「安倍川餅」は静岡の名物!

スポンサーリンク

「安倍川餅」は静岡の名物!

安倍川餅とは。

・安倍川餅は、静岡県静岡市で古くから作られている伝統的なお菓子で、もち米を蒸して作った餅に砂糖入りのきな粉をまぶしたもので、小豆餡や抹茶をまぶしたタイプもあります。

・静岡県静岡市の名物菓子である安倍川餅は、もち米を蒸して作った餅に砂糖入りのきな粉をまぶしたものです。小豆餡や抹茶をまぶしたタイプも人気があります。

・安倍川餅は、静岡県静岡市が発祥の、もち米を蒸して作った餅に砂糖入りのきな粉をまぶしたお菓子です。小豆餡や抹茶をまぶしたタイプもあります。

安倍川餅の歴史と起源

安倍川餅の歴史と起源

安倍川餅の歴史と起源

安倍川餅の歴史は古く、平安時代まで遡ると言われています。平安時代には、安倍川流域に「安倍川餅」という餅菓子が作られていました。この餅菓子は、安倍川の流れにちなんで名付けられたもので、当時は安倍川餅と甘葛餅という2つの種類があったとされています。安倍川餅は、もち米を粉にして水で練った生地に、砂糖や胡桃を加えて蒸したもので、甘葛餅は、もち米を粉にして水で練った生地に、葛粉を加えて蒸したものだと言われています。

鎌倉時代になると、安倍川餅は、武士の間で人気の食べ物となりました。武士たちは、安倍川餅を戦場への携帯食として持ち歩いていたそうで、安倍川餅は「戦餅(いくさもち)」とも呼ばれていました。室町時代になると、安倍川餅は、庶民の間にも広まり、江戸時代には、安倍川餅は、江戸の三大餅菓子の一つに数えられるようになりました。

明治時代になると、安倍川餅は、全国的に知られるようになり、大正時代には、安倍川餅は、皇室献上品として献上されるようになりました。昭和時代になると、安倍川餅は、静岡県の代表的な郷土菓子となり、現在でも、安倍川餅は、静岡県を代表する銘菓として親しまれています。

安倍川餅の作り方

安倍川餅の作り方

安倍川餅の作り方

安倍川餅の作り方は意外と簡単です。まずは、もち米を水に浸して柔らかくします。次に、柔らかくしたもち米を蒸して、すり鉢に入れて滑らかになるまで搗きます。次に、砂糖と水を鍋に入れて火にかけて、砂糖を溶かします。砂糖が溶けたら、もち米を入れて混ぜ合わせます。

もち米と砂糖が混ざったら、片栗粉を敷いたバットに広げて冷まします。冷めたら、包丁で一口大に切ります。次に、きな粉と砂糖を混ぜ合わせます。切り分けた安倍川餅にきな粉をまぶして完成です。

安倍川餅は、きな粉の香ばしさと、もち米の柔らかな食感が特徴です。静岡県のお土産としても人気があります。

タイトルとURLをコピーしました