アパシウムMZプラス徹底解説

スポンサーリンク

アパシウムMZプラス徹底解説

アパシウムMZプラスとは。

アパシウムMZプラスは、オッペン化粧品株式会社から販売されている歯みがき剤です。製造元は日本ゼトック株式会社です。薬用ハイドロキシアパタイト、トコフェロール酢酸エステル、塩化セチルピリジニウム、ゼオライトなどの成分が含まれています。

アパシウムMZプラスとは何か

アパシウムMZプラスとは何か

アパシウムMZプラスとは何か

アパシウムMZプラスとは、アパシウム(apaSiUM)ブランドから販売されている抗菌・抗ウイルスコーティング剤のことです。厚生労働省で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染力が減少することが証明されている次亜塩素酸を主成分としており、第三者機関によって厳しい試験のクリアが確認されています。食品衛生法や食品添加物規格基準に適合し、さまざまなシーンで抗菌・抗ウイルスの効果を発揮します。

アパシウムMZプラスには、水溶性と повіт中の浮遊菌に対する抗菌効果、金属・プラスチック・ガラス製品への抗ウイルス性などの特徴があります。また、空間噴霧器を用いて空間の抗菌・抗ウイルス処理(空間除菌・空間ウイルス除去)をすることも可能です。

アパシウムMZプラスは、病院やクリニック、介護施設などの医療機関や、学校、公共交通機関、商業施設、飲食店、オフィスなど、さまざまな場所で利用されています。また、家庭用としても広く販売されており、ドアノブやテーブル、椅子、食器などの抗菌・抗ウイルス対策に使用することができます。

アパシウムMZプラスの効果と効能

アパシウムMZプラスの効果と効能

アパシウムMZプラスの効果と効能

アパシウムMZプラスは、筋肉の緊張を和らげる薬です。筋肉の緊張を和らげることで、痛みを軽減したり、筋肉のこわばりを改善したりする効果があります。また、血液の循環を改善する効果もあります。

アパシウムMZプラスは、次のような症状の治療に使用されます。

・肩こり
・腰痛
・関節痛
・筋肉痛
・神経痛
・手足のしびれ
・冷え性
・むくみ
・頭痛
・生理痛

アパシウムMZプラスは、通常、1日3回、食後に服用します。服用する量は、症状によって異なります。アパシウムMZプラスは、効果が現れるまで数週間かかる場合があります。

アパシウムMZプラスは、一般的に安全な薬ですが、副作用が起こる場合があります。最も一般的な副作用は、眠気、めまい、ふらつき、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、口の渇きなどです。これらの副作用は、通常は軽度または中等度であり、数日で消失します。

アパシウムMZプラスは、他の薬と相互作用する場合があります。アパシウムMZプラスを服用する前に、他の薬を服用している場合は、医師または薬剤師に相談してください。

アパシウムMZプラスは、妊娠中または授乳中の女性は服用できません。また、15歳未満の小児は服用できません。

アパシウムMZプラスの使い方と注意点

アパシウムMZプラスの使い方と注意点

-アパシウムMZプラスの使い方と注意点-

アパシウムMZプラスは、口の中を洗浄するための薬液です。歯磨きだけでは取り除けない汚れを落とすことができるため、口臭や歯周病の予防に効果的です。

アパシウムMZプラスは、1日2回、朝と夜の歯磨きの後に使用します。使い方は、原液を約10mlコップに取り、水で2倍に薄めてから、口の中をすすぐだけです。すすぐ時間は、約30秒が目安です。

アパシウムMZプラスを使用する際の注意点は、以下の通りです。

* 原液をそのまま使用しないでください。原液は刺激が強く、口の中を傷める可能性があります。
* 口の中に傷や炎症がある場合は、使用しないでください。
* 使用中は、うがいをしないでください。うがいをすると、アパシウムMZプラスが口の中から流れ出てしまい、効果が得られません。
* 使用後は、コップを水でをよくすすいでください。アパシウムMZプラスが残っていると、口の中に細菌が繁殖する可能性があります。

アパシウムMZプラスは、正しく使用すれば、口臭や歯周病の予防に効果的な薬液です。しかし、使用上の注意点を守らないと、口の中を傷める可能性があります。アパシウムMZプラスを使用する際は、必ず使用上の注意点をよく読んでから使用してください。

タイトルとURLをコピーしました