「BiG MACHINE Vol.1」について

スポンサーリンク

「BiG MACHINE Vol.1」について

BiG MACHINEとは。

BiG MACHINEは、株式会社内外出版社が発行していたオートバイ雑誌です。大型バイクに関する情報を紹介していました。毎月15日に発売され、2016年8月号で休刊しました。

「BiG MACHINE」の雑誌概要

「BiG MACHINE」の雑誌概要

「BiG MACHINE Vol.1」は、2021年3月に創刊された新しい音楽雑誌です。音楽業界の最新情報を伝える「News」、注目アーティストのロングインタビューを掲載する「Feature」、新譜レビューやライブレポを掲載する「Review」、音楽コラムやエッセイを掲載する「Column」の4つのセクションで構成されています。

「News」では、音楽業界の最新情報をいち早くお届けします。メジャーレーベルやインディーズレーベルの動向、アーティストの移籍や新曲発表、ライブ情報など、音楽ファンが知りたい情報を網羅しています。

「Feature」では、注目アーティストのロングインタビューを掲載します。アーティストの音楽に対する思いや制作秘話、今後の展望など、ここでしか読めない貴重なインタビューを掲載しています。

「Review」では、新譜レビューやライブレポを掲載します。新譜は、ジャンルを問わず、話題作から隠れ名盤まで幅広くレビューしています。ライブレポは、国内外のライブをレポートし、アーティストのライブパフォーマンスの魅力を伝えます。

「Column」では、音楽コラムやエッセイを掲載します。音楽評論家やライターが、音楽に関するさまざまなテーマについて執筆しています。音楽の楽しみ方や音楽史、音楽と社会の関係など、音楽ファン必読のコラムを掲載しています。

「BiG MACHINE Vol.1」は、音楽ファンにとって欠かせない一冊です。音楽業界の最新情報をいち早く入手したい方、注目アーティストのロングインタビューを読みたい方、新譜レビューやライブレポを読みたい方、音楽コラムやエッセイを読みたい方にぜひおすすめです。

「BiG MACHINE」の休刊の理由

「BiG MACHINE」の休刊の理由

「BiG MACHINE Vol.1」について

「BiG MACHINE」の休刊の理由

「BiG MACHINE」は、2010年に創刊されたフリーペーパーの音楽雑誌です。音楽ファンの間で話題を呼び、創刊号は瞬く間に完売しました。しかし、2020年に突如休刊することが発表されました。

「BiG MACHINE」の休刊理由は、新型コロナウイルスの感染拡大によるものです。新型コロナウイルスの感染拡大により、ライブやイベントが中止となり、音楽業界は大きな打撃を受けました。「BiG MACHINE」もこの影響を受け、広告収入が激減しました。また、外出自粛の影響で、フリーペーパーの配布が難しくなりました。これらの要因が重なり、「BiG MACHINE」は休刊を余儀なくされました。

「BiG MACHINE」の休刊は、音楽業界にとって大きな損失です。「BiG MACHINE」は、音楽ファンの間で人気の高い雑誌であり、音楽業界の情報を発信する重要な役割を果たしていました。「BiG MACHINE」の休刊により、音楽業界の情報を発信する場が減り、音楽ファンの間で情報が不足することが懸念されています。

「BiG MACHINE」の休刊は、新型コロナウイルスの感染拡大という、音楽業界全体に影響を与える要因が原因です。新型コロナウイルスの感染拡大が収束すれば、「BiG MACHINE」が復刊する可能性はあります。しかし、当面は「BiG MACHINE」が休刊となり、音楽業界は大きな損失を被ることになります。

「BiG MACHINE」の復活の可能性

「BiG MACHINE」の復活の可能性

「BiG MACHINE」の復活の可能性

「BiG MACHINE」が復活する可能性はあります。しかし、それは早ければ2024年以降になるでしょう。なぜなら、現在の「BiG MACHINE」は活動休止中であり、メンバーはそれぞれ別の活動をしているからです。しかし、メンバーはいつか再結成したいという思いを持っており、その可能性は十分にあります。もし、「BiG MACHINE」が復活すれば、それは多くの人にとって嬉しいニュースになるでしょう。なぜなら、「BiG MACHINE」は多くのファンを持つ人気グループだったからです。また、「BiG MACHINE」は、日本の音楽業界に大きな影響を与えたグループでもありました。そのため、「BiG MACHINE」の復活は、日本の音楽業界にとっても大きなニュースになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました