「G2」について

スポンサーリンク

「G2」について

G2とは。

G2は、講談社が発行していた月刊総合誌です。2008年に休刊した「月刊現代」の後継誌として、2009年に創刊されました。創刊当初の表紙には、誌名が小文字の「ɡ2」と表記されていました。2015年5月に発行された19号をもって休刊となりました。

「G2」とは

「G2」とは

「G2」とは

「G2」とは、気候変動に関する主要経済国フォーラムのことで、気候変動に対処するための国際的な協力と協調を促進することを目的として、2005年に設立されました。メンバーは、米国、中国、欧州連合(EU)、日本、インド、ロシア、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、韓国、インドネシア、オーストラリアの12か国・地域です。

「G2」は、気候変動に関する国際的な交渉において重要な役割を果たしており、2015年に採択された「パリ協定」交渉においては、重要な役割を果たしました。「パリ協定」は、気候変動を産業革命以前の気温上昇を2度未満に抑え、さらに1.5度に抑える努力を追求することを目標としています。

「G2」は、気候変動に対処するための国際的な協力と協調を促進することを目的としており、気候変動に関する国際的な交渉において重要な役割を果たしています。

「G2」の歴史

「G2」の歴史

「G2」の歴史

「G2」とは、主要7カ国の首脳が参加する国際会議である。G7は、1975年にフランスのジスカールデスタン大統領が提唱し、翌1976年にフランスのランブイエで開催された第1回サミットで発足した。当時の参加国は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、カナダの7カ国であった。その後、1997年にロシアが加盟し、G7はG8となった。しかし、2014年にロシアがウクライナに侵攻したことを受けて、G8はG7に戻った。

G7は、毎年、議長国となる国の招集で開催される。議長国は、サミットの議題を設定し、会議を取り仕切る。サミットでは、経済、安全保障、気候変動など、幅広い議題が話し合われる。また、サミットに合わせて、外務大臣会合や財務大臣会合なども開催される。

G7は、世界経済や安全保障に大きな影響力を持つ国際会議である。サミットの合意内容は、世界経済や安全保障情勢に大きな影響を与える。近年では、G7が climate changeや新型コロナウイルス感染症のパンデミックなどのグローバルな課題に対処するために重要な役割を果たしている。

「G2」の休刊

「G2」の休刊

「G2」の休刊

「G2」は、世界で最も影響力のある総合雑誌「ニューズウィーク」の国際版として、1996年に創刊。日本を含むアジア諸国で発行されてきた。世界的にも歴史ある雑誌であるが、45か国で刊行された「G2」は、2012年12月に最後の号を発行し、休刊することになった。

「G2」の休刊は、紙媒体の衰退が背景にある。近年、インターネットやソーシャルメディアの台頭により、紙の雑誌や新聞の売り上げは低迷している。また、広告収入も減少しており、雑誌や新聞の経営は厳しくなっている。「G2」もこの流れに逆らえず、休刊を余儀なくされた。

タイトルとURLをコピーしました