愛と喪失、そして人生において起こりうる困難な決断をテーマにした複雑な愛の物語です。この物語は、離婚は必ずしも愛の終わりではないということを教えてくれます。愛は、たとえ別々の道を歩むことになったとしても、決して失われることはないのです。
モノの名前

青森の銘菓「りんご糖蜜」の魅力

りんご糖蜜の歴史と由来 青森の銘菓であるりんご糖蜜は、その歴史を江戸時代にさかのぼることができます。当時は、リンゴの産地であった青森では、大量に採れるリンゴを保存するため、さまざまな加工方法が試されていました。その中で生まれたのが、りんご糖蜜です。 りんご糖蜜は、リンゴを煮詰めて砂糖を加えて作られるお菓子です。リンゴの風味が凝縮されており、甘酸っぱい味わいが特徴です。当時は、砂糖が貴重品であったため、りんご糖蜜は高級なお菓子として扱われていました。 明治時代になると、砂糖の生産量が増加し、りんご糖蜜は一般庶民にも手が届くようになりました。また、この頃になると、りんご糖蜜を製造する業者も増えてきました。その結果、りんご糖蜜は青森県内各地で生産されるようになりました。 昭和時代になると、りんご糖蜜は青森県を代表する銘菓として知られるようになりました。現在では、青森県内の土産物店やスーパーマーケットなどで販売されています。また、りんご糖蜜を使ったお菓子も数多く作られています。 りんご糖蜜は、青森県の歴史と文化を伝えるお菓子です。その素朴な味わいは、青森県民に愛され続けています。
作品名

「龍と鷲の絆」の概要と魅力

「龍と鷲の絆」は、龍と鷲の二種族が互いに敵対する世界を舞台にしたファンタジー小説である。主人公は、龍族の末裔である少女、レン。彼女は、鷲族の少年、ランと出会い、二人は禁忌の恋に落ちる。しかし、二人の恋は、二種族の敵対関係によって引き裂かれてしまう。 レンとランは、それぞれが属する種族のために戦わなければならない。しかし、二人は、敵対する種族同士でも、愛し合うことはできることを証明したいと願っている。二人は、困難な状況に直面しながらも、愛と絆の力を信じて戦い続ける。 「龍と鷲の絆」は、愛と絆の力、そして平和の大切さを描いた物語である。また、二種族の敵対関係を背景に、愛と憎しみの葛藤、そして、人と人とのつながりの大切さを描いた物語でもある。
モノの名前

伊藤園のトマトジュース「理想のトマト」とは?

「理想のトマト」の魅力は何? 伊藤園のトマトジュース「理想のトマト」は、その名の通り、理想のトマトを追求して作られたトマトジュースです。その魅力は、まず何といってもその濃厚な味わいです。完熟トマトを贅沢に使用することで、トマト本来の甘みと旨みが凝縮されています。また、酸味と甘みのバランスが絶妙で、後味もすっきりとしています。 「理想のトマト」の魅力は、その濃厚な味わいの他にもあります。それは、健康に良い栄養素が豊富に含まれていることです。トマトには、リコピン、ビタミンC、カリウムなどの栄養素が含まれていますが、「理想のトマト」には、これらの栄養素が特に豊富に含まれています。リコピンは、抗酸化作用が高く、がんや動脈硬化の予防に効果があるとされています。ビタミンCは、美肌効果や免疫力を高める効果があります。カリウムは、血圧を下げる効果があるとされています。 「理想のトマト」は、その濃厚な味わいと、健康に良い栄養素が豊富に含まれていることから、多くの人々に愛されているトマトジュースです。
作品名

「竜馬の妻とその夫と愛人」の魅力

三谷幸喜の戯曲と市川準の映画は、どちらも「竜馬の妻とその夫と愛人」という題名で、坂本竜馬の妻である楢崎龍と、彼女を取り巻く人々を題材としています。しかし、その内容にはいくつかの違いがあります。 三谷の戯曲は、龙の視点から物語を語っています。龍は、夫である竜馬が不在の間に、彼の親友である中岡慎太郎と恋に落ちます。しかし、竜馬が帰国し、そのことを知ると、龍は中岡と別れ、竜馬と復縁します。その後、3人はそれぞれ別の人生を歩み、龍は最後に竜馬の死を聞かされて物語は終わります。 一方、市川の映画は、中岡の視点から物語を語っています。中岡は、龍と出会い、彼女に恋に落ちます。しかし、竜馬が帰国し、そのことを知ると、中岡は龍と別れ、竜馬と復縁します。その後、3人はそれぞれ別の人生を歩み、中岡は最後に竜馬の死を聞かされて物語は終わります。
モノの名前

茶の品種「りょうふう」の特徴

「りょうふう」は、日本の茶品種のひとつです。1975年に、茶の品種「やぶきた」と「おくみどり」を交配して作られました。「りょうふう」は、豊かな香りとまろやかな味わいが特徴です。また、耐寒性と病害虫抵抗性に優れているため、栽培しやすい品種でもあります。 「りょうふう」の茶葉は、緑が濃く、光沢があります。また、茶葉の表面に細かい毛が生えており、これが「りょうふう」の香りのもととなっています。「りょうふう」の香りは、爽やかでフルーティーな香りが特徴です。また、「りょうふう」の味わいは、まろやかでコクのある味わいです。 「りょうふう」は、煎茶、玉露、かぶせ茶など、さまざまな日本茶に使用されています。また、「りょうふう」は、紅茶やウーロン茶にも使用されています。「りょうふう」は、日本国内だけでなく、海外でも人気のある茶品種です。
その他

「留学生教育学会」とは?活動内容や目的を解説

「留学生教育学会」の設立経緯と目的 「留学生教育学会」は、留学生教育に関する研究と実践の促進を目的として、1992年に設立されました。設立のきっかけは、留学生教育に携わる研究者や実務家が、留学生教育の課題や問題点について議論する場が必要であると認識したことでした。 学会の目的は、留学生教育に関する研究と実践の促進、留学生教育に関する情報の収集と発信、留学生教育に関する研修やセミナーの開催、留学生教育に関する国際交流の促進などです。学会は、留学生教育の質の向上と、留学生の円滑な留学生活の実現を目指して活動しています。 学会の活動は、年次大会の開催、学術誌の発行、研修やセミナーの開催、国際交流の促進などです。年次大会は、留学生教育に関する研究成果を発表し、留学生教育の課題や問題点について議論する場となっています。学術誌は、留学生教育に関する研究論文や実践報告を掲載しています。研修やセミナーは、留学生教育に携わる研究者や実務家のスキルアップを支援しています。国際交流は、海外の留学生教育機関との交流を促進し、留学生教育に関する情報の交換や共同研究を行っています。 学会は、留学生教育に関する研究と実践の促進に貢献しており、留学生教育の質の向上と、留学生の円滑な留学生活の実現に寄与しています。
作品名

「りんごがひとつ」

-絵本「りんごがひとつ」の世界- 絵本「りんごがひとつ」は、世界中で愛されているロングセラー絵本です。この物語は、ある日森の中で、森の動物たちが赤いりんごを巡り、喧嘩し始めるところから始まります。 物語の主人公は、小鳥のピヨピヨです。ピヨピヨは、喧嘩している動物たちを止めるために、りんごを半分こにして、それぞれに渡します。すると、動物たちは仲直りし、みんなで仲良くりんごを食べます。 この絵本は、争いは解決することができ、たとえ違いがあっても、お互いに協力すれば、みんなが幸せになることができるというメッセージを伝えています。また、りんごを半分こにするという行為は、思いやりと優しさの大切さを教えてくれます。 「りんごがひとつ」は、世界中で翻訳され、大人にも子どもにも愛される絵本です。この物語は、私たちに、たとえどんなに小さなものでも、分け合うことの大切さと、思いやりと優しさの大切さを思い出させてくれます。
地名・ロケ地

龍王の滝:高知県の神秘的な滝

「若き日の空海が修行した地」 高知県に位置する龍王の滝は、その神秘的な美しさで知られる滝です。この滝は、四国八十八ヶ所霊場第29番札所として知られる、金剛福寺境内にあることから、古くから信仰の対象となってきました。そして、この滝には、若き日の空海が修行を行ったという伝説があり、そのことから「空海修行の滝」とも呼ばれています。 空海は、平安時代の初期に活躍した真言宗の開祖とされる人物で、その生涯は多くの伝説に彩られています。空海は、若き日に龍王の滝を訪れ、そこで厳しい修行を行ったといわれています。その修行の中で、空海は滝の霊験に触れ、悟りを開いたと伝えられています。空海は、その悟りをきっかけに真言宗を開き、日本に仏教を広く伝えたとされています。 龍王の滝は、空海が修行を行った地として、多くの人々の信仰を集めてきました。滝の周りは、鬱蒼とした木々に囲まれており、その神秘的な雰囲気は、修行に最適な環境といえます。龍王の滝を訪れた人々は、その滝の美しさに感動するとともに、空海の修行の跡に思いを馳せ、その偉大な功績を偲んでいます。
作品名

龍の子太郎の魅力

龍の子太郎の魅力 - 村の掟を破った母の行方 龍の子太郎は、日本の人気アニメシリーズに登場する主人公です。彼は魔法の力を持ち、子供たちのグループを率いて、村を脅かす悪の勢力と戦います。 太郎の母親は、村の掟を破って村を追放され、太郎は孤児として育ちました。太郎は、母親が村を追放された理由を知りたくて、旅に出ます。旅の途中で、太郎は様々な出会いをし、成長していきます。 太郎は、旅の途中で、母親が村を追放された理由を知ります。それは、母親が魔法を使って村人を助けたからでした。村の掟は、魔法を使うことを禁止していたので、母親は村を追放されたのです。 太郎は、母親が村を追放されたのは理不尽なことだったと思います。母親は、村人を助けるために魔法を使っただけで、悪いことをしたわけではありません。太郎は、母親を村に戻すために、村長に会いに行きます。 太郎は、村長に母親を村に戻すように頼みますが、村長はそれを拒否します。村長は、掟は掟であり、破ったものは罰せられるべきだと主張します。 太郎は、村長の説得に失敗し、母親を村に戻すことができません。しかし、太郎は諦めません。太郎は、いつか母親を村に戻すと決意し、旅を続けます。 太郎の母親が村を追放された理由は、村の掟を破ったことでした。太郎は、母親を村に戻すために旅に出ますが、村長に説得されて母親を村に戻すことはできませんでした。しかし、太郎は諦めずに旅を続け、いつか母親を村に戻すことを決意しています。
施設名・ロケ地

龍泉洞地底湖の水の透明度の秘密と名水の価値

龍泉洞地底湖の透明度の秘密 龍泉洞地底湖の水は、非常に透明度が高く、湖底まで見通すことができます。これは、龍泉洞の地質と、水がろ過される仕組みが関係しています。 龍泉洞は、石灰岩でできた洞窟です。石灰岩は、水に溶けやすく、その結果、洞窟の中には多くの鍾乳石や石筍が形成されています。鍾乳石や石筍は、水のろ過にも役立っています。 龍泉洞の中を流れる水は、鍾乳石や石筍をすり抜けながら、ろ過されます。この過程で、水中の不純物が取り除かれ、透明度が高くなります。また、龍泉洞の地下には、砂利や砂などのろ過層があり、これも水の透明度を高めるのに役立っています。 以上の理由から、龍泉洞地底湖の水は、非常に透明度が高く、湖底まで見通すことができます。この透明度の高さは、龍泉洞が世界有数の観光地となっている理由の一つです。
モノの名前

「理化学英和辞典」の魅力

理化学英和辞典とは、1926年に発行されて以来、90年以上もの歴史を持つ、理系分野の英語学習に欠かせない辞典です。専門的な用語を、わかりやすい日本語で解説しており、科学技術の進歩に合わせて、最新の用語も随時掲載されています。また、理化学英和辞典には、例文が豊富に掲載されており、その単語がどのような文脈で使われているのかを理解することができます。そのため、理系の学生や研究者だけでなく、理系分野に興味のある一般の方にも幅広く利用されています。 理化学英和辞典は、理系分野の英語学習に欠かせない辞典です。専門的な用語を、わかりやすい日本語で解説しており、科学技術の進歩に合わせて、最新の用語も随時掲載されています。また、理化学英和辞典には、例文が豊富に掲載されており、その単語がどのような文脈で使われているのかを理解することができます。そのため、理系の学生や研究者だけでなく、理系分野に興味のある一般の方にも幅広く利用されています。
モノの名前

緑茶の力とは?消臭剤として活躍する商品の紹介

緑茶には、消臭効果のある物質が含まれていることがわかっています。その中でも注目されているのが、カテキンと呼ばれる成分です。カテキンは、緑茶に含まれるポリフェノールの一種で、抗菌作用や抗酸化作用があることが知られています。また、カテキンには、におい分子を吸着する作用もあることがわかっています。 緑茶の消臭効果は、さまざまな実験で証明されています。例えば、ひとつの実験では、緑茶エキスを布に噴霧したところ、布についたにおいの成分が減少することがわかりました。 また、別の実験では、緑茶エキスを水に溶かして部屋に噴霧したところ、部屋のにおいが改善されたという結果が得られています。これらの実験結果から、緑茶には消臭効果があることがわかります。 緑茶の消臭効果を利用した商品も販売されています。例えば、緑茶エキスを配合した消臭スプレーや消臭剤などがあります。これらの商品は、靴や衣類、部屋の消臭などに利用することができます。
施設名・ロケ地

「良寛の里 わしま」の魅力

新潟県長岡市にある「良寛の里 わしま」は、良寛の足跡をたどることができる観光スポットです。良寛は、江戸時代に活躍した曹洞宗の僧侶であり、詩や書に優れた才能を発揮しました。また、良寛は人々から「歩く仏様」と呼ばれ、その徳の高い生き方が多くの人々に慕われました。 「良寛の里 わしま」には、良寛が生きた当時の町並みや、良寛の詩や書を展示する資料館があります。また、良寛が愛した自然を満喫できる公園や、良寛の墓所もあります。
作品名

「流離の岸」を知る

「流離の岸」とは、ロシアの作家イワン・ブーニンによる短編小説である。1918年に発表され、ロシア革命後の混乱と恐怖を背景に、主人公の青年アレクセイの流離の旅を描いている。アレクセイは、革命によって家族と離れ離れになり、故郷を追われる。彼は、各地を転々とし、様々な人々と出会い、様々な経験をする。そして、最終的には、革命後のロシアに希望を見出せず、外国に亡命することを決意する。 「流離の岸」は、ロシア革命後の混乱と恐怖をリアルに描いた作品である。また、主人公アレクセイの成長と変化を丁寧に描いている。同作は、ロシア文学の傑作の一つであり、世界中で広く読まれている。