空母天城について

スポンサーリンク

空母天城について

天城とは。

天城は、第二次世界大戦中に日本海軍が建造した雲龍型航空母艦の1隻です。1944年8月に竣工し、1945年7月の呉大空襲で損傷を受け、沈没しました。

天城の歴史

天城の歴史

天城の歴史

天城は、1937年に就役した航空母艦である。建造中は「九段目」という艦名だったが、竣工時に「天城」と改名された。天城は、日本海軍が第二次世界大戦中に建造した最後の航空母艦であり、同型艦はない。

天城は、全長247.8メートル、全幅29.5メートル、吃水8.5メートル、基準排水量25,900トン、満載排水量30,000トンだった。主機は、艦本式重油専焼缶8基と艦本式タービン4基であり、出力は152,000馬力だった。最高速力は30ノット、航続距離は8,000海里だった。

天城の兵装は、主砲として12.7センチ高角砲12門、副砲として25ミリ機銃多数、対空砲として13ミリ機銃多数だった。搭載機は、零式艦上戦闘機27機、九九式艦上爆撃機18機、九七式艦上攻撃機9機だった。

天城は、太平洋戦争緒戦の真珠湾攻撃に参加した。その後、ミッドウェー海戦、ソロモン諸島海戦、マリアナ諸島沖海戦に参加した。1944年10月、天城はフィリピンのサマール島沖でアメリカ海軍の攻撃を受けて沈没した。

天城は、日本海軍が第二次世界大戦中に建造した最後の航空母艦であり、同型艦はない。天城は、太平洋戦争緒戦の真珠湾攻撃に参加し、その後、ミッドウェー海戦、ソロモン諸島海戦、マリアナ諸島沖海戦に参加した。1944年10月、天城はフィリピンのサマール島沖でアメリカ海軍の攻撃を受けて沈没した。

天城の設計と特徴

天城の設計と特徴

天城の設計と特徴

天城は、日本海軍が建造した航空母艦であり、同型艦は存在しない。その設計は、ワシントン海軍条約によって制限された排水量の中で、可能な限りの航空機搭載量と速力を両立させることを目指した。

天城の排水量は26,900トンで、全長は231.6メートル、全幅は31.3メートル、吃水は8.5メートルであった。主機は、出力56,250馬力のギアードタービンエンジン4基で、速力は30ノットであった。

天城の搭載機数は、艦載機48機と水上機6機であった。艦載機は、零式艦上戦闘機、九九式艦上爆撃機、九七式艦上攻撃機で構成されていた。水上機は、九零式水上偵察機と九一式水上偵察機であった。

天城は、航空機を効率的に発艦させるために、飛行甲板を艦首から艦尾まで一直線に配置していた。また、飛行甲板には、着艦を容易にするために、着艦誘導灯が設置されていた。

天城は、防御力も重視しており、舷側装甲は203ミリ、甲板装甲は38ミリであった。また、主砲は、41センチ連装砲2基と12.7センチ連装高角砲4基を搭載していた。

天城は、ワシントン海軍条約によって制限された排水量の中で、可能な限りの航空機搭載量と速力を両立させた、優れた航空母艦であった。

天城の戦歴

天城の戦歴

天城の戦歴

天城は、太平洋戦争で活躍した日本の空母である。1944年3月に竣工し、同年7月に就役した。天城は、天城型空母2番艦として建造された艦で、基準排水量27,700トン、全長260メートル、幅24メートル、吃水9.9メートルであった。兵装は、20サンチ砲6基、12.7センチ砲8基、25ミリ機銃18基、零戦30機、99艦爆15機、99艦攻15機であった。

天城は、就役後にすぐに前線に投入され、サイパン島の戦いやマリアナ海戦に参加した。サイパン島の戦いでは、米軍の攻撃から日本軍守備隊を支援し、マリアナ海戦では、日本海軍機動部隊の一員として米海軍機動部隊と交戦した。天城は、これらの戦いで何度か損傷を受けたが、沈没は免れた。

1944年10月、天城はレイテ島の戦いに参加した。レイテ島の戦いでは、日本海軍機動部隊は米海軍機動部隊と激戦を繰り広げたが、最終的に敗北した。天城もまた、この戦いで大破し、沈没寸前まで追い込まれた。しかし、天城はなんとか生き残り、日本本土に撤退することができた。

1945年3月、天城は呉海軍工廠で修理を受けた後、再び前線に投入された。しかし、天城は4月に九州沖海戦で米軍機の攻撃を受け、沈没した。天城の沈没により、日本海軍は空母を1隻失うこととなった。

タイトルとURLをコピーしました