アカネテンリュウ:菊花賞1969で輝いた不死鳥

スポンサーリンク

アカネテンリュウ:菊花賞1969で輝いた不死鳥

アカネテンリュウとは。

アカネテンリュウは、1966年に生まれた日本のオスの競走馬です。1969年には菊花賞というレースで1位になりました。

アカネテンリュウの血統と生い立ち

アカネテンリュウの血統と生い立ち

アカネテンリュウは、1965年4月23日に北海道新冠町の戸川牧場で生まれたサラブレッドの競走馬です。父は1960年の東京優駿(日本ダービー)を制したハクチカラ、母はアカネという血統です。ハクチカラは、日本競馬史上初の三冠馬シンザンの弟として知られ、優れた持久力と底力を備えた名馬として知られています。一方、アカネは、繁殖牝馬として優秀な成績を残した名牝で、アカネテンリュウのほかにも、1972年の天皇賞(秋)を制したメジロアサマや、1974年の皐月賞を制したメジロサンマンを輩出しています。

アカネテンリュウは、1967年10月にデビューし、新馬戦を勝利で飾ります。その後、オープン特別の若駒ステークスとデイリー杯3歳ステークスを制し、クラシック戦線への期待が高まります。しかし、1968年の皐月賞と東京優駿(日本ダービー)では、ともに2着に敗れます。皐月賞では、同じく三冠馬を目指していたシンボリターフに、東京優駿(日本ダービー)では、メジロアサマに競り負けました。

1968年の秋、アカネテンリュウは菊花賞に出走します。菊花賞は、クラシック三冠の最終戦であり、最も過酷なレースと言われています。アカネテンリュウは、シンボリターフとメジロアサマに次ぐ3番人気で出走しました。レースでは、スタートから好位につけ、4コーナーで先頭に立ちます。直線では、シンボリターフとメジロアサマとの競り合いになりますが、力強く押し切って、ついにクラシック三冠を達成しました。

不屈の精神で菊花賞制覇

不屈の精神で菊花賞制覇

不屈の精神で菊花賞制覇

アカネテンリュウは、1969年の菊花賞で優勝した競走馬です。同馬は、故障を乗り越えての勝利であり、不屈の精神が称えられました。

アカネテンリュウは、1966年に北海道で生まれたサラブレッドです。父はシンザン、母はアカネキクです。同馬は、2歳の時にデビューし、3戦目で初勝利を挙げました。その後、クラシックレースの皐月賞と日本ダービーに出走しましたが、いずれも入着に終わりました。

菊花賞では、アカネテンリュウは有力視されていましたが、レース前に故障に見舞われました。同馬は、左前脚の浅屈腱炎を発症し、競走中止を余儀なくされました。しかし、アカネテンリュウ陣営は諦めませんでした。同馬は、入念な治療とリハビリを重ね、翌年の菊花賞に出走しました。

翌年の菊花賞では、アカネテンリュウは復活を果たしました。同馬は、レース中盤から抜け出し、そのまま逃げ切り勝ちを収めました。アカネテンリュウは、故障を乗り越えての勝利であり、不屈の精神が称えられました。

アカネテンリュウは、その後も活躍を続け、1971年の天皇賞(春)で優勝しました。同馬は、1972年に引退し、北海道で種牡馬となりました。アカネテンリュウは、1979年に死亡しましたが、その不屈の精神は、今もなお語り継がれています。

引退後のアカネテンリュウ

引退後のアカネテンリュウ

引退後のアカネテンリュウ

輝かしい走りを終えたアカネテンリュウは、1971年に種牡馬として静内(日高)に繋養されることとなりました。当時はまだ菊花賞を制した馬が種牡馬入りするということはそれほど一般的ではありませんでしたが、アカネテンリュウの強さに可能性を見出したオーナーの意向により、種牡馬生活を送ることになったのです。

アカネテンリュウは種牡馬としても成功を収め、1979年には皐月賞を制したサクラシンボを輩出します。サクラシンボはその後、天皇賞(春)や有馬記念といったビッグレースに勝利し、1983年には顕彰馬にも選出されました。さらに、アカネテンリュウは1980年に菊花賞を制したモンテファストや、1981年の有馬記念を制したアンバーシャダイの父としても知られています。

種牡馬として成功を収めたアカネテンリュウでしたが、1986年に心不全によりこの世を去ってしまいました。しかし、彼の血統は今もなお多くの競走馬に受け継がれ、日本の競馬界に大きな影響を与え続けています。

タイトルとURLをコピーしました