監獄固めのすべて

スポンサーリンク

監獄固めのすべて

監獄固めとは。

監獄固めとは、プロレスの技の一種で、倒れている相手の両足を極める関節技です。日本のレスラーであるマサ斎藤と谷津嘉章が得意としており、彼らの代名詞的な技として知られています。

監獄固めの歴史

監獄固めの歴史

監獄固めは、相手を仰向けに寝かせた状態から足で首を絞め上げる関節技の一種です。一見するとシンプルな技に見えますが、成功させるためには高度な技術とタイミングが必要です。

監獄固めの歴史は古く、紀元前3000年代の古代エジプト壁画に、監獄固めと似たような技が使われている様子が描かれています。また、古代ギリシャの格闘技であるパンクラチオンでも、監獄固めと似たような技が使われていました。

監獄固めは、近代に入ってからも様々な格闘技に取り入れられました。特に、柔道とレスリングでは、監獄固めは代表的な関節技のひとつとして知られています。柔道では、監獄固めは絞め技の一種として扱われ、レスリングでは、監獄固めはグラウンド技の一種として扱われています。

監獄固めは、その強力な絞め上げ効果から、非常に危険な技です。そのため、柔道やレスリングの試合では、監獄固めは禁止技とされています。しかし、監獄固めは護身術として非常に有効な技でもあるため、護身術の教室などで指導されることがあります。

監獄固めは、高度な技術とタイミングを必要とする関節技ですが、成功させることができれば、相手を瞬時に戦闘不能にすることができます。そのため、護身術として非常に有効な技として知られています。

監獄固めの極め方

監獄固めの極め方

-# 監獄固めの極め方

監獄固めは、柔道やレスリング、総合格闘技などで用いられる関節技の一種です。相手の腕を極めて関節を痛める技であり、非常に強力な技です。

監獄固めを極めるためには、まず相手の腕を自分の腕で抱え込みます。次に、自分の腕を自分の首の後ろに回し、相手の腕を自分の首の後ろで押さえつけます。最後に、自分の体を反らせて相手の腕を伸ばします。これで監獄固めが極まります。

監獄固めは非常に強力な技ですが、極めるためにはコツが必要です。コツは、相手の腕をしっかりと抱え込み、自分の体を反らせることです。また、相手の腕を極めるときは、体重を乗せてかけるようにしましょう。

監獄固めを極めることができれば、相手は非常に苦痛を味わうことになります。そのため、監獄固めは非常に有効な関節技です。しかし、監獄固めは非常に危険な技でもあるため、注意して使用することが大切です。

監獄固めの対策と切り返し

監獄固めの対策と切り返し

-監獄固めの対策と切り返し-

監獄固めは、レスリングや柔術などの格闘技でよく使用される関節技です。この技は、相手の腕を背後にねじり、肩の関節に圧力をかけることで、相手を降伏させることを目的としています。監獄固めは、非常に強力な技であり、一度捕まってしまうと、そこから逃れることは困難です。しかし、監獄固めには、いくつかの対策と切り返しの方法があります。

一つ目の対策は、相手の攻撃を事前に察知することです。監獄固めは、相手が背後に回ってきたときに、腕をねじられてしまう技です。そのため、相手が背後に回ってきたときには、すぐに自分の腕を上げて、相手の攻撃を防ぐようにしましょう。

二つ目の対策は、相手の攻撃を力ずくで阻止することです。監獄固めを仕掛けられたときには、相手の腕を力ずくで振りほどくようにしましょう。相手の攻撃が弱ければ、この方法で監獄固めから逃れることができます。

三つ目の対策は、相手の攻撃を関節技で切り返すことです。監獄固めを仕掛けられたときには、相手の腕を関節技で捕まえて、切り返すようにしましょう。この方法で、監獄固めから逃れ、逆に相手を降伏させることができます。

監獄固めは、非常に強力な技ですが、対策と切り返しを知っていれば、この技から逃れることは可能です。もし、監獄固めに捕まってしまったときには、これらの対策と切り返しを思い出して、すぐに実行するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました