別子飴の魅力を徹底解説!

スポンサーリンク

別子飴の魅力を徹底解説!

別子飴とは。

別子飴は、愛媛県新居浜市を代表するお菓子です。水飴、乳製品、上白糖を主原料に作られた飴で、ミカン、茶、イチゴ、ココアなどのさまざまな味を楽しむことができます。

別子飴の歴史と由来

別子飴の歴史と由来

-別子飴の歴史と由来-

別子飴は、江戸時代中期に愛媛県新居浜市別子山村で生まれた飴です。別子山村は、銅山で栄えていましたが、鉱山労働者は、暑さや湿気の厳しい環境で働いていました。そのため、疲労回復や栄養補給のために、別子飴を食べていたそうです。

別子飴は、麦芽糖を主原料にして作られています。麦芽糖は、米や麦などの穀物を発酵させて作られる天然の甘味料です。別子飴は、麦芽糖に水飴や砂糖を加えて、煮詰めて作られます。煮詰めた麦芽糖を、型に流し込んで冷やし固めると、別子飴が完成します。

別子飴は、素朴な甘さと、歯にくっつきにくいのが特徴です。そのため、小児科医が推薦するキャンディとしても知られています。別子飴は、愛媛県のお土産として人気があり、全国各地のスーパーやコンビニエンスストアでも販売されています。

別子飴の特徴と製造方法

別子飴の特徴と製造方法

別子飴の特徴と製造方法

別子飴の特徴は、その独特な食感と濃厚な甘さです。食感は、柔らかくてしっとりしており、噛むと歯切れの良い音がします。甘さは、砂糖をたっぷり使用しているため、とても濃厚です。別子飴は、職人が一つ一つ手作りしており、製造工程はとても手間がかかります。

別子飴の製造工程は、まず水飴を煮詰めて飴を作ることから始まります。飴ができたら、それを伸ばして棒状にし、青竹に巻きつけます。その後、青竹に巻きつけた飴を炭火で焼き、表面をキャラメリゼします。最後に、飴を冷まして固めれば完成です。

別子飴は、その独特な食感と濃厚な甘さが特徴のお菓子です。製造工程はとても手間がかかりますが、その分、とても美味しい飴です。別子飴は、香川県の銘菓として全国的に有名ですが、製造している業者は限られています。そのため、別子飴を食べる機会はなかなかありません。もし、別子飴を食べる機会があれば、ぜひその独特な食感と濃厚な甘さを楽しんでみてください。

別子飴のお勧めの食べ方

別子飴のお勧めの食べ方

別子飴のお勧めの食べ方

別子飴は、そのまま食べても美味しいですが、ひと手間かけるとさらに美味しく食べることができます。ここでは、別子飴のお勧めの食べ方を紹介します。

・別子飴を細かく砕いて、ヨーグルトやアイスクリームなどのデザートにトッピングする。
・別子飴を湯煎で溶かして、パンケーキやワッフルにシロップ代わりにかけたり、クレープのフィリングにしたりする。
・別子飴をホットミルクに入れて溶かして、自分好みの甘さのホット飴ドリンクを作る。
・別子飴を細かく砕いて、クッキーやケーキなどの焼き菓子の生地に混ぜ込む。

別子飴は、様々な食べ方を楽しむことができるので、ぜひいろいろと試してみて、お気に入りの食べ方を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました