「駿河シャモ」が織りなす、深みのある味わい

スポンサーリンク

「駿河シャモ」が織りなす、深みのある味わい

駿河シャモとは。

駿河シャモとは、静岡県で生まれ育った地鶏。黒い羽を持つ黒笹という品種を中心に交配して生み出された品種です。

希少な黒笹シャモからつくりだされた、駿河シャモ

希少な黒笹シャモからつくりだされた、駿河シャモ

駿河シャモの中で、希少な黒笹シャモからつくりだされたものがあります。通常の駿河シャモよりも肉質が引き締まっていて、きめの細かさが特徴です。産地は、静岡県駿河湾に面した地域で、温暖な気候と豊かな自然の中で育てられています。飼料には、地元産の玄米や野菜を与えており、健康で安全なシャモを育てています。

希少な黒笹シャモは、その肉質の良さと、深みのある味わいで知られています。シャモ特有の歯ごたえがありながら、柔らかくジューシーな肉質は、まさに絶品です。また、脂のノリが良く、旨味もたっぷりです。焼き鳥や鍋、唐揚げなど、様々な料理に適しており、全国各地のグルメを魅了しています。

駿河シャモの飼い方と飼育法

駿河シャモの飼い方と飼育法

-駿河シャモの飼い方と飼育法-

駿河シャモは、日本固有の鶏です。鶏の王様とも言われ、その肉は弾力があり、味が良いとされています。駿河シャモは、静岡県の富士市で飼育されていた鶏で、その名前は、駿河国(現在の静岡県)に由来しています。駿河シャモは、鶏の中で最も飼育が難しく、卵を産むのも遅いのが特徴です。しかし、その肉質の良さは他の鶏とは一線を画すものがあり、高い評価を得ています。

駿河シャモの飼育方法は、他の鶏とほとんど同じですが、いくつかのポイントがあります。まず、駿河シャモは、卵を産むのが遅いので、孵化させるには専用の孵卵器が必要です。また、駿河シャモは、病気に弱いので、飼育環境を清潔に保つ必要があります。さらに、駿河シャモは、運動量が必要なので、広い放し飼いの飼育が適しています。駿河シャモは、飼育が難しい鶏ですが、その肉質の良さは他の鶏とは一線を画すものがあります。その貴重な駿河シャモの飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか。

静岡の銘柄鶏から生まれる料理の数々

静岡の銘柄鶏から生まれる料理の数々

静岡には、豊かな自然の中で育てられたブランド鶏「駿河シャモ」があります。その特徴は、しっかりとした歯ごたえがありながら、噛むほどに旨味があふれることです。また、独自の飼育方法により、臭みが少なく、上品な味わいが楽しめます。

駿河シャモは、さまざまな料理に使用されます。代表的な料理の一つが、焼き鳥です。駿河シャモの焼き鳥は、香ばしい皮とジューシーな身が特徴で、多くのファンに愛されています。また、鍋物や唐揚げなどにもよく使われます。

静岡県内には、駿河シャモを使った料理を提供する飲食店が数多くあります。地元の人々に愛されるお店から、観光客にも人気の高いお店まで、さまざまなお店が揃っています。

駿河シャモの料理は、静岡の郷土料理として、県民に親しまれています。また、その美味しさは全国にも知られており、多くの観光客が静岡を訪れて、駿河シャモの料理を楽しんでいます。

タイトルとURLをコピーしました