北の焼そば(日清食品)の特集!北海道限定のインスタント焼そば

スポンサーリンク

北の焼そば(日清食品)の特集!北海道限定のインスタント焼そば

日清 北の焼そばとは。

日清 北の焼そばは、日清食品が北海道限定で販売しているインスタント焼そばです。オホーツク北見塩やきそばなどがあります。

北の焼そばの歴史と特徴

北の焼そばの歴史と特徴

北の焼そば(日清食品)の歴史と特徴

北の焼そばは、日清食品が北海道限定で販売しているインスタント焼そばです。1999年に発売され、以来20年以上北海道民に愛され続けています。北の焼そばの特徴は、まず麺にあります。北海道産の小麦粉を使用した麺は、コシが強く、もちもちとした食感が特徴です。また、ソースにも北海道産の素材を使用しています。特に、北海道産のホタテエキスを使ったソースは、風味豊かでコクがあり、北海道の海の香りを連想させます。さらに、北の焼そばには、北海道産のホタテ貝柱やタマネギ、紅ショウガなどの具材も入っています。これらの具材が、北の焼そばの美味しさを一層引き立てています。

オホーツク北見塩やきそばを味わう

オホーツク北見塩やきそばを味わう

オホーツク北見塩やきそばを味わう

北見市を中心に販売されている“オホーツク北見塩やきそば”。北海道産の小麦粉を100%使用した麺と、オホーツク海のホタテや、オホーツクの塩をふんだんに使用した風味豊かなスープが特徴です。さらに、北海道産の玉ねぎやキャベツも使用しており、北海道の味がギュッと詰まった商品となっています。

この商品の魅力は、何といってもその塩味です。オホーツク海の塩を使用しているため、まろやかな口当たりと、しっかりと効いた塩味が特徴です。また、ホタテの旨味も感じることができ、海鮮好きにはたまりません。

麺は、北海道産の小麦粉を100%使用しているため、コシがありモチモチとした食感です。スープとよく絡み、食べごたえがあります。具材は、玉ねぎ、キャベツ、紅ショウガと、シンプルですが、北海道産の素材を使用しているため、どれも新鮮でシャキシャキとした食感を楽しむことができます。

食べ方は、通常であれば鍋で麺を茹で、スープで味を調えて完成です。しかし、時間を時間がない場合の「スピード調理」がおすすめです。袋の中に入っている麺とスープをそのまま容器に入れ、熱湯を注ぎ、5分間待つだけで完成です。忙しい日でも、手軽に北海道の味を楽しむことができます。

北の焼そばを使ったアレンジレシピ

北の焼そばを使ったアレンジレシピ

北の焼そばを使ったアレンジレシピ

北の焼そばは、北海道限定のインスタント焼きそばで、濃厚なソースとモチモチの麺が特徴です。そのまま食べても美味しいですが、アレンジを加えることでさらに美味しく食べることができます。

ここでは、北の焼そばを使ったアレンジレシピをご紹介します。

1. 北の焼そばお好み焼き

北の焼そばとお好み焼きの粉を混ぜて焼くことで、モチモチとした食感のお好み焼きを作ることができます。キャベツや豚肉、イカなどの具材を入れるとボリュームアップします。お好みでソースやマヨネーズをかけてお召し上がりください。

2. 北の焼そばチャーハン

北の焼そばとご飯を炒めて作るチャーハンは、簡単なのに本格的な味わいです。卵や野菜、チャーシューなどの具材を入れると、栄養バランスもアップします。中華スープの素を少し加えると、より中華風の味になります。

3. 北の焼そばナポリタン

北の焼そばの麺をナポリタンソースで炒めることで、簡単にナポリタンを作ることができます。ウィンナーやピーマン、玉ねぎなどの具材を入れると、より本格的なナポリタンになります。ケチャップやウスターソースの量はお好みで調整してください。

4. 北の焼そば焼きうどん

北の焼そばの麺をうどんに変えて作る焼きうどんは、もちもちとした食感が特徴です。豚肉や野菜、卵などの具材を入れるとボリュームアップします。お好みでソースやマヨネーズをかけてお召し上がりください。

5. 北の焼そばたこ焼き

北の焼そばの麺をたこ焼き粉で包んで焼くことで、もちもちとした食感のたこ焼きを作ることができます。タコやネギ、チーズなどの具材を入れると、より本格的なたこ焼きになります。お好みでソースやマヨネーズをかけてお召し上がりください。

これらのレシピは、どれも簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。北の焼そばのアレンジレシピは、無限大です。

タイトルとURLをコピーしました