秋ノ穂、熊本県のお酒

スポンサーリンク

秋ノ穂、熊本県のお酒

秋ノ穂とは。

秋ノ穂とは、熊本県にある合資会社高田酒造場が製造している、米を原料とした焼酎のことです。原料の米は自社で栽培したもので、甕(かめ)の中で仕込み、長期熟成させて作られています。

自家栽培の原料米を使用

自家栽培の原料米を使用

自家栽培の原料米を使用

秋ノ穂は、熊本県八代市にある「平田酒造」が製造している日本酒です。平田酒造は、1868年に創業した老舗の酒蔵で、代々受け継がれてきた伝統的な製法を守りながら、新しい酒造りにも挑戦しています。

秋ノ穂の最大の特徴は、自家栽培の原料米を使用していることです。平田酒造では、酒造りに適した米を栽培するため、自社農園で「山田錦」という品種の米を育てています。山田錦は、酒造米の最高峰とも呼ばれる品種で、旨味や甘みが強く、切れの良いお酒に仕上がります。

秋ノ穂は、山田錦を100%使用して醸造されています。酒米は、秋に収穫された後、平田酒造の蔵の中で精米されます。精米された酒米は、水に浸して洗米され、その後、麹菌を振りかけて麹を作ります。麹は、日本酒の香味を決める重要な要素です。

麹が完成したら、酒母を作ります。酒母は、麹、水、酵母を混ぜて発酵させたもので、日本酒の母体となります。酒母が完成したら、仕込みを行います。仕込みは、酒母に酒米、水を加えて発酵させる工程です。発酵の期間は、気温や酵母の状態によって異なりますが、通常は1週間から2週間程度です。

発酵が終了したら、上槽を行います。上槽は、発酵した醪(もろみ)を搾って、清酒と酒粕に分ける工程です。清酒は、瓶詰めされて出荷されます。

秋ノ穂は、山田錦の旨味や甘みが強く、切れの良いお酒です。冷やして飲むと、すっきりとした味わいで、料理との相性も抜群です。燗にして飲むと、芳醇な香りが立ち上り、まろやかな味わいに変化します。秋ノ穂は、熊本県を代表する日本酒として、全国各地で愛飲されています。

甕仕込み・長期熟成

甕仕込み・長期熟成

甕仕込み・長期熟成

秋ノ穂のもう一つの特徴は、甕仕込み・長期熟成である。甕仕込みとは、甕という素焼きの壺に醪(もろみ)を入れて発酵させる方法のこと。甕は、土の自然な保温効果があり、醪をゆっくりと均一に発酵させることができる。また、甕の中で醪が熟成していくことで、まろやかな味わいと豊かな香りが生まれる。

秋ノ穂は、この甕仕込みで約1年間熟成させる。熟成期間は、酒の種類によって異なるが、秋ノ穂は通常の日本酒よりも長い期間熟成させることで、より深い味わいと香りを引き出している。

甕仕込み・長期熟成によって秋ノ穂は、まろやかで飲みやすい日本酒に仕上がっている。また、豊かな香りと深みのある味わいは、日本酒好きにはたまらない一品である。

味わいの特徴

味わいの特徴

-味わいの特徴-

秋ノ穂は、米の旨味を存分に感じられるお酒です。一口飲むと、口の中に米の甘みが広がり、喉の奥でスッキリと消えていきます。後味はキレが良く、いつまでも米の旨味を味わうことができます。

秋ノ穂のもう一つの特徴は、その香りの良さです。吟醸香と呼ばれる華やかな香りが特徴で、飲む人の心を和ませてくれます。この吟醸香は、秋ノ穂の原料である酒米「華吹雪」の特徴を活かしたものです。華吹雪は、香りが高く、上品な甘みのある酒米で、秋ノ穂の味わいを際立たせるのに最適です。

秋ノ穂は、冷やして飲むのがおすすめです。冷やすことで、米の旨味と香りが引き立ち、より一層美味しく味わうことができます。また、秋ノ穂は、料理との相性も抜群です。特に、魚や肉料理、和食との相性が良いとされています。

タイトルとURLをコピーしました