あきた香り五葉(秋田大仙のエダマメ)

スポンサーリンク

あきた香り五葉(秋田大仙のエダマメ)

あきた香り五葉とは。

あきた香り五葉は、秋田県大仙市で育てられる枝豆です。茹でると濃い緑色になり、香りがよく、味も甘いです。秋田県農業試験場が育てた品種で、2007年に品種登録されました。

あきた香り五葉の特徴

あきた香り五葉の特徴

あきた香り五葉の特徴

あきた香り五葉は、秋田県大仙市で作られている枝豆です。大粒で甘みが強く、香りもいいのが特徴です。また、莢の表面にうぶ毛が少ないので、口当たりが柔らかく、食べやすい枝豆です。そして、枝豆特有のえぐみが少ないため、多くの方に好まれています。

あきた香り五葉は、9月上旬から10月上旬にかけて収穫されます。収穫後は、すぐに湯通しして急速冷凍するため、鮮度を保ったままお届けすることができます。また、あきた香り五葉は、収穫量が少ないため、希少価値の高い枝豆です。

あきた香り五葉は、そのまま食べても美味しいですが、天ぷらや煮物、炒め物など、さまざまな料理に使うことができます。また、豆乳や豆腐などの加工食品にも使われています。

あきた香り五葉は、秋田県の特産品として知られており、県内外で多くの方に親しまれています。また、あきた香り五葉は、国際食料品博覧会で金賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

香り五葉の生産と歴史

香り五葉の生産と歴史

香り五葉の生産と歴史

秋田大仙のエダマメである「香り五葉」は、その名の通り、五枚の葉に強い香りがするのが特徴だ。この香りの正体は、イソフラボンの仲間である「ゲニステイン」という成分だ。ゲニステインは、抗酸化作用や抗菌作用、抗がん作用など、さまざまな健康効果を持つことで知られている。香り五葉は、茹でると鮮やかな緑色になり、ホクホクとした食感と強い香りが楽しめる。

香り五葉は、秋田県大仙市を中心とした地域で生産されている。大仙市は、肥沃な土壌と、エダマメの栽培に適した気候を備えており、エダマメの産地として知られている。香り五葉は、大仙市で生産されたエダマメの中でも、特に品質の高いものとされている。

香り五葉の歴史は古く、江戸時代にはすでに栽培されていたという記録が残っている。当時は、大仙市周辺の農家が、自家用に栽培していた。明治時代になると、香り五葉の栽培が本格化し、大仙市はエダマメの産地として全国的に知られるようになった。現在、香り五葉は、秋田県を代表する特産品の一つとなっている。

あきた香り五葉のおいしい食べ方

あきた香り五葉のおいしい食べ方

-あきた香り五葉のおいしい食べ方-

あきた香り五葉は、秋田県大仙市で栽培されているエダマメです。香り高いのが特徴で、そのまま茹でてもおいしく食べられますが、料理の素材としてもよく使われます。

茹でたてのあきた香り五葉に塩を振って食べるのが最もシンプルで美味しい食べ方です。塩の代わりに、しょうゆや味噌をつけて食べてもよいでしょう。あきた香り五葉は、甘みが強く、ほくほくとした食感が特徴です。

あきた香り五葉は、炒め物や揚げ物にしてもおいしく食べることができます。炒め物にする場合は、油を熱してあきた香り五葉を炒め、塩こしょうで味を調えるだけで簡単に作れます。揚げ物にする場合は、あきた香り五葉に衣をつけて揚げるだけです。衣には、小麦粉、卵、パン粉などを使えばよいでしょう。

あきた香り五葉は、スープや味噌汁に入れてもおいしく食べることができます。スープにする場合は、あきた香り五葉を茹でたものをスープに加えるだけです。味噌汁にする場合は、あきた香り五葉を茹でたものを味噌汁に加え、味噌で味を調えれば完成です。

あきた香り五葉は、そのまま茹でても、料理の素材としてもおいしく食べることができます。ぜひ、いろいろな食べ方を試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました