「そ」で始まる

作品名

名探偵誕生の物語 – 「そして名探偵は生まれた」

歌野晶午の短編集「そして名探偵は生まれた」は、名探偵誕生の物語をテーマにした短編集です。表題作の「そして名探偵は生まれた」は、一人の名探偵が誕生するまでを描いた珠玉の短編小説です。この作品は、名探偵誕生の瞬間を鮮やかに描き出し、読者を魅了します。 また、短編集には「名探偵の助手」「名探偵の恋」「名探偵の敵」など、名探偵を主人公としたさまざまな短編小説が収録されています。これらの作品は、いずれも名探偵の活躍を描いたものであり、名探偵の推理力や洞察力を存分に堪能することができます。 歌野晶午の短編集「そして名探偵は生まれた」は、名探偵誕生の物語をテーマにした短編集として、多くの人々に愛されている作品です。この作品を読めば、名探偵の魅力を再発見することができるでしょう。
作品名

サラバ恋人の魅力

-大ヒット「さらば恋人」の誕生- 「さらば恋人」は、1971年にリリースされた堺正章のシングル曲。オリコンチャートで6週連続1位を獲得し、累計売り上げは180万枚を記録した。また、第23回日本レコード大賞を受賞し、堺正章の代表曲となった。 この曲が生まれたきっかけは、堺正章が主演した映画「さらば恋人」の主題歌として依頼されたことだった。堺正章は、映画の脚本を読んで「この映画にぴったりの曲を作りたい」と決意。当時、親交のあった作曲家・筒美京平に曲作りを依頼した。 筒美京平は、堺正章の要望を聞きながら、映画のシーンを思い浮かべながら曲作りを進めた。そして、堺正章と筒美京平が共同で作詞し、完成したのが「さらば恋人」だった。 「さらば恋人」は、恋人に別れを告げる切ない歌詞と、疾走感のあるメロディーが特徴の楽曲。堺正章の力強いボーカルも相まって、多くの人の心を捉えた。 「さらば恋人」は、発売後すぐにヒットし、オリコンチャートで6週連続1位を獲得した。また、第23回日本レコード大賞を受賞し、堺正章の代表曲となった。現在でも、多くの人に愛され続けている名曲である。
作品名

その女アレックスの秘密と魅力

フランスミステリーの巨匠ピエール・ルメートルの傑作「その女アレックスの秘密と魅力」は、息詰まるサスペンスと魅力的なキャラクターが織りなす、目が離せない一冊だ。 本作は、かつてパリの捜査官として名を馳せたコミッショネル・ダヴィッド・フォルターが、引退生活を送る南仏の小さな村で、不可解な事件に遭遇するところから始まる。村で唯一のホテルの経営者であるアレックスは、若い女性を殺害した容疑で逮捕され、フォルターは彼女を救うために奔走する。 アレックスは、逮捕当初から無実を主張しており、フォルターも彼女の潔白を信じている。しかし、事件の捜査が進むにつれて、アレックスには隠された秘密があり、その秘密が事件の鍵を握っていることが明らかになっていく。 フォルターは、アレックスの秘密を暴くために、彼女の過去を徹底的に調べ始める。その過程で、アレックスが若い頃に犯罪に関与していたこと、そしてその犯罪が彼女の現在の状況と関係していることが判明する。
施設名・ロケ地

そごう大宮店について

そごう大宮店の歴史 そごう大宮店は、埼玉県大宮市(現・さいたま市)にある百貨店です。1938年(昭和13年)に「大宮髙島屋」として開業し、1971年(昭和46年)に「そごう大宮店」に改称しました。 そごう大宮店は、大宮駅東口に位置する、地上10階、地下2階の建物です。総売場面積は約4万平方メートルで、婦人服、紳士服、子供服、雑貨、食品、レストランなど、約150の店舗が入居しています。 そごう大宮店は、大宮駅周辺で最も大きな百貨店であり、地元の人々や観光客に親しまれています。また、そごう大宮店は、大宮駅周辺のランドマーク的存在であり、大宮の街を代表する百貨店です。 そごう大宮店は、2020年(令和2年)に閉店が発表されました。そごう大宮店の閉店は、大宮の街に大きな影響を与えるものと予想されています。
作品名

そらのことばが降ってくる – 小学館児童出版文化賞受賞作

高柳克弘氏はその児童文学作品で、2023年6月に小学館児童出版文化賞を受賞しました。彼の作品は、自然や動物を題材にしたものも多く、それらは簡潔な言葉でその美しさを表現しています。彼の作品はまた、子供たちに大切なことを伝えるために、動物同士の交流を描いたものも少なくありません。 受賞作となった「そらのことばが降ってくる」は、空から降り注ぐ不思議な言葉が、主人公の少年と少女の人生を変える物語です。この物語は、言葉の力をテーマに、主人公たちが人生の困難に直面しながらも、希望を見出して成長していく姿を描いています。 高柳氏は、受賞作以外にも「海の見えるまち」や「風の丘の物語」など、数多くの作品を発表しています。彼の作品は、子供たちの想像力を育み、人生の大切なことを教えるために、多くの人々に愛されています。
モノの名前

「爽健美茶」の魅力とは?

爽健美茶の歴史と特徴 爽健美茶は、1992年に伊藤園から発売された緑茶飲料です。当初は「緑茶・健康」というコンセプトのもと、健康志向の高まりに応える形で開発されました。その後、爽健美茶は様々な改良が加えられ、現在では伊藤園の主力商品の一つとなっています。 爽健美茶の特徴は、何と言ってもそのすっきりとした飲み口です。これは、緑茶にブレンドされたルイボスティーによるもので、ルイボスティーにはポリフェノールやミネラルが豊富に含まれています。また、爽健美茶にははっか油やレモングラスもブレンドされており、爽やかな風味と香りが楽しめます。 爽健美茶は、発売以来、そのおいしさや健康効果が評価され、多くの人々に親しまれています。また、爽健美茶はスポーツ飲料としても人気があり、運動前や運動後に飲むことで、水分補給と疲労回復をサポートしてくれます。
地名・ロケ地

孀婦岩の謎に迫る

孀婦岩の地理と歴史 孀婦岩は、千葉県御宿町から約100キロメートル離れた太平洋上に位置する無人島です。面積は約0.05平方キロメートルで、標高は42.2メートルです。孀婦岩は、東西に細長い形をしており、島の周囲は断崖絶壁で覆われています。 孀婦岩は、約1,000万年前に海底火山の噴火によって形成されました。その後、プレートの移動によって海面上昇し、現在のような姿になりました。 孀婦岩は、その特異な形状から古くから人々に知られていました。江戸時代には、海難事故が多発したことから、「魔の島」と呼ばれていました。また、孀婦岩には鬼ヶ島伝説が残されており、鬼が住む島として恐れられていました。 1854年、ペリー提督率いるアメリカ艦隊が日本に来航した際に、孀婦岩を「孀婦岩」と命名しました。孀婦岩という名前は、島の形が孀婦(寡婦)に似ていることから名付けられたものです。 孀婦岩は、現在でも無人島であり、人は住んでいません。しかし、島の周辺には豊かな漁場が広がっており、漁業者が頻繁に訪れます。また、孀婦岩は景勝地としても知られており、観光客が訪れることもあります。
その他

曽爾高原湧水群の魅力

曽爾高原の湧水群は、奈良県中央部に位置する曽爾高原に点在する湧水群です。日本名水百選にも選定された美しい自然に囲まれた湧水群で、年間を通して多くの観光客が訪れます。 曽爾高原は、海抜約900メートルから1,300メートルの高地に広がる高原で、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。春には桜やレンゲ、夏には緑豊かな木々、秋には紅葉、冬には雪化粧をした山々など、さまざまな景色を堪能できます。 曽爾高原の湧水群は、そんな美しい自然に囲まれた場所にあります。湧水群は、数多くの湧き水が点在しており、その澄んだ水は、地元の人々や観光客に親しまれています。湧水群の中には、名水百選にも選定された「曽爾高原の湧水」があり、その水は、甘くてまろやかな味わいで、多くの人々に愛されています。 曽爾高原の湧水群は、美しい自然に囲まれた、日本屈指の湧水群です。湧き水の水は、甘くてまろやかで、地元の人々や観光客に親しまれています。曽爾高原を訪れた際には、ぜひ湧水群を訪れてみてください。
芸能人の名前

ドレミファ・どーなっつ!の「空男」が気になる

-空男のプロフィール- * 名前空男(そらお) * 年齢14歳 * 性別男性 * 職業フリーター * 性格明るく元気で、いつも笑顔。好奇心旺盛で、新しいことに挑戦することが大好き。困っている人をみると、放っておけない。 * 特技ドレミファ・どーなっつの店長代理を務める。接客の仕事に就いており、お客様に対する気遣いが行き届いている。 * 趣味音楽鑑賞、読書、旅行 * 夢世界中を旅して、多くの人と出会うこと。そして、自分の音楽を世界中の人々に届けること。 空男は、ドレミファ・どーなっつの店長代理を務める、14歳の男の子です。明るく元気で、いつも笑顔。好奇心旺盛で、新しいことに挑戦することが大好きです。困っている人をみると、放っておけません。 空男の特技は、接客です。お客様に対する気遣いが行き届いており、いつも笑顔で対応しています。また、空男は音楽鑑賞、読書、旅行が趣味です。音楽鑑賞では、特にロックミュージックが好きで、よくライブに行っています。読書では、特に推理小説が好きで、よく読んでいます。旅行では、特に海外旅行が好きで、よく海外に旅行に行っています。 空男の夢は、世界中を旅して、多くの人と出会うことです。そして、自分の音楽を世界中の人々に届けることです。
作品名

空を飛んだ少年:文学史上最も輝くSF

ファンタジーとリアリズムの融合 「空を飛んだ少年」は、ファンタジーとリアリズムを融合した作品である。主人公の少年は、現実世界に存在しない空を飛ぶ能力を持つが、その能力を駆使して、現実世界の問題を解決していく。この作品では、ファンタジーとリアリズムがうまく融合されており、読者は、非現実的な世界観にもかかわらず、主人公の少年に共感し、物語に引き込まれていく。 例えば、主人公の少年は、ある日、空を飛んでいると、海の上で難破した船を発見する。少年は、難破した船から乗客を救助し、彼らを安全な場所まで送り届ける。このエピソードは、非現実的な空を飛ぶ能力を持つ少年が、現実世界の問題を解決するという、ファンタジーとリアリズムが融合した世界観をよく表している。 「空を飛んだ少年」は、ファンタジーとリアリズムを融合した作品であり、読者を楽しませるだけでなく、考えさせられる作品でもある。この作品は、読者に、現実世界の問題を解決するには、ファンタジーの世界に頼るのではなく、現実世界で努力することが大切であることを教えてくれる。
作品名

「空と原」の魅力を解説

ストーリーの魅力 「空と原」のストーリーは、そのシンプルさと普遍性において魅力的です。物語は、大切なものを失い、それを取り戻すために旅に出る一人の少年の物語です。この物語は、誰もが共感できるものであり、それが「空と原」を幅広い読者に愛される作品にしているのです。 主人公の少年は、最初は弱く、自信がありません。しかし、旅を通して、彼は強くなり、自信を持ってきます。彼はまた、友情と愛の力を学びます。そして、最終的には、失ったものを取り戻すことに成功します。 「空と原」のストーリーは、希望と回復の物語です。それは、たとえどんなに困難な状況に陥っても、決して諦めてはいけないということを教えてくれます。また、友情と愛の力は、どんな困難も乗り越えることができるということを教えてくれます。
作品名

それ行け!カッチン

-自由を生きる少女、カッチン- カッチンは自由奔放な少女です。彼女はどんな場所にいても自分の居場所を見つけ、どんな状況でも自分の道を切り開いていきます。彼女は好奇心旺盛で、常に新しいことを学び、新しい経験を積もうとしています。彼女はまた、とても社交的で、 wherever she goes。彼女はとても社交的で、どこに行っても友達を作ります。 カッチンは、自分がやりたいことに情熱を持って取り組む女の子です。彼女はダンスが大好きで、毎週ダンス教室に通っています。また、彼女は絵を描くことも大好きで、自分の周りの世界をキャンバスに表現しています。カッチンは、何事にも全力で取り組む女の子です。彼女は決してあきらめず、常に自分の目標を達成するために努力しています。 カッチンは、とても勇敢な女の子です。彼女は新しいことに挑戦することを恐れず、失敗してもめげずに立ち上がります。また、彼女はいつも友達や家族のことを考えていて、彼らのためにできることは何でもします。カッチンは、とても思いやりのある女の子です。彼女はいつも他人の気持ちを考え、他人を助けるためにできることは何でもします。 カッチンは、とても素敵な女の子です。彼女は、いつも明るく前向きで、周りの人々を笑顔にします。また、彼女はとても賢くて、いつも新しいことを学び、新しい経験を積もうとしています。カッチンは、とても好奇心旺盛な女の子です。彼女は、いつも新しいことを知りたがっていて、新しい経験を積もうとしています。
その他

ロシアの祝日「祖国防衛の日」とは?

「祖国防衛の日」の歴史と由来 「祖国防衛の日」は、1922年2月23日に、ソビエト連邦の初代首相であるウラジーミル・レーニンが、赤軍(ソ連軍の前身)の創設を命じた日を記念する祝日として制定されました。この祝日は、当初「赤軍と海軍の日」と呼ばれていましたが、1946年に「祖国防衛の日」と改称されました。 「祖国防衛の日」は、ソ連時代には、軍事的パレードや演説、スポーツ大会などのさまざまなイベントが行われていました。また、この祝日は、ソ連軍の英雄たちを称える日とされていたため、兵役を終えた人々や退役軍人たちが集まる日でもありました。 ソ連崩壊後も、「祖国防衛の日」は、ロシア連邦で祝日として残されました。しかし、この祝日の意味合いは、ソ連時代とは大きく異なっています。ソ連時代には、軍事力を誇示し、国民の愛国心を高めるための日でしたが、ロシア連邦では、兵役を終えた人々や退役軍人たちの功績を称え、平和を祈る日となっています。
施設名・ロケ地

「外ヶ浜町蟹田スキー場」の魅力を徹底解説!

-外ヶ浜町蟹田スキー場の概要と特徴- 青森県外ヶ浜町にある外ヶ浜町蟹田スキー場は、広大な面積と豊富な積雪量を誇るスキー場です。ゲレンデは初心者から上級者まで楽しめる10本のコースがあり、リフトは5基備わっています。また、スノーボードパークやクロスカントリーコースも整備されており、様々なウィンタースポーツを楽しむことができます。 外ヶ浜町蟹田スキー場の最大の特徴は、なんといってもその広大なゲレンデです。総面積は150ヘクタールにも及び、東北地方有数の広さを誇ります。そのため、混雑することなく、思う存分スキーやスノーボードを楽しむことができます。 積雪量も豊富で、例年12月から3月まで営業しています。ゲレンデの標高は海抜300メートルから500メートルと比較的低いため、比較的温暖な気候ですが、その分、雪質は良好です。 外ヶ浜町蟹田スキー場は、初心者から上級者まで楽しめるゲレンデを備えているため、家族や友人と一緒にスキーやスノーボードを楽しむのに最適です。また、スノーボードパークやクロスカントリーコースも整備されており、様々なウィンタースポーツを楽しむことができます。
地名・ロケ地

「そうじゃ吉備路マラソン」の魅力と特徴

-大会の歴史と概要- 「そうじゃ吉備路マラソン」は、岡山県総社市で開催されるマラソン大会で、1990年に第1回大会が開催されました。当初は「吉備高原シティマラソン」という名称でしたが、2001年に現在の名称に変更されました。 大会の特徴は、吉備高原の美しい自然を満喫できるコース設定です。スタートとゴールは総社市役所前広場、吉備高原を中心に、津山街道、久米街道などの旧街道を巡るコースで、高低差が少なく走りやすいのが特徴です。 また、大会にはフルマラソン、ハーフマラソン、10キロロードレース、5キロロードレースの4種目が用意されており、初心者から上級者まで幅広く参加することができます。 大会は毎年2月後半に開催され、約1万人が参加します。2020年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、2021年は感染対策を講じた上で開催され、約6,000人が参加しました。 「そうじゃ吉備路マラソン」は、吉備高原の美しい自然を満喫できる人気マラソン大会です。初心者から上級者まで幅広く参加できるので、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。
作品名

祖母、わたしの明治を読み解く

志賀かう子による評伝は、祖母である志賀直哉の妻、兼子の一生をたどった評伝である。兼子は1882年に東京で生まれ、1979年に97歳で亡くなった。彼女は、志賀直哉と結婚する前に、キリスト教の宣教師として働いていた。志賀直哉との間には、5人の子供が生まれたが、そのうち2人は幼い頃に亡くなった。 兼子は、志賀直哉の小説のモデルになったり、随筆を書いたりするなど、文学の世界に関わっていた。彼女はまた、社会活動にも積極的に参加し、女性の権利のために尽力した。兼子は、志賀直哉の死後も、作家として活躍し、数々の作品を残した。 志賀かう子は、祖母である兼子の生涯をたどりながら、その生き方や思想を明らかにした。評伝は、兼子の人柄や志賀直哉との関係、社会活動など、さまざまな側面から描かれている。評伝は、兼子の生き方が現代の女性にも示唆を与えることを指摘している。
施設名・ロケ地

「そごう八王子店」の歴史と魅力

百貨店の誕生と発展 1886年に東京・日本橋に三井呉服店(現・三越)が誕生しました。これが、日本初の百貨店であり、日本の百貨店の歴史の幕開けとなりました。三越は、それまでの呉服店とは異なり、さまざまな商品を一つの店舗で揃えるという画期的なシステムを導入し、瞬く間に人気を集めました。 その後、百貨店は全国各地に広がっていきました。1938年には、そごう百貨店が大阪に創業し、関西地区を中心に店舗を展開していきます。1963年には、そごう百貨店が八王子に進出し、現在に至るまで八王子市民に親しまれてきました。 八王子のそごう百貨店は、ファッション、化粧品、食品、生活雑貨など幅広い商品を取り扱い、地元の買い物客はもちろん、観光客からも人気を集めています。また、そごう百貨店は、催事やイベントなど、さまざまな企画も行っています。
作品名

「存在の書」についての考察

「存在の書」とは、宇宙のすべての情報が記録されたとされる神秘的な書物です。それは、すべての真理と知識を含む完璧な書物であり、過去、現在、未来のすべてを網羅していると言われています。 「存在の書」が実際に存在するかどうかについては、さまざまな意見があります。それを信じる人たちは、宇宙の神秘を解き明かすことができる鍵であると主張します。一方、それは単なる神話や伝説であると考える人もいます。 「存在の書」の起源は古く、古代ギリシャや古代エジプトにまでさかのぼることができます。ヘブライ語聖書にも「存在の書」に関する記述があり、そこでは、それは神の書であり、すべてのものの記録されているとされています。 「存在の書」は、多くの作家や芸術家によって題材として取り上げられてきました。例えば、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説「バベルの図書館」では、「存在の書」を収蔵する巨大な図書館が登場します。また、映画「マトリックス」では、「存在の書」は現実世界の真の姿を記したプログラムとして描かれています。 「存在の書」は、宇宙の神秘を解き明かすことができる鍵なのか、単なる神話や伝説なのか、その真実はまだ解明されていません。しかし、その存在を信じる人たちは、いつかはそのベールが剥がれ、宇宙のすべての真理が明らかにされると考えています。
モノの名前

そばかすの少年の魅力

森の中で、番人として働く少年のたくましい成長 森の番人として働く少年は、たくましく成長していました。彼は毎日、森の中を歩き回り、動物や植物の世話をしていました。また、森に迷い込んだ人々を助けたり、森を荒らす人々を追い出したりするなど、森を守るために働いていました。 少年は、森の中で暮らす動物や植物のことをよく知っていました。彼は、それぞれの動物や植物の習性や特徴を理解し、それらを守り育てるために尽力していました。また、彼は森に迷い込んだ人々を助けるために、森の中をくまなく歩き回り、迷子になった人々を見つけ出しては、安全な場所まで案内していました。 さらに、少年は森を荒らす人々を追い出すために、森の中でパトロールを行っていました。彼は、森の中で不審な動きをする人々を見つけると、その人々に注意を呼びかけ、森から立ち去るように促していました。そして、もしその人々が森を荒らすような行為を続けた場合には、少年は警察に通報して、その人々を逮捕してもらっていました。 少年は、森を守るために、毎日一生懸命働いていました。彼は、森の中で暮らす動物や植物、そして森に迷い込んだ人々を守るために、自分の命を懸けて戦っていました。そして、少年のたくましい成長は、森を守るために働くすべての少年少女の希望の星となっていました。
モノの名前

家族亭のそば・うどん屋「蕎菜」の魅力を徹底解剖!

蕎菜で味わえる絶品のそば・うどんメニュー 蕎菜では、厳選された国産そば粉を使用した絶品のそばメニューをご用意しております。ざるそば、かけそば、天ぷらそばなど、定番のそばメニューはもちろん、鴨せいろそば、山菜そば、とろろそばなど、季節の食材を使用したそばメニューも充実しております。 また、コシの強い讃岐うどんを使用したうどんメニューも人気です。かけうどん、ぶっかけうどん、天ぷらうどん、肉うどん、カレーうどんなど、幅広い種類のうどんメニューをご用意しております。 そば・うどんの他にも、おつまみメニューや一品料理、デザートメニューも豊富に取り揃えております。そばやうどんを食べながら、ゆっくりとお酒を楽しむこともできます。 蕎菜は、ご家族連れや友人同士、お一人様でもお気軽にご利用いただけるお店です。ぜひ、一度ご来店いただき、絶品のそば・うどんをお楽しみください。
作品名

「空の要塞」ってどんな映画?

「空の要塞」は、2018年に公開された中国のSF映画です。監督はグオ・ジンミン、主演はアンディ・ラウ、ファン・ビンビン、ショーン・ドウです。 物語は、2049年の北京を舞台にしています。中国は、世界で初めて有人火星探査計画を実施しましたが、探査機が火星に到着すると、謎の攻撃を受けて破壊されてしまいます。中国政府は、この攻撃が地球外生命体の仕業であると結論づけ、宇宙軍を設立して地球を守る態勢を整えます。 宇宙軍の司令官に任命されたのは、宇宙飛行士のチャン・ハオチェン(アンディ・ラウ)です。チャン・ハオチェンは、宇宙軍の精鋭パイロットたちを率いて、地球外生命体の攻撃に立ち向かいます。 映画の見どころは、迫力満点の空中戦です。宇宙軍の戦闘機と地球外生命体の宇宙船が、激しい空中戦を繰り広げます。また、映画には、中国の伝統文化をモチーフにした壮大なシーンも登場します。 「空の要塞」は、中国のSF映画としては異例のヒットを記録しました。中国国内では、興行収入14億元を突破し、中国映画史上最高興行収入を記録しました。また、海外でも公開され、好評を博しました。
作品名

空飛ぶ戦闘艦(①・②)について

-ジュール・ヴェルヌの『征服者ロビュール』と空飛ぶ戦闘艦- フランスの作家ジュール・ヴェルヌは、彼の作品の中でしばしば空飛ぶ乗り物について書いている。彼の最も有名な作品のひとつである『征服者ロビュール』では、主人公のロビュールが空飛ぶ戦闘艦に乗って、プロイセン軍に占領されたパリを救出する。 『征服者ロビュール』は、1886年に発表された小説である。物語の舞台は、1870年の普仏戦争中のパリである。主人公のロビュールは、フランス軍の技術者であり、彼は空飛ぶ戦闘艦を発明する。ロビュールの発明した戦闘艦は、飛行機とヘリコプターの両方の特徴を備えた乗り物であり、空中を自由に飛行することができる。 ロビュールは、彼の空飛ぶ戦闘艦に乗って、プロイセン軍に占領されたパリを救出する。彼は、戦闘艦を使ってプロイセン軍の砲台を攻撃し、プロイセン軍を撤退させることに成功する。ロビュールの活躍により、パリは解放され、フランスは普仏戦争に勝利する。 『征服者ロビュール』は、空飛ぶ乗り物について書かれた初期の小説のひとつである。この小説は、空飛ぶ乗り物の可能性を人々に示し、空飛ぶ乗り物の開発を促進するのに役立った。
作品名

空の境界:小説とアニメのシリーズ

小説の起源と設定 空の境界の物語は、奈須きのこ氏が2001年に同人誌として発表した小説『空の境界 未来福音』に端を発する。その後、2002年から2008年にかけて全7作の小説が刊行され、人気を博した。小説は、主人公の両儀式が、ある日突然、常人には見えない死の線の見える「直死の魔眼」の持ち主となり、死線を断つことで人を殺すことができるようになったことから始まる。両儀式は、魔眼の能力を駆使して、事件を解決するべく、様々なキャラクターたちと出会い、戦いを繰り広げる。 小説の舞台は、現代の日本。東京の架空の都市である「三咲市」が主な舞台となる。三咲市は、近代的なビルと古い寺社が混在する、独特の雰囲気を持つ都市である。両儀式は、三咲市に住む高校生であり、魔眼の能力を持つことを除けば、普通の女子高生である。しかし、彼女の人生は、魔眼の能力に目覚めたことで一変する。両儀式は、魔眼の能力を使って、事件を解決するべく、様々なキャラクターたちと出会い、戦いを繰り広げる。
施設名・ロケ地

創価高等学校とは?

創価高等学校の歴史 創価高等学校は、1965年に創設された私立高等学校です。創立者は、宗教学者であり平和活動家の池田大作氏です。池田氏は、創価学会の第3代会長であり、世界平和運動の推進者として知られています。創価高等学校は、池田氏の教育理念に基づいて設立され、平和、文化、国際理解を重視した教育が行われています。 創価高等学校は、東京都杉並区に位置する男女共学の高等学校です。生徒数は約2,000名で、普通科と特進科の2つのコースがあります。普通科では、基礎学力の充実と幅広い教養の習得を目指した教育が行われています。特進科では、難関大学への進学を目指したハイレベルな教育が行われています。 創価高等学校は、国際理解教育にも力を入れています。毎年、海外研修旅行を実施し、生徒たちは世界各地の文化や歴史に触れる機会を得ています。また、創価高等学校には、留学生も在籍しており、国際色豊かな学校となっています。 創価高等学校は、平和教育にも力を入れています。毎年、平和集会を開催し、生徒たちは平和の大切さについて学びます。また、創価高等学校では、平和活動にも積極的に参加しており、核兵器廃絶運動や環境保護活動に取り組んでいます。 創価高等学校は、生徒一人ひとりの個性を尊重し、伸び伸びと成長できる環境を提供しています。創価高等学校の卒業生は、多くの分野で活躍しており、社会に貢献しています。