愛媛が誇る日本酒「寿喜心」のすべて

スポンサーリンク

愛媛が誇る日本酒「寿喜心」のすべて

寿喜心とは。

寿喜心は、愛媛県の首藤酒造株式会社で作られている日本酒です。全国新酒鑑評会で金賞を受賞したこともある実力派のお酒です。

首藤酒造の歴史と寿喜心の誕生

首藤酒造の歴史と寿喜心の誕生

首藤酒造の歴史は古く、江戸時代初期の1600年代に遡ります。初代・首藤藤七が伊予の国(現在の愛媛県)で酒造業を創業し、以来400年以上もの間、日本酒造りを続けてきました。

首藤酒造が「寿喜心」を造り始めたのは、1912(明治45)年のことです。当時は日本酒業界が不況に陥っており、多くの酒蔵が廃業に追い込まれていました。そんな中、首藤酒造は「日本酒をもっと多くの人に楽しんでほしい」という思いから、新しい銘柄の日本酒を開発することにしました。

寿喜心は、手間暇を惜しまず丁寧に造られた純米大吟醸酒です。最高級の酒米である山田錦を100%使用し、伝統的な手法で醸造しています。寿喜心は、芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴で、全国各地の日本酒ファンから愛されています。

寿喜心は、これまで数々の賞を受賞しています。1995(平成7)年には、全国新酒鑑評会で金賞を受賞し、2000(平成12)年には、モンドセレクションで最高金賞を受賞しました。また、2010(平成22)年には、国際酒類コンクールでプラチナ賞を受賞するなど、世界からも高い評価を得ています。

寿喜心の特徴とこだわりの製法

寿喜心の特徴とこだわりの製法

寿喜心の特徴とこだわりの製法

寿喜心は、愛媛県で生産されている日本酒です。愛媛県は、温暖な気候と豊富な水資源に恵まれているため、日本酒造りに適した環境です。寿喜心は、そんな愛媛県の恵まれた自然の中で、伝統的な製法を守りながら丁寧に醸されています。

寿喜心の特徴のひとつは、そのすっきりとした飲み口です。これは、寿喜心が低温発酵で造られているためです。低温発酵では、酵母の働きがゆっくりと進むため、雑味のない、クリアな味わいの日本酒ができあがります。

寿喜心のもうひとつの特徴は、その華やかな香りです。これは、寿喜心が吟醸香と呼ばれる香りを放つ酵母を使って造られているためです。吟醸香には、フローラルな香りやフルーティーな香りなど、さまざまな種類があります。寿喜心は、これらの吟醸香がバランスよく調和しており、華やかで上品な香りが楽しめます。

寿喜心は、伝統的な製法を守りながら丁寧に醸された日本酒です。そのすっきりとした飲み口と華やかな香りは、多くの人を魅了しています。愛媛県を訪れた際には、ぜひ寿喜心を味わってみてください。

寿喜心はどこで買えるのか

寿喜心はどこで買えるのか

寿喜心は、愛媛県内の一部酒販店やオンラインショップで購入することができます。愛媛県内の酒販店では、松山市の「酒のささや」や「酒のやまじ」、今治市の「酒のますだや」、宇和島市の「酒のきむらや」などで取り扱っています。また、オンラインショップでは、「愛媛県酒販協同組合」や「日本酒通販サイト「SAKE HUNDRED」」などで販売しています。寿喜心は、全国的にも人気のある日本酒のため、品切れになることもあります。そのため、購入を希望する場合は、事前に酒販店やオンラインショップに在庫状況を確認しておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました