阿蘇のあかどいも、その魅力と味わい

スポンサーリンク

阿蘇のあかどいも、その魅力と味わい

あかどいもとは。

「あかどいも」は、熊本県阿蘇市で作られているサトイモのことです。赤い葉柄の部分は「あかど漬け」という郷土料理の漬物にして食べられます。この「あかどいも」の由来や経緯については不明な点が多く、戦前から栽培されていたと考えられています。

あかどいもの歴史と由来

あかどいもの歴史と由来

阿蘇のあかどいも、その魅力と味わい

あかどいも歴史と由来

あかどいは、阿蘇で古くから愛されてきたさつまいもの品種です。その歴史は、江戸時代にさかのぼります。阿蘇に赴任してきた熊本藩の役人が、薩摩藩からあかどいの種を持ち帰ったのが始まりとされています。あかどいは、阿蘇の風土に適しており、やがて広く栽培されるようになりました。

阿蘇のあかどいは、他のさつまいもにはない独特の魅力を持っています。その最大の特徴は、鮮やかな赤紫色の皮です。この皮は、あかどいに含まれるアントシアニンというポリフェノールによるものです。アントシアニンは、抗酸化作用があり、健康に良いと言われています。

あかどいのもう一つの特徴は、その甘さです。あかどいは、他のさつまいもよりも糖度が高く、非常に甘いです。また、しっとりとした食感も特徴です。あかどいは、そのまま食べるだけでなく、料理にもよく合います。コロッケや天ぷら、焼き芋など、さまざまな料理に使用することができます。

阿蘇のあかどいは、阿蘇の特産品として、全国各地に出荷されています。阿蘇を訪れた際には、ぜひあかどいを味わってみてください。

あかどいもを使った郷土料理「あかど漬け」の作り方

あかどいもを使った郷土料理「あかど漬け」の作り方

あかど漬は、阿蘇の郷土料理の一つで、あかどいもを赤く漬けて発酵させたものです。あかど漬けは、阿蘇の家庭でよく食べられているほか、道の駅や土産物店でも販売されています。酢漬けのあかどいの漬物であるため、シャキシャキとした食感だけでなく、酸味と甘みのバランスが絶妙です。

あかど漬けは、阿蘇のあかどいもの魅力と味わいを存分に楽しめる郷土料理です。阿蘇を訪れた際には、ぜひ一度あかど漬けを味わってみてください。

あかどいもを使ったレシピ

あかどいもを使ったレシピ

「あかどいもを使ったレシピ」

阿蘇のあかどいもは、その甘さとねっとりとした食感が特徴で、様々な料理に使用されています。ここでは、阿蘇のあかどいもを使ったレシピを紹介します。

・あかどいもきんとん
あかどいもを蒸して潰し、砂糖、栗、小豆などと一緒に練り上げて作ります。素朴な甘さとほっくりとした食感が特徴です。

・あかどいもようかん
あかどいもを蒸して潰し、砂糖、寒天、水を加えて作ります。プルンとした食感と程よい甘さが特徴です。

・あかどいもプリン
あかどいもを蒸して潰し、牛乳、生クリーム、砂糖、卵を加えて作ります。なめらかな口当たりとあかどいの風味が特徴です。

・あかどいもコロッケ
あかどいもを蒸して潰し、じゃがいも、玉ねぎ、ひき肉などと混ぜてコロッケを作ります。あかどいの甘さが際立つ一品で、子供にも人気です。

・あかどいもチップス
あかどいもを薄切りにして油で揚げます。パリパリとした食感とあかどいの風味が特徴で、おやつやお酒のおつまみに最適です。

あかどいもは、その甘さとねっとりとした食感が特徴で、様々な料理に使用されています。ぜひ、阿蘇のあかどいもを使ったレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました