「明治ラクトレス」について

スポンサーリンク

「明治ラクトレス」について

明治ラクトレスとは。

明治ラクトレスは、明治株式会社が販売していた特殊粉ミルクです。乳糖不耐症、ガラクトース血症などの乳幼児向けに作られていましたが、2016年に生産が終了しました。

明治ラクトレスとは?

明治ラクトレスとは?

明治ラクトレスとは、明治が販売している乳成分無調整の植物性飲料のことです。牛乳に含まれているタンパク質や脂質などを取り除いており、乳アレルギーの方や牛乳が苦手な方でも安心して飲むことができます。また、牛乳よりもカロリーが低いので、ダイエット中の方にもおすすめです。

明治ラクトレスは、豆乳やアーモンドミルクなどとは異なり、乳由来の成分を一切使用していないのが特徴です。そのため、牛乳と同じような味や風味を楽しむことができます。また、カルシウムやビタミンDなどの栄養素が強化されているため、牛乳の代わりに飲むことで栄養を補うことができます。

明治ラクトレスは、牛乳の代わりにコーヒーに入れて飲んだり、シリアルにかけて食べたり、スムージーに使ったりなど、さまざまな楽しみ方ができます。また、料理に使うこともでき、牛乳の代わりにラクトレスを使うことで、牛乳アレルギーの方でも牛乳を使った料理を楽しむことができます。

明治ラクトレスの特徴

明治ラクトレスの特徴

明治ラクトレスの特徴

明治ラクトレスは、明治が販売している牛乳に含まれる乳糖を除去した、乳糖不耐症の方でも楽しめる牛乳です。乳糖不耐症とは、牛乳などの乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素であるラクターゼが不足しているため、乳製品を摂取すると腹痛や下痢などの症状を引き起こしてしまう病気です。明治ラクトレスは、ラクターゼを添加することで乳糖を分解し、乳糖不耐症の方でも安心して飲める牛乳を実現しました。

明治ラクトレスは、牛乳本来の風味を損なうことなく、乳糖を除去しています。そのため、牛乳と同じような味と飲みごたえを楽しむことができます。また、明治ラクトレスはカルシウムやビタミンDなどの栄養素も豊富に含まれているため、健康維持にも役立ちます。

明治ラクトレスは、乳糖不耐症の方だけでなく、牛乳の飲みすぎによるお腹の不調が気になる方や、牛乳のアレルギーが心配な方にもおすすめです。また、牛乳に含まれる乳糖は、虫歯の原因となるため、虫歯が気になる方にも明治ラクトレスはおすすめです。

明治ラクトレスの生産終了

明治ラクトレスの生産終了

-明治ラクトレスの生産終了-

明治ラクトレスは、明治乳業が製造販売していた牛乳成分を一切使用していない粉ミルク(無乳脂粉乳)です。主に乳幼児の離乳食や、牛乳アレルギーの方の食事に使用されてきました。

しかし、明治乳業は2022年12月、明治ラクトレスの生産を終了すると発表しました。生産終了の理由は、原材料費や物流費の高騰などによるコストの上昇です。明治乳業は、明治ラクトレスの生産を終了することで、コストを削減し、他の製品の開発に注力する方針です。

明治ラクトレスの生産終了を受け、牛乳アレルギーの方や、離乳食に明治ラクトレスを使用していた方々は、他の製品への切り替えを検討する必要があります。明治乳業は、明治ラクトレスの生産終了にあたり、ユーザーへのサポートを充実させると発表しています。

タイトルとURLをコピーしました