Tiger is here.

作品名

「タイガー・イズ・ヒア」を巡る旅

川口晴美の詩集「タイガー・イズ・ヒア」は、タイのリゾート地パタヤで起きた殺人事件をきっかけに、詩人がタイの闇に迫っていくという内容の作品です。この詩集は、川口が実際にパタヤを訪れ、事件の関係者や遺族にインタビューをして執筆されました。 「タイガー・イズ・ヒア」は、事件の被害者である日本人女性リナを主人公としています。リナは、パタヤでタイ人男性と恋に落ち、結婚します。しかし、結婚生活は幸せではなく、リナは夫から暴力を受け、ついには殺されてしまいます。 川口は、リナの死の真相を探るために、パタヤを訪れます。そして、事件の関係者や遺族にインタビューをした結果、リナの夫が殺害犯であることが判明します。しかし、夫はすでにタイから逃亡しており、川口は彼を逮捕することができません。 川口は、リナの死を悼み、彼女の魂を慰めるために、パタヤの海に花を流します。そして、タイの闇に迫ったという思いを込めて、「タイガー・イズ・ヒア」を執筆しました。 「タイガー・イズ・ヒア」は、川口晴美の代表作の一つであり、国内外で高く評価されています。この詩集は、タイの闇をリアルに描き出した作品であり、読者に強いインパクトを与えます。