山口の特産品「垢田トマト」の魅力

スポンサーリンク

山口の特産品「垢田トマト」の魅力

垢田トマトとは。

垢田トマトは、山口県下関市垢田地区の特産品であるトマトです。主な品種には、マイロックなどがあります。

垢田トマトの歴史と特徴

垢田トマトの歴史と特徴

垢田トマトの歴史と特徴

垢田トマトは、山口県下関市垢田地区で栽培されているトマトです。下関が有する、温暖な気候と豊かな水を利用して栽培したトマトで、露地栽培にこだわる生産者が丁寧に育てています。

垢田トマトの歴史は古く、明治時代初期にまでさかのぼります。この地域では古くからトマトが栽培されており、垢田トマトは当時の品種を改良して作られたものです。垢田トマトは、大玉で果肉が厚く、甘みと酸味のバランスが絶妙な味わいとされています。

また、トマト本来の旨味だけではなく、ビタミンcをはじめ、リコピンやカロテンなど、多くの栄養が含まれていることも特徴です。健康面でも注目を集めており、体への美容効果も期待されています。

垢田トマトは、主に生食で食べられますが、スープやソースなどの加工品にも利用されます。そのおいしさから、地元の飲食店でも使用されており、トマト料理の定番として親しまれています。

垢田トマトは、下関の特産品として、地元の人々に愛されているだけでなく、全国各地にも出荷されています。そのおいしさは、多くの人々に知られており、トマト好きにはたまらない逸品です。

垢田トマトの産地と生産方法

垢田トマトの産地と生産方法

垢田トマトの産地と生産方法

垢田トマトは、山口県周南市大竹地区で栽培されているトマトです。周南市大竹地区は、瀬戸内海に面した温暖な気候で、年間日照時間が長く、トマト栽培に適した土地です。また、周南市大竹地区では、代々受け継がれてきた伝統的な栽培方法が行われており、それが垢田トマトのおいしさの秘訣となっています。

垢田トマトの栽培には、まず、苗を畑に植え付けます。苗を植え付ける時期は、一般的に3月~4月頃です。苗を植え付けたら、水やりや肥料やりをしっかりと行い、トマトの生育を促します。垢田トマトは、露地栽培とハウス栽培のどちらでも栽培することができ、露地栽培では、5月~7月頃、ハウス栽培では、1月~5月頃に収穫されます。

垢田トマトの収穫時期になると、真っ赤に熟したトマトが畑一面に広がります。垢田トマトは、一般的なトマトよりも糖度が高く、甘みと旨味が強く、酸味が少ないのが特徴です。また、垢田トマトは、果肉が柔らかく、ジューシーで、生食はもちろん、加工品にも適しています。垢田トマトは、地元の直売所やスーパーなどで販売されており、山口県のお土産としても人気があります。

垢田トマトの栄養価と効能

垢田トマトの栄養価と効能

垢田トマトの栄養価と効能

山口県玖珂郡美祢市秋芳町垢田地区で栽培されている「垢田トマト」は、その濃厚な甘味とみずみずしさで人気を博しています。その人気は、その栄養価の高さにもあります。

垢田トマトには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進し、美肌効果や免疫力アップに効果があります。また、リコピンというカロテノイドの一種も豊富に含まれています。リコピンには、抗酸化作用があり、生活習慣病の予防やガン予防に効果があるとされています。

さらに、垢田トマトには、カリウムも豊富に含まれています。カリウムには、血圧を下げる効果があり、高血圧の予防や改善に効果があります。また、カリウムは、筋肉の収縮を助ける働きもあるため、疲労回復にも効果があると言われています。

垢田トマトは、その栄養価の高さから、まさに「食べる輸血」とも呼ばれています。日頃の食生活に取り入れることで、健康維持や美容に役立てることができます。

タイトルとURLをコピーしました