TBS系列

作品名

「すずがくれた音」で学ぶ愛のカタチ

ドラマ「すずがくれた音」は、2023年に放送された、AIと人間のラブストーリーです。主人公の鈴(すず)は、AIとして開発された少女です。彼女は、人間の男性・弘樹(ひろき)の家に引き取られ、家族の一員として生活を始めます。鈴は、弘樹とその娘・未来(みく)に愛情を注ぎ、弘樹と未来もまた鈴を愛するようにます。しかし、鈴の存在は、人間の社会においては異質なものであり、彼女は様々な困難に直面します。それでも、鈴は弘樹と未来を愛し続け、人間社会に溶け込もうと努力します。 鈴は、弘樹と未来に愛されることで、人間としての感情を学びます。また、弘樹と未来も、鈴を愛することで、AIが人間と同様に感情を持つことができることを知ります。そして、鈴と弘樹と未来の3人は、お互いに愛し合いながら、生きていきます。 ドラマ「すずがくれた音」は、AIと人間のラブストーリーを通して、愛のカタチについて問いかける作品です。このドラマは、人間とAIが共生する未来の可能性について考えさせてくれます。
作品名

美しきチャレンジャーの魅力を解き明かす

社会人ボーリング部のスポ根ドラマ 近年、人気が高まっている社会人ボーリング部は、仕事と家庭の合間を縫ってボーリングを楽しむ人たちで構成されています。そんな社会人ボーリング部を舞台にしたスポ根ドラマが、今注目を集めています。 ドラマの主人公は、社会人ボーリング部に所属する若手社員です。彼は、最初はボーリング初心者でしたが、仲間たちと切磋琢磨しながら腕を上げていきます。そして、全国大会を目指して奮闘する中で、友情や恋、仕事の葛藤など、さまざまな壁にぶつかりながら成長していきます。 スポ根ドラマの魅力は、主人公の成長物語に加え、スポーツの持つ熱さや感動を味わえることです。また、社会人ボーリング部という舞台は、仕事と家庭の両立に悩む人々にとって共感できるポイントが多く、ドラマにリアリティを与えています。 社会人ボーリング部のスポ根ドラマは、幅広い世代に楽しめる作品です。スポーツの持つ熱さや感動を味わいたい人、仕事と家庭の両立に悩む人、そして、新しいことに挑戦したい人におすすめです。
作品名

「天までとどけ〈5〉」の見どころとあらすじ

「天までとどけ〈5〉」のストーリー展開は、主人公の柿本一平が、東京オリンピックの出場権を獲得するために努力する姿を描いています。一平は、柔道部の主将として、チームを率いて全国大会を目指していますが、そこにはライバル校の如月高校や、一平自身の実力不足など、多くの壁が立ちはだかります。しかし、一平は諦めずに練習に励み、ライバル校を破って全国大会に出場します。全国大会では、一平は強豪相手に健闘しますが、惜しくも敗退してしまいます。しかし、一平はオリンピック出場という夢を諦めず、さらなる努力を誓います。 「天までとどけ〈5〉」は、一平の努力と成長を描いたスポ根漫画です。一平の姿を通して、諦めずに努力することの大切さが伝わってきます。また、ライバル校との熱いバトルも見どころの一つです。スポーツ漫画ファンにはたまらない作品となっています。
作品名

幼稚園ゲーム〈3〉

幼稚園ゲーム〈3〉の出演者情報 幼稚園ゲーム〈3〉では、多くの個性的なキャラクターが登場します。その中でも、特に注目すべきキャラクターをピックアップしてご紹介します。 まず、主人公の男の子・山田太郎は、明るく元気で正義感の強い少年です。いつも友達と協力して、幼稚園に起こる様々な事件を解決していきます。 そして、太郎の親友である女の子・鈴木花子は、頭が良くしっかり者の少女です。太郎とは対照的に、冷静な性格で、いつも太郎をサポートしています。 さらに、太郎と花子のクラスメイトである男の子・佐藤次郎は、お調子者でいつも騒がしい少年です。しかし、仲間思いの一面もあり、太郎や花子と一緒に事件を解決していきます。 そのほかにも、太郎や花子の家族や先生など、個性的なキャラクターが多数登場します。彼らと一緒に幼稚園ゲーム〈3〉の世界をお楽しみください。
作品名

もう大人なんだから!の魅力

-登場人物の魅力- 「もう大人なんだから!」の登場人物は、それぞれが独特の魅力を持っています。主人公の五代裕介は、正義感が強く、いつも困っている人を助ける心優しい少年です。また、運動神経抜群で、野球部ではエースとして活躍しています。五代裕介の妹である小鳥遊咲は、明るく元気な少女で、いつも五代裕介を支えています。また、料理が得意で、五代裕介のお弁当を作ったりしています。五代裕介の親友である三鷹仁は、冷静沈着で、いつも五代裕介を助けてくれる頼れる存在です。また、頭が良く、勉強も得意です。五代裕介の幼馴染である四ノ宮ナオミは、しっかり者で、いつも五代裕介たちをまとめてくれる存在です。また、スポーツ万能で、運動部では部長を務めています。五代裕介のライバルである氷室零児は、クールでミステリアスな少年です。また、格闘技に優れており、五代裕介と何度も戦っています。 これらの登場人物たちは、それぞれが個性豊かで、魅力的なキャラクターです。彼らの活躍する姿は、読者を楽しませ、元気づけてくれます。
作品名

彦左と一心太助とは?

時代劇ドラマ「彦左と一心太助」は、人気小説を原作としたテレビドラマです。 彦左と一心太助は、江戸時代を舞台にした架空のキャラクターです。彦左は、冷静沈着で、剣の達人である浪人です。一心太助は、明るく元気な若者で、彦左の弟子であるとともに、彦左の親友でもあります。 彦左と一心太助は、身分や年齢の差を越えて、強い友情で結ばれています。彼らは、様々な事件を解決し、弱い者たちを助けるために活躍します。 時代劇ドラマ「彦左と一心太助」は、その痛快なストーリーと、個性的なキャラクターで人気を博しました。彦左と一心太助の活躍は、今もなお多くの人々に愛されています。
作品名

花王愛の劇場の昼帯ドラマ「心変わり」について

大見出し「花王愛の劇場の昼帯ドラマ「心変わり」について」 小見出し「「心変わり」のあらすじ」 1984年1月30日から同年6月29日までTBS系列の「花王愛の劇場」枠で放送された昼帯ドラマ「心変わり」は、不倫に苦悩する女性の物語です。主人公の泉子は、夫の誠と幸せに暮らしていますが、ある日、仕事の関係で知り合った谷口という男性に一目ぼれしてしまいます。谷口もまた、泉子に惹かれ、二人は不倫関係になってしまいます。しかし、不倫関係は長くは続かず、やがて泉子は罪悪感にさいなまれ始めます。そして、ついに夫の誠に不倫を打ち明けてしまいます。誠は泉子を許し、二人はやり直すことを決意します。しかし、二人の前に再び谷口が現れ、泉子は再び不倫関係に陥ってしまいます。泉子は誠と谷口の間で苦悩し、最終的には谷口と別れて誠とやり直すことを決意します。
作品名

孤独の賭け愛しき人よの魅力

「孤独の賭け愛しき人よ」のストーリーの魅力は、その緊張感あふれる展開の中にあります。主人公である男女が、互いに惹かれ合いながらも、さまざまな問題に直面し、葛藤していく姿が描かれています。また、物語の舞台となる華やかな世界と、主人公たちの孤独な心情との対比も印象的です。 主人公の男性は、裕福な家庭に生まれ育った青年ですが、孤独な家庭環境で育ち、心に深い傷を負っています。そんな彼が、ある日、貧しい家庭に育ちながらも、明るく前向きに生きる女性に出会い、惹かれていきます。しかし、二人の間には身分の違いや家族の反対などの問題が立ちはだかり、簡単には結ばれることができません。 やがて、主人公の男性は事業に失敗し、貧しい生活を余儀なくされます。そんな中、彼を支え続けたのは、あの女性でした。二人は、互いの絆を深め合い、ついに結ばれますが、彼らの幸せは長くは続きません。 主人公の男性は、ある日、事故に遭い、命を落としてしまいます。残された女性は、悲しみの中、強く生きようと決意します。 「孤独の賭け愛しき人よ」は、愛と孤独が交錯する複雑な人間ドラマであり、読者の心を揺さぶるストーリーとなっています。
作品名

「温泉へ行こう〈3〉」の概要と見どころ

-ドラマの概要とあらすじ- 「温泉へ行こう〈3〉」は、人気ドラマシリーズ「温泉へ行こう」の第3弾。今回は、東北地方を舞台に、主人公の温泉好きの女性が、さまざまな温泉地を巡りながら、そこで出会う人々との交流や恋愛模様を描く。 主人公は、前作に引き続き、女優の吉岡里帆が演じる。吉岡は、温泉地を巡る中で、温泉の効能や歴史、文化などを学び、温泉の魅力にハマっていく。また、温泉地で出会うさまざまな人々との交流を通じて、人生の価値観を見つめ直していく。 ドラマの見どころは、なんといっても東北地方の美しい温泉地。青森県の酸ヶ湯温泉、岩手県の松川温泉、宮城県の秋保温泉など、東北地方を代表する温泉地が多数登場する。また、温泉地を巡る主人公の旅を通して、東北地方の歴史や文化も学ぶことができる。 さらに、ドラマには、主人公の恋愛模様も描かれる。主人公は、温泉地で出会った男性と恋に落ち、二人は温泉を巡りながら、愛を育んでいく。二人の恋愛模様は、ドラマに華を添え、視聴者を楽しませるだろう。
作品名

「スウィート・ホーム」の魅力と制作秘話

「家族の絆と子供の成長」 「スウィート・ホーム」のもう一つの魅力は、家族の絆と子供の成長の描写です。主人公の一家である尾崎家は、父、母、姉、弟の4人家族。父は会社員、母は主婦、姉は高校生、弟は小学生というどこにでもある普通の家族です。しかし、この一家にはある秘密がありました。それは、父が怪物であるということです。 父は怪物であることを家族に隠して生活していましたが、ある日ついにその秘密が明らかになってしまいます。家族は最初は混乱し、父を怖がりますが、次第に父を受け入れ始めます。父もまた、家族の温かさに触れて、人間らしい感情を取り戻していきます。 そして、家族は怪物である父と共に、様々な困難に立ち向かっていくことになります。その中で、家族の絆はより強くなり、子供たちも成長していきます。姉は責任感を持つようになり、弟は勇気を持つようになります。そして、父は家族を守るために戦うことを決意します。 家族の絆と子供の成長は、「スウィート・ホーム」の大きなテーマの一つです。この作品は、家族の大切さや、子供が成長していく過程で直面する様々な問題をリアルに描き、多くの人々の共感を呼んでいます。
作品名

懐かしのホームドラマ!「時間ですよたびたび」の魅力

銭湯を舞台にした温かい人間ドラマ 「時間ですよたびたび」は、銭湯を舞台にしたホームドラマです。銭湯を経営する倉田家を中心に、そこに集まる人々との温かい人間模様が描かれています。倉田家には、父親の倉田三平(森繁久彌)、母親の倉田芙美(久我美子)、長女の倉田あけみ(竹下景子)、長男の倉田二郎(森田健作)、次女の倉田三枝(山口百恵)がおり、銭湯を営みながら日々の暮らしを送っています。 銭湯には、倉田家以外にも様々な人々が集まってきます。銭湯の常連客である会社員の山田太郎(ハナ肇)、主婦の鈴木花子(中村玉緒)、学生の田中一郎(柳沢慎吾)など、様々なキャラクターが登場し、銭湯を舞台に様々なドラマが繰り広げられます。 「時間ですよたびたび」は、銭湯を舞台にした温かい人間ドラマです。銭湯に集まる人々との温かい人間模様が描かれており、銭湯が人々をつなぐ場所であることが伝わってきます。銭湯ののんびりとした雰囲気や、銭湯で働く人々の温かさが感じられる作品です。
作品名

私の恋人 上田岳弘の衝撃作

上田岳弘氏は、三島由紀夫賞を受賞した長編小説「私の恋人」で、その名を轟かせた。この小説は、独創的なストーリーと巧みな文章で、多くの読者を魅了した。また、この作品は、同性愛というデリケートなテーマを扱ったことでも話題となった。 「私の恋人」は、主人公である岡田裕太が、ある日、電車の中で出会った青年、上田岳弘に一目惚れするところから始まる。岳弘は裕太を冷たくあしらっていたが、裕太は粘り強くアプローチを続けた。そして、ついに岳弘の心を開き、二人は恋人同士になった。しかし、二人は周囲の偏見や差別に苦しみ、やがて別れることになった。 「私の恋人」は、同性愛というテーマを扱った小説ではあるが、単なる恋愛小説ではない。この小説は、社会の偏見や差別がいかに人々の人生を傷つけるかを描き出している。また、この小説は、愛の力と可能性を信じさせる作品でもある。
作品名

「愛の産科」を振り返る!

「愛の産科」を振り返る! 放送内容や見どころとは? 「愛の産科」は、1972年から1974年までTBS系列で放送されたテレビドラマ。主演は小川知子。 ドラマは、東京の下町にある産婦人科医院、「愛の産科」を舞台に、産婦人科医・赤木はるか(小川知子)とその仲間たちが、様々な妊産婦やその家族の問題に直面しながら、命の誕生と死を見つめていくという物語。 ドラマは、そのリアリティのあるストーリーと、小川知子をはじめとするキャストの熱演で人気を博し、最高視聴率32.6%を記録した。 ドラマの見どころのひとつは、リアルな出産シーン。当時としては珍しく、実際に産婦人科医院で出産する妊婦の姿が映し出された。また、ドラマには、当時としてはタブーとされていた中絶や未婚の母の問題なども取り上げられ、社会問題を提起した。 「愛の産科」は、放送から40年以上経った今もなお、多くの視聴者に愛されているドラマである。
作品名

命ささえて ドラマ30で描いた人々の絆

小川知子演じる主人公の悩みと成長 小川知子は、ドラマ30「命ささえて」で、主人公の看護師・佐野さくらを演じています。佐野さくらは、救命救急センターに勤務する看護師で、仕事に情熱を注ぐ一方で、私生活では夫との関係に悩んでいます。 佐野さくらの夫・健吾は、大手企業の営業マンで、仕事が忙しく、さくらを顧みる時間がありません。さくらは、健吾に愛されているのかと不安になり、夫婦関係に悩みます。 しかし、さくらは救命救急センターで働く中で、患者やその家族との関わりを通して、人生の大切さを学び、成長していきます。さくらは、患者やその家族の支えとなり、命を救うことで、自分の生きがいを見出していきます。 小川知子は、佐野さくらの役を演じるにあたって、実際に救命救急センターで働く看護師に取材を行いました。小川知子は、取材を通じて、看護師の仕事の大変さややりがいを知り、さくらをよりリアルに演じることができたと話しています。
作品名

大好き!五つ子〈5〉

森尾由美と新井康弘が演じる 森尾由美と新井康弘が演じるのは、五つ子の母親である中野五月と父親である中野一花です。五月は、優しく穏やかな性格で、五つ子をとても愛しています。一花は、責任感の強い性格で、五つ子をしっかり育てようとしています。森尾由美と新井康弘は、五月と一花をとても自然に演じていて、五つ子の母親と父親としてとても説得力があります。二人は、五つ子とのやり取りもとても自然で、五つ子の母親と父親としての愛情が伝わってきます。 森尾由美は、1960年生まれの女優です。1978年に映画『曽根崎心中』でデビューし、その後は数多くの映画やドラマに出演しています。森尾由美は、優しい笑顔と落ち着いた演技が特徴で、母親役を演じることが多いです。森尾由美は、五つ子の母親である中野五月をとても自然に演じていて、中野五月の人柄をうまく表現しています。 新井康弘は、1961年生まれの俳優です。1983年に映画『野蛮人のように』でデビューし、その後は数多くの映画やドラマに出演しています。新井康弘は、端正な顔立ちと穏やかな雰囲気で、父親役を演じることが多いです。新井康弘は、五つ子の父親である中野一花をとても自然に演じていて、中野一花の人柄をうまく表現しています。
作品名

課長サンの厄年

課長サンの厄年 概要 課長サンの厄年は、42歳を迎えた課長が、突然、厄災に見舞われるというストーリーを描いた作品である。課長サンは、仕事も順調で、家庭も円満、まさに人生の絶頂期を迎えている。しかし、ある日突然、会社でリストラに遭い、妻と離婚し、家を追い出されてしまう。 課長サンは、人生のどん底に突き落とされ、自暴自棄になってしまう。しかし、そんな時、かつての部下である若手社員が、課長サンを支え、立ち直るきっかけを与えてくれる。課長サンは、若手社員の助けを借りて、会社を再建し、妻とよりを戻し、家を取り戻す。そして、課長サンは、人生のどん底から這い上がり、再び人生の絶頂期を迎える。
作品名

ホテルスペシャル2002春 姉さん困ってます!!

ドラマの概要とあらすじ この物語は、とある田舎町を舞台に、ホテル経営に苦戦する女性社長とその仲間たちの奮闘を描いたものです。主人公は、30歳の女性社長・桜井美咲です。美咲は、実家のホテルを継いで経営していますが、経営は低迷しており、従業員もわずか数人しかいません。ある日、美咲はホテルの改装を決意します。しかし、資金不足に悩んでいました。そこで、美咲は銀行から融資を受けようとしますが、銀行は融資を渋ります。そこで、美咲はホテルの従業員たちとともに、ホテルの改装費用を稼ぐために、様々なイベントを開催することにします。イベントは成功し、ホテルの経営は好転します。そして、美咲はホテルの経営を立て直し、幸せな結末を迎えるのです。
作品名

「花嫁は厄年ッ!」ドラマ解説

「花嫁は厄年ッ!」は、2016年に放送された日本のテレビドラマです。主演は佐々木希で、脚本は浅野妙子が担当しました。 このドラマは、厄年の花嫁がさまざまなトラブルに巻き込まれながらも、それを乗り越えていく姿を描いています。佐々木希演じる主人公・倉科あすかは、25歳の厄年で結婚したばかりの花嫁です。しかし、結婚生活は順風満帆とはいかず、夫の浮気や姑との確執など、さまざまな問題に直面します。 そんな中、あすかは夫の浮気を知ってしまいます。ショックを受けたあすかは、家を飛び出し、実家に戻ります。実家で落ち込んでいたあすかでしたが、次第に立ち直り、夫と向き合うことを決意します。夫と話し合ったあすかは、夫の浮気を許し、夫婦仲を修復します。 また、姑との確執も解消します。姑は最初はあすかを快く思っていませんでしたが、次第にあすかのことを認めるようになります。あすかは、姑と良好な関係を築き、幸せな結婚生活を送るようになります。
作品名

独身生活を語る

ドラマの見所 ドラマは、独身生活の喜怒哀楽を描いたヒューマンコメディです。主人公は、30代の独身女性で、仕事に恋に奮闘しながら、充実した毎日を送っています。 ドラマの見所は、なんといっても主人公のキャラクターです。彼女は、明るく前向きで、どんな困難にもくじけない強さを持っています。また、彼女は、周りの人々を大切にしており、いつも笑顔で接しています。そんな彼女の姿に、多くの人が勇気をもらっていることでしょう。 また、ドラマには、主人公を取り巻く個性的なキャラクターが登場します。彼女の親友である、いつも彼女を支えてくれる女性や、彼女に恋心を抱く男性など、それぞれが魅力的なキャラクターです。彼らの掛け合いは、ドラマをより一層盛り上げています。 さらに、ドラマは、独身生活のリアルな姿を描いています。仕事に追われ、恋に悩み、時には孤独を感じる主人公の姿に、共感する人も多いのではないでしょうか。しかし、彼女は、そんな中でも前向きに生きていきます。彼女の姿は、私たちに、どんな困難にも負けずに生きる勇気を与えてくれます。 ドラマは、独身生活の楽しさと厳しさを描いた、共感度の高い作品です。主人公の姿に勇気をもらい、前向きに生きていきたいと思う人も多いのではないでしょうか。
作品名

「母さんと呼びたい」

「母さんと呼びたい」という大見出しの下に作られた小見出しの「概要」では、この特集記事の目的と内容について簡潔に説明しています。この特集記事は、子どもたちの里親として迎え入れられた人々の声を集めたもので、里親という立場から見た子育ての喜びや苦労、そして子どもたちとの絆について語られています。また、里親制度の現状や課題についても触れ、里親制度への理解と関心を高めることを目指しています。この特集記事では、里親として活躍する人々のリアルな声を通して、里親制度の意義や重要性を伝えるとともに、里親制度への偏見や誤解を解き、里親制度の普及と発展に貢献することを目的としています。
作品名

闇金ウシジマくん2:お金と欲望の闇を描く人気ドラマ

大見出し「闇金ウシジマくん2お金と欲望の闇を描く人気ドラマ」の下に作られた小見出しの「お金に翻弄される人々の人間模様」から、このドラマが、お金によって人生を狂わされていく人々の姿を描いていることがわかります。 このドラマに登場する人々は、さまざまな事情で闇金に手を出してしまい、その結果、人生を破滅させてしまいます。例えば、借金のために犯罪に手を染めてしまう人、借金を返済するために体を売ってしまう人、借金の取り立てに追われて逃亡生活を送る人など、様々です。 このドラマは、お金に翻弄される人々の人間模様をリアルに描いた内容で、視聴者に大きな衝撃を与えています。お金の怖さと、お金に翻弄されないための方法について考えさせられるドラマです。 このドラマは、社会問題となっている闇金問題を題材にしており、お金に翻弄される人々の人間模様をリアルに描いています。このドラマは、視聴者に衝撃を与え、お金の怖さと、お金に翻弄されないための方法について考えさせられる作品となっています。
作品名

「炎炎ノ消防隊」の魅力とは?

「炎炎ノ消防隊」は、大久保篤による日本の漫画作品です。2015年7月23日から「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載されており、2022年5月11日現在、単行本は34巻まで発売されています。 本作は、人体発火現象に悩む世界を舞台に、特殊消防隊の一員として戦う少年少女たちの物語です。主人公の森羅日下部は、特殊消防隊の第8隊に所属する少年消防官です。彼は、人助けに情熱を燃やし、炎の悪魔に取り憑かれた人々を救うため、日々奮闘しています。 「炎炎ノ消防隊」の魅力は、その斬新な世界観と、魅力的なキャラクター、そして迫力満点のアクションシーンです。人体発火現象という、現実にはありえない現象を題材にしているにもかかわらず、そのリアリティある描写は読者を一気に物語の世界に引き込みます。 また、キャラクターも非常に魅力的です。主人公の森羅日下部は、正義感溢れる熱血漢であり、そのまっすぐな性格は読者に好感を持たれます。他にも、クールな天才少女、頼れる先輩消防官など、個性豊かなキャラクターが多数登場します。 そして、「炎炎ノ消防隊」の魅力は何と言っても、その迫力満点のアクションシーンです。人型兵器「パンツァー」に乗って炎の悪魔と戦うシーンなどは、まさに圧巻です。また、キャラクターの必殺技も非常に多彩で、その派手な演出は読者の目を釘付けにします。
作品名

お兄ちゃんの選択の時代背景と社会情勢

1990年代初頭の日本社会は、大きな転換期を迎えていた。バブル経済崩壊後の不況が長引いており、人々は将来に大きな不安を抱えていた。また、冷戦構造の崩壊により、世界情勢も大きく変化していた。こうした中、人々は自分たちの生き方や価値観について、真剣に考え直すようになっていた。 そんな時代背景のもと、1990年4月に「お兄ちゃんの選択」が放送された。このドラマは、大学を卒業したばかりの主人公が、就職活動に苦戦しながらも、自分の夢に向かって突き進んでいく姿を描いたものである。このドラマは、多くの人々の共感を呼び、大ヒットとなった。 「お兄ちゃんの選択」がヒットした理由は、単に主人公の生き方に共感できたからではない。このドラマは、当時の日本社会が抱えていた様々な問題を浮き彫りにし、人々に問題提起をしたからである。例えば、このドラマは、就職活動の厳しさや、企業のブラックな労働環境などをリアルに描いた。また、このドラマは、主人公が家庭や友人との関係に悩む姿も描いた。こうしたリアルな描写が、人々の心を打ち、このドラマを大ヒットに導いたのである。 「お兄ちゃんの選択」は、1990年代初頭の日本社会を代表するドラマである。このドラマは、当時の日本社会が抱えていた様々な問題を浮き彫りにし、人々に問題提起をした。このドラマは、多くの人々の共感を呼び、大ヒットとなった。
作品名

「おとうさん」の秘密と魅力

「おとうさん」のストーリーとキャスト 「おとうさん」は、2013年に放送された日本のテレビドラマです。主演は唐沢寿明で、唐沢は本作で父親役を演じました。 「おとうさん」のストーリーは、主人公の結城健吾(唐沢寿明)が、妻と3人の子供を持つ普通のサラリーマンだが、ある日突然、余命宣告を受けてしまうところから始まります。健吾は、余命宣告を受けた後、残された時間を家族と過ごすことを決意し、妻と子供たちに今まで言えなかった想いを伝えていきます。 「おとうさん」のキャストは、唐沢寿明の他、仲間由紀恵、財前直美、谷花音、望月歩、横山裕などが出演しています。 「おとうさん」は、家族の絆や愛を描いた感動作です。唐沢寿明の熱演も見どころで、本作は多くの視聴者の涙を誘いました。