Suica

モノの名前

「ペンギン」と「Suica」のペンギン

ペンギンの魅力 ペンギンは、南半球の寒い地域に生息する鳥類です。愛らしい見た目とユニークな生態で、世界中の人々に愛されています。 ペンギンは、丸い体と短い羽、そしてくちばしを持っています。羽は油分を多く含み、防水性に優れています。そのため、水の中でも過ごすことができます。ペンギンは、海で泳いだり、魚を食べたりして生活しています。 ペンギンは、集団で生活しています。群れを作って行動することで、外敵から身を守ったり、餌を確保したりしています。ペンギンは、子育てにも協力し合います。オスとメスが交代で卵を温め、生まれたヒナは群れ全体で育てます。 ペンギンは、とても好奇心旺盛な動物です。人間に興味を示したり、カメラを向けるとポーズをとったりすることもあります。ペンギンは、その愛らしい見た目とユニークな生態で、世界中の人々に癒しを与えています。
モノの名前

可愛くて便利な! 「ペンギン」(Suicaのキャラクター)について

ペンギンの誕生秘話 ペンギンは、2002年に開催された「Suicaキャラクター公募」で誕生しました。応募総数はなんと10,000点以上。その中から選ばれたのが、ペンギンでした。ペンギンのデザインは、シンプルでありながら、どこか愛らしい雰囲気を醸し出しています。また、その姿はSuicaの「スイ」と「カ」を連想させることから、キャラクターとして最適だと評価されました。 ペンギンの誕生には、こんな秘話があります。公募の審査員を務めたのは、あの有名なイラストレーター、和田誠氏でした。和田氏は、応募作品を一つ一つ丁寧に審査し、最終的にペンギンを選びました。和田氏は、ペンギンについて「シンプルで愛らしい。そして、Suicaのキャラクターとしてふさわしい」と評しています。 ペンギンは、誕生以来、Suicaのキャラクターとして活躍しています。Suicaのポスターやパンフレットに登場したり、関連グッズが販売されたりしています。また、2003年には、ペンギンを主人公にしたアニメーション映画『ペンギン物語 幸福物語』が公開されました。ペンギンは、子供たちにも大人気のキャラクターです。その可愛らしい姿で、多くの人々を魅了しています。
モノの名前

Suicaのペンギンを徹底解剖!

Suicaのペンギンの誕生秘話 Suicaのペンギンは、2001年にJR東日本が発行したICカード乗車券「Suica」のマスコットキャラクターとして誕生しました。デザインを手掛けたのは、イラストレーターのさかざきちはる氏です。 さかざき氏は、Suicaのペンギンのデザインについて、「Suicaという名前から、ペンギンをモチーフにしました。ペンギンは南極に生息する鳥ですが、南極はSuicaの利用エリアである首都圏とは対極にある場所です。しかし、ペンギンは南極の厳しい環境の中でたくましく生きています。そのたくましさとSuicaの便利さを重ね合わせて、Suicaのペンギンをデザインしました」と語っています。 また、さかざき氏は、Suicaのペンギンのデザインに込めた思いについて、「Suicaのペンギンは、Suicaの利用者一人ひとりを表しています。Suicaのペンギンは、Suicaを利用することで、便利で快適な移動生活を送ることができます。Suicaのペンギンは、Suicaの利用者一人ひとりの生活を豊かにすることを願ってデザインしました」と語っています。 Suicaのペンギンは、誕生以来、多くの人々に愛されるキャラクターとなりました。Suicaのペンギンは、Suicaの利用者一人ひとりを表し、Suicaの利用者一人ひとりの生活を豊かにすることを願ってデザインされたキャラクターなのです。
モノの名前

「JRE POINT」とは?使い方や貯め方、交換できる商品を徹底解説

「JRE POINT」とは、株式会社東日本旅客鉄道(JR東日本)が展開するポイントサービスです。JR東日本の鉄道サービスや関連サービスを利用することで貯まり、鉄道関係のみならず、全国の提携店舗やオンラインショッピング、カード電子マネー決済など幅広いシーンで利用できます。また、「JRE POINT」は、貯めることによるポイントのランクアップがあり、ランクによって、ポイントの還元率や特典内容が異なります。
モノの名前

「ペンギン」の豆知識

ペンギンの誕生秘話 ペンギンは、南極大陸やその周辺の島々を中心に生息する、飛べない鳥です。そのユニークな姿と生態から、古くから人々に愛されてきました。そんなペンギンですが、その誕生には、いくつかの秘話があります。 ペンギンは、卵を産んで繁殖します。ペンギンは通常、一度に2個の卵を産みます。卵は、メスとオスが交代で温めます。卵は、約2か月で孵化します。 生まれたばかりのペンギンは、体重がわずか100グラムほどしかありません。全身が羽毛で覆われており、まだ飛ぶことはできません。親鳥は、生まれたばかりのペンギンに食べ物を与え、巣の中で育てます。 ペンギンは、生後約2か月で巣立ちます。巣立ち後は、親鳥と一緒に海で生活を始めます。ペンギンは、海で魚やイカなどを食べて暮らしています。 ペンギンは、寿命が長い鳥です。平均寿命は約20年と言われています。最も長寿のペンギンは、なんと50年以上も生きた個体もいるそうです。 ペンギンは、とても可愛らしい鳥です。しかし、その誕生には、いくつかの秘話があるのです。そんなペンギンの誕生秘話を知れば、ペンギンをより一層愛おしく思えるようになるかもしれません。