「赤鹿毛」徹底解剖!宮崎の麦焼酎の名酒を味わおう

スポンサーリンク

「赤鹿毛」徹底解剖!宮崎の麦焼酎の名酒を味わおう

赤鹿毛とは。

宮崎県にある柳田酒造合名会社が製造している麦焼酎は「赤鹿毛」と呼ばれています。

赤鹿毛ってどんなお酒?特徴と歴史

赤鹿毛ってどんなお酒?特徴と歴史

-赤鹿毛ってどんなお酒?特徴と歴史-

赤鹿毛は、宮崎県産の二条大麦を100%使用し、常圧蒸留で造られた麦焼酎です。その名の由来は、宮崎県の特産品である赤鹿毛の牛の色に似ていることから。赤鹿毛は、麦焼酎の中でも特に柔らかく、まろやかな味わいで、飲みやすいのが特徴です。また、芋焼酎が苦手な人でも飲みやすいと言われています。

赤鹿毛の歴史は、1908年に宮崎県延岡市で創業した「合同酒精」が、麦焼酎の製造を始めたことに始まります。合同酒精は、1967年に「赤鹿毛」を発売し、そのまろやかで飲みやすい味わいが人気を博しました。現在では、赤鹿毛は宮崎県を代表する麦焼酎として、全国各地で愛飲されています。

赤鹿毛は、その特徴的な味わいを活かして、様々な料理と合わせることができます。例えば、赤鹿毛と炭酸水で割った「赤鹿毛ハイボール」は、さっぱりとした味わいで、暑い夏にぴったりです。また、赤鹿毛と梅酒を合わせた「赤鹿毛梅割り」は、フルーティーな味わいで、女性にも人気があります。

赤鹿毛は、その飲みやすさと、様々な料理との相性で、多くの人に愛飲されている麦焼酎です。ぜひ、一度赤鹿毛を味わってみてください。

赤鹿毛の美味しい飲み方とおすすめの飲み方

赤鹿毛の美味しい飲み方とおすすめの飲み方

赤鹿毛の美味しい飲み方とおすすめの飲み方

赤鹿毛は、ストレート・ロック・水割り・お湯割りなど、様々な飲み方を楽しめる焼酎です。

ストレートで飲むと、その濃厚な甘みと香りをしっかりと味わうことができます。ロックで飲むと、冷やされて甘みが際立ち、すっきりとした飲み口になります。水割りやソーダ割りで飲むと、まろやかになり飲みやすくなります。お湯割りにすると、甘みがより一層引き立ち、体が温まります。

赤鹿毛は、炭酸水やジュースで割っても美味しく飲むことができます。炭酸水で割ると、爽やかな飲み口になり、ジュースで割ると、フルーティーな味わいに変身します。

赤鹿毛に合うおつまみは、唐揚げ・餃子・焼き鳥など、味がしっかりとした料理がおすすめです。また、チーズやチョコレートなど、甘みのあるおつまみともよく合います。

赤鹿毛を使ったカクテルレシピ

赤鹿毛を使ったカクテルレシピ

-赤鹿毛を使ったカクテルレシピ-

赤鹿毛は、すっきりとした味わいと、ほのかな甘みが特徴の麦焼酎です。そのまま飲んでもおいしいですが、カクテルにしても楽しめます。ここでは、赤鹿毛を使ったカクテルのレシピを紹介します。

-赤鹿毛ハイボール-

* 材料赤鹿毛30ml、ソーダ120ml、氷適量
* 作り方グラスに氷を入れ、赤鹿毛とソーダを注ぐ。

-赤鹿毛ジンジャー-

* 材料赤鹿毛30ml、ジンジャーエール120ml、氷適量
* 作り方グラスに氷を入れ、赤鹿毛とジンジャーエールを注ぐ。

-赤鹿毛チェイサー-

* 材料赤鹿毛30ml、水または烏龍茶120ml、氷適量
* 作り方グラスに氷を入れ、赤鹿毛と水または烏龍茶を注ぐ。

-赤鹿毛を使ったカクテルレシピ-

* 材料赤鹿毛30ml、オレンジジュース120ml、氷適量
* 作り方グラスに氷を入れ、赤鹿毛とオレンジジュースを注ぐ。

-赤鹿毛と梅酒のカクテル-

* 材料赤鹿毛30ml、梅酒30ml、サイダー120ml、氷適量
* 作り方グラスに氷を入れ、赤鹿毛と梅酒、サイダーを注ぐ。

赤鹿毛を使ったカクテルは、どれも簡単に作ることができます。ぜひ、お好みのカクテルを見つけて、赤鹿毛の新しい魅力を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました