「七」で始まる

作品名

「七帝柔道記」の魅力とは?青春をかけた柔道物語

七帝柔道とは、帝國大學(現在の東京大学、京都大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学、大阪大学)の柔道部による柔道競技会のことであり、日本の学生柔道界における最高峰の戦いとして知られています。 その歴史は古く、1912年(明治45年)に早稲田大学の柔道部主将であった嘉納治五郎によって創設されました。嘉納治五郎は、柔道を日本の国技として普及させることを目指しており、そのために七帝柔道を開催することで学生柔道界のレベルアップを図ろうと考えました。 七帝柔道は、毎年12月に東京武道館で開催され、各大学の柔道部が団体戦で優勝を争います。七帝柔道の団体戦は、5人制で行われ、各大学は5名の選手をエントリーすることができます。試合は、トーナメント方式で行われ、決勝戦で優勝校が決まります。 七帝柔道は、日本の学生柔道界における最高峰の戦いとして知られており、毎年多くの観客が観戦に訪れます。七帝柔道で活躍した選手は、その後、オリンピックや世界選手権に出場するなど、日本の柔道界を代表する選手として活躍するケースも少なくありません。
地名・ロケ地

「七遍返し淵」の神秘的な美しさ

神秘的な7つの滝 七遍返し淵には、神秘的な7つの滝があります。1つ目は、高さ20メートルほどの「飛竜の滝」です。その名の通り、龍が空を飛んでいるかのような美しい滝で、七遍返し淵のシンボル的存在となっています。2つ目は、落差15メートルほどの「白糸の滝」です。細い糸のように流れる水が、まるで天女の羽衣のようです。3つ目は、高さ10メートルほどの「双龍の滝」です。2本の滝が合わさって流れ落ちる様子は、まるで2匹の龍が戯れているかのようです。4つ目は、高さ5メートルほどの「鏡の滝」です。水が岩肌を滑り落ちる様子が、まるで鏡のように見えることから、この名が付けられました。5つ目は、高さ3メートルほどの「昇竜の滝」です。水が勢いよく上昇する様子が、まるで龍が昇天しているかのようです。6つ目は、高さ2メートルほどの「不動の滝」です。水が岩肌にぶつかって砕け散る様子が、まるで不動明王の怒りのようです。7つ目は、高さ1メートルほどの「恵みの滝」です。水が岩肌を伝って流れ落ちる様子が、まるで恵みの雨が降り注いでいるかのようです。 これらの滝は、それぞれに異なる表情を持っており、七遍返し淵の神秘的な美しさを演出しています。また、滝の音は心を落ち着かせ、癒してくれる効果もあると言われています。七遍返し淵を訪れた際には、ぜひ神秘的な7つの滝の美しさに浸ってみてください。
作品名

「七人の中にいる」と1990年代のミステリー小説

「七人の中にいる」は、1992年に出版されたアガサ・クリスティの最後の小説です。舞台は第二次世界大戦中のイギリスで、七人の男女がナチス・ドイツのスパイとして非難され、そのうちの1人がスパイであることが判明します。 小説は、ナチスのスパイとして嫌疑をかけられている七人の人々が、政府の施設に集められるところから始まります。彼らはみな、スパイであることを否定しますが、政府は彼らが諜報活動を行っているという証拠を持っています。七人は、政府がスパイを見つけることができるまで、施設に拘留されます。 拘留中に、七人は互いに疑心暗鬼になり、スパイを見つけるために互いに競い合います。しかし、政府はスパイを見つけることができず、七人は釈放されます。七人は、スパイを見つけることができなかった政府を非難し、政府は七人がスパイであることを証明できなかったことを認めます。 七人は釈放されますが、スパイの疑いは晴れません。彼らは社会から孤立し、誰も彼らを信じてくれません。七人は、スパイではないことを証明するために、自分たちで捜査を開始します。 七人は、捜査を進めるうちに、政府がスパイをでっち上げたことを知ります。政府は、スパイをでっち上げることで、国民をコントロールしようとしていたのです。七人は、政府の陰謀を暴き、スパイではないことを証明します。 「七人の中にいる」は、第二次世界大戦中のイギリスを舞台にしたミステリー小説です。小説は、ナチスのスパイとして嫌疑をかけられている七人の人々が、政府の施設に集められ、スパイを見つけるために互いに競い合うというストーリーです。小説は、政府の陰謀を暴き、スパイではないことを証明する七人の姿を描き出しています。
作品名

「七人の女弁護士」スペシャル京都東山・美人デザイナー連続殺人!

1997年に放送された「七人の女弁護士」の単発スペシャル版は、京都東山を舞台に、美人デザイナー連続殺人事件を扱ったミステリードラマです。主人公である七人の女弁護士たちは、それぞれが得意分野を持ち、協力して事件の真相を解き明かしていきます。 このスペシャル版では、着物姿の女弁護士たちが京都の街並みの中を歩き回るシーンが見どころのひとつです。また、事件の舞台となる東山の料亭や、京都の伝統工芸品である京友禅の工房なども登場し、京都の風情が存分に味わえる作品となっています。 事件の真相は、意外な人物が犯人であることが判明し、七人の女弁護士たちは最後に法廷で犯人と対決することになります。法廷シーンでは、七人の女弁護士たちがそれぞれが得意分野を生かして、犯人を追い詰めていく姿が見応え十分です。 「七人の女弁護士」スペシャル京都東山・美人デザイナー連続殺人!は、ミステリードラマとしての面白さだけでなく、京都の風情も楽しめる作品となっています。1997年に放送された単発スペシャル版ですが、現在でも根強い人気を誇っています。
地名・ロケ地

七面坂の魅力について

七面坂の歴史と由来 七面坂は、神奈川県三浦半島の最南端にある城ヶ島と、その手前の走水との間の急な坂道です。全長は約400メートル、標高差は約60メートルで、坂の途中には七つのカーブがあり、振り返ると七つの海が見えることから、七面坂と呼ばれています。 七面坂は、江戸時代には東海道の難所の一つとして知られていました。東海道を旅する人々は、この急な坂道を上り下りするのに苦労したと言われています。しかし、七面坂は単なる難所ではありませんでした。七面坂の頂上には、七面大明神を祀る七面堂があり、多くの人々が参拝に訪れました。 七面坂は、明治時代以降も観光地として親しまれてきました。特に、大正時代には、七面坂を舞台とした小説や映画が作られ、七面坂は一躍有名になりました。現在では、七面坂は、三浦半島の観光スポットの一つとして、多くの人々が訪れています。
地名・ロケ地

七囲坂の歴史と魅力

七囲坂の歴史を知る 七囲坂は、古くから京都と奈良を結ぶ街道として利用されてきた歴史のある坂です。平安時代には、貴族や僧侶がよくこの坂を利用して往来していました。また、鎌倉時代には、軍勢が七囲坂を通って京都と奈良の間を行き来していました。江戸時代になると、七囲坂は庶民の旅人も利用するようになり、旅人は七囲坂を越えて京都や奈良を目指しました。 七囲坂は、歴史上重要な役割を果たしてきた坂であり、現在も多くの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。七囲坂の頂上からは、京都や奈良の街並みを一望することができます。また、七囲坂には、数多くの史跡や名所があり、これらを見学することも七囲坂の魅力のひとつです。
作品名

七人の女弁護士:法廷で活躍する女性たちのドラマ

「七人の女弁護士」とは、法廷で活躍する女性たちのドラマである。このドラマは、七人の女性弁護士が法廷で活躍する姿を描く。七人の女性弁護士はそれぞれ異なるバックグラウンドを持ち、異なる性格をしている。しかし、彼女たちは法廷で正義を貫くという共通の目標を持っている。 七人の女性弁護士は、法廷で様々な事件を担当する。彼女たちは殺人事件、離婚事件、企業買収事件など、さまざまな事件を解決していく。法廷での戦いは熾烈を極めるが、七人の女性弁護士は決して諦めない。彼女たちは法廷で正義を貫き、依頼人の権利を守るために全力を尽くす。 「七人の女弁護士」は、法廷で活躍する女性たちの姿を描いたドラマである。このドラマは、女性たちが法廷で活躍する姿を通して、女性が社会で活躍できることを示している。また、このドラマは、法廷での戦いの熾烈さを描いており、法廷での戦いの厳しさを教えてくれる。
作品名

七度狐について

-七度狐とは- 七度狐とは、その名の通り七度生まれ変わった狐のことである。七度生まれ変わった狐は人の言葉を理解し、人間の言葉を話すことができると言われている。また、人に化けることもでき、人間の生活に紛れ込むこともある。七度狐は、古くから伝わる日本に伝わる妖怪の一種である。 七度狐の誕生については諸説ある。一説によると、七度狐は悪事を働いた狐が七度生まれ変わってその罪を償うために現れると言われている。また、七度狐は恩人が狐を助けたことに対して恩返しに現れることもあると言われている。七度狐は、人に良いことをするときは人間の姿で現れ、悪いことをするときは狐の姿で現れると言われている。 七度狐は、人に化けて人間社会に紛れ込むことがある。七度狐が人に化ける目的はさまざまだが、恩返しをしたり、人を惑わしたり、悪さをしたりするためであることが多い。七度狐が人に化けているときは、その正体は普通の人間と変わらない。しかし、狐特有のしぐさや言動をすることがあるので、その正体を見破ることは難しい。 七度狐は、人に化けて人間社会に紛れ込むことがある。七度狐が人に化ける目的はさまざまだが、恩返しをしたり、人を惑わしたり、悪さをしたりするためであることが多い。七度狐が人に化けているときは、その正体は普通の人間と変わらない。しかし、狐特有のしぐさや言動をすることがあるので、その正体を見破ることは難しい。
作品名

「七人の女弁護士〈2〉」ドラマ紹介

1991年日本のテレビドラマ 「七人の女弁護士〈2〉」は、1991年4月11日から7月18日までフジテレビ系列の毎週木曜2000~2054に放送された日本のテレビドラマである。全13話。主演は浅野ゆう子。 前作「七人の女弁護士」の続編で、前作と同じく女性弁護士7人が主人公である。前作から引き続き、浅野ゆう子、大谷直子、大沢逸美、藤田朋子、三田寛子、森尾由美、森口瑤子が主演を務めた。 本作では、前作に引き続き、女性弁護士たちが様々な事件を解決していく姿が描かれる。また、前作よりも恋愛要素が強くなり、女性弁護士たちの私生活にもスポットが当てられるようになった。 本作は、前作に引き続き、高視聴率を記録し、人気を博した。また、本作をきっかけに、女性弁護士を主人公としたテレビドラマが数多く制作されるようになった。
作品名

「七月は織姫と彦星の交換殺人」とは?

霧舎巧の長編ミステリー「七月は織姫と彦星の交換殺人」は、2023年に刊行された作品です。この作品は、七夕の夜に起こる連続殺人を巡るミステリーで、読者の間で大きな話題となりました。 物語の舞台は、日本のとある地方都市。七夕の夜、織姫と彦星を模した男女の死体が発見されます。警察は捜査を始めますが、犯人はなかなか見つかりません。そんな中、地元の新聞記者である主人公の霧舎巧が、この事件に興味を持ち始めます。 霧舎巧は、独自に捜査を進めるうちに、この事件が連続殺人の一環であることを突き止めます。そして、犯人は七夕の夜に織姫と彦星を模した男女を殺害しているのではないかと推測します。 霧舎巧は、犯人を追跡するうちに、ある屋敷にたどり着きます。その屋敷には、かつて織姫と彦星を模した男女が殺害された事件があったことが判明します。霧舎巧は、この事件と今回の連続殺人が関連しているのではないかと考え、屋敷を調べ始めます。 屋敷を調べているうちに、霧舎巧はある秘密を発見します。その秘密とは、屋敷の地下室に隠された密室の存在でした。密室の中には、犯人が使用したと思われる凶器や、犯人の手記が残されていました。 霧舎巧は、手記を読み解くことで、犯人の動機を突き止めます。犯人は、かつて屋敷で起こった事件の被害者の一人であり、復讐のために連続殺人を犯していたのです。 霧舎巧は、犯人を追い詰めて逮捕することに成功します。事件は解決しますが、霧舎巧は犯人の動機に同情を禁じ得ません。
モノの名前

漢方薬「七物降下湯」について知っておくべきこと

-七物降下湯とは何か?- 七物降下湯は、数種類の生薬を組み合わせた漢方薬です。医学書には、古代から伝わるものもあり、病気やけがをしたときに、自然に力を取り戻すことができるように、七物降下湯は体内の気や血・水の流れをスムーズにし、内臓の働きを調え、免疫力を高めたりします。 七物降下湯の処方は、甘草、大棗、生姜、半夏、茯苓、人蔘、桂枝で構成されています。甘草は、抗炎症作用や抗アレルギー作用、解熱作用などの効果があります。大棗は、貧血の改善や疲労回復、免疫力を高める効果があります。生姜は、発汗作用や消化促進作用、鎮痛作用などの効果があります。半夏は、鎮咳作用や祛痰作用、鎮静作用などの効果があります。茯苓は、利尿作用や抗炎症作用、鎮静作用などの効果があります。人蔘は、強壮作用や免疫力を高める効果があります。桂枝は、発汗作用や鎮痛作用、抗炎症作用などの効果があります。 七物降下湯は、主に、感冒、咳、喘息、下痢、腹痛、嘔吐、疲労、食欲不振などの症状に効果があるとされています。また、七物降下湯は、免疫力を高める効果があるため、風邪予防にも効果的とされています。 七物降下湯は、漢方薬の一種ですが、副作用が少なく、安全に服用することができます。ただし、七物降下湯は、他の薬との飲み合わせによっては、副作用を引き起こす可能性があります。そのため、七物降下湯を服用する際には、医師や薬剤師に相談することが重要です。
作品名

「七月の鏡」の美しさ

詩集「七月の鏡」の魅力 詩集「七月の鏡」は、詩人・寺山修司が生前最後に刊行した詩集である。1989年に青土社から出版され、同年には日本詩人賞を受賞した。詩集には、寺山修司の代表作である「七月の鏡」をはじめ、全25編の詩が収録されている。 寺山修司は、1931年に青森県青森市に生まれた詩人、劇作家、演出家である。1960年代には、劇団「天井桟敷」を主宰し、アングラ演劇の旗手として活躍した。1970年代以降は、映画監督としても活動し、多くの名作を世に送り出した。寺山修司は、1983年に51歳の若さで亡くなったが、その作品は現在も多くの読者に愛されている。 詩集「七月の鏡」は、寺山修司の死後に刊行された詩集である。詩集には、寺山修司の死生観や世界観が色濃く反映されている。寺山修司は、詩集「七月の鏡」の中で、死を身近なものとして捉え、その死を美化することなく、ありのままに描き出している。また、寺山修司は、詩集「七月の鏡」の中で、世界を幻のようなものとして捉え、その幻の世界を詩的に表現している。 詩集「七月の鏡」は、寺山修司の代表作であり、その魅力は計り知れない。詩集「七月の鏡」は、寺山修司の死生観や世界観を理解する上で必読の詩集である。また、詩集「七月の鏡」は、詩的な表現を学ぶ上でも貴重な詩集である。詩集「七月の鏡」は、多くの読者に愛されている詩集であり、今後も長く読み継がれていくであろう。
作品名

赤川次郎の「七番目の花嫁」を深掘り

赤川次郎の「七番目の花嫁」は、1994年に発表されたミステリー小説である。本作は、七人の花嫁候補が次々と殺害されるという連続殺人事件を題材としている。主人公は、この事件を担当する刑事の浅見光彦である。 主な登場人物は、以下の通りである。 * 浅見光彦本作の主人公で、警視庁捜査一課の刑事。鋭い洞察力と推理力で、難事件を解決する。 * 七瀬美咲花嫁候補のひとりで、資産家の令嬢。容姿端麗で、性格も温厚である。 * 香坂恵子花嫁候補のひとりで、人気女優。奔放な性格で、男性を惹きつける魅力を持っている。 * 須藤美千代花嫁候補のひとりで、大学教授。知的で聡明な女性である。 * 村上里佳花嫁候補のひとりで、OL。明るく楽天的な性格で、人から好かれるタイプである。 * 黒田由紀花嫁候補のひとりで、看護師。真面目な性格で、仕事熱心である。 * 白石晶子花嫁候補のひとりで、モデル。クールでミステリアスな雰囲気を持つ。
施設名・ロケ地

壮大な景観の「七滝」

十和田湖外輪山の清流が織りなす絶景 十和田湖の北側にある奥入瀬渓流は、雄大な自然が広がる人気の観光スポットです。渓流には大小さまざまな滝が点在しており、その中でも特に美しいとされるのが「七滝」です。七滝は、十和田湖外輪山の清流が岩肌を削り取ってできたもので、その名の通り、7つの滝が連なっています。 七滝は、それぞれに特徴があり、その景観はまさに絶景です。最初の滝である「銚子滝」は、高さ13mの直瀑で、その名の通り、銚子のような形をしています。続く「白糸滝」は、その名の通り、白糸のように細い水が流れ落ちる滝です。そして、「九段の滝」は、高さ9mの滝で、9段に分かれて流れ落ちています。 七滝の中では最も有名なのが、「玉簾の滝」です。玉簾の滝は、高さ11m、幅15mの滝で、その名の通り、玉簾のように水が流れ落ちるその姿は、まさに圧巻です。玉簾の滝は、日本の滝100選にも選ばれており、多くの観光客が訪れています。 七滝は、十和田湖外輪山の清流が織りなす絶景です。その雄大な自然は、訪れる人々を魅了し、いつまでも記憶に残るでしょう。
作品名

七年目の脅迫状 – 岡嶋二人が描く競馬サスペンス

大見出し「七年目の脅迫状 - 岡嶋二人が描く競馬サスペンス」の下に作られた小見出しの「ストーリー概要脅迫状に揺れる競馬界」に沿って記事の段落をまとめたものを以下に示します。 競馬界は、長らく脅迫状に悩まされてきた。脅迫状は、競馬関係者や馬主、さらには騎手や厩務員にまで送りつけられ、競馬界に恐怖と混乱が広がっていた。 そんな中、競馬ファンなら誰もが知る伝説の馬・トウカイテイオーの孫であるトウカイテイオー2世がデビューすることになった。トウカイテイオー2世は、その名を轟かせた祖父のように、競馬界に新たな旋風を巻き起こすのではないかと期待されていた。 しかし、トウカイテイオー2世のデビュー戦を前に、再び脅迫状が届いた。脅迫状には、「トウカイテイオー2世を勝たせたら承知しない」という脅迫文が書かれていた。競馬界は、再び恐怖に包まれた。 トウカイテイオー2世のデビュー戦を目前に控えて、競馬界は揺れていた。果たして、トウカイテイオー2世は、脅迫を乗り越えて勝利することができるのか?そして、脅迫状の真犯人は誰なのか?競馬界の運命は、トウカイテイオー2世の蹄にかかっていた。
作品名

七人の敵がいる~加納朋子さんの長編小説の紹介~

加納朋子さんの長編小説「七人の敵がいる」は、2023年に出版された話題作です。この小説は、主人公の女性が、ある日突然、7人の敵から命を狙われるというストーリーです。主人公は、警察や周りの人々に助けを求めますが、誰も信じてくれません。主人公は、たった一人で、7人の敵と戦わなければなりません。 小説は、主人公の視点で語られます。そのため、読者は主人公の心情をリアルに感じることができます。また、小説はテンポが良く、最後まで一気に読み進めることができます。小説の結末は、意外な展開を迎えます。読者は、最後まで小説の世界に引き込まれることでしょう。 「七人の敵がいる」は、ミステリー小説でありながら、人間ドラマとしても優れています。主人公の葛藤や成長が丁寧に描かれており、読者は主人公に共感することでしょう。また、小説には、社会問題へのメッセージも込められています。
作品名

「七回死んだ男」:無限ループの恐怖

西澤保彦の代表作「七回死んだ男」は、無限ループの恐怖を扱ったサイエンスフィクション小説です。主人公の矢吹丈は、ある日、事故に遭い、死んでしまいます。しかし、丈はすぐに蘇生し、元の生活に戻ります。しかし、しばらくすると、丈はまた事故に遭い、死んでしまいます。そして、また蘇生し、元の生活に戻ります。このループは何度も繰り返され、丈は死と蘇生の恐怖を味わうことになります。 「七回死んだ男」は、1973年に発表され、その後、映画化、テレビドラマ化されました。また、海外でも翻訳され、多くの読者に親しまれています。この小説は、無限ループの恐怖を巧みに描いた作品として評価されています。また、人間とは何か、人生とは何かという哲学的な問題も提起しています。
作品名

二人の長編推理小説「七日間の身代金」の魅力

岡嶋二人が描くミステリーの世界は、緻密な構成と意外な展開で読者を魅了する。彼らの長編推理小説「七日間の身代金」は、そんな二人の才能が存分に発揮された傑作であり、ミステリーファンなら必読の一作である。 まず、この小説の大きな魅力は、その巧みな構成である。ストーリーは、誘拐された少年を取り戻すために、主人公たちが奔走するさまを描いているが、その過程で次々と意外な展開が待ち受ける。読者は、主人公たちと一緒に謎を追いかけながら、ハラハラドキドキさせられることだろう。 また、岡嶋二人によるキャラクター描写も見事である。主人公たちは、それぞれに個性があり、魅力的な人物として描かれており、読者はすぐに彼らに感情移入できるようになる。そのため、彼らの行動に一喜一憂し、最後まで物語から目が離せなくなるだろう。 そして、この小説のもう一つの魅力は、そのテーマ性である。この小説は、身代金の支払いの是非や、誘拐された少年の心理など、さまざまなテーマを扱っている。これらのテーマは、読者に考えさせられるものであり、小説を読み終えた後も、しばらく余韻が残るだろう。 このように、「七日間の身代金」は、緻密な構成、巧みなキャラクター描写、そして深いテーマ性を持つ、傑作ミステリー小説である。ミステリーファンなら、ぜひこの小説を読んでほしい。
作品名

七十人訳聖書とは?その概要と歴史

七十人訳聖書とは、古代ギリシャ語に翻訳された旧約聖書のことで、紀元前3世紀頃、エジプトのアレクサンドリアでユダヤ教徒によって作成されました。七十人訳聖書の名称は、この翻訳作業に関わった学者の数が70人であったことに由来しています。 七十人訳聖書は、ヘブライ語で書かれた旧約聖書をギリシャ語に翻訳したもので、紀元前3世紀頃、エジプトのアレクサンドリアでユダヤ教徒によって作成されました。この翻訳作業には、70人のユダヤ教の学者たちが携わったとされ、七十人訳聖書という名称はこれに由来しています。
地名・ロケ地

御岳山の絶景「七代の滝」の自然美

七代の滝は、長野県木曽郡王滝村にある御岳山の代表的な観光スポットの一つです。標高約2,360メートルに位置し、落差は約100メートルにもなる壮大な滝です。 七代の滝は、御岳山の麓にある七代新湯から登山道を約1時間半登ったところにあります。登山道は整備されているので、比較的歩きやすいコースですが、標高が高いので、高山病に注意が必要です。 七代の滝は、その名の通り、七つの段に分かれて流れ落ちています。それぞれの段の滝壺には、エメラルドグリーンの美しい水が溜まっており、その景色はまさに絶景です。 七代の滝は、御岳山の自然美を象徴するスポットであり、多くの観光客が訪れます。夏には、滝壺で水遊びをすることもできます。また、七代の滝周辺には、ハイキングコースやキャンプ場などもあり、自然を満喫することができます。
作品名

七の字とは何か?登場人物やあらすじなど

七の字とは、人々が生活していく中で、日常生活で起こりがちな困った出来事につまづいて、うまく解決できずに悩み行動している様子を指す言葉である。七の字とは、その困った出来事が解決するのを待つ間、悩み悶え苦しんでいるさまをたとえて言われる言葉である。物事が思い通りにならずに七転八倒している様子や、何かを最後までやり通せないでいる様子を表す場合に使われることが多い言葉である。 考えているうちに、悪い方向にどんどん考えてしまい、うまく解決ができずに時間だけが過ぎていくような、困っている様子を指す言葉として使われることが多い。七の字では、人々の困った出来事に対しての悩みの大きさを表す言葉して使われることが多い。七の字という言葉は、人々の生活の中で困った出来事が起こりがちであることを表す言葉として使われる。七の字は、人々の困った出来事を表す言葉として使われることが多い。
作品名

七人のおばの謎

-七人のおばとは?- 七人のおばとは、ある小さな町に住む七人の未婚女性のことだ。彼女たちは皆、高齢だが、元気で活動的であり、町の人々から親しまれている。 彼女は、町外れにある古い洋館に住んでおり、普段は外出しない。しかし、夏の間だけは、町の人々が集まる公園で、彼女が読書をしている姿を見ることができる。彼女は、町の歴史や文化に詳しく、いつも人々に知恵を授けている。 七人のおばは、町の財産である。彼女たちは、町の歴史を伝え、町の人々に勇気を与えている。町の人々は、彼女たちを尊敬し、愛している。
地名・ロケ地

七面坂の由来と魅力

七面堂の歴史と由来 七面堂は、七面山に鎮座する真言宗智山派の寺院である。開山は弘法大師空海と伝えられ、本尊は七面大明神である。七面堂の名称は、七面大明神が七つの顔を持つことから由来している。七面大明神は、疫病退散、厄除け、開運招福などのご利益があるとされ、古くから多くの参拝者が訪れている。 七面堂の創建は、平安時代の初期とされる。当時は、七面山一帯は修験者の修行場として知られており、七面堂もその拠点の一つであった。その後、平安時代末期に源頼朝が七面山を訪れ、七面大明神に戦勝祈願をしたと伝えられている。鎌倉時代になると、七面堂は幕府の庇護を受け、寺領が拡大した。室町時代には、七面堂は京都の東福寺の末寺となり、さらに戦国時代には、織田信長や豊臣秀吉の帰依を受けた。江戸時代になると、七面堂は徳川将軍家の庇護を受け、寺領がさらに拡大した。明治時代以降も、七面堂は多くの参拝者に親しまれ、現在では年間約100万人が訪れる一大観光スポットとなっている。
モノの名前

「七冠馬」とは?その由来と味わいを解説

「七冠馬」とは、日本の競馬において、牡马クラシック三冠(皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞)と牝马クラシック三冠(桜花賞、優駿牝马(オークス)、秋華賞)の両方制覇を達成した馬のことです。 「七冠馬」という称号が初めて使用されたのは、1996年のシンボリルドルフの優勝時であり、それ以来、この称号を獲得した馬はシンボリルドルフを含めて7頭しかいません。 「七冠馬」の由来は、牡马クラシック三冠と牝马クラシック三冠をそれぞれ「三冠」と呼び、その両方制覇を達成した馬を「七冠馬」と呼んだことにあります。 「七冠馬」は、日本の競馬において最高の栄誉とされており、その称号を獲得した馬は、その後の種牡馬生活でも成功を収めることが多いです。