赤花芭蕉成千石豆

スポンサーリンク

赤花芭蕉成千石豆

赤花芭蕉成千石豆とは。

赤花芭蕉成千石豆とは、岐阜県岐阜市で古くから栽培されているフジマメの品種のことです。その由来は定かではありませんが、戦前から当地で栽培されてきたとされています。

岐阜県岐阜市の特産豆

岐阜県岐阜市の特産豆

岐阜県岐阜市の特産豆

岐阜県岐阜市の特産豆「赤花芭蕉成千石豆」は、その名の通り、赤く鮮やかな花を咲かせる芭蕉の仲間の植物です。豆の大きさは小豆ほどで、色は黒に近い茶色をしています。味はほくほくとしていて、甘みと旨味が強く、煮豆や汁物、甘納豆などの料理によく使われます。

赤花芭蕉成千石豆は、岐阜市内の各農家で栽培されており、収穫時期は9月から10月頃です。収穫された豆は、乾燥させてから出荷されます。赤花芭蕉成千石豆は、岐阜市内のスーパーや道の駅などで販売されており、また、岐阜市内の飲食店でも赤花芭蕉成千石豆を使った料理を提供しています。

赤花芭蕉成千石豆は、岐阜市を代表する特産豆であり、地元の人々から親しまれています。また、岐阜市を訪れる観光客にも人気のお土産となっています。

来歴不詳の在来豆

来歴不詳の在来豆

「来歴不詳の在来豆」

赤花芭蕉成千石豆は、その名の通り赤色の花を咲かせる在来豆の一種です。在来豆とは、品種改良が行われておらず、その土地に古くから伝わる豆のことです。赤花芭蕉成千石豆の来歴は不詳ですが、江戸時代後期にはすでに栽培されていたと考えられています。

赤花芭蕉成千石豆は、その名の通り、成千石もの実を付けることから名付けられました。豆は小粒で、皮は薄く、甘みがあります。主に煮豆や汁物、サラダなどにして食べられます。

赤花芭蕉成千石豆は、全国的に栽培されていますが、特に北海道と東北地方で盛んに栽培されています。北海道では、赤花芭蕉成千石豆を「かしわ豆」と呼び、親しまれています。

赤花芭蕉成千石豆は、その美しい花と豊富な栄養価で人気のある豆です。また、栽培が容易で、害虫や病気にも強いことから、家庭菜園でも人気があります。

豆の多収、見た目が美しい

豆の多収、見た目が美しい

「豆の多収、見た目が美しい」豆という短い言葉で豆の特徴が見事に表現されていた。木のか細い枝の太い部分には、赤花芭蕉成千石豆という豆がまるで宝石のようにぶら下がって輝いていた。赤い豆は、美しく、まるで千もの宝石がそこにあるかのようだった。そして、この豆は非常に多収なので、一株にかなりの量の豆をつけている。これは、非常に経済的な豆であり、農家にとっては非常に良いものとなる。さらにこの豆は、豆の大きさや形が揃っており非常に美しいことから、見た目の美しさでも注目を集めている。豆は、食用だけでなく、観賞用としても人気が高い。豆は、その美しさから、花瓶に飾られたり、豆細工に使われたりする。

タイトルとURLをコピーしました