カワサキ GPZ250のすべて

スポンサーリンク

カワサキ GPZ250のすべて

GPZ250とは。

GPZ250とは、カワサキ(川崎重工業)が1983年から製造・販売した、排気量248ccの空冷4ストローク2気筒DOHCエンジンを搭載したオートバイです。普通自動二輪車に分類されます。

GPZ250の歴史

GPZ250の歴史

GPZ250の歴史

カワサキGPZ250は、1982年に発売されたオートバイである。GPZシリーズの末弟として登場し、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走りで人気を博した。GPZ250は、1986年まで生産され、その間に10万台以上が販売された。

GPZ250は、当初4気筒エンジンを搭載していたが、1985年に2気筒エンジンを搭載したモデルが追加された。2気筒エンジンは、4気筒エンジンよりも軽量でコンパクトであり、燃費もよかった。そのため、GPZ250はより幅広い層にアピールすることとなった。

GPZ250は、1986年に生産終了となったが、その人気は衰えることがない。今でも、中古車市場で人気が高く、多くのファンに愛されている。GPZ250は、カワサキを代表するオートバイのひとつであり、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走りで、多くの人々に愛され続けている。

GPZ250の歴代モデル

GPZ250の歴代モデル

GPZ250の歴代モデル

GPZ250は、1982年から生産されているカワサキのオートバイです。歴代のモデルには、いくつかの異なるバージョンがあります。初期のモデルは、空冷エンジンを搭載し、最高速度は160km/hでした。後期モデルは、水冷エンジンを搭載し、最高速度は180km/hに達しました。

GPZ250は、そのスタイリッシュなデザインと、優れた性能で人気がありました。特に、1980年代後半から1990年代初頭にかけては、国内で最も売れたオートバイのひとつとなりました。しかし、2000年代に入ると、GPZ250は販売台数を伸ばせず、2007年に生産終了しました。

GPZ250の歴代モデルは以下の通りです。

* GPZ250 (1982年)
* GPZ250R (1984年)
* GPZ250EX (1986年)
* GPZ250R-II (1988年)
* GPZ250R-III (1990年)
* GPZ250R-IV (1992年)
* GPZ250R-V (1994年)
* GPZ250R-VI (1996年)
* GPZ250R-VII (1998年)
* GPZ250R-VIII (2000年)
* GPZ250R-IX (2002年)
* GPZ250R-X (2004年)
* GPZ250R-XI (2006年)

GPZ250の評価

GPZ250の評価

-GPZ250の評価-

カワサキGPZ250は、1982年に発売されたスポーツタイプのオートバイである。当時は400ccクラスのバイクが人気を集めていたが、GPZ250はそのスタイリッシュなデザインと高い走行性能で人気を博した。

GPZ250の特徴は、まずそのスタイリッシュなデザインである。丸みを帯びたボディラインと、鋭いヘッドライトが特徴のフロントマスクは、今でも多くのファンを魅了している。また、当時の250ccクラスのバイクの中では、大柄な車体とハイスピード性能も魅力であった。

走行性能も高く、250ccクラスのバイクとしては十分なパワーを持っていた。また、ワインディングロードでの走りは特に楽しく、軽快なハンドリングと安定した走行性能で多くのライダーから支持された。

GPZ250は、そのスタイリッシュなデザインと高い走行性能で、当時の若いライダーたちから絶大な人気を集めた。その人気は現在でも衰えることなく、多くのファンに愛され続けている。

現在は生産終了となっているが、中古市場では依然として人気が高く、中古車市場でも高値で取引されている。

タイトルとURLをコピーしました