「明石もなか」(兵庫県明石市、藤江屋分大が製造・販売する銘菓)

スポンサーリンク

「明石もなか」(兵庫県明石市、藤江屋分大が製造・販売する銘菓)

明石もなかとは。

明石もなかとは、兵庫県明石市のお土産で、藤江屋分大で生産・供給している有名なお菓子です。鯛の形(粒餡)・蛸つぼの形(こし餡)・短冊の形(抹茶餡)をした最中です。

「明石もなか」の歴史と由来

「明石もなか」の歴史と由来

明石もなかは、兵庫県明石市にある藤江屋分大が製造・販売する銘菓です。藤江屋分実は、明治元年創業の老舗和菓子店で、明石もなかは、その看板商品として知られています。

明石もなかは、小麦粉と砂糖を主原料とした皮で、小豆あんを包んで焼き上げたものです。皮は薄くパリッとしていて、中はしっとりとした食感です。小豆あんは、北海道産の高級小豆を使用しており、上品な甘さが特徴です。

明石もなかの歴史は古く、明治の初期に藤江屋分大の初代当主が考案したと言われています。当時は、まだもなかは全国的に普及しておらず、明石もなかは、その珍しい見た目とおいしさで評判を呼びました。その後、明石もなかは、明石の銘菓として知られるようになり、現在では、県外からも多くの人が買い求めに訪れます。

明石もなかには、いくつかの由来があります。まず、明石もなかの形は、明石海峡に浮かぶ帆船をイメージしたものと言われています。また、明石もなかには、「明石の鯛」を模した刻印が押されています。これは、明石海峡で獲れる鯛は縁起が良いとされ、魔除けや厄除けの意味が込められているそうです。

「明石もなか」の3種類の特徴

「明石もなか」の3種類の特徴

1. 古くから親しまれている「白あん」
「明石もなか」の定番ともいえる白あんは、柔らかく滑らかな口当たりと、上品な甘さが特徴です。厳選された白小豆を丁寧に炊き上げ、なめらかなペースト状に仕上げられています。白あんの素朴な味わいは、幅広い年代の方に愛されています。

2. 上品な甘さの「柚子あん」
柚子の香りがほんのり香る柚子あんは、白あんよりも甘さを抑えた上品な味わいです。国産の柚子を使用し、皮の部分を丁寧に刻んで餡に練り込んでいます。柚子のさわやかな酸味がアクセントとなり、後味もすっきりとした仕上がりです。

3. 香ばしい風味の「黒豆あん」
黒豆あんは、黒豆の香ばしさと、ほのかな塩味が特徴です。上質な黒豆を丁寧に炊き上げ、甘さ控えめの餡に仕上げられています。黒豆のザクザクとした食感と、餡のしっとりとした食感が絶妙なバランスです。

「明石もなか」のおすすめの食べ方

「明石もなか」のおすすめの食べ方

「明石もなか」のおすすめの食べ方は、なんといっても表面を軽くトーストして食べる方法です。これにより、皮のパリッとした食感と中のあんの甘さが引き立ち、絶妙なハーモニーを生み出します。また、トーストする際に、バターやジャムなどを塗ることで、さらに風味が豊かになります。

もう一つの食べ方は、アイスを挟んで食べる方法です。アイスを挟むことで、もなかのパリパリとした食感とアイスのひんやりとした食感が合わさり、また別の美味しさを楽しむことができます。また、アイスをサンドすることで、もなかの甘さを抑えることができ、よりさっぱりとした味わいに仕上がります。

さらに、温かい緑茶やほうじ茶と一緒にいただくのもおすすめです。お茶の香りと甘みが、もなかの美味しさをより引き立ててくれます。

また、もなかの皮を細かく砕いて、アイスクリームやヨーグルトにトッピングしても美味しくいただけます。他には、もなかの皮を砕いて、天ぷらやコロッケなどの揚げ物の衣にしても美味しくいただけます。

「明石もなか」は、そのままで食べても美味しいですが、ひと工夫加えることで、さらに美味しく楽しむことができます。ぜひ、今回ご紹介した食べ方を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました