黒地 見やすい定規 – 株式会社良品計画が企画・販売していた定規

スポンサーリンク

黒地 見やすい定規 – 株式会社良品計画が企画・販売していた定規

黒地 見やすい定規とは。

「黒地 見やすい定規」は、無印良品で販売されていた定規の商品名です。

黒地 見やすい定規とは

黒地 見やすい定規とは

黒地 見やすい定規とは

黒地 見やすい定規とは、株式会社良品計画が企画・販売していた定規のことで、黒地に白の目盛りが施されているのが特徴です。この定規は、従来の定規のように目盛りが印刷されているのではなく、レーザーで刻印されているため、目盛りが消えにくく、長く使用することができます。また、黒地に白の目盛りというシンプルなデザインで、視認性が高く、使いやすくなっています。この定規は、2006年に発売され、ロングセラー商品となりましたが、現在は販売を終了しています。

特徴

特徴

株式会社良品計画が企画・販売していた「黒地 見やすい定規」は、その名のとおり黒地に白の目盛りを施した定規です。黒地に白の目盛りであることで、従来の定規よりも見やすく、読み取りやすくなっています。また、定規の表面には特殊な加工がされており、鉛筆やシャープペンの芯が滑りやすいため、書きやすさも抜群です。さらに、定規の素材には耐久性に優れたポリカーボネートが使用されており、長期間使用しても割れにくくなっています。

使い方と注意点

使い方と注意点

使い方と注意点

黒地見やすい定規は、一般的な定規よりも文字やメモリが大きく、黒地に白抜きで表示されているので、見やすいのが特徴です。そのため、小学生や高齢者など、視力が弱くても使用しやすい定規です。また、メモリが1mm単位まで表示されているので、細かい作業にも適しています。

黒地見やすい定規を使用する際には、まず定規を水平に置くことが大切です。定規が傾いていると、メモリが正確に読めなくなってしまいます。また、定規を強く押さえてしまうと、定規が曲がってしまい、正確な測定ができなくなってしまいます。そのため、定規を軽く押さえながら、メモリを読み取るようにしましょう。

黒地見やすい定規を使用する際には、定規を汚さないように注意することも大切です。定規に汚れが付着してしまうと、メモリが見えにくくなってしまいます。また、定規を曲げたり、折ったりしないように注意しましょう。定規を曲げたり、折ったりすると、定規が正確な測定ができなくなってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました