北海道網走のご当地グルメ「網走モヨロ鍋」

スポンサーリンク

北海道網走のご当地グルメ「網走モヨロ鍋」

網走モヨロ鍋とは。

網走モヨロ鍋は、北海道網走市を代表するご当地グルメです。新鮮なオホーツクサーモンなどの魚介類とすり身、野菜を、土器のような特製鍋で煮込んで食べる鍋料理のことです。「モヨロ」とは、網走川の河口付近で発見された、古代民族の集落遺跡の名前から取られたものと言われています。

網走モヨロ鍋の歴史と由来

網走モヨロ鍋の歴史と由来

網走モヨロ鍋の歴史と由来

網走モヨロ鍋は、網走市のご当地グルメとして知られる郷土料理です。網走地方は、かつてアイヌの人たちが暮らしており、モヨロ鍋もアイヌの伝統的な料理のひとつといわれています。アイヌの人たちは、鮭や鹿肉、山菜を鍋に入れて煮て食べる料理を食べていました。この料理が、網走モヨロ鍋のルーツだといわれています。

網走モヨロ鍋は、鮭やタラ、野菜などを味噌で煮込んだ鍋料理です。鮭やタラの代わりに、鶏肉や豚肉を使うこともあります。野菜は、白菜、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなど、さまざまな種類のものが入ります。味噌は、北海道産のものが使われることが多いです。網走モヨロ鍋は、寒い冬にぴったりの料理です。温かく、栄養満点で、食べ応え抜群です。

網走モヨロ鍋の特徴と魅力

網走モヨロ鍋の特徴と魅力

網走モヨロ鍋は、網走市を中心に広まっているご当地鍋です。網走産の食材をふんだんに使った鍋料理で、地元の特産品であるモヨロ貝が主役です。モヨロ貝は、ウバガイ科に属する二枚貝で、網走をはじめとするオホーツク海沿岸で採ることができます。その特徴は、貝殻が厚く、身がプリプリとしていて歯ごたえがあることです。

モヨロ鍋には、モヨロ貝のほかにも、ホタテ、カキ、エビ、カニなど、さまざまな海の幸が入っています。また、野菜もたっぷり入っていて、白菜、ネギ、タマネギ、エリンギなど、季節の野菜をふんだんに使用しています。だしは、昆布と鰹節でとったあっさりとしたもので、海鮮のうま味を存分に引き立ててくれます。

網走モヨロ鍋は、寒い北海道の冬にぴったりの鍋料理です。海の幸がたっぷり入っていて、栄養満点なのも魅力です。また、あっさりとしただしで食べやすいので、老若男女問わず楽しむことができます。

網走モヨロ鍋の作り方とレシピ

網走モヨロ鍋の作り方とレシピ

網走モヨロ鍋は、北海道網走地方で古くから親しまれている郷土料理です。北の大地で獲れた新鮮な魚介類や野菜をふんだんに使用し、味噌ベースのだし汁で煮込んだ鍋料理です。

モヨロとは、アイヌ語で「森の奥」を意味し、網走の奥座敷である津別町を中心に食べられていたことに由来しています。

モヨロ鍋は、家庭や飲食店など、さまざまな場所で楽しまれています。家庭では、各家庭ごとに独自のレシピがあり、魚介類や野菜の種類や分量、だし汁の味付けなどが異なります。

飲食店では、より本格的なモヨロ鍋を提供しているところも多く、観光客にも人気があります。

モヨロ鍋の作り方は、まず、だし汁を作ります。だし汁は、昆布と鰹節でとったものを使用します。続いて、魚介類や野菜を煮ていきます。魚介類は、鮭や鱈、ホタテなど、旬のものを選びましょう。野菜は、白菜やネギ、きのこなど、鍋に合うものを選びましょう。

魚介類と野菜が煮えたら、味噌を溶き入れます。味噌は、北海道産のものがおすすめです。 味噌の量はお好みで調整してください。

モヨロ鍋は、熱々をいただきましょう。〆には、うどんやラーメンを入れると、最後まで美味しくいただけます。

寒い冬にぴったりのモヨロ鍋。ぜひ、ご家庭で作ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました