あき豆とは?高知県土佐市の特産インゲン豆

スポンサーリンク

あき豆とは?高知県土佐市の特産インゲン豆

あき豆とは。

あき豆は、高知県土佐市で生産されるさやいんげんです。特徴はすじがなく、さやが柔らかく、煮物によく合います。昭和30年代に香川県から導入された品種が普及し、現在では高知県の特産品として知られています。

あき豆の特徴

あき豆の特徴

あき豆は高知県土佐市の特産品であるインゲン豆で、「あじき豆」とも呼ばれています。中国原産のインゲン豆の一種で、日本には16世紀頃に渡来しました。

あき豆は、小ぶりで丸みを帯びた形状をしており、色は白か黒です。白あき豆は白あんの原料として使われることが多く、黒あき豆は煮豆やみそ汁の具として使われることが多いです。

あき豆は、他のインゲン豆よりも煮崩れしにくく、煮ても形が崩れないという特徴があります。また、腹持ちが良く、食物繊維が豊富なため、ダイエットにもおすすめです。

あき豆は、土佐市の特産品として、地元の農家によって栽培されています。土佐市の気候は、あき豆の栽培に適しており、あき豆は土佐市の特産品として長く愛されてきました。

あき豆の旬と収穫量

あき豆の旬と収穫量

あき豆の旬と収穫量

あき豆は、6月下旬から7月中旬にかけて旬を迎えます。この期間中、鮮やかな緑色をしたさやに包まれたあき豆が、高知県土佐市の畑一面に広がります。あき豆の収穫量は、年によって異なりますが、おおむね100トン前後となっています。あき豆は、土佐市のみで生産されているため、全国的に流通量は多くありません。しかし、その独特の風味と食感が評価されており、高知県内では人気の高い野菜となっています。

タイトルとURLをコピーしました